« グランフォンド京都 参加記 前編 | トップページ | BRM517参加記 その前に »

2014年5月14日 (水)

グランフォンド京都 参加記 後編

前回からの続きです。

 
コースの約半分を走行して、与謝野町に入った辺りから勢いを増す逆風。
 
与謝野町からは南下して福知山市に戻る行程となるのですが、この強風が私達を最後まで苦しめました。
 
それは追々書きますが、与謝野町から街中を抜けて国道176号線沿いの田舎道を南下して行きます。
 
 
 
01_2 
 
 
これが交通量は少ないのですが、ず〜っと登りっぱなしの細い道でありまして。
 
対向する車がほとんど無いし、見晴らしも良いので道幅を利用した「244式・イナズマ登坂法」を炸裂させました。
 
その登坂法とは・・・
 
まあ、単にフラフラ登ると言うものですがね(笑)
 
ここでは私は自分に負けて、フロントインナーを盛大に使わせてもらいましたよ。
 
えっちらおっちらと農道を登ると与謝峠に入ります。
 
ここからは10%オーバーも時折現れるヒルクライム。
 
暫くして息も絶え絶えとなり、ふーじぃ君に先行して貰いました。
 
自転車通勤と堺浜周回トレーニングで地脚の出来上がったふーじぃ君は、登りでもメッキリと強くなりましたね。
 
ローラー練習だけの私より随分と進化したものです。
 
彼とは同い年なので、私も頑張らねばと思いましたよ。
 
さて、ランデブーしつつ与謝峠のピークを迎える少し手前で最終エイドステーションであるAS与謝峠に到着。
 
 
 
02 
 
 
03 
 
 
先着された方が電動コンポでトラブルがあったらしく、スタッフの方がサポートカーと頻繁に携帯でやり取りされてました。
 
ふーじぃ君が「電動は信用できんな〜」などと言ってましたが、私は「紐もワイヤー切れたら終わりやで」と返したりしてスタッフも交えて雑談(笑)
 
こうしたノンビリしたやり取りもレースでは無いグランフォンドの楽しみですよ。
 
このASではおにぎり3個とチョコレート、そしてお茶を沢山頂きました。
 
ついでにボトルの真水も入れて頂きましたよ。
 
本当に運営側のサービスに感謝です。
 
ひとしきり談笑した後は与謝峠の残りを制覇します。
 
国道の大きなトンネルを迂回するルートは路面が荒れていて、落車に気をつけながらユックリと登り切ると後はお約束のダウンヒル。
 
軽快に下ると府道63号線に入って雲原川沿いの非常にロケーションの良い道を通って行きます。
 
 
 
04 
 
 
下り基調なので与謝峠で削られた脚も回復する事が出来ました。
 
2台でノンビリトレインです。
 
 
 
05 
 
 
やっぱり怪しいっちゅうねん(笑)
 
しばらくして一車線の細い獣道も現れます。
 
 
 
06 
 
 
バリエーションに富んだ面白いルートをチョイスする運営者に感心しながら走ります。
 
春のロードバイクシーズンを素晴らしい天気の元で満喫。
 
そして大江町まで再び戻ると後は平坦路となり、広い道に入ります。
 
国道175号線を向かいに並走する府道55号線で由良川沿いを快走。
 
と言いたいところですが・・・
 
ゴールまでの約10kmは全部強烈な向かい風(涙)
 
しかも街路樹がたわむ程の強風(号泣)
 
久しぶりに平坦路で下ハンドルを握りしめてペダルを廻しましたよ。
 
こうしたときは「何時かは終わる(?)」と念じつつ無心で進むしか無いですね。
 
幸いに府道55号線は交通量が少なく整備された非常に走り易い道だったのが救いでした。
 
時折対向するロードバイクに「追い風でいいな〜」とふーじぃ君と一緒に悪態をつきつつやがて福知山市街に入ります。
 
由良川にかかる音無瀬橋を渡るとゴールの福知山城がお出迎え。
 
 
 
07 
 
 
沢山の観光客が訪れていて賑やかな城下町でしたよ。
 
ただしここでも強風が吹き荒れてましたが(笑)
 
ゴールの「ゆらのガーデン」という施設に無事に到着。
 
 
 
08 
 
 
安全に楽しくふーじぃ君と二人同時にゴール出来ました。
 
そしてスタッフの方と談笑しながら「目立つジャージですね〜」と指摘されたこのジャージ姿も。
 
 
 
09_3 
 
 
244式塾生としてアピールしておかないとね。
 
ここで完走賞状を頂いて今回のグランフォンド京都は終了です。
 
後は綾部市までの13kmを自走してスタート地点の保健福祉センターに戻ります。
 
着替えと車載を済ました後は、ライド後のガッツリ食事。
 
 
 
10 
 
 
走る為の補給と違って油物もオーケーの御褒美ですね。
 
比較的早い時間にゴール出来たので、帰りの高速道路もそんなに時間が掛からず無事に堺まで戻る事が出来ました。
 
家に戻るまでが遠足ですからね。
 
今回は初めてのグランフォンド参加でしたが、ハーフなのに非常に楽しめました。
 
運営側のスタッフの皆様に感謝したいです。
 
そして一日中遊びに付き合ってくれたふーじぃ君もありがとう。
 
来年もコースを変えて開催される事を祈りつつ、今回のグランフォンド京都参加記を終えたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ村に入村しています。
バナーをポチッと押して頂けると有り難いです。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« グランフォンド京都 参加記 前編 | トップページ | BRM517参加記 その前に »

自転車」カテゴリの記事