« 城の崎にて | トップページ | ぶらり、七曲り 後編 »

2013年1月14日 (月)

ぶらり、七曲り 前編

今回は冬休みの最終日「1月6日(日)」にブロで行ったソロライドのお話ですhappy01

 
 
ここまで妻と青春18切符の旅をして来ましたが、切符は5枚綴りで1枚余っていました。
 
 
幸い残り1枚の使用権を妻から頂けたので、以前から興味のあった「竜野〜播州赤穂」の方面へブロで輪行する事にtrain
 
 
コースは事前にイヨッキュさんkimotoshiさんに相談して、教えて頂いた道をトレースする事にしましたよscissors
 
 
お二人とも相談に乗って頂いて、ここで感謝の意を表明致しますthink
 
 
さて当日ですが、一応自分自身に今回のライドで「あるルール」を課しました。
 
 
それは「日没までに帰宅する」と言う事ですwink
 
 
それが家庭の平和の為と勝手に私が課したものなのですが、まあルールは厳格に適応させる事にして、当日はJR堺市駅の始発で出発dash
 
 
00 
 
 
さすがに始発だとホームも寂しいものでcoldsweats01
 
 
02 
 
 
でも、この時あたりからワクワクして来たのは確かですよgood
 
 
天王寺で大阪行きへ乗り換えた後は、大阪から一路JR竜野駅へtrain
 
 
03 
 
 
ここは去年もクロマメ会のライドで訪れたので、懐かしかったですね〜happy01
 
 
あの時と基本的に同じ道をトレースする事にして駅を後にします。
 
 
04 
 
 
閑静な町並みを揖保川まで抜けて行きますよbicycle
 
 
05 
 
 
早朝の揖保川は水面も静かで良い雰囲気でしたねwink
 
 
ここの道沿いの塀は確かクロマメ会長の解説があったな〜、などと懐古しながら道は農道へと入ります。
 
 
06_2 
 
 
田舎の道ですが、ちゃんと整備されていて良い道でしたねhappy01
 
 
暫く走ると、去年マラソン大会で辿り着けなかった七曲り海岸へ抜ける峠の麓に到着。
 
 
07
 
 
 
今回はマラソンの通行止めも無く、楽しみにしていた七曲り海岸へと抜ける事が出来ましたよscissors
 
 
08
 
 
 
事前にkimotoshiさんから「ブロでも楽しめる良い道ですよ!」とレクチャーされていた通り、七曲りは自転車で最高に楽しめるところでしたhappy01
 
 
道中は道の駅みつ からスタートします。
 
 
09 
 
 
ここからカーブの多い緩やかなアップダウンの海岸線沿いを、鼻歌まじりで「最高やな〜」などとつぶやいて走って行きます。
 
 
暫く走って初めて訪れる「室津の街並」に到着。
 
 
10 
 
 
室津は「この泊 風を防ぐこと 室の如し」(播磨国風土記)とある様に古来から豊かな漁港として栄えて来た歴史があります。
 
 
ここに住まう人々も自分の街並を大切にされている様です。
 
 
そして古い景観がやはりブロに似合いますcamera
 
 
11 
 
 
雰囲気の良い街並を歩く様な速度でブロでポタポタと。
 
 
12
 
 
 
私の好きな奈良の旧街道に少し雰囲気が似ていましたねhappy01
 
 
そして此処に来た目的の一つがここに訪れる事eye
 
 
13 
 
 
平清盛も訪れたと言われる、室津の「賀茂神社」 でございますconfident
 
 
京都の賀茂神社ともゆかりのある立派な神社でございますよ。
 
 
14 
 
 
非常に横に広い境内に立派な社殿が構えられていましたthink
 
 
早朝なので私以外に参拝者もおらずに、存分に神社成分をチャージできましたよwink
 
 
そうそう、この方もパチリcamera
 
 
15 
 
 
ここでうろうろした後に社務所を覗いてみると、禰宜さんがいらっしゃたので少々神社や室津についてお話を伺う事ができましたthink
 
 
一人のソロライドだと、こうした事も出来るのが良いところでもあります(集団も楽しいですがw)。
 
 
途中で禰宜さんが「今日は自転車で来られたのですか?」とおっしゃられて、「ここはこうしたお守りもありますよ」と紹介されたのがコレ。
 
 
16_2 
 
 
自転車専用のお守りですよhappy01
 
 
禰宜さんから買い求めて早速ブロへnote
 
 
17 
 
 
御利益があると信じてますよ〜禰宜さんhappy01
 
 
さて、禰宜さんとのお話も終えて室津の街並へと戻ります。
 
 
そして牡蠣の試食で有名な室津漁港の市場へと向かうのですが・・・・・・・
 
 
18 
 
 
なんと、訪れた時間が早過ぎて何処のお店も開店前wobbly
 
 
折角、試食を楽しみにしていたのでガッカリでしたよcrying
 
 
仕方が無いので気を取り直してライドを再開させますgawk
 
 
室津からも景色の良い緩やかなアップダウンロードを快走して行きます。
 
 
19 
 
 
途中で有名な観光所にはちゃんと立ち止まって撮影camera
 
 
20_2 
 
 
と言っても、良く知らないのですがねcoldsweats01
 
 
それにしても、この七曲り海岸は気持の良い道ですね〜
 
 
21 
 
 
瀬戸内の穏やかな海面が養殖筏に最適なのがよく解りますconfident
 
 
そして道はやがて竜野から相生に入ります。
 
 
22 
 
 
相生に入って直ぐに有名な観光スポットである「万葉岬」へと。
 
 
23 
 
 
その昔、山辺赤人 も唄を読んだと言われる有名なところだそうです(この日まで知りませんでしたがw)。
 
 
しかし、ここは地元のローディーさんがヒルクライムの練習に使用するところらしくて、激坂でしたねwobbly
 
 
ブロで汗だくになって登る私を何人ものローディーの方が追い抜いていきましたよcoldsweats01
 
 
まあブロだと全然気にせず「どうぞ、どうぞ」ってな感じでしたがねbleah
 
 
でも登り切った処の眺望は良かったな〜
 
 
24_2 
 
 
やっぱり瀬戸内の景色は良いですgood
 
 
さて万葉岬を下ったら、後は海岸線の平坦路を相生市街へと向かいます。
 
 
25 
 
 
さっきの激坂がウソの様な快走路を走って、やがてボートで有名な「ペーロン公園」に到着。
 
 
26 
 
 
ここも去年訪れた思い出深いところですねhappy01
 
 
そしてグルメ目的で「道の駅 あいおいペーロン城」 に到着。
 
 
27 
 
 
ここでは当然名物の「牡蠣巻き」を頂きますよ〜
 
 
28 
 
 
熱々のホクホクで中の牡蠣も美味しかった〜happy01
 
 
ここまで無補給でしたので「さあ!次は牡蠣バーガーだ!」といそいそと中へ向かったのですが、生憎のバーガーショップは休店crying
 
 
牡蠣巻きと牡蠣バーガーをセットで楽しもうと思っていたので残念でした。。
 
 
室津の試食と併せてダブルショックですよwobbly
 
 
仕方が無いので菓子パンを食べて道の駅を後にします。
 
 
おっと、随分長文になったのでここで一旦記事を切りますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 城の崎にて | トップページ | ぶらり、七曲り 後編 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

おはようごぜーます!

いやぁ、またエエ所に行ってたんですなぁ

ブロがあればどこでも旅気分を味わえる!

何て素晴らしい事でしょうか!!!

まぁ。。。私は。。。。まだ購入予定がありませんが( ー`дー´)キリッ

こんにちは。
私も18切符が1回分あったので日にちが合えばご一緒したかったんですが・・・
まあこればかりはしょうがないですね。
七曲りはええコースでしょう。
ブロでも存分に楽しめるコースで晴れの日なら年中楽しめますよ。
まあ今の時期だと牡蠣の楽しみがありますけどね(笑)
室津の神社にはやはり行かれましたか。
寺寺団の団長としては当然のことですよね(笑)
室津の漁港は時間が早いと試食をやってないのが難点。
かといって時間を遅らせると巡りきれないですしね。
このコースはワンデイチケットでもいけますのでまたご一緒しましょう。

単独でブロに乗るんですね〜?
まあでも関西クロマメ会の皆さんのブログを
見てるとブロ欲しくなりますね(危)
かみさんは小径が欲しいらしいんですが。
コンポの分、そっちかな〜(笑)いやいや。

おはようございます、魔人さん(^^)

最近クロマメ会の影響か、ブロに興味アリアリみたいですねw
お金持ってるんだから、買っちゃいましょうよ。
ホイールよりも省スペースだよ、ブロはw

それでわ

おはようございます、kimotoshiさん(^^)

この度はコースの御指導、ありがとうございました。
昨年通行出来なかった七曲りですが、本部長の仰る通り非常に良い道でしたよ。
お天気も良く、風も無かったのが余計に良さを引き出せていたと思うのですが。
室津の街並は私にはツボでした。
出来れば徒歩でユックリ巡るのも良いかもしれませんね。
賀茂神社は寺寺団としては必須のポイントでしょう。
作りも立派で荘厳な感じがとても気に入りました。
冬の1Day使用のクロマメ会企画で是非御一緒しましょう!

それでわ

おはようございます、ハンガーノックンさん(^^)

ブロは集団良し、単独良しですよ。
それに夫婦良し、とも言えます。
奥さんに小径車の興味が出ているなら今がチャンス!
がくさんのお店でブロを購入してプレゼントすれば、次期決戦機への理解も深まるでしょう。
さあ、どうぞ!w

それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 城の崎にて | トップページ | ぶらり、七曲り 後編 »