« OGW503 | トップページ | OGW506 »

2014年5月 7日 (水)

OGW504

タイトルの「OGW504」ですが、「Okame-Golden-Week 5月4日」の事でございます。

 
 
この日は前日のノンビリとは違って、ハードな六甲山ライドへと行ってきました。
 
 
メンバーは何時もお世話しているになっているひろさんふーじぃ君
 
 
リンク貼っておいた上でどうでも良いですが、この二人のブログは今後更新されるのでしょ〜か?
 
 
それは置いといてライドの流れを書きます。
 
 
3人とも六甲山へ向けて選んだ馬はロードバイク。
 
 
私は久しぶりのカイヨ出撃です。
 
 
口の悪い人 に「本当は、あのフォーカスは金太郎さんのレンタルバイクちゃうのか?」とか「あ、展示車を貸してもらってんのやろ?」とか言われたい放題ですが、れっきとした私の決戦機(?)ですよ、カイヨ。
 
 
ってな訳で(??)当日は絶好のライド日和の朝、堺市役所前に集合。
 
 
 
01_2 
 
 
子供の日に向けて沢山の子鯉のぼりが展示されてましたよ。
 
 
写真でバイクが一台倒れてますが、普段からこういう扱いらしいので気になさらぬ様(微笑)
 
 
集合したら早速スタート、ってな事は無くて談笑しながら朝食(笑)
 
 
私は朝から高カロリー摂取です。
 
 
 
02_2 
 
 
集合時間の午前8時より随分早かったので、広々とした市役所のエントランス広場でノンビリとさせて頂けました。
 
 
堺市民の市役所有効活用になったかな〜(ならない?)
 
 
いつまでも談笑してる訳にも参りませんので、ひろさんのエスコートでライドを開始します。
 
 
e-Trexのガイドで快調に街中ライドを開始。
 
 
 
03_2 
 
 
幹線道路は信号こそ多いものの、連休中でしたのでビジネスの車が少なくて割合に快適に兵庫県方面へと抜ける事が出来ました。
 
 
平日は幹線道路を自転車で走る気がしないのですが、お休みの日はこれはこれでアリだと思います。
 
 
ほとんど平坦な道でやがて夙川に到着。
 
 
ここからがハードな登りの始まりです。
 
 
登る前に夙川ファミリーマートでフランクを投入!
 
 
 
04_3 
 
 
この後の登りで、ゼリーかパンにしておけば良かったと後悔したのは言うまでもありませんが(リバース注意w)
 
 
ライドの時の油物には気をつけましょう〜
 
 
肝心のライドですが、ハードな10%越えの上り坂が連続して襲ってきます。
 
 
この辺りに住まいしている方々は、自動車か電動ママチャリが無いと移動が大変でしょうね。
 
 
時折15%オーバーもあるヒルクライムですが、ひろさんが早々に遅れた後は私とふーじぃ君とで淡々と登って行きます。
 
 
練習不足の私は途中でふーじぃ君に先行してもらって、エッチラオッチラ登る事に。
 
 
流石に山頂までノンストップは無理なので、休憩も差し挟んで登って行きます。
 
 
 
05_3 
 
 
良い天気で路面状況も宜しいのですが、肝心の私の体力が問題。
 
 
平地は誤摩化せてもヒルクライムは普段の乗り込み量が物を言いますね。
 
 
それでもヒーコラ言いながら山頂に到着。
 
 
 
06_2 
 
 
先着したふーじぃ君も「初六甲山はキツかった〜」と言ってました。
 
 
これで六甲山制覇の中年ライダーが一人増えましたね。
 
 
やがてひろさんも到着したのですが、生きてるの?って感じでしたね(笑)
 
 
「脚と手が震えるんやけど?」「頭痛もする」とか言ってましたが、知りまへんがな(爆)
 
 
まあ我々の様な中年ライダーには六甲山はあまり優しくは無いですな。
 
 
数年に一度登るくらいで良いですわ。
 
 
そしてこの日は休憩中に沢山の山ガールや山ボーイが引っ切りなしに登頂してきましたので、山登りのブームを体感出来ました。
 
 
自転車も良いですがハイキングも楽しそうなので、いずれしてみたいものです。
 
 
因に山頂ではまだ桜が咲いてましたよ。
 
 
 
07_3 
 
 
スマホを弄るオッサンとの構図はイマイチでしたが(爆)
 
 
山頂を後にしたら景色の開けた場所でパチリ。
 
 
 
08 
 
 
こうした景色を見てると良くここまで自転車で登ったモンんだと感心します。
 
 
時折こうした景色を楽しみつつ、六甲山の稜線を走って到着したのがお目当てのカレー屋さんの登六庵
 
 
 
09 
 
 
しかし、残念ながら閉店してしまったとの事(涙)
 
 
ヒルクライムの御褒美的なカレー屋さんだっただけに、非常に残念でした。
 
 
私達の他にもローディーさんが訪れていたのですが、同様に残念がってましたね。
 
 
山中でのお昼ご飯は諦めて、一旦下山してお昼を摂る事に。
 
 
「なか卯」で結局カレー(爆)
 
 
 
10 
 
 
うどんとセットでお腹一杯になりました。
 
 
暫く動きたく無かったのですが、GW中とあってお客さんが一杯。
 
 
なので早々にお店を出てライドの再開です。
 
 
向かったのは有馬温泉。
 
 
 
11 
 
 
ここのヒルクライムは六甲山に比べると斜度が穏やかで楽しく登る事が出来ましたね。
 
 
こっちを後半コースにして正解ですよ。
 
 
ひろさんのコースメイクはナイスですな(笑)
 
 
この後は有馬温泉から逆瀬川へと下って、宝塚方面へ向かいます。
 
 
道中は国道から外れた車の少ない脇道をスイスイと。
 
 
 
12 
 
 
13 
 
 
この道は良かったですね〜
 
 
有馬温泉とセットで走ると、辛い六甲山を忘れちゃいそうでしたよ。
 
 
やがて武庫川のCLに入って無事に国道2号線まで抜ける事ができました。
 
 
2号線で最後の補給を済ませると、後は流れ解散。
 
 
 
14_2 
 
 
今回は130km程のライドでしたが、山あり川あり市街地ありの盛り沢山なコースでしたね。
 
 
帰った後は結構クタクタでした。
 
 
御一緒したひろさん&ふーじぃ君、お疲れさまでした。
 
 
また行きましょう♪
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ村に入村しています。
バナーをポチッと押して頂けると有り難いです。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« OGW503 | トップページ | OGW506 »

自転車」カテゴリの記事