« 時を知る | トップページ | 金魚ポタで「ギョっ??」 中編 »

2014年1月15日 (水)

金魚ポタで「ギョっ??」 前編

先日の成人の日は仕事をお休みして、妻と奈良は大和郡山へポタリングに行って来ました。

 
 
きっかけは、私が何となく「金魚を見に行こうか?」と妻に提案した事からです。
 
 
当日のコースは、大和郡山市の観光案内HPから拝借したこのコース
 
 
 
Footpath7 
 
 
ウォーキングマップですが、ブロでノンビリと散策するのに良さそうですね。
 
 
当日堺はお天気も良く、何時ものJR堺市駅から輪行をスタートします。
 
 
 
P1010662
 
 
 
最近はJRの駅でこのポスターも良く見かけます・・・
 
 
 
P1010663 
 
 
ブロを狙い撃ちですか?JRさん?
 
 
で、私達はきちんとパッキング。
 
 
 
P1010664 
 
 
輪行ルールは守って、電車移動で大和小泉駅へ到着。
 
 
 
P1010665 
 
 
奈良の方はお天気が曇りがちになっていて、少し堺よりも寒かったですね。
 
 
ここからは観光マップに従ってブロを進めて行きます。
 
 
先ずは小泉神社へ。
 
 
 
P1010667 
 
 
昔この辺りを支配していた豪族の小泉氏が鎮守の神社です。
 
 
立派な神社で、沢山の人が訪れていました。
 
 
この日は「とんど焼き」も行われていて、お参りの後は少し暖をとる事に。
 
 
 
P1010668 
 
 
破魔矢やお札を燃やすのって複雑な気分ですが、暖かかったのは確かですよ。
 
 
そして次に小泉城趾へ。
 
 
 
P1010670 
 
 
城とは言っても昔は塀を屋敷に巡らせて、そこを城と言っていたみたいなので只の広場みたいな感じでした。
 
 
今回のコースは住宅街の中をオリエンテーリングみたいにポイント探しする様で、名所を見つけるのが一苦労。
 
 
次の金輪院庚申堂へ。
 
 
 
P1010672 
 
 
古い街並には庚申さんが良く見かけられます。
 
 
当然名物の「さるぼぼ」がこの辺りの民家には数多く見かけられました。
 
 
 
P1010673 
 
 
奈良県や三重県では特に見かける事が多いですよね。
 
 
そしてお次ぎは茶道石州流々祖として有名な慈光院へ。
 
 
 
P1010674 
 
 
中は拝観料が必要なので、ちょっとだけ覗く事に。
 
 
 
P1010675 
 
 
P1010676 
 
 
茶道のお寺だけに、侘び寂びの感じられる(ホントか?w)とても静謐なお寺でしたよ。
 
 
因に中では別料金で本格的なお茶を嗜む事も出来るそうです。
 
 
ここからはブロを金魚池方面へ走らせます。
 
 
 
P1010678 
 
 
地味〜な筒井城趾等をパスして、本日のメインである郡山金魚卸売センターへ向かうのですが・・・
 
 
 
P1010677 
 
 
何と、痛恨のお休みで二人とも「ギョっ!」
 
 
ここでめげずに、次の郡山金魚資料館へ向かいますが・・・
 
 
 
P1010679 
 
 
何とここも休館日で再び「ギョっ!」
 
 
ちゃんと下調べしておけば良かったです(悲)。
 
 
次に二人で少し寂しい思いで向かったのが、今年の大河ドラマでも出てくる豊臣秀吉の弟である豊臣秀長の墓所である大納言塚。
 
 
 
P1010682_2 
 
 
住宅地の中に忽然と現れる立派な塚でした。
 
 
秀長は郡山を発展させた良い城主だった様で、人気もあった様です。
 
 
そして郡山城主の柳澤家の菩提寺である永慶寺を少し見学して。
 
 
 
P1010684 
 
 
この日の前半の目的地である郡山城趾に到着。
 
 
立派な石垣の城趾には永慶寺と同じく柳澤家ゆかりの柳澤神社があります。
 

 
 
P1010685
 
 
ここでここまでの安全を感謝してから城下町への散策へ向かいます。
 
 
が、長くなったので続きは次回で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 時を知る | トップページ | 金魚ポタで「ギョっ??」 中編 »

自転車」カテゴリの記事