« グランフォンド京都 2015 参加記 中編 | トップページ | グランフォンド京都 2015 参加記 終編 »

2015年5月14日 (木)

グランフォンド京都 2015 参加記 後編

グランフォンド京都2015、続きです。

 
ちなみに後編とありますが、今回では記事は終わりませんので悪しからず(笑)
 
AS2のカフェ・じょんのびを出発した6名は、ここから暫くこーさんを先頭に進みます。
 
 
 
33_2 
 
 
こーさんと一緒に走るのは今回が初めてでしたが、やはりチームマッタリの赤リーダージャージは伊達ではありませんでした。
 
ココから舞鶴までの北上コースは北風でしたので逆風。
 
逆風をものともせず爆走するこーさんは、後ろを見る事も無くケイデンスをドンドン上げて行きます。
 
ドンドン上がるスピードに、後を走っていた私はついて行けません!
 
なので「こーさん!後が千切れちゃうYO!」と救難コール。
 
ちょっとペースを落としてもらいます。
 
こーさんには次回はミラーを着けてきてもらいましょう!
 
しかし舞鶴までの逆風は結構キツいものがありましたね。
 
流石のこーさんも疲れてきた様子でしたので、先頭をふーじぃ君にバトンタッチ。
 
 
 
34 
 
 
この府道51号線は写真の通り自転車走行用のブルーラインが引かれていて、比較的新しい道と言う事も相まって良い道でした。
 
逆風さえ無ければですが・・・
 
順調にトレインを進めていた6名ですが、AS3までのラストボス・菅坂峠に入ります。
 
斜度は大した事は無かったのですが、ここでふーじぃ君が電池切れ。
 
なのでヤッスーさんが先頭に踊りで出ます。
 
なのですが・・・
 
こーさんと同じく後を振り返る事も無く発射。
 
まあヒルクライム区間でしたので思い思いのペースで登っているので、トレインも一時解消して進んで行きます。
 
とその時「パンクです!」と前方にいたヒトリンさんがこーさんとコースアウト。
 
 
 
35 
 
 
不幸中の幸いは菅坂峠のピークにある菅坂トンネルの少し手前で平坦区間だった事。
 
そして大きな退避スペースで修理が出来た事ですね。
 
因に先頭のヤッスーさんはスタコラと逃げを決めて、遥か先を行ってしまったとの事。
 
チームマッタリに協調性は無いのでしょうか?
 
仲間がパンクしても見捨てる体制に私は背筋が寒くなりましたよw
 
出来れば次回のライド時には全員にミラーを着けてもらいたいです。
 
ん?そう言えばふーじぃ君は何時もミラーを着けているけど、チームマッタリの協調性の無さを知っていたのかな?
 
今回で私も学習しましたけど(笑)
 
そしてパンク修理しているこーさんの横では、ヒトリンさんが「こーさんのパンクのおかげで皆さん休憩出来て良かったですね〜」と発言。
 
他人の不幸を喜ぶヒトリンさん。
 
良いんですかね?その発言?
 
そんなんだから何時も一人で走ってるのかな?w
 
他の皆さんは苦笑いでしたけどねw
 
ここで修理中に「パンクされたんですか?」と声を掛ける方が。
 
キャノンデールのバイクに乗られた方で、ココまで何度か一緒に付かず離れず何度か走った方でした。
 
そのバイクを見ると白のCAAD10にホイールは黄色スポークのキシリウム125。
 
そう、ふーじぃ君のホモ友達さんだったのです(ウソ)。
 
 
 
36 
 
 
ロードバイク歴は2年程度で今はブルベ参加を目指されているとの事。
 
その試金石に今回のグランフォンド京都に参加されてると話が弾みました。
 
しかも普段走っている所が牛滝や堺浜と言う事で、ご近所さんである事も判明。
 
更に話が弾んだのでこの後、御一緒する事になり総勢7名のグループになりました。
 
そんなこんなでこーさんのパンク修理も完了(原因はバルブ根元の裂けでした)。
 
ついでに先を行ってたヤッスーさんもようやく戻ってきて全員無事に再スタート。
 
快適に菅坂峠をダウンヒルして行けばそこは舞鶴市内。
 
 
 
37 
 
 
煉瓦調の道で、趣のある市街地を抜けると海に出ます。
 
そこにあるのが舞鶴市商工観光センターのAS3です。
 
 
 
38 
 
 
ここでは結構な数のサイクリストが到着していて、結構ごった返していましたね。
 
またもや無料のバナナとスポーツドリンクを頂けたのですが、スペシャルな補給食におにぎりまで用意されてましたよ(一人一個限定ですがw)。
 
有り難い事でした。
 
スタッフにチェックして頂いたら、暫くは舞鶴港の観光ルートを走ります。
 
 
 
39 
 
 
ここではチームマッタリも流石に観光ポタペースで進みましたよ。
 
ブリッジを越えて海の間際も走ります。
 
 
 
40 
 
 
好天で気分良くサイクリング♪
 
 
 
41 
 
 
最高の気分ですね。
 
このコース上には観光ポイントの引き上げ記念館があるのですが、現在工事中でした。
 
 
 
42 
 
 
ジルさんとちょっと引き上げ記念館について話すも、他のチームマッタリは興味ナッシング。
 
本当に走るのだけが好きな集団ですね〜(棒)
 
海沿いの道を市内に戻ると西へ向かいます。
 
道中には赤煉瓦倉庫群もありました。
 
 
 
43_2 
 
 
旧日本軍の遺産ですが、現在は自衛隊や観光スポットに利用されていて良い処ですよ。
 
以前は妻とウォークで訪れたのですが、自転車だとサ〜ッと通り過ぎてしまうのが勿体無いですけどね。 
 
ふーじぃ君は「ほうほう、、」と私の話を上の空で聞いてましたが、まあ何時もの事ですw
 
道中には吉原の船泊まりなどもありましたが、華麗にスルーw
 
 
 
44 
 
 
その先へ急いで向かったのはジルさんオススメのラーメン屋一丁さん
 
 
 
45 
 
 
ここでちゃんとした昼食を摂る事にしました。
 
人気店なのですが、ジルさんの交渉で6名共無事にイン。
 
ん?1名少ないと思いましたが、CAAD10さんは後方でチェーン脱落を修理していたとの事で暫くしてから合流しました。
 
で、無事にラーメンを食す。
 
 
 
46 
 
 
名物の濃厚豚骨ラーメンとの事で、非常に美味!
 
ライド中にも関わらず、スープまで飲み干してしまいましたよ。
 
この後当然走行中はお腹パンパンで悶絶、後悔したのは言うまでもありません(涙)
 
ノンビリと7名で談笑を楽しんだ後はラストスパートです。
 
AS4へ向かいますが、記事は後一回だけ続くw
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ村に入村しています。
バナーをポチッと押して頂けると有り難いです。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« グランフォンド京都 2015 参加記 中編 | トップページ | グランフォンド京都 2015 参加記 終編 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

>>そしてパンク修理しているこーさんの横では、ヒトリンさんが「こーさんのパンクのおかげで>>皆さん休憩出来て良かったですね〜」と発言。
>>他人の不幸を喜ぶヒトリンさん。

レースではない時のパンクなんて不幸でもなんでもないし、パンクした本人が他の皆さんを待たしてしまう申し訳ない気持ちを気遣う発言ともとれますが・・
しかもそれをいつも一人で走っている理由と関連付けるのはどうかと・・内輪話でのちょっとしたオフザケで書いたのかもしれませんが、第三者からみて少なくとも私は不快に思ったのでコメントさせてもらいました。

ご挨拶が遅れましたが、先日のグランフォンド京都2015お疲れ様でした!
そしてほぼ全行程に渡りご一緒して頂き本当にありがとうございました^^
皆さん速くて付いて行くので必死でした(;゚Д゚)

感動のフィニッシュ編、期待しております。

通りすがり様。
 
コメントお疲れさまでした。
 
それでわ

CAAD10様。
 
ここでのコメントありがとうございます(笑)
そしてグランフォンド京都の無事完走お疲れさまでした!
ロングライドは如何な感想でしたか?
長距離を同じ趣味の仲間で走るのは楽しいですよね。
目指されているブルベへ、少しでも自信がつけば良かったのですが。
今回は楽しいイベントでペースがついついハイになりましたが、本来は皆さんノンビリがお好きなのですよ。
また御一緒する事があれば違ったライドになると思いますよ。
今後も宜しくお願いしますね。
 
記事の方は無事に本日完了しました。
宜しければ読んでやって下さいませ。
 
それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グランフォンド京都 2015 参加記 中編 | トップページ | グランフォンド京都 2015 参加記 終編 »