« 炎の合同トレーニング!? | トップページ | ミッド・ナイト・ラン(BRM519) 復路編 »

2012年5月29日 (火)

ミッド・ナイト・ラン(BRM519) 往路編

去る5月19日(土)に自身2度目となるブルベに出走してきましたhappy01

 

 

結論から言うと、何とか無事に完走できましたよscissors

 

 

それでは、そのブルベの走行記事を出走前から遡ってみます。

 

 

今回のブルベは走行距離は300kmでした。

 

 

そして、スタートが夜の22:00~というナイト・ブルベでもあったのですnight

 

 

これは私自身に非常に不安要素がある内容でしたよ・・・・

 

 

その不安とは、私の最長到達距離は以前のBRM108京都ブルベで走った200kmなのですthink

 

 

しかも、今回は夜スタートかつ夜通し走るブルベで、夜目が効かない私には条件的には厳しいものがありました。

 

 

その上、前回のブルベではSRの方2名が一緒に走って頂くというアドバンテージがあったのですが、今回は全くのソロ(一人きり)。

 

 

エントリーは早めにしたものの、不安一杯でしたcoldsweats01

 

 

しかし、このブルベに参加を決めたのには訳がありますpaper

 

 

というのも、私は仕事の都合上休みが日曜・祝日なので、土曜日の仕事終わりに参加できるナイト・ブルベは非常に魅力的だったのです。

 

 

なので、不安要素はあったのですが思い切って参加してきましたconfident

 

 

参加する上で出来るだけの準備は必要です。

 

 

前回同様に、コースはコマ図とキューシートを用意して iPhone に表示できるようにしておきましたphoneto

 

 

ナイト・ブルベなので、紙では見にくいので、バックライトのあるスマホに表示させるわけです。

 

 

これは以前にひろさんから教えて頂いた方法ですhappy01

 

 

もちろん、ガーミンEdge800Jにルートラボのインポートも済ませておきます。

 

 

ここまでは昼間のブルベと変わりませんね。

 

 

夜間走行では欠かせないものがライトflair

 

 

取り敢えず、手持ちのものを4燈カルマにセットしました。

 

 

Img_0459_01  

 

 

他の方に「多いよ!重くなるし!」などと指摘されましたが、夜目の効かない私にはこれで好い加減ですよcoldsweats01

 

 

そして、これまたひろさんに教えて頂いたヘッドライトをヘルメットに装着。

 

 

Dsc00719  

 

 

小さなサブライトも横に付けておきましたshine

 

 

ちなみにヘッドライトはゴムバンドだけでは外れるとの事なのでタイラップでヘルメットに締め付けておきましたよ。

 

 

Dsc00723  

 

 

これで外れませんthink

 

 

そして、眠気防止にドリンクも用意しました。

 

 

Img_0460_01  

 

 

夜通し走るには眠気が大敵ですからねwink

 

 

そして、今回は荷物を減らすためにオルトリーブのサドルバッグMに出来るだけ工具やパンク修理用品を詰め込んで出走する事にしましたよ。

 

 

Dsc00722  

 

 

やっぱり、300kmともなると背中にバックパックを背負うのは辛いですからねcoldsweats01

 

 

こんな風に当日までに準備を済ませて、出走日の5月19日(土)を迎えました。

 

 

仕事を定時(午後6時)に終えるとそそくさと家に戻り、食事と風呂を済ませますhouse

 

  

当然集合地点までは車でトランポです。

 

 

そして早めにスタート地点である関西国際空港近くのりんくうタウンへ到着し、無事に車を駐車場にインrvcar

 

 

駐車場では管理人さんから何故か「泉州タマネギ」のお土産を頂きましたcoldsweats01

 

 

Imgp0125_01  

 

 

結構匂いがキツかったですね~・・・

 

 

夕食は食べたのですが、出走を前にちょっと付け足しで補給もします。

 

 

Imgp0126_01  

 

 

ほんの軽くですけどねhappy01

 

 

そんなこんなが終わったらカルマをセットアップして、集合場所のりんくうビーチへと移動しました。

 

 

Imgp0127_01  

 

 

海辺の浜なのですが、この日は沢山の方が夜間バーベキューをされていて、夜とは思えない賑わいでしたよcoldsweats02

 

 

そんな中で出走受付を無事に済ませました。

 

 

Imgp0128_01  

 

 

沢山のブルベ参加者がいらっしゃったのですが、写真がブレブレで済みませんcoldsweats01

 

 

この時点で写真撮影はあまり出来ないな~、と諦めましたよ・・・

 

 

やがて時間になるとスタッフの方々によるブリーフィリングと車検が始まり、それを済ますと順次出走ですdash

 

 

私はグズグズしていたせいで、結構後ろからのスタートになってしまいましたsad

 

 

スタート後は他の方々の迷惑にならないように、集団から外れるように自転車を進めます。

 

 

りんくうタウンから市街地を抜けて第一の関門である雄ノ山峠に差し掛かると、私はちょっと気合を入れて登りだしましたup

 

 

というのも、私は夜間の間に頑張って行けるとこまでペダルを回して、眠くなる夜明け後の後半にユックリ走る算段だったのです。

 

 

なので雄ノ山峠では結構な人数の方をパスさせて頂きましたthink

 

 

まあ、ブルベに慣れた方は坂をユックリ登るというのは事前から知っていたので決して私が早いわけではございませんので誤解のなきようcoldsweats01

 

 

明るいライトとガーミンの安心ガイドのおかげで、ミスコースもトラブルも無く最初の通過チェックのコンビニ(ローソン 和歌山大垣内店)へと到着。

 

 

Imgp0131_01  

 

 

まだお腹は空かないので、取り敢えずいつものトマトジュースを補給しておきました。

 

 

ここを出ると後は紀ノ川沿いをひたすら東へと向かいます。

 

 

川沿いの道は当然真っ暗ですよnight

 

 

ガーミンのガイドに従って、ライトの照らす道をひた走って、途中の九度山でパチリcamera

 

 

Imgp0132_01  

 

 

カメラを出すのも億劫になる様な暗闇でした・・・・・

 

 

また川沿いを快調に走って、PC1の五條のコンビニ(サークルK 五條病院前店)に到着。

 

 

Imgp0134_01  

 

 

ここではちょっとお腹が空いてきたので、おにぎりも食べましたよriceball

 

 

この後も暗闇の中を奈良へと突入してひたすら走って行きます。

 

 

大好きな明日香村も真っ暗でな~んにも見えませんでしたwobbly

 

 

そして第二の関門である、なが~い登りの忍阪を独り言をぶつくさつぶやきながら登って行きました(内容は秘密です)bearing

 

 

忍阪は直線のダラダラと登るヒルクライムなのですが、ここで私はあることに気が付きました。

 

 

「あんまり他のブルベ参加者を見かけないな~」という事ですthink

 

 

「まあ、前の方に沢山いらっしゃるだろう」と思いつつ、忍阪を登り終えてPC2のコンビニ(ローソン 榛原篠楽店)に到着。

 

 

Imgp0135_01  

 

 

ここではちょっと多目に補給をしておきましたrestaurant

 

 

Imgp0136_01  

 

 

これに加えて、エネルギーゼリーもチャージしたものですhappy01

 

 

このPC2はスタッフの方がおられたので、記念に私の姿もパチリcamera

 

 

Imgp0138_01  

 

 

結構田舎で人も少ない所ですが、ここは有人チェックなのでスタッフの方と暫く談笑していると「あなたでここの通過は三人目ですよ~」との事・・・・

 

 

「???え???、さ、三人目ですか!?」と私はちょっとびっくりcoldsweats02

 

 

いくらなんでも、飛ばしすぎたかな~と思いつつ再びスタートしましたよ。

 

 

榛原を通過すると本格的に山間部の道となります。

 

 

辺りは益々真っ暗night

 

 

しかし、道中は国道165号線を真っ直ぐに青山峠へと向かうだけなので、迷う事無く途中の名張市街を通過し、前半最後の難関である青山峠ヒルクライムをこなす事が出来ました。

 

 

青山トンネルを出ると快適なダウンヒルをサ~っと、こなして150km地点折り返しのPC3(兼 往路PC4)のコンビニ(ファミリーマート 白山垣内店)に到着。

 

 

Imgp0141_01  

 

 

ここもスタッフさんがいる有人チェックだったので、写真を撮って頂きましたcamera

 

 

ここでも青山峠の折り返しを控えて、ガッツリ目に補給しましたよrestaurant

 

 

Imgp0142_01  

 

 

これに加えて当然エネルギーゼリーもチャージしておきました。

 

 

「さて、ここから折り返しだな!」と残り150kmへと向かう前にスタッフの方と少々ブルベについて談笑したのですが、その方は最近ツイッターでお世話になっている「アルウィンさん」でしたhappy01

 

 

リアルでお会いするのは初めてでしたので少々緊張してしまいましたが、オフラインでこうしてお会いできると嬉しいものですね。

 

 

ちょっと「アルウィンさん」に元気を頂いて、すっかり夜が明けた折り返しの残り150kmへ出発ですdash

 

 

その模様は復路編へwink

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 炎の合同トレーニング!? | トップページ | ミッド・ナイト・ラン(BRM519) 復路編 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

奇しくも小生もこの日はYRM519に参加しておりましたが、この往路篇の時点では鼻提灯
で御座いました(-_-)zzz

実際コンビニの写真を見ているとわたくしが途中寄ったコンビニと全て合致している所が
驚きました(わたくしはBRMのチェックポイントは調べずに行きましたので)
まぁ、もう2~3店舗寄ってるんですがね・・・

お互い鳥目ですので欲を言ったらもう1つ原付並のライトが欲しい所ですね!夜間は


うーんとね、ライト
強力なのを装備して数を減らすというのも手だと思うよ。

うちの懸架方式は下の写真の通り
https://picasaweb.google.com/lh/photo/XiSybIbg51hnrHKYhPNudNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=directlink

TOPEAKのホルダーを使ってステムの真下に来るようにライトを配置。
使っているライトはIXON IQだす。

DOSUN A3もいいだよ。

こんにちは。
いよいよブルベ300編ですね。
自転車の夜間走行は本当に怖いですよね。
私も目が悪いのでオカメさんの灯り対策は参考になります。
走るコースを考えると少々重くても明るい方がいいですもんね。
昼間走ると良いコースも夜だとまた雰囲気が変わるでしょうね。
特に夜中の峠越えは色んな意味で怖いかも(苦笑)
それにしても往路から剛脚炸裂ですね。
復路編も楽しみにしてます。

独りブルべはいかがでしたか?
独りの方がブルべを感じれるのかな?
本当は日が出ている時に走りたいけど仕事の都合上仕方ないですね。
でもブルべはそういう人達の為に夜スタートがあるのですね。
しかし苦手な夜間走行で三番手で折り返すとは凄いですよ。
私は伊勢ライド300kmは18時間掛かりましたよ。
しかも最後は虫の息でした(>_<)
オカメさんなら400kmも余裕で走りそうですね。

1人ブルベはいかがでしたか?

本来のブルベとは1人かなと思っているのは私だけかな??

暗闇での峠1人はやばいですよね。
ぶつくさいうのもわかりますよ。

おはようございます、イヨッキュさん(^^)

あら、私が走っている時はホテルで鼻提灯でしたか。
羨ましいw
私はこんな非日常が楽しめるのはブルベならではと思って楽しみましたけどね〜
それにしてもコース上に沢山のコンビニがあるのは助かります。
「こんな田舎にも」ってとこにもありますからね。
ありがたい事です。

ライトは重さより明るさですね。
今回改めてそう思いました。

それでわ

おはようございます、ほりかわ(アルウィン)さん(^^)

リンク先のライトの写真を拝見しました。
なんだかロボットの顔みたいですね、凄いです。
あれだけ大口径の物なら2灯で充分なのでしょうね。
私も今後の参考に考えておきます。
ドゥーサンも良いのですけど、値段が・・・・
でも安全には変えられないから悩ましいところではあります。。

それでわ

おはようございます、kimotoshi さん(^^)

はい、夜間走行は怖いです。
でも走りに専念出来るところは良いかもしれないですね。
それならローラーで良いじゃん、ってツッコミは無しで(笑)
本文には書きませんでしたが、峠ではいろんな物音や動物の鳴き声で結構ビクビクしながらのヒルクライムでした。
幸い私は路上で動物には遭遇しませんでしたが、他の方で鹿を見た方もいらっしゃったそうです(驚)
さて次回はキッチリ後半ヘタレた私の模様をお伝えしますね(笑)

それでわ

おはようございます、yasuさん(^^)

一人ブルベで、しかも夜間走行でしたから寂しかったのは確かですよ。
でも非日常を楽しむのはこんな機会が無ければ無理なので行って良かったと思っています。
本来のブルベは一人で完結するこうしたものなのでしょうね。
次回はどうしようかと思案中ではあります。
距離的には300kmまでが楽しめる距離で、それ以上は修行かな、と。
ブルベ、来年は一度yasuさんもどうですか?
日程合えば御一緒しましょう。

それでわ

おはようございます、まっくろくろすけさん(^^)

一人ブルベは寂しかったけど楽しかったですよ。
ナイトブルベは私のフェイバレットになりそうです。
春、秋と年2回くらいでやってくれたらな〜などと思っちゃったりしてます。
夜の峠はアドベンチャーですよね〜
一人だと後ろは振り返れませんよ・・・
今思い出しても怖いですわw

それでわ

私はブルベに参加したことがないので分からないのですが、真夜中の有人チェックってなんかホッとできる瞬間みたいですね。
300kmかぁ・・・距離だけでも凄いのに真夜中に走るなんて、ブルベってホントにスゴイ!
某美少年さんのブログでオカメさんのソックリさんを見かけましたが・・・今回の写真はホンモノですよね(笑)?


こんばんは^^
凄いなぁ… 300キロかぁ…
先日命からがらフラフラになってようやく200キロの私には天上人達の世界ですよ(笑)
もう、皆さんがどんどん手の届かない場所に行ってしまってます><

真夜中の峠もオツなもんですよね^^
数年前、前照灯の故障で紀美峠の下りで怖い目にあいましたけど、
懐かしい思い出です。。
備えあれば、真夜中の峠も怖くないですよね。。
でも、膝を壊して、丑三つ時に青山峠を押して登った時は
震え上がりましたけど。。。
今度は頑張ろう♪

おはようございます、ちゃまリンさん(^^)

昼間はともかく、真夜中の有人PCでのスタッフさんには本当癒されますよ。
ワタクシ基本的に寂しがり屋なので、ホッと一息つくことができます。
そんな事言ってたらなんでブルベに出るの、なんて事になるのですがね(笑)
300kmはちゃま君には十分到達可能だと思います。
でも、個人のツーリングでは計画が難しいかな?

写真の私は本物です(爆)
見りゃ分かるでしょうがね~

それでわ

おはようございます、ramu3003さん(^^)

いえいえ、300kmで長距離って言ってたら、某からあげさんに笑われてしまいますw
ブルベでもなければ一日でこんな距離は走らないでしょうが。。
普段はノンビリと景色とグルメを楽しむツーリングが一番ですよ。
実はこの後暫く、仕事中に眠気が数日間私を襲ったのは内緒です(笑)

それでわ

おはまいど、ユッキンさん(^^)

夜のライトの故障は致命的ですよね。
重くとも複数個用意するのがベターだと思います。
トラブルはやって来るものだと思って備えるのが一番でしょうね。
今年は再び400にチャレンジされるのですよね?
前回の反省を踏まえて、十分にトレーニングを積んで出走してくださいね。
目標は去年の御自身ですよ!

それでわ

夜間スタートってのもあるんですか。
寝ないって結構過酷ではないですか?
30過ぎたら寝ないのが一番体にこたえるようになりましたw

おはようございます、ほり君(^^)

それがあったのですよ、ナイトブルベ。
私もどうなる事かと思いましたが、何とか完走できました。
ただ、その後が仕事中の眠気と戦うのに大変でしたがねw
40も半ばになるといろいろと無理が効きませんわ。。
暫くはノンビリライドを楽しみたいものです。

それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 炎の合同トレーニング!? | トップページ | ミッド・ナイト・ラン(BRM519) 復路編 »