« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月23日 (金)

雨に歌えば♪

相変わらず間の開いた更新ですcoldsweats01

 

 

この季節は私の工場でもプチ繁忙期でして、春と秋にちょっと稼いでおかないといけないのですよねthink

 

 

でも、バブルの時はほぼ毎日が午前様でしたので、それに比べると随分マシってなところです。。

 

 

再びあのような好景気が来れば良いのですがcoldsweats01

 

 

 

 

さて、本日もそうですが先々週の日曜日は朝から雨模様でございましたrain

 

 

ライドに出掛ける事は出来ませんでしたが、イヨッキュさんとkimotoshiさんのお誘いを受けて槙尾山の施福寺へハイキングに行く事になりましたgood

 

 

当日はK女史も加えて合計4人で行く事に。

 

 

取り敢えず私は第一集合場所の泉大津駅に向かいます。

 

 

01  

 

 

かわいいシンボルマークの羊さんの所でイヨッキュさんとK女史に合流happy01

 

 

ここからはバスで小一時間程の移動ですbus

 

 

最初から「輪行セット」をバス内で楽しみながら3人で雑談しつつ進むと、途中の和泉府中駅でkimotoshiさんとも合流happy01

 

 

4人揃ってバス終点まで向かいます。

 

 

02  

 

 

この時点では雨はパラパラ程度で合羽は不要なくらいでしたねconfident

 

 

いつもはロードバイクでさ~、っと通り過ぎる道をノンビリと4人で歩いて行きますconfident

 

 

道中には徒歩でなければ気が付かないようなものにも目をとめつつeye

 

 

03  

 

 

お参りをしながら歩をすすめますthink

 

 

やがて鍋谷峠に向かう分岐に差し掛かりますが、この日は曲がらずに直進。

 

 

04  

 

 

綺麗なハイキングロードを快適に歩いて行きますよscissors

 

 

道中は旧家の建物が多く、歴史を感じつつ進む事も出来ます。

 

 

旧家という事は立派な家も多く、この様な庭をお持ちの家もeye

 

 

05  

 

 

手入れだけでも大変そうですが、良い趣のお庭でした。

 

 

この日の気温も写しておきましょうcamera

 

 

06  

 

 

湿度が高めで寒さは感じない気持ちの良い気温でしたよhappy01

 

 

ワイワイおしゃべりしながらでも要所要所で写真を撮りつつ進みますcamera

 

 

07  

 

 

kimotoshi撮影本部長のブログだともっと綺麗な写真が楽しむ事が出来ますhappy01

 

 

ここの道は西国三十三箇所巡りの道で、休憩施設も所々にあり道中には立派なお手洗いもあるので、子供や女性でも安心してハイキングすることが可能ですgood

 

 

 

08  

 

 

立派でしょhappy01

 

 

この日は紅葉も見ごろでしたcamera

 

 

09  

 

 

やがて自動車で行ける様なアスファルトの道が終了すると、登山道へと道は変化します。

 

 

登山道麓の神社で安全祈願。

 

 

10  

 

 

注連縄がちょっと細いですが大丈夫でしょうcoldsweats01

 

 

そして少し登ると施福寺の山門に到着です。

 

 

11  

 

 

非常に立派な山門でした。

 

 

因みに山門は「三門」とも書きます。

 

 

これは「三解脱門」の略と言われていて、禅宗教えの「空」 「無相」 「無作」の三つを指すそうです。

 

 

お寺の参拝者が悟りの境地である本堂に至る為に通らねばならない門ということだそうですよconfident

 

 

私達4人もしっかりと頭を垂れてから門をくぐって行きました。

 

 

ここからは少々道も険しくなってきます。

 

 

12_2  

 

 

本堂に至るまでこんな感じでゆっくりと登って行きます。

 

 

道中は他の参拝者さん達ともすがすがしい挨拶を交して行きましたよhappy01

 

 

そして本堂の少し手前には空海が剃髪したと言われるお堂もありました。

 

 

13  

 

 

ここで真言密教の開祖「弘法大師」が誕生したのですよねthink

 

 

神聖な気持ちを持ちつつ本堂に到着します。

 

 

14  

 

 

立派な造作の本堂で、敷地内は綺麗に整えられていましたhappy01

 

 

登ったのは少々ですが、山頂はこんな感じで景色もヨロシです。

 

 

15  

 

 

ここで4人共ゆっくりと休憩しつつ、本堂にお参りした後は下山です。

 

 

やがて山門を抜けて麓の茶屋に到着。

 

 

17  

 

 

ここの中は食堂になっていて、各自おでんやうどんを楽しみましたよrestaurant

 

 

当然お話も尽きる事無く、ワイワイと楽しく休憩しましたhappy01

 

 

私はここでお土産を購入して、再びハイキングに戻ります。

 

 

18  

 

 

来た道を戻るのですが、往路とは違った感じがするのも山の良い所ですよね~

 

 

やがてバス停に到着した後は雨も本降りになってきていましたrain

 

 

小雨のタイミングでハイキングが出来たのも「お大師さん」のおかげですね(南無~)think

 

 

やがて到着したバスに乗り込むと再び「輪行セット」を楽しみつつ、Kimotoshiさんとは和泉府中駅でお別れ。

 

 

本部長、お疲れ様でしたhappy01

 

 

残った私とイヨッキュさん、K女史はイヨッキュさんのご希望でいつもの「金太郎さん」へとお邪魔します。

 

 

19  

 

 

お店ではK女史が明るいライトが欲しいとこれを購入されてました。

 

 

0258030001dqw65d4_2  

 

 

俗に言う「金満ライト」だそうですよcoldsweats01

 

 

お店で皆でワイワイとひとしきり会話してお店を出た後は、「〆のラーメン」ですnoodle

 

 

20  

 

 

石津駅の近くで有名なお店で頂きましたconfident

 

 

ここでご馳走様の後、本当に解散。

 

 

イヨッキュさん、K女史、お疲れ様でした~

 

 

雨の日は家でノンビリするのも良いのですが、傘をさしてのハイキングも良いものでしたよscissors

 

 

なんだか遊びの引出しが増えたみたいで楽しい一日でした。

 

 

また皆さんと御一緒したいですね~

 

 

以上「シンギング イン ザ レイン」でしたnote

 

 

 

 

 

 

 

 

  

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年11月12日 (月)

山のパン屋・ドーシェルへ

先週の日曜日(11月4日)は金太郎仲間&同級生のふーじぃ君と少々ハードな内容のライドに行って来ましたhappy01

今回の目的地は山の中のパン屋さん「ドーシェル」というお店ですbread
以前に一度行きましたが(その時はカルマで)、最近ブログ友達のふーじぃ君やユッキンさんが精力的にドーシェルへ向かわれていて、ちょっと触発されて私も再訪問したくなったのですconfident
ドーシェルに到達するには結構ハードなヒルクライムをしなければ行けないのですが、ライドの目的に私の新しい相棒「FOCUS Cayo2.0 Evo」 のヒルクライムでの性能検証をしてみたかったのですbicycle
まあ、あくまでも素人がカルマという数少ない選択肢の中からの比較という事になりますがねcoldsweats01
当日のコースはこちら。
サイクルショップ金太郎さんが起点になっています。
そして私のガーミン800Jのデータがこちら。
Ddj 
ん〜、何だか久しぶりに「本格・ロードバイク・ライディング」のブログみたいだぞcoldsweats01
 
 
バイクの性能で感じた事は別の機会に書くとして、当日の流れを書いて行きます。
 
 
当日は朝の6時過ぎに出発bicycle
 
 
01  
 
 
石津の神社でライドの際の安全を祈願して集合場所へ向かいます。
 
 
当日はお天気は最高で、朝日をパチリcamera
 
 
 
 
02  
 
 
いつもの紀州街道を抜けて泉北2号線経由で集合場所の槙尾中学前ファミリーマートに到着。
 
 
03  
 
 
ふーじぃ君は既に到着済みで、聞くとここまでは二時間掛かったそうですcoldsweats01
 
 
私は一時間でしたので朝の5時過ぎに家を出られた事になりますね。
 
 
長い一日になりそうです。
 
 
当日は朝は放射冷却で気温が低く、ふーじぃ君はいつものフェイスマスクとシューズカバーを装着。
 
 
04  
 
 
ん~、私は流石にまだシューズカバーは装着していませんでしたが・・・・・・
 
 
してくれば良かったと思うほど朝は寒かったですねwobbly
 
 
ファミマで軽く朝食と軽量化を済ませて第一の峠の鍋谷峠に向かいます。
 
 
いつものスタート地点。
 
 
05  
 
 
ここからはめいめいのペースで登って行きます。
 
 
私は出来ればカイヨのフレームと「対話」しながら登りたかったので、今回はタイムを取らずにフロント・インナーギアでじっくり踏みしめながら登って行きました。
 
 
そして山頂へ大体ふーじぃ君と同じ時間で到着。
 
 
06  
 
 
山頂は5度程度で寒かったですね~
 
 
当然ダウンヒルは二人ともウィンドブレーカーを着て和歌山川へ下ります。
 
 
因みにふーじぃ君はウィンドブレーカーを2枚重ね着してましたよcoldsweats01
 
 
ここからの裏鍋谷は私のお気に入りコースです。
 
 
08  
 
 
とにかくロケーションが良いのですよねscissors
 
 
この時期には沿道に柿の身もたわわに実っていました。
 
 
07  
 
 
11月23日には吊るし柿のイベントもあるようですよ。
 
 
サ~っと、和歌山側へ降りて紀ノ川を渡るとコンビニがあるので休憩することにします。
 
 
09  
 
 
と、そこには実家へ帰省中のクロマメ会・料理長・はるお君(はるちゃん)が待ち伏せしていましたhappy01
 
 
11  
 
 
ここまでお父さんの軽トラックでトランポしてもらったとの事で、お父さんとも初対面しましたよhappy01
 
 
お話しすると気さくなお父さんで、現役で自転車やオートバイを楽しんでらっしゃるとの事。
 
 
アクティブな方でした。
 
 
ところで、はるちゃんはこの日はMTBでドーシェルまで同行するとの事。。
 
 
10  
 
 
このMTB、めちゃくちゃ重たいですけど剛脚のはるちゃんにはこれで良いハンデになるでしょうconfident
 
 
はるちゃんとコンビニでは外で話していたのですが、ふーじぃ君は中でラーメンを喰ってましたよnoodle
 
 
12  
 
 
ライドの休憩ではあまり見かけない光景ですが、まあ良いでしょうcoldsweats01
 
 
ここからはるちゃんのお父さんに見送られて、ドーシェルへ3人で向かいます。
 
 
紀ノ川沿いを快適に走ってドーシェル・ヒルクライムの起点へ到着。
 
 
13  
 
 
ここからは3人めいめいのペースで登ります。
 
 
ここでも私はカイヨのフレームと「対話」を楽しみました。
 
 
そのお話は別の機会にしますね。
 
 
はるちゃんは激重のMTBでヒーヒー言ってましたが、何とか3人でドーシェルに到着scissors
 
 
14  
 
 
贅沢に中のイートインで補給タイムrestaurant
 
 
15  
 
 
ピザもオーダーして料理長のはるちゃんにサーブしてもらいましたよ。
 
 
16  
 
 
彼はこと、料理関係になると手際が良いのですよね~
 
 
ここでタップリとお話と料理を楽しみましたよ。
 
 
会話を楽しんだドーシェルで、お土産のパンを買い込んだら出発ですbread
 
 
この頃には太陽も燦燦と輝いて気温も暖かくなっていました。
 
 
快適にダウンヒルをこなすと麓ではるちゃんとお別れ。
 
 
17  
 
 
待ち伏せライド、お疲れ様でしたhappy01
 
 
 
ここからはふーじぃ君と再び二人旅です。
 
 
私の設定したコースで和歌山の田舎道を快適に進んで行きます。
 
 
ロードバイクで信号の少ない田舎道を快走するのは、ブロで走るのとは違う爽快感があって気持ちの良いものでしたね。 
 
 
やがて紀ノ川近くの「伊太祁曽神社」に到着。
 
 
18  
 
 
ここはいずれブロで訪れる予定です。
 
 
ふーじぃ君と神社の門前で長めの休憩をした後は、ライドのハイライトである山中渓へと向かいます。
 
 
長時間のライドで二人共お疲れ気味でしたが、なんとか無事に山中渓の峠をクリアーscissors
 
 
私はブルベで経験済みだったのですが、ふーじぃ君は初めての峠との事。
 
 
新ルート開拓でおめでとうゴザイマスhappy01
 
 
19  
 
 
ここからはいつもの紀州街道をポタペースで、泉佐野からゆっくりと堺まで戻りました。
 
 
やがてルートラボの終点である、いつもの金太郎さんでゴール。
 
 
20  
 
 
よく考えたら金太郎ナカーマのふーじぃ君とのライドだったので、ショップのライドになったのかな?
 
 
ショップを起点&終点にするのもたまには良いものですねhappy01
 
 
お店で店長さん達とワイワイ話してこの日は解散となりました。
 
 
早朝から夜までお付き合い頂いたふーじぃ君、お疲れ様でしたね。
 
 
また企画してライドしましょうhappy01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年11月 6日 (火)

ふたつ目の「証」

昨晩に帰宅すると、届いていましたhappy01

1352156248847.jpg



メダルと。

1352156276139.jpg



ブルべカードですpaper



これは今年の5月にあったBRM519「ナイトブルべ300」の物なのですよね。


半年の期間を歴て我が家にやってきましたhappy01


少々間が空きましたが、やはり届くと嬉しいものですね。


当時の事が色々と思い出せて、なんとなく感慨に耽っちゃいましたcatface


私にとってはBRM108の200に続いて二つ目の大切な完走の証ですよ♪


これを見るとまた頑張ろうかな~と思っちゃうのですよね。。


今はシーズンオフですが、1月からまたブルべが開始されるでしょう。


来年は倍の四つはメダルが欲しいと思っていますが、どうなるだろうなぁ。。


やる気だけはあるのですが、時間が・・・・


もう少し来年のブルべ出場は考えてみたいと思っていますthink






ところで、今回は始めてスマホで更新してみましたcoldsweats01


上手くできてるかな???







最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年11月 3日 (土)

ちょっと気分転換

最近仕事の方が忙しくてバタバタしており、皆さんのコメントへの返信も遅れがちで申し訳ないですsad

 

 

まあ更新の遅いのは今に始まった事では無いので、ご容赦の程をcoldsweats01

 

 

さて、ローラー専用に使用しているロードバイクのカルマですが、これからは輪行にも使ってみようと思っておりますtrain

 

 

なのでちょっとした、おめかしをしてみましたhappy01

 

 

00 

 

 

ケーブルの色を赤にして、バーテープを白にしてみましたよ。

 

 

交換はいつもの様に金太郎さん でやって頂きましたscissors

 

 

赤のアウターワイヤーも良いものですねnote

 

 

01 

 

 

品物はシマノのカラーケーブルセットです。

 

 

バーテープはSILVAのロゴ入り。

 

 

02 

 

 

プロに巻いてもらうとロゴの目も揃って美しいですねhappy01

 

 

でもですね・・・・

 

 

03 

 

 

残念な事にカルマのハンドル上部は、FSAのハンドルの特徴で平たくなっていてロゴが揃いませんweep

 

 

まあ、仕方ないですけどね〜

 

 

それとローラーをしていて気が付いたのですが・・・

 

 

04 

 

 

私はローラーの時にいつも下ハンを握っている為に、その部分のロゴが取れて来ちゃいましたwobbly

 

 

これからSILVAのロゴ入りを購入される方はご注意をcoldsweats01

 

 

ロゴの件以外はコルクタイプですので握りもソフトで気持よくて、思わずニギニギしちゃう程ですよ。

 

 

 

 

それと以前に他の方に質問されたコレについて解説をば。。

 

 

05 

 

 

トピークのボトルケージマウントでございます。

 

 

これに携帯ポンプのホルダーブラケットを流用して、ライトを取り付けられる様にしています。

 

 

06 

 

 

アーレンキー一本で交換が可能ですよ。

 

 

07 

 

 

結構しっかりと固定出来ますので、重宝して使っておりますthink

 

 

それとカルマの現役復帰の為に、お化粧用のワックスも購入しました。

 

 

08 

 

 

ブリヂストンのもので、金太郎さんの店頭品です。

 

 

何故フィニッシュラインやタクリーノでは無いかというと、以下お店での会話。

 

 

オカメ:「ワックスはどれがいいかな〜?店長さんは何処のワックス使ってはるんですか??」

 

店長:「え〜と、ブリヂストンのこれですね。ウチのスポーツ自転車には全部これを使ってますよ」

 

オカメ:「じゃあ、それください」

 

 

簡単に決まりますねcoldsweats01

 

 

なんでも相談出来る店を知っていて良かったです。

 

 

因に「たまには自分で整備しろ!」などという叱咤激励はお受けしませんので、悪しからず。。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »