« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

ロケットで月へ

すこ〜し、間が空きました(笑)
 
もう身動き出来ない程の仕事の予定がありまして・・・
 
10月も休みがあるかどうかと言う状態で、自転車は暫くお休みですかね〜
 
ついでに数年前に完治した突発性難聴の予兆も出てるので、ストレスがかなり・・・
 
まあ真っ当な社会人生活してれば、普通の範囲内の出来事と思って暫くは仕事に精を出す事にしましょう!
 
なので久しぶりの記事はすこ〜し、以前のライドです(笑)
 
今回は小径車で行けるところまで行って、輪行で帰宅する計画のライドをして参りました。
 
同行者はふーじぃ君と今回のライド・ガイドをお願いしたkimotoshiさん。
 
記憶も曖昧なのでサラッと当日の流れを書きましょう。
 
当日は早朝に先ず三国ヶ丘でkimotoshiさんと合流してから、河内長野でふーじぃ君と合流。
 
 
 
01 
 
 
あーだこうだと小径車談義した後はkimotoshiさんの先導でトトロ街道経由の紀見峠へ。
 
 
 
02 
 
 
03 
 
 
ここの峠は小径車にも優しいので、もうちょっと自宅の近くにあれば足しげく通いたい峠ですね〜
 
ここから和歌山に突入して高野山を目指します。
 
 
 
04 
 
 
赤瀬橋なのに青い橋を経由してドンドン登りますよ〜
 
 
 
05 
 
 
小径車ですが、お二人共早い早い(汗)
 
私は最後尾からヒーコラ言って着いて行きました。
 
矢立で休憩した後は大門に到着。
 
 
 
06 
 
 
先頭のkimotoshiさんが立ちゴケされるという世にも稀なアクシデントがあったのですが、大事無く出発。
 
高野山のファミマで休憩した後は和歌山の有田方面へと高野山から下って行きます。
 
 
 
07
 
 
 
ダウンヒルではもうウィンドブレーカーが必要な季節になって来ましたね。
 
この日は快晴ながら空気が乾燥していてとても気持ちの良いライド日和でした。
 
そしてkimotoshiさんの絶品のコース・チョイスで最高のライドに。
 
 
 
08 
 
 
深山渓谷とはこのコースの事。
 
 
 
09 
 
 
あまりの景色の素晴らしさに自転車を停めまくり(笑)
 
帰りが輪行だとついつい景色を楽しんでしまいますね。
 
まあふーじぃ君は何時もの無関心でしたけど(苦笑)
 
快適なライドでしたが、途中で私はミスを犯します。
 
 
 
10 
 
 
どんどん二人の背中が離れて行くのです。
 
原因は補給失敗(涙)
 
久しぶりのライドで補給が足りてなかったのです(ご存知ハンガーノック)。
 
携行食も底をついて力が入りません(絶望)
 
それでも何とか二人に食らいつこうと。
 
 
 
11_2 
 
 
ってのは嘘で、二人にペースを落としてもらう様に懇願したのでした。
 
それでも何とか目的の一つであるあらぎ島に到着。
 
 
 
12 
 
 
前々から訪れたかったので、念願のあらぎ島です(嬉)
 
ここでもふーじぃ君は無関心を炸裂させてましたけど(苦笑)
 
そして道の駅で念願の補給。
 
 
 
13 
 
 
固形物はエネルギーになるのに時間が掛かるのでコーラ投入。
 
 
 
14 
 
 
この日は赤コーラを3本も飲みましたよ(汗)
 
健康に悪いですが、仕方ないですね・・・
 
因にここの道の駅では稲の栽培をしてました(笑)
 
 
 
15 
 
 
田んぼのある道の駅なんて珍しいですよね〜
 
変な事に関心しつつもライドを再開。
 
 
 
16 
 
 
天気もロケーションも最高なのですが、私はなかなかハンガーノックから回復しません(涙)
 
またもやkimotoshiさんに泣きを入れて道の駅で補給。
 
 
 
17 
 
 
ここで休日限定の焼き鳥を頂きました。
 
 
 
18 
 
 
汗を沢山かいたので、塩をタップリまぶして食べて美味しかった〜
 
もちろんコーラも投入して、ここを出たら有田です。
 
有田までやってきた目的はラーメン。
 
 
 
19 
 
 
しかし・・・
 
人気店に遅めの到着は駄目ですね。
 
待ち客の長蛇の列を尻目に撤退(涙)
 
しかし、この日のガイドのkimotoshiさんに抜かりは無く、別のラーメン屋さんへ。
 
 
 
20
 
 
 
近くにあった月乃屋です。
 
ここで無事にラーメンを投入。
 
 
 
21 
 
 
私的には大満足でkimotoshiさんに感謝ですよ。
 
ふーじぃ君も美味しそうに完食してましたしね。
 
お腹が膨れたらライドは終了です。
 
 
 
22 
 
 
輪行で帰還するだけ。
 
小径車だと気楽にこんなライドが出来ますよね。 
 
まあブロだとしんどいですが、ポケロケならこれ位の距離は。
 
 
 
23_2 
 
 
御同行頂いたお二人共お疲れさまでした。
 
仕事が落ち着いたらまた遊んで下さいね。
 
しかし、良いシーズンが終わってからかな〜(涙)
 
 
 
 
 
 
 
ブログ村に入村しています。
バナーをポチッと押して頂けると有り難いです。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2014年9月17日 (水)

2014 コウノトリチャレンジライド 参加記

以前になりますが、9月7日に兵庫県但馬地方で開催されたコウノトリチャレンジライドに参加してきました。

 
今回同行したのはふーじぃ君MAGUNA君 、私の合計3名。
 
私とふーじぃ君が小径車で参加、初の100km越えライドになるMAGUNA君はロードバイクで参加。
 
 
 
01 
 
 
参加したコースはロング120kmコースで、山陰地方の海岸線ジオパークや神鍋高原等の山間部を縫って無事に完走してきました。
 
この大会は城崎温泉がスタート地点と言うのが遠くて難点でしたが、早朝出発&深夜帰宅で乗り切る事が出来ましたよ。
 
当日は早朝(午前3時に出発!)に大阪を出て城崎温泉近くの小学校で受付。
 
 
 
02 
 
 
心配された天気も快晴になり暑い程。
 
参加者数も800名を越える大きなイベントになりました。
 
初心者の方(MAGUNA君も)の参加が多いのも特徴で、運営側から途中リタイアの回収車も用意される安心の大会でした。
 
 
 
03 
 
 
実際にこの回収車に参加者の約5%がお世話になったそうです。
 
盛大な開会式の後はグループ毎に混雑しない様にスタートして行きます。
 
スタート後は各2カ所のチェックポイントと給水ポイント、計4カ所を時間内に通過して行く方式で120kmを走って行きます。
 
 
 
04_2 
 
 
05 
 
 
水と補給食を充分に用意して頂けるので(もちろん無料)体力がある限りは走る事ができますね(笑)
 
そして山や海を存分に自転車で楽しみます。
 
 
 
06 
 
 
08 
 
 
辛いヒルクライムもコース上に案内板が立てられて、覚悟を決めて登る事が出来ましたよ(笑)
 
 
 
07 
 
 
この大会は標識板がとても充実していたので、持参したGPSをほとんど見る事なく安心してライドを楽しめました。
 
そしてふーじぃ君とMAGUNA君も満喫出来た様で。
 
 
 
09 
 
 
道中にはコウノトリならぬ、閑古鳥の鳴いている但馬空港にも立ち寄りました。
 
 
 
10 
 
 
何時かは飛行機輪行もしてみたいな〜
 
3人揃って無事にゴールした後はカレーを振る舞って頂いて帰路へ向けての元気を貰って。
 
 
 
11 
 
 
参加賞である城崎温泉の外湯で疲れを癒してサッパリして無事にトランポで各自の家に戻ったのでした。
 
 
 
12 
 
 
堺からだと少し参加条件のハードルが高いですが、とても満足度の高い大会でしたので出来れば来年もリピートしたいですね。
 
同行頂いたふーじぃ君とMAGUNA君もお疲れさまでした。
 
 
また遊びましょう♪
 
 
 
 
 
ブログ村に入村しています。
バナーをポチッと押して頂けると有り難いです。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2014年9月16日 (火)

ニュージャージでイベントへ

少し更新が滞っていましたが、何とか生きてます(笑)

 
どうしようも無く仕事が立て込んでいまして、何とか日曜日の休みを確保する為に頑張っていますですよ。
 
ブログの方も落ち着いたらボチボチと活動再開して行きたいと思っています。
 
ところで私がデザインを担当したジャージが出来上がったと連絡があり、テルミニさんへ。
 
 
 
01 
 
 
今回は何と20着もオーダーが入りましたよ(笑)
 
恐ろしい事ですね〜
 
個人的にはちょっと嬉しい気もしますがw
 
で、完成したジャージをお披露目。
 
 
 
02 
 
 
03 
 
 
既にこれを着てライドデビューされた方も多い様です。
 
私も早速イベントで着用してきましたよ。
 
 
 
P1020529_2 
 
 
その模様は次回以降で書いて行きます。
 
何時になるか解りませんが(爆)
 
 
 
 
 
ブログ村に入村しています。
バナーをポチッと押して頂けると有り難いです。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »