« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

2013年 年の瀬

現在これを書いているのは、2013年の最終日。

 
 
大晦日の夕方でございます。
 
 
大掃除も終わって時間があったので、久しぶりにランニング(ラン)に出掛けて来ました。
 
 
20Km程を2時間少し掛けてノンビリと走ってみると、自転車とは違った景色を見る事が出来て楽しかったですね。
 
 
ただ、あらためて思ったのがランは膝や足首に衝撃が大きい事。
 
 
20Kmくらいでも、膝には少し違和感が出ました。
 
 
もちろんエアーサロンパス+アミノ酸摂取でケアはしておきましたけどね。
 
 
年齢とともに筋力の回復も遅くなって来ているので私も、来期はもうソロソロ回復系のサプリメントのお世話になる事を考えないといけないな〜と思った次第です。
 
 
明日は元日から筋肉痛にならない事を密かに祈っている今日この頃(笑)
 
 
 
 
 
さて、自転車ですが今回はママチャリ。
 
 
今朝、妻から『ママチャリの後輪に空気を多めに入れたら、バルブから空気漏れの音がする。』と報告が有りました。
 
 
一家の自転車係の私としては・・・
 
 
 
これはイケません!
 
 
 
ってな訳で、妻と娘のママチャリを一緒に前後計四輪のバルブを調査。
 
 
 
01 
 
 
スポークがサビサビなのは御愛嬌ですw
 
 
早速バルブから「虫」を抜きますと・・・
 
 
 
02 
 
 
思った通り「虫ゴム」が劣化して割れて来ていますね。
 
 
これでは高圧にするとエアーが漏れるのは当たり前です。
 
 
 
 
 
 
さて、ちょっと話が逸れますが娘に「虫ゴム」と言うと『何、それ???』と言う返事が。
 
 
私や妻の世代では当たり前の「言葉」が今の子供には伝わらないのですよね。
 
 
ママチャリは下手をすると「パンクすれば使い捨て」などという時代。
 
 
作業しながら娘に『この部分が・・・』と説明しておきました。
 
 
小さな事ですが自分だけが「当たり前」と思っていても、相手には伝わらない事が家族にも有ると言う事を再認識しましたね。
 
 
年の瀬に少し良い出来事になった様な気がします(笑)
 
 
 
 
 
話を戻します。
 
 
劣化した虫ゴムは早速廃棄処分にして、あらかじめ買い置きしておいた虫ゴムへと交換します(用意周到・フフフ♪)。
 
 
 
03 
 
 
虫ゴムはチューブ状に長いままなので、20mm程度に切り落とします。
 
 
 
04 
 
 
これをバルブに戻して交換作業は終了。
 
 
あとは金太郎さんで購入した「ママチャリ用スペシャル・ポンプ」(たいそうなw)で空気を充填!
 
 
 
05 
 
 
もちろんエアー圧のチェックはタイヤを指で押して『ん!こんなもんやろ!』と確認終了w
 
 
これを2台のママチャリで全輪行って終了です。
 
 
で、いまPCの前でビールを飲みながらこの記事を書いています。
 
 
私のブログらしく、こじんまりとした記事で2013年を締めましょう♪
 
 
今夜は「紅白歌合戦」を見ながら、晩酌しつつ「行く年・来る年」まで起きていられるかな〜?
 
 
 
と言う訳で(?)今年一年、当ブログをご愛顧頂いてありがとうございました。
 
 
そして見て下さった方に『良いお年を!』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2013年12月29日 (日)

18切符で牡蠣食べに 後編

さて、相生火力発電所を過ぎたら再び海岸線沿いを走って坂越方面へ向かいます。

 
 
そして道中の「海の駅 しおさい市場」に到着。
 
 
 
13 
 
 
ここは牡蠣のシーズンになると非常に込み合う人気スポットで、この日も駐車待ちの自動車渋滞が出来ていました。
 
 
当然、中のレストランも外のBBQもメチャ混み(1〜2時間待ち)。
 
 
なのでここでの食事は諦めて、ユッキンさんのお土産の牡蠣を購入しに行きます。
 
 
ユッキンさんがイチオシの生食牡蠣販売店が「鎌島水産」。
 
 
 
14 
 
 
ここの牡蠣は非常に雑菌が少なくて、安心して生で牡蠣を食べる事が出来るそうです。
 
 
因にオカメ家では妻も娘も牡蠣がNGなので、お土産は無しです(トホホ・・・)。
 
 
無事にお土産をゲットしたら再び海岸線を坂越方面へ。
 
 
目的地は酒造所の「忠臣蔵」。
 
 
 
15_2 
 
 
造り酒屋の目印である「杉玉」も玄関に有りますね。
 
 
ここで二人とも迎春用の日本酒をゲット。
 
 
私も自分用のお土産が出来て満足、満足w
 
 
そして播州赤穂の町へとブロを走らせます。
 
 
町に到着後、ちゃんとした食事をしてませんでしたので「あこうパン」へピットイン。
 
 
 
16 
 
 
残念な事に以前は店内にイートインが有ったのですが、無くなっていて代わりに外のテラスで食事が出来る様になっていました。
 
 
この日は暖かかったので良かったですが、冬空の寒い日は辛いかもしれませんね。
 
 
訪れる方はご注意を・・・
 
 
ここで各々好きなパンを頂いて、少しだけ播州赤穂の城下町を見物。
 
 
 
17 
 
 
そしてJR播州赤穂駅から輪行で乗り込んで向かったのが「かきオコ」で有名な日生です。
 
 
 
18 
 
 
駅に到着してから取り敢えず五味の市に向かったのですが・・・・
 
 
夕方の五味の市は魚がほとんど売れて無くなって店じまいの雰囲気・・・・
 
 
「まあええか。かきオコ行こ、か・き・オ・コ♪」
 
 
と言う事で向かったのが「あらた」さん。
 
 
 
19 
 
 
日生の町で一二を争う人気店なので、もう説明不要でしょう。
 
 
お店の明るく元気なおば様達と楽しく会話しながら牡蠣を頂きましたよ♪
 
 
名物の「おっぱい焼き」や。
 
 
 
20 
 
 
当然かきオコも頂きます。
 
 
お店は古い感じですが、かきオコはちゃんと温度管理までして焼き上げます。
 
 
 
21 
 
 
温度計を差しながらビッグなかきオコをモダン焼きで。
 
 
 
22 
 
 
お腹一杯になるまで堪能致しましたよ。
 
 
食後も店に訪れた地元の漁師さん達と楽しく会話して、後は日生から堺まで無事に輪行で戻りました。
 
 
冬の輪行ライドは定番になりつつ有りますが、電鉄会社の輪行ルールを正しく守ってライドを楽しみたいものですね。
 
 
この日、御一緒頂いたユッキンさんとそんな事も話し合いながらの楽しいライドでした。
 
 
本当に楽しい一日をありがとうございました、ユッキンさん!
 
 
また、御一緒しましょうね!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2013年12月27日 (金)

18切符で牡蠣食べに 前編

先日の天皇誕生日(祝日)に18切符を利用して、竜野〜相生〜播州赤穂〜日生へとポタリングして来ました。

 
 
今回の旅のお相手はユッキンさん。
 
 
旅の相棒は二人ともブロンプトンでございます。
 
 
ユッキンさんとは知り合ってから結構長いのですが、意外にも二人だけのライドは今回が初めてでしたよ。
 
 
では、当日の模様をば。
 
 
 
朝は何時ものJR堺市駅からスタートです。 
 
 
 
01 
 
 
私が到着して程なくユッキンさんも到着。
 
 
二人とも二四四式登坂塾生必携のGIZAバッグで輪行して行きます。
 
 
道中は2時間程あるのですが、仕事や子供の話をしていると程なく竜野へ到着。
 
 
 
02 
 
 
この日は冬の合間の快晴で、風も無く暖かなライド日和でした。
 
 
手際良くブロを展開すると、七曲りと呼ばれる海岸線沿いに出ます。
 
 
「久しぶりのライドやから、ゆっくり行こうや〜」とのユッキンさんの掛け声の通り、ノンビリと冬晴れの七曲りをライド。
 
 
少々アップダウンは有りますが、ブロでも充分に楽しめる良いコースですよ。
 
 
ただ、自転車が久しぶりのユッキンさんは登りではちょっと苦しそうでしたがw
 
 
 
03 
 
 
スタートして程なく「道の駅 みつ」に着きますがここはパス。
 
 
室津の漁港へと向かいます。
 
 
室津は古い街並とこの季節は牡蠣の養殖&販売で賑わっている漁港ですよ。
 
 
海岸線の美しい景色を堪能して、やがて室津に到着。
 
 
 
04 
 
 
相変わらず小さいですが風情のある綺麗な街並です。
 
 
さて、ここで会話。
 
 
ユッキン(以下:ユ)「走行ペース早いねん!Ave.17km/hで走ろう!」
 
オカメ(以下:オ)「はいはい。分かりましたよ。で、賀茂神社へ行きましょうかね?」
 
ユ「一回行ったからもうええやん。」
 
オ「じゃあ、街並を散策する?」
 
ユ「それもええから牡蠣行こ、牡蠣♪」
 
オ「了解。」
 
 
とまあ、今回のライドは終始こんな感じ(笑)
 
 
室津の漁港は牡蠣の水揚げ&販売が盛んなところです。
 
 
 
05
 
 
そして数カ所ある直販店の軒先には牡蠣の試食が出来るコーナーが有ります。
 
 
 
06 
 
 
今の季節はまだ小振りですが、新鮮な牡蠣が無料で試食出来ますよ♪
 
 
 
07 
 
 
二人で数件のお店を行ったり来たりで10個位食べましたかね?
 
 
それでもお店のお姉さんは「美味しいでしょ〜」とニコニコ対応してくれましたよ。
 
 
大阪なら「買わんのならあっち行け!」って怒られているかも?(笑)
 
 
ちょっと話が逸れますが、牡蠣は運動の食事としては補給には向いていませんが運動後のリカバリーには優れています。
 
 
カロリーが1個で15〜25Kcal位しか無いのでエネルギーは摂取出来ませんが、リカバリー要素のアミノ酸や鉄分、ミネラル、亜鉛を多く含んでいるので運動後の食事には良いでしょうね。
 
 
再びライドに戻ります。
 
 
たらふく試食して、少し買い物をしたら室津を後にします。
 
 
 
08 
 
 
冬晴れの素晴らしい天気で、上着を脱ぐくらい暖かな日中でした。
 
 
少々のアップダウンを少し重めのギアで走ると汗をかく程度でしたよ。
 
 
やがて相生市に入り「道の駅 ペーロン」に到着。
 
 
 
09 
 
 
ここでも当然牡蠣を頂きます。
 
 
食べたのは牡蠣の揚げ物「牡蠣巻き」。
 
 
 
10 
 
 
アツアツの出来立てですので猫舌の私は少し冷ましてから頂きました。
 
 
ユッキンさんはアツアツでも平気な様で、直ぐにパクついてましたけどねw
 
 
この日は沢山のローディーさんが走ってましたが、私達はノンビリと行きます。
 
 
ペーロンを出発すると
 
 
オ「火力発電所を見たいでしょ?」
 
ユ「そやね〜。坂あるの?」
 
オ「ちょっと(半笑)」
 
ユ「それやったら行かへん(キッパリ)」
 
オ「ちょっとやから行くの!」
 
ユ「え〜〜〜〜〜」
 
 
ってな事で「少々」登った後発電所に到着。
 
 
 
11 
 
 
ユッキンさんもブーたれながらも走って来ましたよ。
 
 
 
12 
 
 
昨今の電力不足の日本で、頑張っている火力発電所を応援しておかねばね!
 
 
ここから海岸線沿いを再び走って坂越の方へ向かいます。
 
 
後編へ続く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2013年12月25日 (水)

君の瞳は何VOLT?

「鳶色の瞳に〜♪ 誘惑のかげり〜♪」

 
 
懐かしいフレーズをつい思い出してしまいました。
 
 
私が学生の頃にヒットしましたねぇ・・
 
 
まあ当時は「鳶色って何色や?」などとアホな事を言ってた記憶が有りますがw
 
 
 
 
さて、そんな話は置いといて自転車です。
 
 
現在の私の主力ロードバイクであるFOCUS・カイヨには汎用のライトであるGENTOS閃が装着されています。
 
 
 
01 
 
 
これはこれで明るいのですが、自転車専用では無いので少し見た目が・・・・
 
 
などと思う様になった今日この頃、何時もの金太郎さんのブログ で人気のライトと紹介されていたものがあります。
 
 
それが
 

キャットアイ HL-EL460RC(VOLT300) セット(予備バッテリー+急速充電クレードル)

 
でございます。
 
 
ってな訳で早速確保(笑)
 
 
 
02 
 
 
結構人気がある様で、長い間欠品になっていたそうですよ。
 
 
まあ私が「どうしようかな〜」などと思い出したとたんの啓示でしたので、購入は運命でしょう!(たぶんw)
 
 
本体ですが私の小さな手のひらに収まるコンパクトサイズ。
 
 
 
03 
 
 
そして乾電池式ではなくて、充電式を選んだ訳はカートリッジ式のリチウムバッテリーを採用している事。
 
 
その為に予備のバッテリーを同梱したものを選びました。
 
 
それにこのセットには急速充電(約3時間)クレードルが付属しているのも決め手になりました。
 
 
 
04 
 
 
これで少々のナイトランにも対応出来るでしょう。
 
 
で、早速カイヨに装着。
 
 
 
05 
 
 
え?背景が汚いからよく解らない?
 
 
そんな苦情はナッシングでお願いします(笑)。
 
 
まあこれでスリムなカイヨにコンパクトなライトが装着出来て良かった良かった。
 
 
肝心のライトとしての性能ですが、「VOLT300」の検索で沢山の人が実証されていますのでそちらをドーゾ。
 
 
単に冒頭の文章が書きたかっただけだったりして(爆)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2013年12月23日 (月)

18切符で大河ドラマ巡り

先日NHKの大河ドラマ「八重の桜」が終了しましたね。

 
 
私は普段はテレビをあまり見ませんが、大河ドラマはよく見ます。
 
 
ただし、コンテンツに寄りますので前回の「平清盛」は2回で見るのを辞めちゃいましたが・・・
 
 
その点「八重の桜」は面白かったですね。
 
 
色々文句を言ったり、低視聴率を喧伝するメディアも有りましたが私は好きでした。
 
 
来年の「軍師 官兵衛」も楽しみにしています♪
 
 
 
 
 
 
 
さて自転車ですが、先々週の日曜日に妻と18切符を利用してブロンプトンで輪行を楽しんできました。
 
 
以前に「集団輪行のライド記事は書かない」としていましたが、少人数もしくはソロのライド記事はボチボチ書いて行く事にします。
 
 
今回の目的地は「黒田官兵衛の生誕地」と言われるJR本黒田駅の「黒田の里」でした。
 
 
では当日の流れを。
 
 
朝は何時もの様に堺市駅から出発。
 
 
 
01 
 
 
この季節、早朝は暗くてブロでも走行にライトが必要ですね。
 
 
そして今回からは輪行袋にイージーカバーを利用するのを辞めて、フルカバータイプの物を使用する事にしました。
 
 
ツマンプトンにはミズタニ・サイクル純正のカバー、私は二四四式登坂塾推奨のGIZAバッグを利用。
 
 
 
02 
 
 
写真の奥が純正フルカバーで手前がGIZAバッグです。
 
 
二つともイージーカバーより少し容量が大きいのですが、これからJRの輪行ルールはこれで守りたいと思いますよ。
 
 
で、堺市駅から乗り継いでJR加古川線へと乗り込みます。
 
 
 
03
 
 
 
加古川線(谷川線)は単線の落ち着いた路線で、私の好きな区間電車です。
 
 
18切符では乗れますが、1Day切符では乗れないという微妙な路線なのですよw
 
 
これで本黒田駅に到着すると下車します。
 
 
 
04_2
 
 
 
駅にはど〜んと看板がPR。
 
 
まあ駅自体は無人の寂しい駅でしたけどね。
 
 
 
05 
 
 
ここからはブロでゆかりの地をポタポタと。
 
 
 
06 
 
 
のどかな場所で、黒田家の山城が有った場所へ向かいます。
 
 
あちらこちらに幟が立っているので、それを目安に向かえば良いでしょう。
 
 
山城は現在は神社になっています。
 
 
 
07 
 
 
ここではブロを降りて少々散策。
 
 
小さな山の小径をくるりと回ると道中にこんな碑がありました。
 
 
 
08 
 
 
如何にも最近出来た感じがしてますが、これから観光客が沢山来れば良いですね〜
 
 
この辺りは小高い山ですが、お城だった名残は周りの水郷に見られました。
 
 
その名残がこの写真の石垣だと地元のおじさんが言ってましたよ。
 
 
 
09 
 
 
ここでプチ・ハイキングを終えたら官兵衛の生誕地の証拠となる家系図が発見された荘厳寺へとブロを走らせます。
 
 
少々の上り坂をエイコラ登ると到着。
 
 
 
10 
 
 
なかなか立派なお寺でしたよ。
 
 
家系図は中で展示されていました(撮影NG)。
 
 
お寺の本堂はまたもやプチ・ハイキングでブロを降りて山を登って行きます。
 
 
 
11 
 
 
結構な段数を登って行くと本堂にたどり着きますが・・・
 
 
 
残念ながら工事中!
 
 
 
12 
 
 
もうすぐドラマが始まるのに合わせて、改修工事してました(涙)。
 
 
でも気を取り直して立派な多宝塔をパチリ。
 
 
 
13 
 
 
古くて立派なものでした。
 
 
ここで2時間程ブラブラして再び輪行に向かいます。
 
 
ブロって観光地を巡る足としてはとても便利だと改めて思いましたね。
 
 
ここの様にレンタサイクルが無い場所では特に。
 
 
 
次に私達が向かったのは「春日局の生誕地」と言われるJR黒井駅です。
 
 
 
14 
 
 
ここは有人の立派な駅でしたよw
 
 
 
15 
 
 
ここから少し離れた処に春日局が生まれたとされる興禅寺がありまして・・・
 
 
 
16 
 
 
まあ、大河ドラマが終了してかなり時間も経ちますので良い感じで寂れておりましたw
 
 
因に観光客は私達二人だけでした。
 
 
 
で、ここで今回の観光は終了です。
 
 
補給食以外はグルメが無かったので、まともなものを食べに輪行で篠山口駅まで向かいます。
 
 
以前も訪れた「牛屋たなか」へ向かいました。
 
 
 
17 
 
 
ここで牛丼を食べてw
 
 
 
18 
 
 
これがまたムチャウマなんですよね〜、なのでリピートw
 
 
で、食べたら輪行で堺まで帰りました。
 
 
まあ、たまには歴史の息吹を感じるこんなのんびりポタも良いでしょう。
 
 
なにより妻が喜んでくれたので満足です。
 
 
さて、これからどんなネタを用意しましょうかね〜
 
 
仕事の合間に(サボリでは無い)考えてみる事にしましょう(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2013年12月10日 (火)

早起きクラブ、宇治へ

先日の日曜日は久しぶりのロードバイクでライドに行って来ました。

 
 
メンバーは「早起きクラブ」のふーじぃ君と監督とオカメの三名です。
 
 
因にガーミンのデータはこちら。
 
 
 
Tamaj 
 
 
冬らしい寒い中のライドになりましたね。
 
 
この日の趣旨は「平坦路メインでLSD」のはずでしたが、最近身体が絞れて絶好調の監督に終始鬼曵きされて結構キツいライドになりましたよ(涙)。
 
 
では当日の流れを。
 
 
集合が柏原のリビエールホールに7時半になっていましたので、6時過ぎに自宅を出発。
 
 
大和川から石川へ抜けるルートを走ります。
 
 
先ずは道中の安全を祈願して、阿麻美許曽神社(あまみこそじんじゃ)でお参り。
 
 
 
01 
 
 
縁起物ですが、こうした行為は一日の始まりには大切だと思うのですよ。
 
 
で、サイクルラインを順調に走行していると道中でふーじぃ君と合流。
 
 
そしてリビエールホールで監督と合流すると程なく出発。
 
 
先ずは近くのコンビニで、軽く補給とこの日のブリーフィリングを受けます。
 
 
 
02 
 
 
朝から天候も良くてライド日和♪
 
 
今回は平坦路メインで宇治のたま木亭へとパンを買いに行って戻るという「行って来い」の作戦。
 
 
ブリーフィリング後にコンビニを出発して法隆寺方面へ向かうのですが、道中に監督のセレクトした道が通称「ふんどし街道」。
 
 
私は「???」ってな感じで着いて行きましたが、これが・・・・・・・・
 
 
また、エライ道で・・・・・・・
 
 
私のキライな道の要素である
  1. 細い&狭い
  2. 急なアップダウン
  3. ガードレールが無い
  4. コンクリート
  5. 苔が生えてる
  6. 砂が浮いてる
それどころか、所々ダート・・・
 
 
もう二度と通る事は無いでしょう!
 
 
監督にブー垂れながらもふんどし街道を抜けると、法隆寺からは比較的快適にサイクリングロードを走る事が出来ました。
 
 
もちろん「帰りはふんどし街道は要らん!」と釘を刺しておく事も忘れずにしておきました。
 
 
そして平城京跡に到着。
 
 
 
04 
 
 
ここでは綺麗なトイレが有るので、少し休憩。
 
 
 
03 
 
 
気持の良い施設でしたね。
 
 
ただ、この日は「奈良マラソン」の開催日でしたので早々に平城京を後にして出発。
 
 
歌姫街道(ここは風情のある道でした)から木津川へ出て川沿いのサイクリングロードを北進して行きます。
 
 
木津川を抜けたところでちょっと補給。
 
 
 
05 
 
 
ここからは休憩少なめで宇治へと快走して行きます。
 
 
道中は本当に平坦メインでペースもアゲアゲ。
 
 
三台のトレインで順調に町中を抜けると田舎道区間を少々登って、天ケ瀬ダムを順調にパス。
 
 
 
06 
 
 
崖崩れで数カ所対面信号に捕まりつつも無事に宇治に出ました。
 
 
ここから本来は観光と行きたい処ですが・・・・・
 
 
 
早起きクラブのライドに観光無し!
 
 
 
って事で、早々に黄檗方面へ向かいます(とほほ・・)
 
 
一駅区間を走ると目的のたま木亭に到着。
 
 
 
07 
 
 
お店は満員御礼で、三人ともリュックがパンパンになるまでパンを詰めたら早々に離脱します。
 
 
あっ、込み合ってはいましたが、たま木亭は雰囲気も店員さんの愛想も良くて良いお店でしたよ(本当)。
 
 
ここで昼食にしようと言う事で、買い込んだパンを食べに近くの黄檗公園へ。
 
 
中年ローディーがベンチでパンをムシャムシャほうばります。
 
 
 
08 
 
 
お一人様3個限定のカレーパンやスパイシーなパンシューはどれも絶品の美味しさでしたよ。
 
 
ここで色々雑談後は来た道を戻ります。
 
 
午後からは観光客も多くて、宇治を抜けるのに少し手間取りましたが天ケ瀬ダムからは再び快走。
 
 
ここで道中にある少し謎めいたラーメン屋さんに足を止めます。
 
 
 
09 
 
 
地元の猟師さんが営業している「ジビエ・ラーメン」のお店。
 
 
生憎三人ともお腹いっぱいでしたので、次回への課題としました(別の理由があるのですが割愛w)。
 
 
やがて奈良へ入り、時間的に奈良マラソンも終わった様でスイスイとリビエールホールまで戻ってきました。
 
 
 
10 
 
 
こうして宇治まで「往路3時間半、帰路3時間」という弾丸ツアー150kmが終了したのです。
 
 
楽しかったな〜w
 
 
ふーじぃ君&監督、お疲れさまでした。
 
 
また次回も宜しくお願いしますね♪
 
 
この様に早起きクラブのライドはストイックなロードバイク・ライドで、気持良い疲労が味わえますよw
 
 
たまにはガッツリと走るのも良いものでした〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2013年12月 5日 (木)

244式登坂塾 忘年会

最近、仕事の取引先との忘年会がメッキリと減ってしまったオカメでございます。

 
 
思えば10年程前はこの時期になると、あちこちの取引先から忘年会の案内が届いたものですが、不景気が本格化(失われた10年?)してからは何処も自粛ムードでひっそりと忘年会を行う会社が多くなりました。
 
 
あの頃に戻りたいとは思いませんが、無くなると少し寂しい気もしますがねぇ。
 
 
 
 
さて、先週末に244式登坂塾の塾生が愛する「おやっさん」ことつよっさんの剛亭で忘年会が行われました。
 
 
何時もなら料理の写真や酔っぱらいの皆さんの写真をアップするところですが、今回は撮影をすっかり忘れていました(汗)。
 
 
楽しい仲間とのコミニュケーションに夢中で、午後7時から午後11時まで途切れる事無くワイワイと。
 
 
すっかりブログ記事にする事を忘れてましたねぇ・・・
 
 
まあ存分に楽しかったのですから良いと言う事にしときましょう!
 
それにしても塾生の方々は話題が豊富ですね。
 
 
よくもまあ数々の話題がポンポンと出て来るものです。
 
 
そして良く飲み、良く食べる(笑)。
 
 
この日はつよっさんの御内儀であるカナエ婦人(仮名)が鍋料理を振る舞って下さって大いにごちそうになりました。
 
 
それとお酒のペースが凄い!
 
 
私はビールでお鍋を楽しんでいたのですが、そろそろ焼酎を頂こうとすると「はるちゃん」から「ん?セキトバ?ミタケ? そんなんとっくに無いですよ」と無情の返事・・・
 
 
飲むのが早過ぎなんですよ(汗)。
 
 
まあその後、つよっさんから美味しい焼酎を奥から出して頂いてごちそうになったのですがね(笑)
 
 
そんなこんなで私の数少ない忘年会を楽しく過ごす事ができました。
 
 
つよっさん&カナエ婦人、ありがとうございました!
 
 
(*画像はつよっさんのほろ酔いバージョンw)
 
 
17 
 
 
そして並びに塾生の方々、来年も宜しくお願いしますね。
 
 
 
で・・・・・
 
 
 
 
 
新年会は何時?ww
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2013年12月 4日 (水)

ありがとう琵琶湖ポタリング

少し時間が空きましたが、私の企画した琵琶湖ポタリングが無事に終了しました。
 
 
参加された皆様に存分に楽しんで頂けた様で、私もホッと胸を撫で下ろしております。
 
 
行程は大体予定の通りで、ブロンプトンの輪行数珠つなぎでライドを完了できました。
 
 
写真は瀬田の唐橋。
 
 
 
04_2
 
 
本来の記事ならばここからライドの模様を書いて行くところです。
 
 
しかし、今回は見送る事にしました。
 
 
その理由ですが、最近のJR輪行に対してJR側の輪行ルールが厳格化されつつ有る事です。
 
 
現にブロンプトンでもサドル出し(通称:ツノ出し)輪行が駄目だと駅員の指摘が始まっています。
 
 
また駅構内をコロを付けた自転車が折り畳んだ状態で移動する事に対して、安全面(他者足下にぶつかる)に問題が有るとJR側の指摘もあります。
 
 
それと集団で輪行する事に対してツイッター等で批判の意見も出ております。
 
 
今回の琵琶湖ポタは参加人数も多く楽しいものでしたが、集団輪行を助長する様なブログ記事を控えたいと今回は思いました。
 
 
確かに自転車に興味の無い方からすれば、輪行時の自転車は隅に置いておいても乗り降りの邪魔になりますからね。
 
 
それと多人数の集団輪行は今後は控える方が良いかも知れませんね。
 
 
かといって私としましては輪行を辞める訳では無く、今後もルールを守ってロードバイクや小径車の輪行を楽しんで行きたいと思っています。
 
 
少し堅い内容の記事になりましたが、輪行を正しいルールに則って行う事を考えてみた次第です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »