« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月11日 (月)

歩いて楽しむ近場也

最近、夜中にアニメDVDなどを見たりしてすっかりブログが滞っていましたcoldsweats01

 

 

書きたい事はあっても頭の中で記事がまとまらないと、ついつい更新が疎かになっちゃうのですよねぇ。。

 

 

気を入れなおして、これから最近あったことを少しづづ思い出しながら書いていきたいと思いますconfident

 

 

今回は5月27日に行われた天王寺でのイベント「真田幸村 最後の指令」というウォーキング・ラリーに参加してきましたhappy01

 

 

平たく言うと真田幸村とその十勇士の天王寺ゆかりの地を歩いて周ろうという、オリエンテーリング・イベントになります。

 

 

大阪冬&夏の陣の際に真田幸村が活躍した足跡をスタンプラリーの様に合言葉を集めて行く訳ですpaper

 

 

今回は娘はクラブがあった為、妻と二人で参加する事になりました。

 

 

娘はバスケ部の主将を任されている上に今年は受験生でもあるので、家族のイベントになかなか付き合う事が出来なくなるなあ~と思いつつ、天王寺へとチンチン電車で向かいますtrain

 

 

01  

 

 

堺市民にはお馴染みの乗り物で、最近乗り換え無しに天王寺へと向かう事が出来る様になって便利になりましたよhappy01

 

 

妻と色々話しているうちに天王寺に到着。

 

 

02  

 

 

現在建築中の「あべのハルカス」を横目に会場のあべのキューズモールでラリーの受付を済ませます。

 

 

と言っても、パンフレットを持って阿倍野界隈にいるスタッフにそのパンフレットを貰うだけなのですがcoldsweats01

 

 

03  

 

 

スタッフには一応内容を伺っておきます。

 

 

04  

 

 

あらかじめ指定された真田の史跡を巡って行くだけなのですが、何となくブルベを思い起こしちゃいますねhappy01

 

 

指定の場所には合言葉があるので、それをパンフレットにメモして周って最後にこの受付場所に戻る事になっていました。

 

 

まず最初に向かったのが「茶臼山(古墳)」です。

 

 

大阪の陣の折にはここに真田の本陣があったそうですよ。

 

 

山と言っても丘のような感じの低山なのでサクッと登頂して合言葉を手に入れますscissors

 

 

05  

 

 

茶臼山の頂上にこの様にパネルが設置されていて、合言葉をメモしていくのですよpaper

 

 

因みにパネルの人は猿飛佐助ですね。

 

 

天王寺公園の中を素通りして次に向かったのが「安井神社」です。

 

 

06  

 

 

ここは、真田幸村が討ち死にした場所として有名ですねthink

 

 

当然神社なのでこのお方も。

 

 

07  

 

 

まあ、いつもの調子で・ね。

 

 

ここでは根津甚八がお出迎えしてくれました。

 

 

08  

 

 

この次は「増福寺」へと谷町筋を北上するのですが、途中で「天王寺七坂」なんかも通って行きました。

 

 

09  

 

 

10  

 

 

11  

 

 

天王寺七坂の詳しい事はリンク先を覗いてみてくださいねhappy01

 

 

愛染坂の横には「大江神社」があるのでそこを通って行きます。

 

 

12  

 

 

ここも立派な神社でしたよ。

 

 

ついでに「愛染神社」にも寄りました。

 

 

13  

 

 

何故かというと、ここには市内では珍しい立派な多宝塔があるからです。

 

 

14  

 

 

ちゃんと亀腹を備えた立派なものですので興味のある方は是非見に行って下さいねconfident

 

 

この次は七坂の口縄坂を通って。

 

 

15  

 

 

増福寺で合言葉をメモしました。

 

 

16  

 

 

ここは三好清海入道&三好伊三入道がお出迎えしてくれましたよ。

 

 

更にここから北東へ向かうのですが、途中で彦八祭りで有名な「生国魂神社」の前を通って。

 

 

17  

 

 

千日前通りをテクテク歩いて行きます。

 

 

知らなかったのですが、上町台地には熊野街道も通っていました。

 

 

18  

 

 

そして「産湯稲荷神社」で合言葉を手に入れて。

 

 

22  

 

 

23

 

 

 

次に「三光神社」に到着。

 

 

19  

 

 

ここは真田の抜け穴が有名だそうです。

 

 

21  

 

 

中を覗くと随分奥まで抜け穴が続いているようでした。

 

 

何処に抜けるかは知らないのですがねcoldsweats01

 

 

ここでは霧隠才蔵がお出迎え。

 

 

20  

 

 

もうここからはラリーの終盤。

  

 

最後に訪れたのが「庚申堂」です。

 

 

24  

 

 

ここで最後の合言葉をメモしました。

 

 

25  

 

 

え~と、穴山小助と海野六郎ですねhappy01

 

 

無事に合言葉を手に入れて、受付会場の阿倍野キューズモールへと戻りました。

 

 

26  

 

 

ここで合言葉と引き換えに真田十勇士のトレーディング・カードを頂きましたよscissors

 

 

27  

 

 

まあ後日、カードは真田幸村フリークのこの方にあげちゃいましたけどねcoldsweats01

 

 

会場では真田幸村を題材にした殺陣のショーなんかも行われて結構盛大なフィナーレでしたね。

 

 

28  

 

 

この後、参加賞をガラガラ・ポンで頂いて。

 

 

 

29_2  

 

 

この抽選では旅行券等が当たるとの事でしたので行列に並びましたが、当然ハズレでして参加賞の中身はオペラグラスとボールペンでしたけどcoldsweats01

 

 

このラリーでは約3時間程度、天王寺から上町台地を巡りましたが、そこそこ距離も歩いたので満足のいくウォーキング・イベントでしたねscissors

 

 

帰りは当然チンチン電車で妻と色々この日を振り返りながら帰りました。

 

 

たまにはこうやって二人で出かけるのもいいな~と思った自転車無しの休日でしたよ。

 

 

それにしても天王寺って、神社仏閣が多くて楽しい所でしたね~(私だけ??)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年6月 4日 (月)

ミッド・ナイト・ラン(BRM519) 復路編

今回のBRM519で記録した私の走行データですmemo

 

 

01  

 

 

ガーミンで後から走行のログや、自身の体調データをこうして後で確認するのってロングライドの後は特に楽しいのですよね~happy01

 

 

という訳で、復路編の開始です。

 

 

無事に青山峠のヒルクライム&ダウンヒルをすませて、PC3を出発する頃には夜が明けていましたmist

 

 

02  

 

 

私はここまで一人旅で、有人チェックでのスタッフさんとだけがおしゃべりの楽しみでしたが、ここでは私の次に到着された「GIANTのアルミロード」に乗られた方と出発前に暫し会話を致しました。

 

 

ここまで参加者同士って妙によそよそしい所もあったのですが、この方は気さくな方で、聞けば私と同じく2回目のブルベだそうですcoldsweats02

 

 

「やはり経験が浅いと、前半のペースが速くなるものなんですかね~」などと少しお話して私が少し先に出発dash

 

 

夜明けの青山峠をよっこらせ~よっこらせ~、と登っていきます。

 

 

03  

 

 

やはり周囲が明るいと、何となく元気も出てくるってものですよscissors

 

 

ペダルも何となく軽く感じながら登っていると、次々と他の参加者とすれ違うようになりました。 

 

 

人気の無い青山峠で参加者同士が「おはようっす!」「ちわ~っす!」などと声を掛け合いながらご挨拶happy01

 

 

先程はよそよそしいと書きましたが、やはりサイクリスト同士が自転車に乗っていると挨拶は欠かせないものですよねscissors

 

 

何となく「これだよな~ライドの楽しみって」などと思いながら無事に青山峠を登りきり、後はR165経由で名張を目指します。

 

 

道中行きは真っ暗だったのが嘘のように気持ちの良い快走路でしたhappy01

 

 

04  

 

 

名張の手前の付近では当ブログにリンクいただいているひでさんとすれ違ったような気がしたのですが、確認できずに素通りcoldsweats01

 

 

後にひでさんのブログで、間違いなくこの時にすれ違っていたのを確認できたのでもう少し余裕を持ってお声掛けすれば良かったですthink

 

 

走行中は派手なサインは出せないので、次回はユックリと顔合わせが出来ると良いのですがねぇ。

 

 

その後も順調に「ルンルンnote」と気分良く自転車を進めます。

 

 

当日の早朝気温。

 

 

05  

 

 

暑くも無く、寒くも無い絶好のコンディションでした。

 

 

やがて名張市街に入ると、長~い直線部分で何となく見慣れたお腹お顔happy01

 

 

それはいつもお世話になっている(?)イヨッキュさんでした。

 

 

この日はBRM519に対して「イヨックス近畿・YRM519」が2日間に渡って行われていたそうです(参加者1名)。

 

 

偶然の(??)出会いに感動しつつ、朝から爽やかなご挨拶をして、ガッチリと握手した後に再び元気に出発しました。

 

 

06  

 

 

この後は少々元気良くペダルを回してしまって、ちょっとペースが上がっちゃいましたねcoldsweats01

 

 

でも、嬉しかったので仕方が無いですかconfident

 

 

榛原を通過してやがてPC4(ローソン 榛原篠楽店)に戻って来ました。

 

 

07  

 

 

ここでガッツリと朝食restaurant

 

 

08  

 

 

 

元気に喝を入れるために「赤コーラ」も投入しておきましたよ。

 

 

ここを過ぎるとすぐに忍阪の豪快ダウンヒルに向かいます。

 

 

朝から目の覚めるスピードでダウンヒルをこなしたら、私の大好きな明日香村をちょっとポタペースでユックリと通過しましたhappy01

 

 

また機会を改めてノンビリ周ってみたいな~、などと思いつつ順調に往路の逆をトレースして行きます。

 

 

やがてPC5(ローソン 五條住川町店)に到着。

 

 

09  

 

 

ここは無人PCでしたので、ちょっと補給したのみでした。

 

 

10  

 

 

この辺りになると、もう義務だけでお腹にエネルギーを放り込む様になってきたので、少々飲食するのがキツくなっていましたね。。 

 

 

ここを出ると五條にある大きな「本陣交差点」を通過して、再び紀ノ川沿いを戻って行くのですが、ここでも出会いがありました。

 

 

五條の大きな病院前で「スキンヘッドさん」が待ち構えてくれていたのですhappy01

 

 

イヨッキュさんに続いて嬉しい出会いでしたね~

 

 

スキンヘッドさんは私に初めてブルベへの世界を見せてくれた方なので感動しましたよpaper

 

 

ここでも、ご挨拶とガッチリ握手をしておきました。

 

 

11  

 

 

「ここからは後70km位やから、残りを楽しんでや~」とスキンヘッドさんに励まされて再びブルベへと戻りますdash

 

 

お二人には本当、元気を頂いて感謝・感謝ですよhappy01

 

 

紀ノ川沿いは心配した逆風も無くスムースに進む事が出来ました。

 

 

12  

 

 

お天気も上場で快適・・・・の筈でしたがこの辺で私に異変が起こります。

 

 

200kmまでは感じた事のない「尻痛」を感じるようになってきたのですwobbly

 

 

久しぶりに「あ~!ケツ痛い!」などと叫びながらでのライドになってしまいました。。

 

 

まだまだ長距離を問題なく走れるようになるまでは道が遠そうです(トホホ・・・)

 

 

尻痛を我慢しながらも、やがて最後の通過チェック(ローソン 和歌山大垣内店)に到着。

 

 

13  

 

 

もうこれを補給するのが精一杯でしたwobbly

 

 

補給も義務でやっていくと辛いものですね。。

 

 

ブルベは色んなスキルを試されますわthink

 

 

さ~ここまで来たらあと少しup

 

 

気分を何とか盛り上げて最後の雄ノ山峠も切り抜け、りんくうタウンに戻ってきましたよ~

 

 

14  

 

 

長かった私のBRM519も「しんどかった~」と思いつつ終焉を迎えます。

 

 

ゴール地点でキッチリと300km走った確認をガーミンでしてから、ゴール地点でスタッフの方に受付をしていただきました。

 

 

スタッフの方の「お疲れ様~」の掛け声が本当に有難かったですねhappy01

 

 

人間って少しの事で元気になったり、落ち込んだりする不思議な生き物ですよ。

 

 

受付後に暫くスタッフの方と談笑して、私より先にゴールされていた「GIANTのアルミロード」の方に記念の写真を撮って頂きましたcamera

 

 

15  

 

 

もう満身創痍でヘトヘトだったのですが何とか元気にピースscissors

 

 

この後は無事に私をブルベ完走に導いてくれた愛車カルマをいたわりつつ帰路につきましたよrvcar

 

 

16  

 

 

今回、自身初の300km走行とナイト・ブルベでしたが、楽しさといくつかの反省点が残りました。

 

 

その事はいずれまた違う機会に記事にしてみたいと思います。

 

 

それにしても、今は良い思い出しか残ってないのが不思議だな~

 

 

これが多くのサイクリストを引き付けるブルベの魔力なのでしょうかね?

 

 

何はともあれ「あ~、疲れたけど楽しかった!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »