« 初陣 葛城山 | トップページ | 秋の琵琶湖周遊への誘い »

2013年11月13日 (水)

参戦 ヒルクライム

最近めっきり寒くなって秋が無かったな〜、などと感じている今日この頃でございます。

 
 
寒くなるとロードバイクの稼働率が落ちちゃうので、もっとロードバイクに乗っておけば良かったなどと少し後悔もしちゃってます。
 
 
そんな季節の変わり目に先日の素晴らしい「つよしジャージ」を身に纏って兵庫県の養父市までヒルクライム大会に参加して参りました。
 
 
今回はチームで参加と言う事で、メンバーは(順不同)
 
 つよっさん
 友人Kさん
 (若)ぐっさん
 オカメ
 
の総勢6名。
 
 
今回は個人情報の事も有るので、サラッと当日の模様をお伝えする事にします。
 
 
基本的にこの大会はエントリーが土曜日受付なのですが、私と(若)ぐっさんは仕事の都合で日曜日の当日エントリーになっていました。
 
 
前泊まりのイヨッキュさん達4名は、立派な宿で鴨鍋を突きつつ前日から英気を養っていたそうですよ(羨ましいw)。
 
 
土曜日は仕事を定時で終えて、少し仮眠した後夜中に出発しました。
 
 
今回は車でトランポです。
 
 
夜中の高速を快調に進んで、養父市に到着。
 
 
駐車場で(若)ぐっさんと合流して受付の時間を待ちました。
 
 
しかし・・・
 
 
天候ですが、待っている間にドンドン雨が降り出して来ました。
 
 
車の屋根を「バラバラ」と大粒の雨が叩くのを聴いて「雨中のヒルクライムになるな〜」と少しげんなりした気分で車中雨宿りしてましたよ。 
 
 
やがてエントリーの時間になりましたので、傘をさして車を出ます。
 
 
多くのスタッフの方々と元気に挨拶を交わして会場へ。
 
 
 
01_2 
 
 
夜明け前でしかも雨でしたが、大会のスタッフは皆さん親切で良い方ばかりでしたよ。
 
 
田舎の素朴な感じが良かったですね〜
 
 
エントリーを済ませた後はバイクをセットして改めて会場に入り前泊まり組と合流。
 
 
朝から元気な親っさん事、つよっさん。
 
 
 
02 
 
 
今回の大会に向けてSTIとハンドルは脅威の鬼角度仕様!
 
 
 
03 
 
 
我々の常識など通用しないのが、つよっさんの凄いところですw
 
 
そしてニューマシンでやる気満々(?)のイヨッキュさん。
 
 
 
04 
 
 
友人Kさんと共に同じFELTでカップルで参戦ですよw
 
 
そして我らのエース、kimotoshiさんはヒルクライム仕様のスーパーアルミバイク(GIANT)で参戦。
 
 
 
05 
 
 
これに私のカイヨと(若)ぐっさんのピナレロを交えてスタートを待ちます。
 
 
雨は止む気配もないので、ちょっとげんなりしつつも気分を盛り上げて行きますよ。
 
 
そしてスタート時刻になりました。
 
 
 
06 
 
 
多くの方々が雨具を着込んで大会に臨んでましたね。
 
 
そしてスタートしますが、最初の5kmは市内をパレード走行です。
 
 
 
07 
 
 
マナーの良い参加者の方々はちゃんと一列でサポートライダーに従ってついて行きます。
 
 
沿道では地元の方々の沢山の応援が。
 
 
 
08 
 
 
雨の中有り難い事ですよ。
 
 
風邪をひかない様にして下さいね〜
 
 
パレードが終わるといよいよ本コースに突入です。
 
 
 
09 
 
 
クラス毎に人数を区切ってドンドンとヒルクライムに向かって行きます。 
 
 
やがて私のクラスもスタート。
 
 
前日までに試走していた同じクラスのkimotoshiさんと(若)ぐっさんは快調に飛ばして行きますが、私は初めてのコースだったので最初は様子見でソロソロと登ります。
 
 
しかし!
 
 
これはレースなのでノンビリと登っている場合では無いと気付いて、途中からは必死のパッチ!
 
 
息が切れ切れになりつつも何とかゴール出来ました。
 
 
ゴールポイントはスキー場のロッジ。
 
 
 
10 
 
 
レースは久しぶりでしたが、独特の緊張感がやっぱり楽しかったですね。
 
 
ロッジでは地元の方々の手作り豚汁や柿を頂いて疲れを癒す事ができました。
 
 
まあ参加者の方々のバイクはこんな感じでしたけどねw
 
 
 
11 
 
 
大半の参加者がゴールする中、我らがつよっさんも足付き無しでヒルクライムをフィニッシュ!
 
 
 
12 
 
 
カッコ良かったですね〜w
 
 
参加者全員がゴールした後は、サポートライダーの先導で複数のグループに分かれて下山しました。
 
 
下山後はリザルトが発表される前に表彰会場で記念撮影。
 
 
 
13 
 
 
みんな良い顔でしたよ(笑)
 
 
出来れば後の表彰台に登りたかったですが、それはメダルと共に来年以降の楽しみにしておきましょう!
 
 
 
14 
 
 
詳しいリザルトはここでは書けませんので、気になる方は「ワタシに電話して下さい〜」(スタイリー風)。
 
 
今回はとても楽しい一時をヒルクライム大会という競技の中で過ごす事が出来ました。
 
 
出来れば一年に一度はこんな厳しいイベントも挑んで見たいものですね。
 
 
メンバーはもちろん気心の知れたメンバーで。
 
 
さて、参加賞のこのピンバッジの数は今後2014、2015と増えるのかどうか?
 
 
 
00 
 
 
 
増えないかな?(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 初陣 葛城山 | トップページ | 秋の琵琶湖周遊への誘い »

自転車」カテゴリの記事