« たまには、ね♪  後編 | トップページ | 赤い実証 往路編 »

2012年4月29日 (日)

赤い検証

ちょっと以前の事ですが、イヨッキュさんのお誘いを受けて和泉地方の名山「牛滝」合同トレーニング(?)へ御一緒させて頂きましたhappy01

 

 

当日のメンバーは「友人K」女史とクロマメ会顧問「つよっさん」であります。

 

 

さて、この時に自転車は何にしようかと思ってチョイスしたのはコレ。

 

 

 

01  

 

 

弐号機IDIOMですbicycle

 

 

と言うのもちょっと小径車で山道を走れるか、自分で検証してみたかったからです。

 

 

今思うと、この頃って全然ロードに乗ってなかったな~coldsweats01

 

 

先に私とイヨッキュさん、K女史の3人で集合して後で顧問と合流することにしていました。

 

 

先に集合した時点でK女史のスーパーライトウェイトの「金満」FELTにも試乗させて頂きましたよ。

 

 

02  

 

 

UCIプロツアーレース重量規定以下の車重との事で、軽い軽い!!

 

 

ちょっと持っただけでも解かるのですが、乗り出しても軽い!

 

 

パーツ構成等詳しくは言えませんが、家庭持ちの普通のサイクリストには手が出ないほどのお金が掛かっているそうな・・・・・・

 

 

うらやましいbearing

 

 

そして顧問との集合地点はいつものここ。

 

 

03  

 

 

程なく顧問とも合流したのですが、顧問のGIOSはポジションをスペシャル仕様にされているとの噂でした。

 

 

その正体がコレ。。。

 

 

04  

 

 

一般ローディーではありえないブラケットポジションにチューニングされていましたよcoldsweats01

 

 

これが顧問の噂の「鬼ハン」でありますthink

 

 

下ハン握ったらスッポ抜けそうで怖いですけどねcoldsweats01

 

 

全員集合した後は地元ガイドのイヨッキュさん先導で、まずは腹ごしらえに向かいます。

 

 

06  

 

 

ここで噂のトンカツを食べたかったのですが、諸般の理由でこの日は飛び込みの一般客は受け入れられないとの事gawk

 

 

写真を見ると暖簾が出てるのですがねえぇangry

  

 

しかし、そのお隣のお好み焼き屋さんは快く受け入れてくれましたので目標変更。

 

 

07  

 

 

店主お勧めの広島焼きを頂きましたrestaurant

 

 

08  

 

 

お値段もそこそこで非常にウマーでしたよgood

 

 

不幸中の幸いですねscissors

 

 

ここでは偶然(?)に「ビアンキのり」さんとも合流して5人でワイワイ歓談となり、その後再びイヨッキュさんの先導でライド開始。

 

 

09  

 

 

気持ちの良い農道を走りいつもの「牛滝TT」スタート地点へ到着。

 

 

10  

 

 

ここで顧問のヒルクライムとは何たるかを皆で座して拝聴させていただき、思い思いのペースで登頂開始。

 

 

成り行きで私が先着させていただきました。

 

 

11  

 

 

弐号機はフロントシングルなので少々ギアが重たかったのですが、まあ登れるもんですよwink

 

 

続いてビアンキのりさんの到着。

 

 

12  

 

 

この後に顧問とK女史も。

 

 

13  

 

 

14  

 

 

牛滝はのんびり登るのが正しい、と最後にイヨッキュさん。

 

 

15  

 

 

同じ小径車でもBSモールトンでヒルクライムされるのはこの方くらいでしょうねcoldsweats01

 

 

この後はそぶら高原を抜けて水間寺まで山間部を、みなでおしゃべりしながらポタリングとなりました。

 

 

16  

 

 

あまりキツイところもないので楽しくポタポタと行くのですが、私はちょっと修行させてもらいました。

 

 

その内容は牛滝を出てからはIDIOMを全行程リアギア・トップオンリーで走りきることbearing

 

 

小径車とは言えどもキツイものはキツイwobbly

 

 

でも何とか皆さんをお待たせしない程度に走破できましたよscissors

 

 

この時期には廻りでは菜の花も咲いておりました。

 

 

17  

 

 

絶好のポタ日和でしたね~~。。

 

 

そして水間寺に到着。

 

 

18  

 

 

ここでも皆で楽しく談笑して、本日のヒルクライム内容を顧問の講義で伺うことになりました。

 

 

さすが「泉州の青い稲妻」の異名をとる「つよっさん」顧問の訓示は、皆でありがたく拝聴させて頂きましたよear

 

 

ひとしきり談義した後はここで反省会。

 

 

21  

 

 

おっと、お酒を飲むわけではなくて、この近くの公園で最後のティータイムを楽しんだのでしたjapanesetea

 

 

後は顧問の「解散!」の号令で思い思い帰途につく事になり、私とイヨッキュさんとK女史は堺まで御一緒することに。

 

 

道中イヨッキュさんが「オカメさん、ちょっとお土産を奥さんに。」と言うことで、岸和田のクルミ餅を私の妻の為にここで購入していただきました。

 

 

23  

 

 

私が自転車のことで妻に叱られた事を知ってらして、細かな心遣いを頂いて感謝、感謝でしたよhappy01

 

 

妻も帰宅後「これ美味しいね~」と喜んでくれまして、ありがとうございましたイヨッキュさんwink

 

 

今回は検証と言いつつ楽しくポタリング出来たのですが、私的に小径車でもそこそこ距離をこなさせそうだと自信を持つ事の出来る一日でした。

 

 

この自信を胸に次のライドに臨むのですが・・・・・・・

 

 

その事は次回にw

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« たまには、ね♪  後編 | トップページ | 赤い実証 往路編 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

この日は朝から所用があったため、最初から参加できるかわからなかったため、
突然の参加をさせていただきました。すみません。
岸和田のとんかつ、この日はカツカレーを食べたかったのに、残念でした。
でも、広島焼きおいしかったですよね。

牛滝で、IDIOMの速さに目からウロコでした。
120%の力で頑張りましたが、千切られたのは内緒です(^^)

お土産持って帰って嫁が喜んでくれるのはとても良いことですね。

私はもって帰ってもなんだかんだ言われて感謝されません・・・
悲しい

鬼角度はメバルの学校でもそんな風にして乗っていたよ。
だからありなのでしょうね。

K子さんしまなみサミットの時に私の太もも等触ってもみもみされました。
多分あの方でしょうね。仕事がら金満w

顧問の訓示は結論として競輪足?w

こんにちは
ヒルクライムの早さは
小径でも変わらないとは!!
さすがです。
いつかは、オカメさんの背中を見ながら
ヒルクライムのゴール地点に到着するのが
私の目標です

こんばんは、(ビアンキ)のりさん(^^)

この日は天候も良くて楽しかったですね。
何気にビアンキを見てると「やっぱロードで来れば良かったかな~」って思うくらいロードはスイスイ走れる自転車ですわ。
でも、たまには修行もしておかないとね!
アワイチも残念でしたので機会があればリベンジしましょう。

それでわ

こんばんは、クロスケさん(^^)

最近困った事にお土産の霊験があらたかでは無くなってきましたよ・・・
永遠に効果が持続するものって何なんでしょうね・・・
次の手段を考え中ですわw

それとメバルの学校って良く知らないのですが、噂には少し聞いています。
ポジションの修行になるようですね。
ん~近くならクロスケさんに直接聞きに行くんだけどな~
ただし、鬼ハンでは行きませんがw

K女史は最近メキメキと力をつけているようですよ。
そのうちしまなみで再会されるでしょうから楽しみにしておいてください。
ちなみに顧問には競輪足については何も聞いていません(笑)

それでわ

こんばんは、hide@さん(^^)

私の背中なんてすぐに抜けるクセに、何をおっしゃるウサギさんw
日々のローラーを頑張っておられるのを風の噂に聞いております。
気候も良くなって来ましたのでコレからドンドン山に行きましょう。
御一緒するときは私は当然ロードです(キッパリ
だって置いていかれるの嫌ですから(負けず嫌いww
とりあえず何処に行くかまたツイッターで相談しましょうね~

それでわ

青い稲妻 鬼ハン こっこれはまさしく モーレツしごき教室ですなw
いっぱい自転車を所有すると使う用途で使い分けが出来るのがいいですよね。
でも、かぶると出番が減りますよね。
IDIOMは折りたためたら完璧ですよね。

最近シラスの出番が無くなって来てるような…(汗)
小径車でヒルクライムかぁ
小径車ではやはりしんどいのかな?
IDIOMやポケロケだと見た目から上れそうな気もしますw


こんばんは、yasuさん(^^)
 
そうです・・・これが「モーレツしごき教室!」ですよ。
辛さが伝わるでしょうか(ううっぅ)?
容赦無いイヨッキュさんと顧問のゲキで強烈にしごかれましたよ(涙)
yasuさんもショップの練習で鍛えてらっしゃるのでその辛さは共有できますよね。
また共に語り合いましょうぞ!

小径車は色々個性があって面白いですよ~
IDIOMもブロも両極端な小径車ですから。
自転車ってホント楽しいです。
でもね・・・・本音はロードが一番楽に早く走れて登れるって思っているのは内緒ですw

それでわ

これがウワサの鬼ハンですね^^ 確かにアワイチの時より鬼ってますね(笑)
それとココがあのとんかつ店ですか・・・ww
そんなにもったいぶるほど美味いのですかね~。。
わたしは絶対行きませんわ。

遠い昔の事でくるみ餅を買った事すら忘れてました(゜レ゜)

やはり顧問の105改⇒108のしぶさが際立っております!!
わたくしも真似しようっと(嘘)

ポケロケスーパープロかあ~(ブツブツ)

ん?牛?


食べると美味しいよねー


昨日また味楽行ってきたった。ぶひぶひ。

この日はお疲れ様でした。
何と!後半はリアトップだったんですか???
結構な坂ありましたよ。
この日は帰り道、私がはぐれて寒い中随分お待たせし、申し訳ありませんでした。
あと下りが極端に苦手で、下りでも皆さん随分お待たせしました。
牛滝の下でのりさんが、あまりに遅い私を心配してまた登って探しに来てくれたのには恐縮しました。
でも折角下った坂をまた上がってきてくれるとは、有難かったです。

おはようございます。
Kさんの金満ロードと顧問の鬼ハンロードの詳細をアップして頂きありがとうございます(笑)
どちらも一度この目で拝見したいと思ってます。
それにしても顧問のシフトレバーの角度は強烈ですね(汗)
小径車でもオカメさんの剛脚なら楽勝で上がれたことでしょう。
車輪径が小さいので案外重いギアーでも上がれますよね。
私も軽いと進まないのでついつい重いギアーを選択し脚を疲れさせてます(苦笑)
私もポケロケを手に入れましたしまた小径車ポタでもご一緒しましょう。
そうそう、このくるみ餅は確かイヨッキュさん曰くかん袋より美味しいと言ってはったやつですよね。
今度買いに行かねば。

おはまいどっす、ユッキンさん(^^)

顧問の鬼ハンは見た瞬間に目が点になりました(^^)
でも、あれでダンシングして坂を登るのだから顧問には正解のポジションなのでしょう!
我々も見習わねば(ウソ)。
それと「とんかつのお店」ですが、私ももう行かないと思います。
カウンター越しの店主の迷惑そうな顔を思い出すとね・・・
常連と予約客だけを相手にするなら暖簾を出すなよっちゅーねん・・・
また良いお店の情報があれば教えてくらはい。。

それでわ

おはようございます、イヨッキュさん(^^)

ん?今回の記事は私にはほんのちょっと前の出来事の様ですよ。
まあ、生暖かい目で見てやってくださいな(笑)
それにしても顧問の生「鬼ハン」は迫力ありましたね〜
シマノの開発者が見たら何て言うんだろ?
いろんな方のご意見を聞いてみたいですわw

それでわ

おはようございます、名無しのエースさん(^^)

牛鍋と言えば最近鍋の方がご無沙汰だな〜
あなたもブヒブヒ言うてないで、たまには自転車乗りなさい。

それでわ

おはようございます、友人Kさん(^^)

あの日は良い休日となりました。
たまには地元でのんびりポタも良いもんです。
それにしてもFELTは凄かったな〜
フラペというのにも驚きましたが(笑)
まだまだ修行が足りませんので、今後も一緒に顧問にしごいてもらいましょう!

それでわ

おはようございます、kimotoshiさん(^^)

顧問の鬼ハンは是非その目でお確かめを(笑)
それだけで記事を一本書けますよ(爆)
KさんのFELTはシャレにならないです。
値段を聞いたら触るのが怖くなるくらいですからね(ガクブル)
テルミニで組んでいるのでパーツチョイスのセンスも抜群です。
鬼ハンと併せて現物を拝んでみて下さいね。
小径は色々と可能性がありますね。
IDIOMについては流石GIANTという処です。
あの価格で全くヨレないフレームを作るのですから。
増々ポケロケに興味が出てきました。
でもその前に色々誘惑が多くて困ります。
あ〜恨めしやクロマメ会w

それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たまには、ね♪  後編 | トップページ | 赤い実証 往路編 »