« 憧れの竹内街道を行く 奈良編 | トップページ | ミッド・ナイト・ラン(BRM519) 往路編 »

2012年5月27日 (日)

炎の合同トレーニング!?

GWで自転車も家族平和活動も満喫し、いつもの日常に戻った後の最初の日曜日の事。

 

 

5月13日に最近坂が好きなったと勘違いした「ユッキンさん」にライドのお誘いを受けましたhappy01

 

 

聞くところによると、ユッキンさんの御友人の「やすさん」と「T氏」が5月27日に「比叡山ヒルクライム大会」に参加する前にトレーニング・ライドを予定しているとの事coldsweats02

 

 

そのライドに私も来ないかと、お誘いを受けたのでした。

 

 

私も5月19日にブルベを控えていたので、丁度良いと二つ返事で参加を希望したのですscissors

 

 

かくしてユッキンさんとそのご友人、やすさん&T氏の3名に私を加えたカルテット・ライドが成立したのでありましたcatface

 

 

ライド当日は大泉緑地で集合との事。

 

 

01  

 

 

この日は朝から初夏の雰囲気を漂わせる良い気候でしたよsun

 

 

集合時間より少々早めに到着した私は、気合の「白バラコーヒー」を飲みながらお三方を待ちました。

 

 

02  

 

 

最近お気に入りの「淡路島コーヒー」が無かったので代わりにねcoldsweats01

 

 

暫くして予定時間通りにお三方が到着。

 

 

ユッキンさん。

 

 

03  

 

 

T氏。

 

 

04  

 

 

私が初めて見るクレインのバイクですよeye

 

 

そして、やすさん。

 

 

05_2  

 

 

ピナレロのカーボンバイクですねbicycle

 

 

全員揃ったところでT氏&やすさんと初対面の私は軽くご挨拶。

 

 

さすがに面白い、面白くないは別にしてファンキーなユッキンさんのお友達だけあって、すぐに打ち解けた雰囲気になりましたhappy01

 

 

やっぱり、自転車を趣味にしてて良かったですね~

 

 

ここで簡単に当日のコースを打ち合わせします。

 

 

4人共思いは違えど、トレーニングを主体にするという事でこの様なコース取りとなりました。

 

 

Photo  

 

 

走行距離の割には獲得標高の高い特訓コースですよcoldsweats01

 

 

打ち合わせの後は最初の目的地である水越峠に向かいます。

 

 

道中は私の先導で富田林市を抜けて行きました。

 

 

06  

 

 

それにしても良いお天気だったな~

 

 

水越峠までに一度止まって、各人上着(ウィンドブレーカー)を脱ぎ、ヒルクライムに備えました。

 

 

07  

 

 

ここでも停車する度に話が盛り上がってしまうのですよね~

 

 

自転車の話がメインなのですが、やすさんとT氏が交互にユッキンさんを弄るのでそれが面白いのなんのsmile

 

 

傍で聞いてて爆笑してしまう程でした。

 

 

仲の良いお友達同士で羨ましいですよhappy01

 

 

さて、あんまり話し込むのもアレなので気合を入れなおして全員で水越峠ヒルクライムに臨みますdash

 

 

08  

 

 

この辺りから成り行きで私が先頭に立ってえっちら、おっちらと登坂。。

 

 

09  

 

 

2番手にT氏が付かず離れずで私の背後に迫ってくるのが解かりましたcoldsweats01

 

 

T氏は細身のヒルクライマー体型で、ご自身の地元でも積極的に坂のトレーニングをなされているとの事。。

 

 

結構、私なりに必死で登って何とか旧道の分岐まで来ました。

 

 

10  

 

 

背後からのプレッシャーに弱い私ですdespair

 

 

ここで暫くユッキンさんとやすさんをお待ちしていたのですが、その時にT氏から驚きの事実を聞くことになりましたcoldsweats02

 

 

それはお三方が同級生で私も同学年なのは分かっていたのですが、何とT氏は私と生年月日が全く同じsign02

 

 

この広い世の中で私とT氏が同日にこの世に生を受けていたのですよsign04

 

 

ホント驚きましたcoldsweats01

 

 

そんな話していると、ユッキンさんとやすさんも分岐に到着して皆で揃って水越峠を制覇しました。

 

 

11  

 

 

次の金剛山に向かうまでに林道での一コマcamera

 

 

12  

 

 

こんな素晴らしい景色を拝めるので、ヒルクライムって良いですね~

 

 

金剛山までは広域農道のアップダウンも無難にこなし、麓のパン屋さん「ヤムヤム」で軽く補給する事に。

 

 

13  

 

 

この日は沢山のローディーがお店におられて、暫く外で談笑しながらお店から人が引くのを待ちました。

 

 

「ヤムヤム」は自転車乗りにすっかりお馴染みになったようですね~

 

 

暫くして人が引いたので、中で私はカレーパンを補給。

 

 

14  

 

 

これからのトレーニングに備えて軽めにしておきましたよbread

 

 

お三方も控えめに食べておられましたし。。

 

 

お店を出ると第二の峠、金剛トンネルへとヒルクライム開始ですdash

 

 

通称「裏金剛」と呼ばれる奈良側からは結構斜度がキツいのですよwobbly

 

 

15  

 

 

でも、新緑を愛でながら何とかトンネルに到着。

 

 

16  

 

 

ここでもT氏の後ろからのプレッシャーに・・・・ 

 

 

17  

 

 

T氏は真面目に比叡山ヒルクライムに向けてトレーニングされているので、私は常に必死でしたよthink

 

 

遅れてユッキンさんとやすさんも同時に到着。

 

 

18  

 

 

ツー・バイ・ツーで何となく良いコンビネーションのライドでしたねgood

 

 

ユッキンさんとやすさんは幼馴染との事もあって、常に話の内容が漫才でしたhappy01

 

 

類は友を呼ぶですね

 

 

妙に感心しながら、トンネルを抜けて向かったのは金剛ロープーウェイです。

 

 

通称「2金剛」へと向かいます。

 

 

これまで通りの隊列で無事に登頂完了。

 

 

19  

 

 

売店では補給として、季節の旬である筍の水煮をワンパック頂きましたrestaurant

 

 

20  

 

 

ヒルクライムの後はコレくらいはペロリといってしまいますねscissors

 

 

ここまで3つの峠を制覇して、最後に牛滝に向かう事にしました。

 

 

21  

 

 

ダウンヒル番長のユッキンさんが先頭で張り切って行きますよ~

 

 

私たちはその後を追います。

 

 

22  

 

 

しかし、快調に牛滝に向かう途中でユッキンさんがパンクwobbly

 

 

23  

 

 

まあ、ブルベストでもある彼は手際良く修理を済ませて事なきを得ました。

 

 

この時やすさんがCO2インフレーターを持っていたので空気の注入もあっという間でしたしscissors

 

 

ここで当初は牛滝TTへと向かう予定でしたが、お昼も過ぎていたので先にご飯にする事にしましたriceball

 

 

行き先はいつもの「パン工房 愛」

 

 

24  

 

 

26  

 

 

到着したときは結構な人出でしたね。

 

 

27  

 

 

人気者のウサギやウズラも元気そうでしたよhappy01

 

 

28  

 

 

29  

 

 

いや~、癒されますな~。。

 

 

ここでは皆さん共々ガッツリ目に食事を楽しみました。

 

 

私は鶏マヨ丼をオーダー。

 

 

30  

 

 

「愛」はパンだけでは無く、最近御飯物も充実していて訪れる楽しみが益々増して来ましたね~

 

 

泉州在住者にはありがたい事ですよwink

 

 

ここでは4人でワイワイと楽しく会話をしたものですnotes

 

 

やっぱり同年代の方と大好きな自転車のお話をするのは楽しいですわhappy01

 

 

次に牛滝に向かう予定でしたが、結構な時間をここで過ごしたのでこの日のヒルクライム・トレーニングは終了する事に。

 

 

お名残惜しいですが「愛」を後にして帰路へとつく事にしました。

 

 

「愛」ではコンサートステージも出来ていて良い感じでしたよ。

 

 

31  

 

 

「妻を連れてきてやりたいな~」と思いつつ、下山して堺で解散となりました。

 

 

今回ライドにお誘い頂いた最近坂が好きなったと勘違いしたユッキンさん、ありがとうございましたhappy01

 

 

そして同行頂いたT氏&やすさん、楽しいひと時を過ごさせて頂いてありがとうございましたhappy01

 

 

機会があればまた遊んでくださいね~

 

 

あ~楽しかったnote

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 憧れの竹内街道を行く 奈良編 | トップページ | ミッド・ナイト・ラン(BRM519) 往路編 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

水越峠の奈良側は良い景色でしょ
ここに日の出ぐらいに来ると最高に清々しいですよ(^O^)
折角の裏金剛なら激坂コースにご案内してあげれば比叡山ヒルクライムの坂が平坦に思えたかもしれなかったですよw
しかし よく走ってますね。
楽しい仲間がいればキツイコースも楽しいから 上れてしまうのでしょうね。

勘違い勘違いと2度までも出ちゃいましたね。

ユッキンさん=坂の勘違いと私の頭のなかで出来上がってしまいました。w

それにしても生年月日が同じなんてすごいですね。
これって赤い○で・・・・・・

キモかったですねw

こんにちは
愛にもしばらく行ってないなー
近々に行ってみたいと思います。
金太郎さんのツイート見ましたよ!!
かっちょいーー&ウラヤマしーーです。
今度お披露目してくださね

こんばんわ。
坂男に覚醒したユッキンです^^
一部では勘違いという誤った情報が流れているようですが、
残念ながら本物のようです(笑) まぁ、むっちゃ遅いねんけど(涙)

この日はありがとうございました^^)/
T氏もやすくんも大満足でしたよ。
今度はT氏のホームグランドの六甲に攻め込みましょう^^

おはようございます、yasuさん(^^)

裏金剛の激坂は行く必要は無いです。
いりません(キッパリ
やはり怪しい勧誘はちゃんと断る勇気が必要ですね。
楽しくワイワイと行くのが良いのですよ(?)

それでわ

おはようございます、まっくろくろすけさん(^^)

何ならもう一回くらい「勘違い」を入れて止めをさした方が良かったですかね〜(笑)
でも彼は以前よりはヒルクライム中にブツクサ文句を言う事が少なくなって来ましたよ。
もしかして本気で覚醒した?
無いでしょうけど(爆)

赤い何?
キモイです。。。

それでわ

おはようございます、hide@さん(^^)

「愛」はどんどん姿を変えて来てますね。
人気も上がって来てるみたいで最近はいつも千客万来のようです。
でもあんまり人気が大きすぎるのもな〜
また午前中にでも御一緒して行きましょう。
何に乗って行こうかな〜(謎)

それでわ

まいどっす、勘違いさん(^^)

ん〜重度の勘違いが進行してるみたいですね。
早くお医者さんに診てもらって下さいね(笑)

この日は色々お世話になりました。
御友人の方々はとても明るく楽しい方々でしたね。
是非また御一緒させて下さいね。
でも六甲山か〜
T氏のライドには坂しか無いのかな〜(涙)

それでわ

水越、2金剛、牛滝・・・坂に覚醒(勘違い)された方の影響でしょうか、楽しいライドですが、かなり上られたのですね。
そう言えば、ヤムヤムはしばらく行ってないなぁ。
やはり帰りのことを考えると、山の向うに下るは躊躇しますわ。

嬉しいから言っちゃいますが・・・
昨日、店長から届きましたとTELをいただきましたよぉ。
いつ取りに行けるか分かりませんが、また遊んでくださいね。

しばらくは楽しみが増えそうだな、ウシシシ・・・。

ロードでもガッツリと走られてますね。
ユッキンさんのお友達もなかなか気さくそうで楽しそうな方々のようですね。
この日走られたコース、行った事のないコースばかりですわσ(^_^;)
元来坂嫌いなのでこのあたりはなるべく見て見ぬ振りして避けておりましたσ(^_^;)
ちょっと性根を入れてガッツリとロードで走らなければなりません。
その先には軽量金満ロードが・・・ムリムリ(; ̄ェ ̄)

坂が好きだという『嘘・大袈裟・紛らわしい』ブログはこちらでしょうか?

我こそは坂大好き!!という方々の為に近々【大ヒルクライムパーチー】を企画しており
ます♪
小生もタイム計測係として奮闘致しますので楽しみにしておいてください!!

こんにちは、あかん方の{やす}です。遅ればせながら、ブルべお疲れ様でした。
そして先日はありがとうございました。トレーニングの邪魔になってなかったですか?
僕と 勘違いボヨヨン星人。

あのボヨヨン星人、僕のインフレーター2本とも使いやがった。腹立つ。
へそに管挿したら8barぐらいでそうやけど・・

それでは是非また近いうちに・・

うずら?にわとり?共喰い。
なんだかとりとめのないコースで
とりあえず登っとけって雰囲気がチームフォーティらしいです。

おはようございます、ちゃまリンさん(^^)

この日は中年の身体に鞭打って頑張りましたよ~
たまにはガッツリといっとかないとねw
お仕事が落ち着いたらロードでヤムヤムに御一緒しましょう。
でも、ついに小豆色の奴がちゃまリンさんのところに来るのですね。
ん~行かないとならないライドが増えて困ったちゃんです。
取り敢えず何処からいきましょうかね?
今後が楽しみだ♪

それでわ

おはようございます、kimotoshi さん(^^)

そういえば、kimotoshiさんも私たちと同世代ぢゃあないですか!
しかも私と誕生月が同じw
これは合同トレーニングを企画せねばなりません!
ユッキンさんにまた計画して貰いましょう。
その時はkimotoshiさんはブロでお願いします(キッパリ
間違ってもこれから逝かれるであろう「超金満軽量ロード」などでは来ないでくださいね(更にキッパリ
いずれにせよ楽しみだな~♪

それでわ

おはようございます、坂好 登さん(^^)
 
 
お願いですからJAROには通報しないでください(笑)
坂ばっかりのライドでしたが、チーム・フォーティーもやるときはやるのです(キッパリ
登さんの「大ヒルクライム・パーチー」も内容如何に関わらず参加致しましょう!
どーんと来いですよ!
でも大丈夫かな・・・・チーム・フォーティー・・・・

それでわ

おはようございます、やすさん(^^)

こんな辺鄙な所にお越し頂いてありがとうございます。
ボヨヨン星人さんは金満の癖にやすさんのインフレーターを気前良く使ってましたね~
お返しにボヨヨン星人さんに大型物件の仕事を受注させてもらって下さいね。
これでインフレーターも買い放題♪
でも、へそにチャージするとマジでバーストするので勘弁してあげてください(笑)

せっかくお知り合いになれたので、T氏もまじえてこれからもよろしくお願いしますね。
また良いコースを捜しておきま~すw

それでわ

おはようございます、すず虫監督(^^)

にわとりなんかおらへんわw
共食い言うなww

まあ、この日は中年の身体に鞭打って頑張ったよ。
ちょっとは鍛えられたかな?
監督にも長いこと鍛えてもらってないので、機会があれば是非稽古をつけてください。
宜しくね♪

それでわ

こんにちは。
みなさん元気ですね~。
山ばっかりのハードなトレーニングですね。とても真似出来ませんよ…。
峠は1日2本まで、ビールは1日1本までと決めてます!(後者はなかなか守れませんが…)

おはようございます、ジルさん(^^)

おっさん達は元気でしょw
目標は違えど、この日はトレーニングに邁進しましたよ。
まあ、今後は暫くこんなコースは行かないでしょうけどね。
峠は一日二本は充分ですよ。
でも、私は焼酎二合ぢゃあ足りないな〜

それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 憧れの竹内街道を行く 奈良編 | トップページ | ミッド・ナイト・ラン(BRM519) 往路編 »