« 寒かった京都 BRM105 前編 | トップページ | 時を知る »

2014年1月10日 (金)

寒かった京都 BRM105 後編

さて、PC1を出発するとコースは琵琶湖に向けて、北向きに「北上」となります。

 
 
この季節の風は北風ですよね・・・
 
 
なのでここからは「爆風の向かい風」との闘いとなりました(涙)。
 
 
そして気温はお昼とはいえ、この低温・・・
 
 
 
11 
 
 
この気温に爆風がもれなくセットされるのですから、辛い辛い(涙)
 
 
オマケにコースは所謂「広域農道」と言われるアップダウンがず〜っっと続く道。
 
 
ひろさんと「広域農道って、なんで無駄にアップダウンが多いのかな〜??」などと問答しながら必死に自転車を進めましたよ。
 
 
そしてコースは琵琶湖近くに突入するのですが、通過チェックの「ぷらざ三方よし」は地元の特産品を紹介する施設で、食事等の補給が出来ないとの情報を他の参加者から伺いました。
 
 
なので通過チェック手前のコンビニで補給する事に。
 
 
 
12_2 
 
 
ピザまんとトマトジュース、そして現在ツイッターで話題の「フランクなう!」を呟いておきました。
 
 
直後に金太郎ナカーマのふーじぃ君から「ナイス!フランク!」とのツッコミ・ツイートが有りましたよ(笑)。
 
 
よく解らない流れですが、取り敢えず乗っておきましょうw
 
 
この後「ぷらざ三方よし」で通過チェックの証明にブルベカードへスタンプを押します。
 
 
補給は済ませておいたのでスタンンプ後、再び自転車を琵琶湖へ進めます。
 
 
さて、このブルベの副題は「トワイライト・レイク」。
 
 
所謂「夕暮れの湖」ってな感じですか?
 
 
その通りに夕方になって琵琶湖湖岸に入ります。
 
 
 
13 
 
 
日没までに琵琶湖湖岸に入れましたが、琵琶湖は強風で凄い波・・・
 
 
しかし、悪い事ばかりでは無くてこの頃から風が横&追い風になってきました♪
 
 
「こりゃ、ラッキ〜だわ」と喜びながら走ってると、やがて琵琶湖大橋近くのPC2に到着。
 
 
 
14 
 
 
ここで夜間走行に備えてガッツリ目に補給。
 
 
 
 
15 
 
 
チェック後は近江大橋や瀬田の唐橋を眺めつつ、琵琶湖南東部を南進して行きます。
 
 
そして夜間走行に突入して、ひろさんの「爆光中華ライト」に照らされて夜の宇治川ラインを走ります。
 
 
宇治川ラインは所々まだ復旧工事中で、交互通行の信号に足止めされながらも宇治市を通過。
 
 
そして最後の通過チェックのファミリーマート大石はっとり店に到着。
 
 
 
16_2 
 
 
もうこの時点で固形物の補給は苦しくなって来たので、止めのコレを補給しておきました。
 
 
 
17 
 
 
補給が苦しくなったら、トマトジュースかコーラに限りますね(笑)
 
 
 
この後はスタッフの苛めの宇治の市街地ヒルクライムをこなして無事にゴール!!!
 
 
 
18 
 
 
最後のレシートをひろさんと受け取って、スタッフの待つ最終地点のジョイフルへ。
 
 
 
19 
 
 
ブルベカードを提出した後は、やっと「お箸を持って座って食べる、ちゃんとした食事」をしました。
 
 
 
20_2 
 
 
コンビニで地べたに座って食べる食事ばかりだと、何だか自分が社会人である事を忘れてしまいそうになりますよね(笑)。
 
 
 
美味しい夕餉の後は再び京阪 八幡市駅から輪行で帰途につきました。
 
 
 
21 
 
 
時間が遅かった事も有って、電車はガラガラでひろさんとこの日を振り返りつつ楽しい車中となりましたよ。
 
 
これで今期初のブルベは無事に終了しました。
 
 
それにしても冬場は200Kmと言えども気温と風に泣かされ通しで、楽観していた私には油断大敵でしたね。
 
 
で、帰宅後はヘトヘトでした。
 
 
今後はもっとシッカリとトレーニングしておかないと、DNFなんて事になるやも知れません。
 
 
色々と学ぶ事の多い今回のブルベでした。
 
 
最後に見送りに来た魔人さん、DNFのりょう君、そして終始御一緒したひろさん、ありがとうございました!
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 寒かった京都 BRM105 前編 | トップページ | 時を知る »

自転車」カテゴリの記事