« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月26日 (金)

紀ノ川カレーライド 後編

すっかり記事が間延びしちゃいましたが、前回の続きですcoldsweats01

 

 

風吹峠をクリアして紀ノ川沿いの県道7号線を暫く走ると、非常に解かりにくい場所にそのお店はありました。

 

 

15  

 

 

一見普通の民家のようですが、立派なお店ですよhappy01

 

 

そこは「チャイとカレーの店 ガネーシュ」ですrestaurant

 

 

14  

 

 

多くの自転車ブロガーの方が紹介されていましたので、是非とも訪れてみたかったのですよね~

 

 

お店の庭には売り物である美術品が沢山置かれていました。

 

 

16  

 

 

ちょと怖いものもありましたけどねcoldsweats02

 

 

お店の中は異国と日本のインテリアがコラボされた不思議な店内装飾でしたよ。

 

 

気になった方は是非訪れてみてください。

 

 

ここはカレー屋さんですが、アクセサリー類の展示販売もしてるんですよねぇ。

 

 

17  

 

 

店内に案内された我々は各々カレーランチを頂くのですが、私は茄子のグリーンカレーとアイスチャイを頂きました。

 

 

18  

 

 

19  

 

カレーの方はスパイシーで上品な感じの辛さgood

 

 

必要以上に辛いカレーのお店が多い中で、私はここのカレーは結構気に入りましたよ。

 

 

付け合せのサラダやナンも少し小さめですが、全部食べると中年のお腹にはいっぱいになるくらいでした。

 

 

後で出てきたチャイもいろんな味になった口の中を爽やかな香りと共にリセットしてくれるものでしたよjapanesetea

 

 

まあ、顧問は相変わらず「チャイって何でっか???」とお店の人に聞いてましたけどねcoldsweats01

 

 

以前に三日市のカレー屋さんで一緒に飲んだと思うのですがw

 

 

とまあ天然トークを楽しんでいる間、食後に皆さんのスマホを弄る手が忙しくなりますmobilephone

 

 

ここから大阪へ戻るには何処を通っても峠、つまり坂を越えねばなりません。

 

 

ロードだと良い腹ごなしになるのですが、この日は顧問以外は小径車・・・・・

 

 

なので最寄の駅と輪行セットの段取りをしていたようですcoldsweats01

 

 

なんとな~くみんさん薄笑いの表情で店を後にすると「せっかくやから、ちゃんと山を越えて帰ろう」と言う事になってあの鍋谷峠に向かう事になりました。

 

 

ということで、県道7号線を東に向かって走り出します。

 

 

ちなみに紀ノ川沿いの道で県道7号線は車も少なくフラットな道なので、初心者や脚力の無い方でも楽に走れる良い道ですよhappy01

 

 

粉河寺のところで国道24号線に合流するのですが、私は家族のために近くのお店でお土産を購入。

 

 

25  

 

いつもの柿の葉寿司でございますconfident

 

 

ちなみにお店の写真と名前は忘れちゃったのですが、粉河寺の直ぐそばにあるので行けば思い出すでしょうcoldsweats01

 

 

美味しかったので再訪してみたいものです。

 

 

国道24号線は相変わらず車が多くて走りにくかったのですが、途中で国道480号線に入るとのどかな里山の道になります。

 

 

20  

 

 

通称「裏鍋谷」と言われるこの道は綺麗で車が少なく、景色も良いので非常に好きな道のひとつですよhappy01

 

 

あ、鍋谷峠は別ですけどねcatface

 

 

道中は当然ながらふんだんに休憩を取って7人は進みます。

 

 

自販機でドリンクを飲んだりしながらノンビリと里山を走ると、やがて斜度が上がってきますよ。。

 

 

皆さん各々のペースで鍋谷峠を進んでいきます。

 

 

やがて途中の「峠の茶屋」にて大休憩japanesetea

 

 

私はここでお餅を補給しておきました。

 

 

21  

 

 

ヒルクライムで疲れた身体には甘いものが一番ですよねscissors

 

 

と、ここでイヨッキュさんが私の傍らで「オカメさん、パンクでございます。」 と仰るじゃありませんか! 

 

 

「はあ。」と私は一瞬自分のIDIOMの事かと思いましたが、パンクはイヨッキュさんのポケロケでございましたよcatface

 

 

しかし、パンク修理マスターの彼は手際良く修理をしていきます。

 

 

その間他の6人は道にへたり込んでゆっくり休憩する事ができました。

 

 

ヒルクライムで無理しちゃだめですからねcoldsweats01

 

 

イヨッキュさんの修理が終わると再び登坂開始ですdash

 

 

私はここである実験をしてみました。

 

 

それは以前「サイクルショップ 金太郎」の店長さんに、競輪選手が鍋谷峠をピストバイクで登っていると伺い、一度小径車のギアを固定して登ってやろうと思っていたのです。

 

 

なのでフロント48T×リア12Tの固定で登っていきます。

 

 

流石に最後はず~っとダンシング(立ち漕ぎ?)でしたが何とか登頂成功。

 

 

22  

 

 

ギア固定も成功。

 

 

23  

 

 

やっぱりしんどかったですねwobbly

 

 

でもまあ一つの自信にはなりましたよ。

 

 

他のメンバーも各々ヒルクライムを楽しんで頂上でワイワイしていたのですが、やがて日が傾いてきます。

 

 

気温も下がる一方。。

 

 

24  

 

 

あまりノンビリしていると風邪を引いちゃいますので、あとはサ~っとダウンヒルしていきます。

 

 

いつもの槙尾中学のファミリーマートで最後の休憩をしてここで解散。

 

 

私はkimotoshiさんとはるちゃんの3人で堺に戻っていきました。

 

 

この日はノンビリでしたが小径車で100km以上走ったので十分満足なライドになりましたね。

 

 

たまにはこんなのも良いものですhappy01

 

 

参加された皆さん、是非また行きましょうね。

 

 

次回は「紀ノ川 フルーツパフェ・ライド」をしてみたいな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年10月17日 (水)

紀ノ川カレーライド 前編

前回のブログ記事で暖かいコメントを皆さんから頂きましたhappy01

 

 

一応当ブログは自転車ブログなのですが、頂いたコメントの内容が秋刀魚に関することが多く、ブルベやサイクルモードに関する反応が非常に少なかったですcoldsweats02

 

 

「コレはいけません!」 (イヨッキュさん風w)

 

 

という事で、今回は自転車のお話bicycle

 

 

突然ですが、和歌山県には「紀ノ川カレー」という物があるのをご存知でしょうか?

 

 

和歌山県の岩出市と紀ノ川市が「紀ノ川うまいもんプロジェクト」という企画を立てていて、その中でカレーを名物にして行こうというものです。

 

 

紀ノ川カレーの定義とは・・・

 

 

「那賀地域(岩出市、紀ノ川市)で生産される食材を使用したカレーの事」

 

 

だそうですよhappy01

 

 

という事で、以前から行ってみたかったカレーのお店に行こうと自転車友達のはるちゃんとツイッターでつぶやいていると、イヨッキュさんkimotoshiさんも参加を表明。

 

 

最終的には友人K女史&つよっさん顧問&イチローさんも参加されるという賑やかなライドとなりましたhappy01

 

 

さて決行は日曜日でしたが、土曜日にイヨッキュさんが電話を私にかけてきましたtelephone

 

 

イヨッキュさん:「オカメさん、明日はロードは禁止やで!」

 

 

私:「えー!

 

 

という事で今回のライドは小径車出動と相成りましたcoldsweats01

 

 

日曜日の朝には先ずはるちゃんとkimotoshiさん、私の三人がここに集合。

 

 

00  

 

 

当然、指令通りに全員小径車です。

 

 

01  

 

 

コースにはあの「鍋谷峠」も含まれるのですが、大丈夫なんでしょうか?coldsweats01

 

 

ここを出て次に三人が目指したのがここ。

 

 

02  

 

 

ここでイヨッキュさん&K女史&つよっさん顧問&イチローさんと合流です。

 

 

03  

 

 

当日はお天気は良かったのですが、若干肌寒かったので全員長袖のウェアを着用ですよsun

 

 

因みにつよっさん顧問だけは楽をしたい為に連絡不行き届きでロードでの参戦となりましたconfident

 

 

イヨッキュさんのご自慢のポケロケにはおニューのフロントバッグが装着されてましたよ。

 

 

04  

 

 

乗り手に似合わずおしゃれですね~happy01

 

 

そして早朝の兵庫県から遠征されたイチローさんのポケロケには、なんと「シュミット製ハブダイナモ」が搭載されていましたよ。

 

 

05  

 

 

原付オートバイ並みのライト光量を誇る素晴らしい前照燈システムです(お高い価格ですがw)。

  

 

ここで全員集合となって合計七人が出発。

 

 

いつもの紀州街道を南下していきます。

 

 

06  

 

 

ワイワイとおしゃべりしながらノンビリとポタリングペースを楽しみましたよhappy01

 

 

当然休憩もふんだんに含みます。

 

 

07  

 

 

休憩の度にお話が弾むものですから、非常にノンビリとしたペースになっちゃいますねcoldsweats01

 

 

これぞ小径車(約一名除くw)の楽しみ方ってもんですかね~

 

 

ノンビリとは言っても、やがて最初の目的地である「泉佐野漁港」に到着。

 

 

08  

 

 

ここで最初のグルメの予定でしたが、9時過ぎに到着した我々。

 

 

朝市は開催されていましたが、残念な事に買い食いする予定のお店は10時開店wobbly

 

 

なので仕方なく近くの「田尻漁港」へ向かいました。

 

 

09  

 

 

ここは早朝から買い食いのお店も、屋台も営業しているので安心ですhappy01

 

 

私はアナゴの天ぷら(@200)を頂きましたscissors

 

 

10  

 

 

この値段でこの大きさなら大満足ですよhappy01

 

 

お味も採れたて揚げたてで当然ヨロシですw

 

 

そして、この辺でのお天気は若干の薄曇cloud

 

 

11  

 

 

日焼けもせずに良い感じのお天気ですhappy01

 

 

因みに写真にある船の名前が「ひろ丸」ですが、イヨッキュさんの豆知識によると船の名前は女性の名前を付ける事が多いそうですよ。

 

 

彼は何でも良く知ってますねwink

 

 

さて、ここの次は和歌山を目指すのですが、当初の予定ではブルベのコースである「雄ノ山峠」を越える予定でした。

 

 

しかし、小径車で越えるのは帰路を考えるとキツイな~

 

 

という事で、斜度の緩い「風吹峠」を越える事にコース変更。

 

 

12  

 

 

この峠道は車が多くて路肩も狭いので怖かったですねwobbly

 

 

次回からは脇道の旧道を通る方が良いかもしれません。

 

 

少し走って峠道の途中にある道の駅で小休止japanesetea

 

 

13  

 

 

ここを過ぎると若干の登りをこなして、いよいよ紀ノ川に向かいます。

 

 

思いのほか記事が長くなったので、ここで前編を終了しますね。

 

 

つづく (たぶんw)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年10月15日 (月)

晩夏の近況

え~、前回の淡路島以来自転車に乗ってませんcoldsweats01

 

 

正確にはロードバイクにですが・・・bicycle

 

 

仕事の方はまあまあ忙しくしていて、こうしてブログの更新もサボりがちでありますthink

 

 

でも少しは書いておかないとブログの書き方を忘れちゃうので、数少ないネタとして幾つかの出来事をcoldsweats01

 

 

先ず、先月は600kmブルベであるBRM929のお見送りに行ってきました。

 

 

01  

 

 

今回は大型の台風がブルベの開催日に上陸の予定でしたが、それをものともしないブルベスト達が朝から大勢集まっていましたねcoldsweats02

 

 

私と共に当日の見送り部隊はイヨッキュさんとスキンヘッドさん。

 

 

02_2  

 

 

この日は非常に珍しいイヨッキュさんのレーパン&ジャージ姿も見る事ができました(本人の強い要望により写真は割愛w)。

 

 

そして見送られる方々は・・・

 

 

先ずは愛知から遠征してきためばる君さん。

 

 

03  

 

 

大型台風が近畿に接近しつつあったので早々にDNFを決意して、荷物をどんどん車に仕舞っていましたねcoldsweats01

 

 

悪いコンディションの中で完走を目指すのも、早々にDNFを決めるのもブルベには自由に選択する事が出来ます。

 

 

趣味のスポーツイベントなのですから、一般の社会生活に影響が出ないようにしないとねthink

 

 

そして京都から参加した雨魔人ことヒマジンさん

 

 

05  

 

 

彼も輪行袋持参で無理に台風とは戦わないと決めていたようですrain

 

 

そしてもうひとかた、神戸のひでさん

 

 

06  

 

 

今回私の知っている方の中で、ひでさんのみがこのエクストリーム・ブルベを完走されていました。

 

 

それはそれですごい事ですよcoldsweats02

 

 

こうして今回はお三方のお見送りを無事に済ませました。

 

 

04  

 

 

この後はイヨッキュさん&スキンヘッドさん、お二方と泉佐野駅でお別れして私は仕事へ向かいました。

 

 

当然翌日の日曜日は台風の影響で自宅に引き篭もっていましたねぇwobbly

 

 

 

 

 

そして次の週は秋の味覚が東北から届きましたhappy01

 

 

私が良く利用している「及川屋」さんから今年も秋刀魚が届きましたよ。

 

 

毎年この季節には利用しているので今年も美味しく頂きました。

 

 

Dsc00775  

 

 

Dsc00777  

 

 

暫くの間は我が家に秋刀魚祭りが続きましたねぇ。

 

 

妻も娘も大好物なので、購入した30匹がみるみるうちになくなっちゃいましたけどscissors

 

 

 

 

 

そして先週は大阪南港で開催されたサイクルモード・フェスタに行ってきました。

 

 

Dscn1155_01  

 

 

いつもお世話になっている「サイクルショップ・金太郎」さんでありがたくチケットを頂いて行きましたよhappy01

 

 

会場内では例年通りに高級自転車がずらりと。

 

 

Dscn1157_01  

 

 

Dscn1158_01  

 

 

Dscn1167_01  

 

 

相変わらずカーボンバイク全盛ですね。

 

 

コンポーネントも注目の新型デュラエースが。

 

 

Dscn1179_01  

 

 

Dscn1178_01  

 

 

カンパニョーロからは電動コンポのEPSも。

 

 

Dscn1166_01  

 

 

Dscn1161_01  

 

 

とまあこんな具合に目の保養を十分にしてきましたcamera

 

 

でもやっぱり自転車は乗って楽しみたいものですよね~

 

 

せっかくの良い季節なので次回はライドの記事を書きたいものですthink

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年10月 2日 (火)

合同合宿 in 淡路島 その4

楽しかった合同アワイチの記事も今回が最後ですhappy01

 

 

いくら台風で暇だったと云え、一つのネタで引っ張るにはやっぱり大変ですね~

 

 

なんせ「微耄碌」中年ですからcoldsweats01

 

 

 

 

さて、無事に福良港から岩屋港までのライドを終えた一行は、ここまでの健闘を称えつつ最後のイベントへと向かいますbicycle

 

 

それはイヨッキュさん提案の「オプションB」と言うもの。

 

 

通常は岩屋港に戻ったら普通にジェノバラインに乗って明石に戻るのですが、今回は愛知軍団がヒルクライム大好きと言う事で特別にコース設定してもらったのですcoldsweats01

 

 

淡路島はタマネギと並んで「花」の島でもあります。

 

 

岩屋港から淡路島内地に向かって6km程を走るとそこには「あわじ花さじき」という素敵な花のテーマパークがあるのですよhappy01

 

 

そこを今回のハイライトに持ってきたのです。

 

 

因みに花さじきまでは6km全てが登り区間・・・・・

  

 

覚悟して我々はヒルクライムに臨みましたrock

 

 

56  

 

 

道中はkimotoshiさんの先導でノンビリとヒルクライムのスターと地点まで向かいます。

 

 

観覧車の見える袂の交差点まで来ると、そこからは一本道のヒルクライム開始ですdash

 

 

先頭はやはりkimotoshiさんcoldsweats01

 

 

相変わらずの剛脚で、アウターギア使用でグイグイと登って行きます。

 

 

あっと言う間に見えなくなっちゃいましたよwobbly

 

 

ストレートの一本道なのにねcoldsweats01

 

 

そしてここでは愛知軍団の代表として2番手にちょいメタボさん。

 

 

なんだか巨体をゆすってスイスイと登っていくじゃああ~りませんか!

 

 

ちょっと意外でしたcoldsweats02

 

 

その後はヒマジンさんとめばる君さんがちょいメタボさんの後を追います。

 

 

私は更にその後をハンガーノックンさんとぶつぶつ言いながら登坂gawk

 

 

先の見えている真っ直ぐな登りってつづら折れの道に比べると精神的にキツイです・・・

 

 

そして、しんがりにはがくさんとユッキンさん。

 

 

それぞれ思い思いのペースで6kmヒルクライムを楽しみ(?)ましたよ。

 

 

因みにK女史とイヨッキュさんはクロマメ会長のトランポで登坂。

 

 

スキンヘッドさんはヒルクライムを回避してスタート地点のコンビニ(通称:無駄なファミマw)で寝転がって待っていたそうです(流石はブルベストw)coldsweats01

 

 

苦しい登りにも進んで行けば終わりはあるもので、やがて花さじきに到達fuji

 

 

57  

 

 

写真では小さく明石海峡大橋が見えますねcamera

 

 

結構な距離を登ったものです。

 

 

ここまでで私は少しミスを犯していました。

 

 

途中で少しハンガーノック状態になっていたのですwobbly

 

 

午後の補給が慶の松原で食べた「天ぷらうどん」だけでしたので、明らかにエネルギー不足になっていましたwobbly

 

 

短い距離でも補給は大切ですわcoldsweats01

 

 

そこで素早く花さじきでサイダー(¥250-!)をチャージ。

 

 

58  

 

 

枇杷のサイダーでしたが、ここでは枇杷は採れるのかな? 

 

 

それらしき果樹園はありませんでしたけどねぇcatface

 

 

まあ、とっさの補給には甘めのドリンクが有効ですから、これでハンガーノックをしのぎましたよdelicious

 

 

花さじきでは肝心の花がまだ咲いていない状態で、単なる牧草地のようで少々残念でありました。

 

 

菜の花がもう暫くすると咲き始めるそうなので、その頃に又訪れたいものです(ヒルクライムしないといけませんがねw)。

 

 

ここで暫く休憩した後は、一生懸命登った道をピュ~っとダウンヒルdownwardright

 

 

登るのは大変でも下るのは一瞬ですねcoldsweats01

 

 

ちなみに下りはユッキンさんとちょいメタボさんの重量ブラザーズが皆を先導していきましたよ。

 

 

体重も下りには有効ですね~~~ 

 

 

岩屋に戻ったらスキンヘッドさんとコンビニで合流した後、最終反省会を「松帆の郷」で行いました。

 

 

59  

 

 

ここで楽しかったライドの反省を十分にしたあとは本当にライドの終焉を迎えます。

 

 

ジェノバラインの乗り場で解散式。

 

 

60  

 

 

お名残惜しいですが、これで愛知軍団ともお別れですthink

 

 

62  

 

 

こうしてみるとあっという間の2日間でしたが、すごく濃密な時間でしたねhappy01

 

 

本当に楽しかったです。

 

 

最後にめばる君さん、ちょいメタボさん、ハンガーノックンさん、がくさん、ありがとうございました&お疲れ様でした。

 

 

そして色々段取りをしていただいたイヨッキュさんとK女史、ならびにトランポで荷物を運んで下さったクロマメ会長、ありがとうございました。

 

 

最後にユッキンさん、スキンヘッドさん、kimotoshiさん、楽しいひと時を共に過ごせて良かったです。

 

 

あ、忘れてたけど後半は前を曳いてくれたヒマジンさんもありがとうございました(棒読み)

 

 

今回で4部作完結です!

 

 

ちょっと疲れたなぁsad

 

 

 

 

 

 

 

 

  

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年10月 1日 (月)

合同合宿 in 淡路島 その3

さて、タイトルとは関係ないのですが皆さんはウェア類の「タグ」ってどうされてます?

 

 

先般の淡路島ライドで密かにデビューさせた「買い置きのグローブ」。 

 

Dsc00774  

 

 

しっかりと「タグ」が着いていたのですが、結構邪魔なんですよね~coldsweats01

 

 

なのでグローブ本体から切り離したのですけど、普通は残しておくものなのでしょうか?

 

 

宜しければ、詳しい誰かさんに教えて頂きたいところですconfident

 

 

 

 

とまあこんな話は置いといて、一連のアワイチの続きですcoldsweats01

 

 

前夜の宴会を存分に楽しんだ一行は、比較的遅い時間帯に淡路島折り返しライドを開始しました。

 

 

天候が悪かったのはまあ、誰かさんのせいなんですけどねpout

 

 

宿を出る時に何故だかハンガーノックンさんだけがブロンプトンで出発していたのはご愛嬌でしたが、詳しくはここをご覧くださいcoldsweats01

 

 

福良を出発すると、我々は一途に「道の駅 うずしお」へと向かいます。

 

 

45  

 

 

え~っと、基本的に道中は全部上り坂ですcoldsweats01

 

 

朝一に自転車に乗って、このヒルクライムは罰ゲームみたいなもんですよwobbly

 

 

でも、目的の道の駅にはこんな絶景が。

 

 

47  

 

 

言わずと知れた鳴門の渦潮ですhappy01

 

 

ここには展望台もありますしね。

 

 

46  

 

 

折角の愛知軍団遠征ですから是非とも見て頂きたかったので、ヒルクライムも何のそのでお連れしたものですよhappy01

 

 

愛知軍団も渦潮で「お~~~!」と感激していただいたので、良かったですscissors

 

 

ここであまりノンビリしている訳もいけませんので、観光を済ませるとライド再開です。

 

 

48  

 

 

比較的穏やかな海岸線のアップダウンをこなして一行はライドを続けます。

 

 

ちなみに暫くはkimotoshiさんに前を曳いて頂きましたが、ガーミンの速度は常時35km/hオーバーwobbly

 

 

朝から魂が抜けかけましたよcrying

 

 

それにしても、こんな高速巡航でも平気で付いていく愛知軍団にも驚きでしたがcoldsweats01

 

 

そんな鬼曳きに乗せられたまま、この日の昼食ポイントである「慶の松原」で休憩。

 

 

こじんまりしたレストランで、私は天ぷらうどんを頂きましたよrestaurant

 

 

49  

 

 

味の方は・・・・・・・まあまあでしたかねcoldsweats01

 

 

そして食事後は折々の撮影ポイントで記念撮影camera

 

 

50  

 

 

51  

 

 

これだけの台数だと自転車も様になりますね~happy01

 

 

この頃には天候も回復していましたしsun

 

 

そして、最後の休憩ポイント「郡家のローソン」で休憩。

 

 

52  

 

 

ここでも皆でワイワイ・ガヤガヤと「大休止」したものですよcoldsweats01

 

 

私の先日購入したヘルメットのレジモスも、あまりの軽量さがここで話題になってましたね~

 

 

こうしてライドの話題になるだけで、ブログを書いていて良かったというものですconfident

 

 

あ、ちなみにめばる君さんもレジモスを使用していた事を付け加えておきますconfident

 

 

そして、この後はひたすら明石海峡大橋を目指すだけです。

 

 

53  

 

 

54  

 

 

改めて写真を見ると、なんだか名残惜しいですねぇ~think

 

 

でもですね、ペダルを廻していると目的地には到着するものですよ。

 

 

55  

 

 

ここまで来ると「あ~、アワイチも終わりか~」となるのですよねcatface

 

 

しかしながら・・・・・・

 

 

今回のアワイチはもう一回引っ張りますよ~~~~~coldsweats01

  

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »