« グランフォンド京都 2015 参加記 前編 | トップページ | グランフォンド京都 2015 参加記 後編 »

2015年5月13日 (水)

グランフォンド京都 2015 参加記 中編

繰り返し書きますが、グランフォンド京都2015はレースではありません。

 
一般路を交通規則に則ってサイクリングをするイベントになります。
 
なので自転車は当然道路交通法に従った安全装備を装着(ライト、尾灯、ベル等々)して走ります。
 
今回はブルベの様に得に車検はありませんでしたが、会場を見たところ参加者の方々の自転車は概ね条件を満たしていたと思います。
 
当然我々6名も大丈夫。
 
と言う訳で比較的後方から無事にスタートしました。
 
しかしこうしたイベントのスタート直後は大体渋滞するもので。
 
 
 
13 
 
 
綾部の街並を抜けるまでは信号に度々捕まってしまいます。
 
でも参加者の皆さんは道路の左側を1列に並んできちんと待ちます。
 
これが渋滞になるのですが我慢、我慢。
 
やがて街並を抜けると緩やかな山道に入って行きます。
 
ノンビリと登って行く我々はヒトリンさんを先頭に、チームマッタリと私が適当に前後ローテーション。
 
それから今回のグランフォンド京都で最初の峠でありながら、恐らく一番参加者を苦しめたであろう峠に入ります。
 
京都府自転車連盟の説明を借りると
 

綾部を出発して最初の峠=長宮峠は道路幅が狭く、路面も日陰となるため滑りやすい状態となっています。上 りでは滑ってタイヤが空転したり、下りでは轍でないところに苔が付いていますので滑りやすく、押して歩く など注意が必要です。

 

との事。

 

 

 

14_2 

 

 

ほとんど普段は使われていない道なのでしょうね。

 

足下を苔や落ち葉、落石などに注意しながら登って行きます。

 

しかも斜度は所々18%オーバーの激坂!

 

事前にふーじぃ君と葛城山や高野山に山練へ行っていて良かったですよ。

 

大勢の参加者がバイクを降りて押し歩きする中を縫って登って行きます。

 

当然アウター縛りなど早々に辞め(笑)

 

何とかピークに到達したら今度は前転しそうになる斜度をダウンヒルして行きます。

 

 

 

15_2 

 

 

とにかくこの長宮峠はコンディションが悪かったので、自転車はマウンテンバイクが適しているかもしれませんね(笑)

 

下って行くと少し休憩。

 

 

 

16 

 

 

真面目な話、落車やパンクの危険から解放されてホッと一息ですよ。

 

ココからは快適な道を進んで行きます。

 

 

 

 

17_2 

 

 

コースを理解しているのかイマイチ(?)ハッキリとしないヒトリンさんを先頭に快適サイクリング♪

 

 

 

18_2 

 

 

先頭固定で、後続はお喋りしながら適当にローテーションして行きます。

 

 

 

19_2 

 

 

おしゃべりと言っても、ヒトリンさんだけは誰も返事をしなくても喋っていたのが印象的でしたねw

 

普段は一人っきりで走っているので、そんなんになっちゃうのかな?(笑)

 

この頃には6名共に打ち解けて快調にサイクリングを続行して行きます。

 

 

 

20 

 

 

今回のコースは幹線道を迂回するルートを多く採用していて、鉄道の脇や上下を立体交差の如く通過する事が多かったです。

 

 

 

21 

 

 

まあ私以外のヒトリンさん&チームマッタリは上も下も見ずに前だけ見て、ひたすらバイクを走らせていましたけどねw

 

 

 

23 

 

 

コースには所々矢印が示されているので確認をしながら進んで行きます。

 

 

 

22 

 

 

前回の去年は大きな幟が立っていたのですが、今回は小さな表示板で少し分かりにくかったかな?

 

GPSを持った参加者は問題無いですが、頻繁に幹線路と脇道を出入りするので地図のみで走る参加者は苦労していた様です(実際にコースアウトされて戻って来る参加者もいました)。

 

こうしたイベントはミスコースして迷うのも楽しみの一つではあるのですけどねw

 

そして一行は最初のエイドステーションであるAS1に到着。

 

 

 

24 

 

 

素晴らしくアットホームなエイド(笑)

 

実はこの道向かいに「道の駅 和知」があって、最初私はエイドがそこにあるものだと思ってました。

 

「道の駅だよね?」と迷っていると写真の位置からスタッフさんが大きく手招きw

 

無事に到着。

 

 

 

25 

 

 

ここで大きな嬉しい誤算がありまして、今回はエイドでの補給は自前で行うとアナウンスされていたのですが、お菓子やバナナやスポーツドリンクのお接待がありました。

 

おかげでオルトリーブに入れた補給食はライド全体を通してほとんど使用する事が無かった程です。

 

まあ補給食は持ち帰って次回のライドで使用すれば良いでしょうw

 

エイドでは他の参加者の方とも談笑して適当に出発します。

 

 

 

26_2 

 

 

国道27号線を入ったり出たりで快適なサイクリングを続行。

 

 

 

27_2 

 

 

新緑に囲まれた田舎道を快適にトレイン。

 

トレインと言えば鉄道と言う事で(?)私の好きな鉄道沿いの道も数多く通りました。

 

 

 

28_2 

 

 

道沿いには上林川が流れていて、そこを何度も渡ったり。

 

 

 

29_2 

 

 

とにかく幹線路を外して自動車のほとんど通らない素晴らしいコース設定。

 

6名でおしゃべりしながら飽きのこないコースを楽しく進んで行きます。

 

そしてAS2のカフェ・ボンジョビじょんのびに到着。

 

 

 

30 

 

 

ここでもバナナとお水を頂きました。

 

エイドでは工具や救急医療セットも用意されています。

 

 

 

31 

 

 

道中の山道はコンビニ等がほとんど無いのですが、エイドまで辿り着けば何とかなると言った感じですね。

 

ココではトイレもお借り出来たので、軽量化を済ませたら再スタート。

 

 

 

32 

 

 

次のエイドへと向かうのですが、長くなったのでそれは次回で。

 

 

なんだかムッチャ長編になってきた(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に入村しています。
バナーをポチッと押して頂けると有り難いです。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« グランフォンド京都 2015 参加記 前編 | トップページ | グランフォンド京都 2015 参加記 後編 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

AS1でちょっと元気になったうちの嫁、AS1直後の橋で「めっちゃ綺麗!ここで写真撮る!」とはしゃいだ瞬間、クリート外さなあかんのすっかりふっとんでしまったようで、そのまま立ちこけ&ひざ出血。

この写真のずーっと後方でこんな事があったなんて当然内緒にしないといけませんねw

マックスポート様。
 
え?奥さんが立ちゴケされていたんですか?
お気の毒です。。
しかし出血しても完走する根性に拍手!

我々は怪我人は出ませんでしたが、今後気をつけたいですね。
 
それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グランフォンド京都 2015 参加記 前編 | トップページ | グランフォンド京都 2015 参加記 後編 »