« 梅雨ですから | トップページ | 増えましたw »

2014年7月 8日 (火)

大事な専用工具

先日の七夕は生憎の雨で、彦星と織り姫の舞台である天の川を見る事が出来ませんでしたね。

 
AMラジオを聞いていると、最近の子供達は短冊に書く願い事が「ゲームが欲しい」「妖怪ウォッチが欲しい」「フィギアが欲しい」などと物欲をストレートに書くのが多いとか(笑)
 
幼稚園で先生が「短冊の願い事は欲しい物を書く事では無いのよ〜」などと説明に苦慮しているそうですよ。
 
子供達にとって七夕はクリスマスの様なイベントと感じているみたいで、面白いものだなと思ってラジオを聞いていました。
 
元々は二人でデートばかりしていて働かなくなった彦星と織り姫を罰として年に一回しか逢えない様にした神様の罰から来るものだと言う由来も知らされては無いのでしょうね。
 
面白かったのでちょっと書いてみました。
 
 
 
さて自転車です。
 
私は基本的に自転車の整備はお店に任せる事が多いです。
 
というのも金太郎さんテルミニさん という腕の良い整備士である店長のお店を知っているから。
 
もちろん清掃やタイヤ交換などの簡単なものは自分でしますが、専用工具を用いる作業はお任せする事にしています。
 
それにプロの整備は作業を見ているだけで楽しいですしね。
 
最近もブロンプトンのヘッドパーツが緩んでいるのに気が付いて、お店で増し締めしてもらいました。
 
 
 
01_2 
 
 
頑丈で定評のあるクリスキングといえども、構造は「ボルト・ナット」なので定期的に締め具合をチェックする必要はありますね。
 
ヘッドパーツはロードバイクではインテグラル方式が多くなって、この様な作業はアンカーボルトをアーレンキーで締めるだけで良いのですが、ノーマルやアヘッド方式だと二枚のナットで調節する必要がありますね。
 
私の手元にある自転車ではブロンプトンの他にポケットロケットもノーマル方式。
 
 
 
02_2 
 
 
一台だけならお店に任せても良いのですが、ヘッドパーツは路面の状況を腕に伝える大切なパーツです。
 
出掛ける前に緩みに気が付いたらその自転車で出掛ける事は危険な事になります。
 
そこでたまには自分で専用工具を用いて調節だけは出来る様にと一念発起、専用工具を購入する事にしました。
 
大きな開口のデカ・スパナである「ヘッド・スパナ」
 
 
 
03 
 
 
ノーマルタイプの様な上下にナットある「グリップナット」タイプでは同じものが2本必要ですね。
 
一つは固定、一つは緩めたり締めたりするのに用います。
 
因にノーマルタイプでは32mm径、オーバーサイズでは36mm径がが一般的なサイズで購入したのは兼用の物です。
 
これで2台のクリスキングを調整する事が出来るはずです。
 
締め具合は自分の感覚で、実際に使用する際に練習を兼ねてになりますが(笑)
 
上手くいかなかったらお店に泣きつく事になりますが、なるべく自分で出来る様になりたいですね。
 
梅雨時期は自転車のメンテを勉強してみるのも良いかも♪
 
 
 
 
 
ブログ村に入村しています。
バナーをポチッと押して頂けると有り難いです。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 梅雨ですから | トップページ | 増えましたw »

自転車」カテゴリの記事