« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

赤い実証 往路編

今回は先週に行ってきた淡路島を自転車で一周する「アワイチ」のお話ですhappy01

 

 

最初に言いますが「アワイチは絶対に楽しい!」と断言しますconfident

 

 

私自身はまだ数回しか行っていないにも関わらず、こう言えるのは毎回新たな発見がありメンバーにも毎回恵まれているからかもしれません。

 

 

でも「楽しいものは楽しい!」ということで記事に入りますscissors

 

 

今回はいつもお世話になっている(?)ユッキンさんのお誘いでトランポを使って、堺から5人で行くことになっていました。

 

 

他のメンバーは「アンカーのり」さん、「つよっさん」顧問、そしてはじめましての「ヤッス~」さんの3人ですhappy01

 

 

当日はこれまた普段お世話になっている「ふーじぃ」さんも現地で合流の予定で、結構にぎやかなライドになる予感。。 

 

 

おまけに前日入りしている「イヨッキュ」さんと「K女史」も折り返し地点の福良漁港で合流すると云う、楽しくないはずは無いというアワイチになりましたhappy01

 

 

当日の早朝は、この堺の某所で5人がまず集合。

 

 

01_2  

 

 

何処が「某所」やねん!って云うくらい有名ですがねcoldsweats01

 

 

そして前回の牛滝ライドで検証を済ませた私は今回も相棒をコイツに決定good

 

 

02_3  

 

 

弐号機「IDIOM」です。

 

 

アワイチは純粋に一周150kmあります。

 

 

さて、私は無事に完走できるのか非常に不安でしたが「まあ何とかなる」と出かけたものですthink

 

 

やがて集合時間になり皆さん揃って出発!

 

 

因みにヤッス~さんとは初対面で、はじめは緊張されていたようでしたがユッキンさんのハイエースの中で色々お話しているうちに打ち解けてきましたよscissors

 

 

これも自転車のおかげってもんですwink

 

 

ハイエースの中でワイワイ、ガヤガヤ、やがてギャーギャーと言ってる間にあっという間の音二郎。

 

 

03_2  

 

 

明石海峡大橋をさ~っと渡って淡路のドライブインへ到着。

 

 

04_2  

 

 

名物の大観覧車はまだ営業時間前でした。

 

 

ところで私は高所恐怖症で高い所が大嫌いです(キッパリ

 

 

私にお会いする人は絶対に私を観覧車に誘わないで下さい。

 

 

妻や娘とも乗らないからですよ!って本編の内容と関係ない話ですみませんでしたcoldsweats01

 

 

ここで休憩しているとふーじぃさんも合流して程なく6人で淡路島の地を踏みます。

 

 

岩屋漁港の一日¥500-の駐車場にハイエースを駐車して準備に取り掛かります。

 

 

ハイエースには自転車がこの状態。

 

 

05  

 

 

ユッキンさんがいつもの器用さで「秘儀5台積み」を駆使して下さり、バッチリ積めるように工夫してくれましたよscissors

 

 

運転といい、準備といい、ホントありがとうございますユッキンさん!(たまに褒めて、いい気にさせておく作戦w)。

 

 

車から各自の自転車を降ろして、さ~準備、準備!

 

 

06_2  

 

 

こういう光景はなんだかワクワクしますね~

 

 

そして単独で来られたふーじぃさんは車の天井にデダチャイを車載されてました。

 

 

07_2 

 

 

写真のバイクのホイールを見てください・・・・・・・・・「ディープリム」ですよ!!!coldsweats02

 

 

なんでも車に積んでいてもエアロ効果で燃費がアップするとか、車の加速が良くなるとか(ウソ)。

 

 

なんて話をしながら準備完了!

 

 

08_2  

 

 

バリバリのロードの中に私の弐号機がcoldsweats01

 

 

大丈夫かいな、と思いつつもユッキン雑用長が「オイ! 雑用見習い!先頭行かんかい!」と厳命されますので、立場(背もw)の低い私は「ヒ~~~!」と必死のパッチでペダルを回して皆さんのエスコートをすることになりましたcoldsweats01

 

 

あっという間に巨大観音に到着。

 

 

09_2  

 

 

結構頑張って走りましたよ。

 

 

ちなみに顧問とヤッス~さん、ふーじぃさんの3人はアワイチ初体験との事。

 

 

無理の無いペースで小まめに休憩を挟んでいきます。

 

 

まずは通称「大谷のファミマ」で軽く補給。

 

 

10_2  

 

 

以前にイヨッキュさんに教えていただいたポイントで休憩を挟んでいきます。

 

 

快調に「アワイチ最高!」とか言いながらライドを進めて、やがて通称「由良のライフ」で休憩。

 

 

11_2  

 

 

この後に待ち構える水仙郷ヒルクライム備えてこれを投入します。

 

 

12_2  

 

 

これでエネルギー補給はバッチリ!(ホントか!?)

 

 

おかげさまでロードに乗られる方に迷惑をかけないペースで、「なぞのパラダイス」のピークに到着できました。

 

 

13_2  

 

 

小径車でヒイコラ登る私に「コラ!雑用見習い!ワシのダンシングでも見てヒルクライムの勉強せいよ!!!」と顧問が暖かく付き添ってくれたので、何とか第一の峠をクリアー出来ましたよscissors

 

 

ありがとうございました!顧問!

 

 

峠をクリアーすると気分の良いフラットな海岸線をスイスイ進みます。

 

 

そしてここで休憩。

 

 

14_2  

 

 

まあ・・・・ここは多くは語らなくても良いでしょう。。

 

 

ここを出るとまたもや海岸線を気分良くサイクリング~note

 

 

15_2  

 

 

素晴らしい景色と気候が続きます。

 

 

アワイチはホント最高ですよ(くどい?)scissors

 

 

この先に福良漁港で昼食を摂る事になっていたので、ガッツリ補給は控えめに最後の「ニューアワジ・プラザホテル」前のヒルクライムを、これまた顧問のゲキを受けつつ登頂完了。

 

 

16_2

 

 

かすんでいますが、眼前には鳴門海峡大橋が見えますよ。

 

 

ここで、どなたかが「あら?もう明石大橋?なんやコレで一周かいな。」と言ってましたねぇcoldsweats01

 

 

そんなはずは無く、我々はアワイチ折り返し地点の福良漁港に向かいます。

 

 

道中、携帯電話でやり取りしつつ無事にイヨッキュさん、K女史と合流。

 

 

イヨッキュさんはおニューの「ネオプリマート」で参上。

 

 

詳しくはイヨッキュさんのブログをご覧下さいねhappy01

 

 

福良漁港でK女史も含めて総勢8名全員が揃いました。

 

 

さてここから食事編ですよ~

 

 

でも長くなったので続きは「復路編」でw

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年4月29日 (日)

赤い検証

ちょっと以前の事ですが、イヨッキュさんのお誘いを受けて和泉地方の名山「牛滝」合同トレーニング(?)へ御一緒させて頂きましたhappy01

 

 

当日のメンバーは「友人K」女史とクロマメ会顧問「つよっさん」であります。

 

 

さて、この時に自転車は何にしようかと思ってチョイスしたのはコレ。

 

 

 

01  

 

 

弐号機IDIOMですbicycle

 

 

と言うのもちょっと小径車で山道を走れるか、自分で検証してみたかったからです。

 

 

今思うと、この頃って全然ロードに乗ってなかったな~coldsweats01

 

 

先に私とイヨッキュさん、K女史の3人で集合して後で顧問と合流することにしていました。

 

 

先に集合した時点でK女史のスーパーライトウェイトの「金満」FELTにも試乗させて頂きましたよ。

 

 

02  

 

 

UCIプロツアーレース重量規定以下の車重との事で、軽い軽い!!

 

 

ちょっと持っただけでも解かるのですが、乗り出しても軽い!

 

 

パーツ構成等詳しくは言えませんが、家庭持ちの普通のサイクリストには手が出ないほどのお金が掛かっているそうな・・・・・・

 

 

うらやましいbearing

 

 

そして顧問との集合地点はいつものここ。

 

 

03  

 

 

程なく顧問とも合流したのですが、顧問のGIOSはポジションをスペシャル仕様にされているとの噂でした。

 

 

その正体がコレ。。。

 

 

04  

 

 

一般ローディーではありえないブラケットポジションにチューニングされていましたよcoldsweats01

 

 

これが顧問の噂の「鬼ハン」でありますthink

 

 

下ハン握ったらスッポ抜けそうで怖いですけどねcoldsweats01

 

 

全員集合した後は地元ガイドのイヨッキュさん先導で、まずは腹ごしらえに向かいます。

 

 

06  

 

 

ここで噂のトンカツを食べたかったのですが、諸般の理由でこの日は飛び込みの一般客は受け入れられないとの事gawk

 

 

写真を見ると暖簾が出てるのですがねえぇangry

  

 

しかし、そのお隣のお好み焼き屋さんは快く受け入れてくれましたので目標変更。

 

 

07  

 

 

店主お勧めの広島焼きを頂きましたrestaurant

 

 

08  

 

 

お値段もそこそこで非常にウマーでしたよgood

 

 

不幸中の幸いですねscissors

 

 

ここでは偶然(?)に「ビアンキのり」さんとも合流して5人でワイワイ歓談となり、その後再びイヨッキュさんの先導でライド開始。

 

 

09  

 

 

気持ちの良い農道を走りいつもの「牛滝TT」スタート地点へ到着。

 

 

10  

 

 

ここで顧問のヒルクライムとは何たるかを皆で座して拝聴させていただき、思い思いのペースで登頂開始。

 

 

成り行きで私が先着させていただきました。

 

 

11  

 

 

弐号機はフロントシングルなので少々ギアが重たかったのですが、まあ登れるもんですよwink

 

 

続いてビアンキのりさんの到着。

 

 

12  

 

 

この後に顧問とK女史も。

 

 

13  

 

 

14  

 

 

牛滝はのんびり登るのが正しい、と最後にイヨッキュさん。

 

 

15  

 

 

同じ小径車でもBSモールトンでヒルクライムされるのはこの方くらいでしょうねcoldsweats01

 

 

この後はそぶら高原を抜けて水間寺まで山間部を、みなでおしゃべりしながらポタリングとなりました。

 

 

16  

 

 

あまりキツイところもないので楽しくポタポタと行くのですが、私はちょっと修行させてもらいました。

 

 

その内容は牛滝を出てからはIDIOMを全行程リアギア・トップオンリーで走りきることbearing

 

 

小径車とは言えどもキツイものはキツイwobbly

 

 

でも何とか皆さんをお待たせしない程度に走破できましたよscissors

 

 

この時期には廻りでは菜の花も咲いておりました。

 

 

17  

 

 

絶好のポタ日和でしたね~~。。

 

 

そして水間寺に到着。

 

 

18  

 

 

ここでも皆で楽しく談笑して、本日のヒルクライム内容を顧問の講義で伺うことになりました。

 

 

さすが「泉州の青い稲妻」の異名をとる「つよっさん」顧問の訓示は、皆でありがたく拝聴させて頂きましたよear

 

 

ひとしきり談義した後はここで反省会。

 

 

21  

 

 

おっと、お酒を飲むわけではなくて、この近くの公園で最後のティータイムを楽しんだのでしたjapanesetea

 

 

後は顧問の「解散!」の号令で思い思い帰途につく事になり、私とイヨッキュさんとK女史は堺まで御一緒することに。

 

 

道中イヨッキュさんが「オカメさん、ちょっとお土産を奥さんに。」と言うことで、岸和田のクルミ餅を私の妻の為にここで購入していただきました。

 

 

23  

 

 

私が自転車のことで妻に叱られた事を知ってらして、細かな心遣いを頂いて感謝、感謝でしたよhappy01

 

 

妻も帰宅後「これ美味しいね~」と喜んでくれまして、ありがとうございましたイヨッキュさんwink

 

 

今回は検証と言いつつ楽しくポタリング出来たのですが、私的に小径車でもそこそこ距離をこなさせそうだと自信を持つ事の出来る一日でした。

 

 

この自信を胸に次のライドに臨むのですが・・・・・・・

 

 

その事は次回にw

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年4月20日 (金)

たまには、ね♪  後編

え~、ちょっと更新の間隔が開きましたねcoldsweats01

 

 

まあ、そんな事は気にせずにしれっと記事を続けましょう(ダメですか?)

 

 

さてお昼のランチを済ませた後は、私の大好きな神社仏閣巡りの後編へと妻を誘いましたhappy01

 

 

その目的地は聖徳太子の菩提寺である「叡福寺」です。

 

 

25  

 

 

以前から訪れてみたかったのですが、妻も神社仏閣はそんなに嫌いではない方なので、喜んでついてきてくれましたよscissors

 

 

さて、この叡福寺は聖徳太子とその母「穴穂部間人(あなほべのはしひと)」と妻の「膳部大郎女(かしわべのおおいらつめ)」の3人が一つの御廟に眠られています。

 

 

太子の父である用明天皇の古墳も近くにあるので、この辺りで聖徳太子が大切にお奉りされているのが良く解かります。

 

 

というのも、聖徳太子と力を併せて日本に仏教を広めた蘇我氏一族がこの辺りで勢力を誇っていた事とも関係があるようです。

 

 

そしてこの辺りには孝徳天皇陵や敏達天皇陵、推古天皇陵や小野妹子の墓もあり通称ではこの一帯を「王陵の谷」と呼んでいるようです。

 

 

古代のスーパースター達がこの地で静かに眠られているのですよthink

 

 

もっとこの話を深めて行きたいのですが、これは自転車ブログなのでこの辺にしておきましょうcoldsweats01

 

 

ここで思いついたのですが、いずれ機会をみて私の案内でこの辺りをポタリングする「オカメーズと行く古代史跡巡りポタリングツアー」でも企画しましょうかね?

 

 

え?誰も参加しないって?

 

 

わかってますよcrying

 

 

また妻を道連れに行くことにしましょう・・・・・・

 

 

それでは立派な叡福寺の駐車場に自転車を留めて散策してみましょう。

 

 

駐車場の向かい側には「西方院」へ向かう雰囲気の良い階段もあります。

 

 

26  

 

 

元気のある人は登ってみましょうcoldsweats01

 

 

足を向けなおして叡福寺に入るとまず立派な多宝塔がお出迎え。

 

 

27  

 

 

個人的に立派な作りのお寺には必ずこの多宝塔や三重、五重塔があると思います。

 

 

もちろん私は周りをぐるりと周って目の保養をさせてもらいました。

 

 

そのすぐ近くにはこれまた立派な金堂があります。

 

 

28  

 

 

かなりの迫力でここでは妻とお賽銭を入れて拝殿させて頂きました。

 

 

この右手には手水場があり、わたしの好きなこのお方もいらっしゃいました。

 

 

29  

 

 

立派な造作です。

 

 

私も職人の端くれですので、こうしたものをみると思わず見入ってしまいますね。

 

 

更にこの近くには道明寺と同じく無料休憩所があり、中にはこんなレトロな電話機が。

 

 

30  

 

 

ここの無料休憩所はそんなに広くは無いのですが、非常に清潔で綺麗な作りでしたよ。

 

 

次回はお弁当をここで食べようかな?restaurant

 

 

散策は続きまして、少し上手にある二天門の回廊を少し散歩。

 

 

31  

 

 

春日大社や二月堂の様に長いものではありませんが、立派な作りで堂々としたものですthink

 

 

すぐ近くには見真大師堂があってそこにはこのような窓があります。

 

 

32  

 

 

これは花頭窓と言われる作りの窓で、日本の禅宗寺独特のデザインになっています。

 

 

日本の古き良きデザインですよねconfident

 

 

そしていよいよ太子の御廟です。

 

 

33  

 

 

このすぐ後ろが方墳になっていて、石室につながるようです。

 

 

そこで三人分の石棺が見つかったと言うことですが、当然非公開ですね。

 

 

ちなみにここの管轄は宮内庁になっているようです。

 

 

34  

 

 

お寺の中に宮内庁の管理区域があるのも珍しい事ですね。

 

 

ここは少し高台になっているのでその風景をパチリcamera

 

 

35  

 

 

こうして俯瞰で見ると結構広々とした綺麗なお寺であることが分かりますねhappy01

 

 

いつも近くをサイクリングしているのに、今まで足を向けなかったのが残念。

 

 

なのでこれからは気が向いたときに自転車で訪問しようと思いました。

 

 

ここでたっぷりとお寺成分を吸収させてもらって、後は帰路につきます。

 

 

帰り道はちょっとしたヒルクライムがあるのですが、何とか妻にはフロントインナーを駆使して私についてきてもらいましたbicycle

 

 

堺に入って平坦区間になったときにちょっとしたお土産を買いに向かいます。

 

 

そこは和菓子の「一心堂」さんです。

 

 

36  

 

 

季節の風味であるいちご大福を私たち家族のお土産に購入しましたhappy01

 

 

この後は更にパン屋さんへ向かいます。

 

 

37  

 

 

「イシノウエ」という小さな小洒落たお店で私のお気に入りです。

 

 

ここで翌日の朝食用のパンを仕入れて帰宅。

 

 

楽しかった妻とのライドも終わりを告げました。

 

 

今回は私も妻も終始にこやかにライドを進めることが出来て本当に良かったですよ。

 

 

それに「また連れて行ってね~」という嬉しい一言もありましたしcoldsweats01

 

 

せっかく二人とも自転車があるのに一緒にライドしなかった事を少々悔やみましたね。

 

 

これからは妻の機嫌を見計らって機会があれば連れ出そうと思います。

 

 

今回のコースにオプションを加えたものを模索中ですのでいずれまた・ねscissors

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2012年4月 1日 (日)

たまには、ね♪  前編

先週までの3月期末は私達の業界の年度末であり、小さな町工場でもバタバタと顧客対応に追われていましたwobbly

 

 

帰宅時間も遅かったので、ブログもローラーも完全お休み状態でしたねぇthink

 

 

今日からは4月の新年度開始と言うことで、通常生活に戻れそうです。

 

 

さて先週の日曜日、忙しくはしていても家族への対応はしておくべきと妻を連れ出してショートライドに出かけてきましたbicycle

 

 

娘は相変わらずクラブで忙しいので久しぶりに妻と二人でお出かけです。

 

 

目的地は「道明寺天満宮」と少々のパンハントと少々のグルメですrestaurant

 

 

この日は朝から天気は良かったのですが、風がキツかった一日でしたtyphoon

 

 

それでは順を追ってライドの内容です。

 

 

スタートは家の近くのこんなところで。

 

 

02  

 

 

大浜の水門です。

 

 

近くでは現在「POPサーカス」という本格的なサーカスが催されていますよ。

 

 

01  

 

 

結構なお客の入りで連日賑わっているようなので、KS活動をされている方には良いのではないでしょうかねhappy01

 

 

ここを出て暫く街中を縫って走ると第一目的地のパン屋さん「パリーネ」に到着。

 

 

03  

 

 

手前のピンクの人が私の妻ですcoldsweats01

 

 

ここのパン屋さんは小さなお店なのですが、手作りでいろんなパンを作っていて地元では美味しいと評判のお店ですbread

 

 

私と妻は道中のおやつに少しだけパンを買って行きました。

 

 

ここから暫く走ると大和川の河川敷道路に出ます。

 

 

05  

 

 

最近出来た新しい橋の麓で記念撮影を・・・・・・・

 

 

04  

 

 

していたら、この直後強風に煽られてオカメプトンがコケてしまいましたweep

 

 

初めての立ちゴケ(?)でしたので少々ショックをうけつつも、河川敷道路を東へと向かって行きます。 

 

 

私がブロンプトンで妻がクロスバイクでしたので巡航速度も程ほどにポタポタと自転車を進めていきます。

 

 

信号も無く快適に走行できて、この日が河川敷デビューだった妻も「良い道路だね~」と喜んでついて来てくれましたよhappy01

 

 

やがて石川の方へと分岐すると第二目的地の道明寺天満宮へ到着。

 

 

ここでも駅で記念撮影してると・・・・・・・

 

 

06_2  

 

 

またまた強風でオカメプトンが転んでしまいましたcrying

 

 

一日で二回ですよ、トホホ。。

 

 

まあ、誰かさんのようにグリップが割れたり、リアフェンダーが割れたりしなかっただけマシですがthink

 

 

気を取り直して、ここから暫く自転車を押して歩くと道明寺の入り口門に到着。

 

 

07  

 

 

暫く前には梅祭りが行われていましたが、この日は終了していました。

 

 

だけど、梅は結構咲き残っていましたよ。

 

 

08  

 

 

自転車を専用駐輪場に止めて、暫く妻と中を散策。

 

 

私の好きな手水場の龍もパチリcamera

 

 

09  

 

 

ん?角が折れているようですね??

 

 

早く修理してやって欲しいものです。

 

 

中には有名な「さざれ石」もありますよ。

 

 

10  

 

 

ここで境内にある無料休憩所でおやつを頂く事に。

 

 

パリーネで仕入れたカレーパン。

 

 

12  

 

 

そしてチーズクリームパン。

 

 

13  

 

 

久しぶりのパリーネのパンはどちらも美味しかったですhappy01

 

 

隣で妻も「おいしいねぇ」とニコニコ食べていましたよ。

 

 

小腹を満たしたら再び境内を散策。

 

 

本殿でお賽銭を入れて参詣。

 

 

14

  

 

近くには立派な能舞台もあります。

 

 

15  

 

 

この日は「菜種祭り」の日だった様で、巫女さんが舞台で菜種のお守り(?)を売っていました。

 

 

ここは菅原様が氏神なので受験生に人気のある神社でもあります。

 

 

なので妻が今年受験生になる娘に一つ買っていました。

 

 

近くには立派な狛犬がデーンと鎮座。

 

 

16  

 

 

なかなか立派な青銅製のものですね。

 

 

奥に行くと道明寺建立の際に使用された、ここまで大きな石を運ぶための「古代のトラック」棕櫚が展示されていました。

 

 

17  

 

 

こんな物を昔は人が引っ張って巨大な石を運んでいたんですね。

 

 

更に奥に行くと道明寺梅園がありますので覗いていきます。

 

 

18  

 

 

梅祭りは終わっていましたが、まだ沢山の梅が咲き残っていました。

 

 

妻も「きれいだねぇ」と盛んに写真を撮っていましたねcamera

 

 

19  

 

 

暫し目の保養をした後は再び境内に戻って俗世の骨董市を覗いて散策終了です。

 

 

20  

 

 

境内では毎月5の付く日が骨董市の開催日となっているようです。

 

 

ここを出てからは再び石川のサイクルラインを進みます。

 

 

21  

 

 

この日は風が強いせいか人も少なくて走り易かったですね~、強風を除いてはwobbly

 

 

お昼は石川近くにある「サントル・ドゥ・ヴィラージュ」で頂く事に。

 

 

22  

 

 

ちょっと洒落たランチを二人で頂きましたrestaurant

 

 

23  

 

 

妻はパスタ、私はドリアをオーダーしました。

 

 

美味かった~happy01

 

 

 

24  

 

 

少々コストは掛かりますが、妻の喜ぶ姿を見れて良かったですよscissors

 

 

 

さて、お腹を満たした私たちは往路に向かうのですが、ちょっと長くなりましたので続きは次回に。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »