« 今週末はBRM406 | トップページ | BRM406大阪200参戦記 後編 »

2014年4月11日 (金)

BRM406大阪200参戦記 前編

先週の日曜日にオダックス近畿主催の200kmブルベに参加してきました。

 
 
一言で言うと「精も根も尽き果てた」過去最大に疲れ果てたライドになりましたよ。
 
 
因にコースはこんな感じで獲得標高は3,800m(!)、しかも当日の天気は雨・強風に霰や雹まで降るという過酷な天候・・・
 
 
まったく良く完走出来たものです。
 
 
コースの内容はこんな感じでキューシートをご覧下さい。
 
 
では当日の流れをサ〜ッと書いて行きましょう。
 
 
私は今回午前8時鶴見緑地スタートでしたので、比較的ユックリと堺から輪行で出発しました。
 
 
 
01 
 
 
この日は天候が悪くなると天気予報で出ていましたので、人出は日曜日の割には少なかったですね。
 
 
 
おかげで快適な輪行を済まして、小1時間で受付場所に到着。
 
 
 
02 
 
 
この時は朝日も拝めるなど「天気、持つんじゃない?」などと思ったものですよ・・・
 
 
 
ここで受付と車検を済ませつつ同行のひろさんと合流。
 
 
二人で話したのは「参加者少なっ!」と言う事です。
 
 
後で確認すると、事前のDNSが非常に多いブルベと言う事でしたよ。
 
 
やがてスタートしますが、大阪から奈良へ抜けるまでは信号のオンパレードでなかなか前に進みません。
 
 
 
03 
 
 
オマケにさっきまで晴れていたのに雨が降り出してきましたよ。
 
 
第一の坂である清滝峠を抜けると比較的信号も少なくなるのですが、次は奈良市内の信号で捕まりまくります。
 
 
今回のブルベは信号のタイムロスが非常に多くて、これが最後まで精神的にも時間的にも余裕が持てない原因になりましたね。
 
 
奈良市内を抜けると次は国道25号線沿いのとっても「酷道」なルートで天理を抜けて行きます。
 
 
路面状況が非常にスリッピーでダンシングすると落ち葉でスリップしてしまう始末。
 
 
当然コンクリートの箇所では安全第一で自転車から降りて押し歩いて行きます。
 
 
それでも何とか桜峠をクリアー。
 
 
 
05 
 
 
路面状況が悪い上にアップダウンが激しくて過酷なコースは覚悟でしたが正直参加しなければ良かったと後悔しながらの走行になりました。
 
 
ちなみに道路の脇には残雪もちらほらと。
 
 
 
06 
 
 
落ち葉や落石も多くて通過するのに凄く神経を使いましたね。
 
 
それでもひろさんと二人で励まし合いながら道を進みます。
 
 
 
07 
 
 
写真では分かりにくいですが、昼頃には天気が雨が雪まじりの雹や霰になっていましたよ。
 
 
私はこの日は終始モンベルのレインジャケットパンツを着用していたので、なんとか身体が冷えずに助かりましたが、ひろさんはウィンドブレーカーのみの走行で終始「寒い!」を連発していました。
 
 
モンベルはデザインがどうのこうの言われますが、機能性は日本の天候にあわせた素晴らしいものが有りますね。
 
 
少々割高でしたが、良い買い物をしたと思いましたよ。
 
 
ここまで書いていて辛い記憶が蘇ってきましたので、一時休憩して続きは次回で。
 
 
 
 
 
ブログ村に入村しています。
バナーをポチッと押して頂けると有り難いです。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 今週末はBRM406 | トップページ | BRM406大阪200参戦記 後編 »

自転車」カテゴリの記事