« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

ボトルケージ×ボトルケージ

本日は雨なので家でおとなしくしております。
 
 
最近すっかり更新が滞っておりましたが、ライド無しのため今回は小ネタの更新ですhappy01
 
 
 
 
 
表題の通りボトルケージの事なのですが、一つ目は小径車のIDIOM号の物。
 
 
私のIDIOMの使用用途は、工場に置いておいてちょっと近所に出掛ける際に使用しています。
 
 
なので自転車用のボトルを使用せずに、コンビニのペットボトル等を使用する事が多いのですね。
 
 
最近まで ELITE チウッシ ボトルゲージ を使用していました。
 
 
 
 
 
 
23
 
 
 
 
 
 
これだと500mlのペットボトルがガサガサで安定しないのですcatface
 
 
そこで細身のボトルでも固定出来る様にいつもの「サイクルショップ金太郎」さんでコイツを購入。
 
 
 
 
 
 
11
 
 
 
 
 
 
TOPEAK モジュラーケージ II でございます。
 
 
このタイプはボトルの直径に合わせてケージの広さが調整出来ます。
 
 
調整に使用する為、底にボタンがあります。
 
 
 
 
 
 
12
 
 
 
 
 
 
これを押しながらケージをこんな風にスライド。
 
 
 
 
 
 
13
 
 
 
 
 
 
これでコンビニでペットボトルを購入してサッと差し込む事ができます。happy01
 
 
特に取り付けは問題なくサクっと。
 
 
 
 
 
 
14
 
 
 
 
 
 
ん!なかなか宜しいですなhappy01
 
 
 
 
次は妻のピンクのアンカーに取りかかります。
 
 
現在までは一つだけボトルケージを取り付けていました。
 
 
 
 
 
 
15
 
 
 
 
 
 
これから涼しくなってワンボトルで十分なのですが、もう一つ取り付けるのは理由があります。
 
 
その訳は後程coldsweats01
 
 
ところで、アンカーのシートチューブにはディレーラーの固定バンドが巻いてあります。
 
 
 
 
 
 
16
 
 
 
 
 
 
丁度ボトルケージ取り付け台座の中央にあるので、そのままだとボトルケージが取り付けの際に台座から浮いてしまうのですね。
 
 
しかしソコは天下のアンカー、抜かりはありません。
 
 
ちゃんと台座ボルトにスペーサーを最初から装備して上げ底になっているのです。
 
 
 
 
 
 
17
 
 
 
 
 
 
細かな気遣いがさすがに「メイド・イン・ジャパン」ですね〜happy01
 
 
さて、取り付けるボトルケージは今付いているのと同じ ELITE Custom Race White ボトルケージ です。
 
 
 
 
 
 
18
 
 
 
 
 
 
シートチューブから外したボルトとスペーサー。
 
 
 
 
 
 
19
 
 
 
 
 
 
取り付け順序を間違わない様に装着。
 
 
 
 
 
 
20
 
 
 
 
 
 
特に問題なく出来ますねhappy01
 
 
さてここに新たなアイテムを装着する事になります。
 
 
それはワイヤー錠です。
 
 
 
 
 
 
21
 
 
 
 
 
 
タイオガ ダブルループコンビネーションロック という物で、少し長めのワイヤー錠を希望していた妻の為に購入となりましたhappy01
 
 
残念ながらピンク色が無かったので、少し近いオレンジ色をチョイス。
 
 
私も使用しているのですが、4桁ナンバーロック使用の錠で遣い勝手は非常に良いです。
 
 
「これオススメですよ〜、売れてますよ〜」(ウエパーおばちゃん風)
 
 
それに標準でツール缶状の専用ケースが付いていますので、それに錠を入れてこんな風に自転車にセットオン!
 
 
 
 
 
 
22
 
 
 
 
 
 
こうしておけば出先で「カギを忘れた!、買い物出来へん!トイレ出来へん!」などというトラブルを回避出来るのですよね〜scissors
 
 
妻も気に入ってくれて良かったです。
 
 
 
 
 
さて最後に余ったボトルケージをどうしようか、と。
 
 
ちょっと廻りを見やればシラスのボトルケージが一つしか無いではあ〜りませんか!(チャーリー浜風)
 
 
そこでサクっと取り付け。
 
 
 
 
 
 
24_3
 
 
 
 
 
 
ちょっと賑やかな感じになっちゃいましたねcoldsweats02
 
 
ここでシラスの特徴が一つあります。
 
 
なんと、シラスにはもう一カ所取り付け台座がある「そ〜〜なんですよ」(ザ・ボンチ オサムちゃん風)。
 
 
それはダウンチューブの下部。
 
 
 
 
 
 
26
 
 
 
 
 
 
シラスはツーリングユースを強く意識して作られているので、こんな処にも第3のボトルケージ取り付けが考慮されているのですね。
 
 
さすがに3個目は付けませんがhappy01
 
 
この時何となくシラスを眺めていて「たまにはコイツと一緒にロングライドも良いかもしれんな・・・」とフッと思ってしまいました。
 
 
この秋はちょっとそんな事もアリかな〜、と雨音を聞きながら部屋で考えた一日でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年10月23日 (日)

こんな日もあります

本日は私の唯一の週間休日でしたが、妻への孝行の為ノーライドでしたcoldsweats01
 
 
というのも、以前から夫婦で気になっていた「岡田浦漁港」に行こうと決めていたからです。
 
 
以前に田尻漁港に行った際、当ブログでお世話になっているたーちゃんやユッキンさんにお勧めされていたので是非訪れてみたいと思っていたのです。
 
 
この日は残念ながら娘はクラブの試合で同行出来ませんでしたthink
 
 
なので、朝7時から夫婦水入らずで文明の利器「自動車」で出発。
 
 
程なく岡田浦漁港に到着しました。
 
 
 
 
 
 

11
 
 
 
 
 
 
目的は朝市の買い物です。
 
 
 
 
 
 
12
 
 
 
 
 
 
確かにこぢんまりした朝市なのですが、お魚は新鮮で安かったですよhappy01
 
 
 
 
 
 
13_2
 
 
 
 
 
 
14
 
 
 
 
 
 
15_2
 
 
 
 
 
 
16_2
 
 
 
 
 
 
17_3
 
 
 
 
 
 
18
 
 
 
 
 
 
19_2
 
 
 
 
 
 
私も妻も朝ご飯を食べずに出掛けたので、お魚さんを物色中にちょっと買い食いを。
 
 
 
 
 
 
20_4
 
 
 
 
 
 
たこ焼きも魅力的でしたが、この時は一銭洋食にする事にしました。
 
 
 
 
 
 
21
 
 
 
 
 
屋台の御夫婦に伺うと何度もテレビや雑誌で紹介されているらしいです。
 
 
キャベツの小麦粉焼きみたいな感じでしたが、美味しかったどうかは・・・
 
 
@150-也なので訪れる方で判断して下さいcoldsweats01
 
 
この後、余計にお腹が空いたオカメ夫婦は漁港のイートコーナーへ向かいます。
 
 
そこでは私が海鮮かき揚げうどん、妻はきつねうどんを頂きました。
 
 
 
 
 
 
22
 
 
 
 
 
 
ちなみにネギと天かすは「かけほ〜だい〜」です。
 
 
お味の方は・・・
 
 
 
 
 
 
23
 
 
 
 
 
 
先程と違って(?)非常に美味しかったですhappy01
 
 
この時はメディアに騙されてはいけないと夫婦で確かめたものです(ウンウン)。
 
 
この後も買い物を続けます。
 
 
 
 
 
 
24
 
 
 
 
 
 
25
 
 
 
 
 
 
26
 
 
 
 
 
 
27
 
 
 
 
 
 
28
 
 
 
 
 
 
写真を沢山載せましたが、漁港自体は非常に小さかったです。
 
 
 
 
 
 
29
 
 
 
 
 
 
買い物をしながらあちこちのお店で伺うと、同じ泉南の漁港朝市でも田尻と岡田浦ではライバル関係にあるそうです。
 
 
判官びいきでは無いですが、こうなると規模の小さい岡田浦を応援してしまいますので、今回は写真多めでいきましたhappy01
 
 
そして肝心の我が家の買い物は小エビにアジ、イワシ、サバといった庶民の魚をクーラーバック一杯にお持ち帰り。
 
 
スーパーでは考えられない程安い値段で購入後は妻の出番です。
 
 
 
 
 
 
30_2
 
 
 
 
 
 
新鮮なうちに全ての魚の下処理をしてもらいましたcoldsweats01
 
 
でもここまでの荷物持ちと車の運転手は私でしたので、ちゃんと家族サービスですよ!
 
 
 
 
 
 
この時点でお昼時でしたが、娘が帰って来るまでに我が家のオカメインコ達のエサやおもちゃを買いに行く事も妻から仰せつかっていました。
 
 
夕方に出発するとの事なので、私はその間に10kmランと30分ローラーをこなします。
 
 
辛いトレーニング(?)でしたが、その間はツイッターで自転車友達とお話しして楽しいひと時を過ごせましたhappy01
 
 
あっという間に夕方になると、小鳥の販売でアメヨコと言われる東大阪の「こんぱまる」へ向かいます。
 
 
 
 
 
 
31
 
 
 
 
 
 
我が家のオカメインコ達はこのお店でお迎えしました。
 
 
他のペットショップに比べて鳥に特化しているので、生体保証やクラミジア検査等で安心出来るので私としてはオススメのショップです。
 
 
店内には沢山の鳥達がいます。
 
 
いつかは飼いたい「キバタン」。
 
 
 
 
 
 
32_3
 
 
 
 
 
 
 
そして夢の販売価格30万円の「モモイロインコ」。
 
 
 
 
 
 
33_2
 
 
 
 
 
 
 
その他にも値段の表示がない「ルリコンゴウ」も。
 
 
 
 
 
 
 
34
 
 
 
 
 
 
この鳥達は飼う事が出来ても、飼育が難しいので庶民には高値の花(鳥)なのですよ。
 
 
なので我が家では比較的安価で飼育も難しく無いオカメインコ達を選んだ訳です。
 
 
当然、売れ筋であるオカメインコはお店に沢山います。
 
 
 
 
 
 
37
 
 
 
 
 
 
38
 
 
 
 
 
 
ここに来ると私も妻もウキウキして長居をしてしまうのですcoldsweats01
 
 
この子達が少しでも良い里親に引き取られたらいいな〜と思いつつ、我が家のオカメインコ達のエサや備品を購入して家に戻りました。
 
 
丁度、娘もクラブから同時に家に戻ってこの日の家族報告会。
 
 
やってる事はバラバラでも夕食を家族で楽しめるのはありがたい事ですね。
 
 
自転車を楽しむ時は家族と離れる事になるので、この日の様な家族の触れ合いは大切な事と私は思っています。
 
 
その後で自転車を終日、休日に楽しもうかと。
 
 
11月は自転車にとってベストシーズンになると思いますので、こんな休日も必要と感じる私でしたhappy01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年10月19日 (水)

カレーなる滝畑

先日の日曜日は「チームすず虫」の監督であるすず虫さんの呼びかけで滝畑ダムへ出掛けて来ました。
  
 
今回も事の始まりはツイッターで、すず虫さんと自転車ブロガーのhide@さんが合同トレーニングを計画していて、そこに私が乗りかかった感じです。
 
 
当日の事をツイッターでつぶやいているうちにたーちゃんも参加を表明happy01
 
 
この日のライドは合計4名で行われる事になりました。
 
 
今回のライドは滝畑ダムでヒルクライムを楽しんだ後は、グルメを楽しむという軽いライドの予定です。
 
 
なので、朝の集合も午前9時30分とのんびりしたものcatface
 
 
当日の朝は、どんよりした曇り空でしたcloudcloudcloud
 
 
 
 
 
 
11_2
 
 
 
 
 
 
集合場所はいつもの石川CLサイクルブリッジでしたので、富田林方面へ自転車で向かいます。
 
 
PL教団敷地横の緩いアップダウンの道をこなすと、富田林の町中を走る事になるのですが、この日は朝からお祭りだった様でcoldsweats01
 
 
 
 
 
 
12
 
 
 
 
 
 
幹線道路を所々通行止めにして、だんじりを通過させていたので少々通過に時間が掛かってしまいました。
 
 
でも、私はこの時点で時間に余裕があったのでちょっと見学。
 
 
 
 
 
 
13
 
 
 
 
 
 
泉州地区の大きなだんじりとは違ってコンパクトな山車ですが、綺麗に飾り付けられていて観ていて楽しかったですよconfident
 
 
あまりのんびり観光していると遅刻してしまうので、集合場所へと向かいます。
 
 
到着するとそこにはhide@さんが既におられました。
 
 
二人でちょっと談笑しているとすず虫さんも登場。
 
 
「やあやあ、おはよう!」と挨拶しているうちにたーちゃんも時間通りに到着しました。
 
 
4人で挨拶をすませてから、すず虫さんのブリーフィリングを開始。
 
 
当日のざっとしたコースとハンドサインに寄るシグナルの確認をしてやがて出発。
 
 
滝畑ダムへは日野コースという車が少ない林道を使用して向かいます。
 
 
出発直後は石川CLとのんびりとした農道を使用。
 
 
 
 
 
 
14_2
 
 
 
 
 
 
人間GPSナビ搭載のすず虫さんが先頭ですhappy01
 
 
そして私、hide@さん、たーちゃんが続きます。
 
 
 
 
 
 
15
 
 
 
 
 
 
農道は稲刈りの季節で、日本的な景色の中をのんびりとサイクリング。
 
 
 
 
 
 
16
 
 
 
 
 
 
あまりアップダウンも無く、車の通行もほとんど無かったのでトレインの前後でポチポチ会話を楽しみながら進みます。
 
 
農道を抜けると滝畑ダムまではヒルクライムをする事に。
 
 
この日の日野コースは緩やかな登りのコースでフロントインナーギアを使用する事も無く、のんびりと登っていきます。
 
 
 
 
 
 
17
 
 
 
 
 
 
前日の雨のせいか道路上には水が所々流れていて、落ち葉や枯れ枝が散乱していたのでスピードを上げる事が出来なかった事もあって、メンバーでワイワイガヤガヤとおしゃべりしながらのヒルクライム。
 
 
いつものはフロントインナーギアを駆使して必死で登るヒルクライムですが、メンバーが良ければこんなハイキングの様な事も出来るのですねhappy01
 
 
新しいライドの楽しみ方でした。
 
 
日野コースは木々が多いかぶさる鬱蒼としたコースで、道路横に石川へと流れ込む小川も流れていてマイナスイオンが体中に染み込む心地よさがありました。
 
 
そうこうしているうちに有名なオバケトンネルもスルッとクリアーして滝畑ダムに到着。
 
 
 
 
 
 
18_2
 
 
 
 
 
 
この時すず虫さんがぼそっと「今日は霊気を感じなかったな〜」とつぶやいていましたが、ここのトンネルはネットで検索すると沢山の心霊現象が確認出来るとの事shock
 
 
お暇な方はグーグルで「滝畑ダム 心霊」で検索してみて下さい。
 
 
ダム湖へ到着した後はのんびりとトレインで休憩場所の観光案内所へ向かいます。
 
 
 
 
 
 
19
 
 
 
 
 
 
夏のバーベキューシーズンはキャンプやバーベキューで賑わうこの辺りも初秋を迎えてちょっと閑散とした感じでした。
 
 
ついでに当日の気温。
 
 
 
 
 
 
20
 
 
 
 
 
 
サイクリングをしている人もあまりおらず、4人で缶ジュースを飲みながら暫く歓談タイムとなりました。
 
 
その時にすず虫さんが1日に200km以上走る人は「びっくり人間」です!とか言って私とたーちゃんを指差すのですねcoldsweats01
 
 
昔、テレビで「びっくり人間コンテスト」というのがあったのですが、すず虫さんはその世代の方ではない様な気がしたのですが、まあ良いでしょう〜
 
 
さて、ヒルクライムでお腹を空かせた後はグルメタイムです。
 
 
この日のメニューはカレーに決まっていました。
 
 
程よくお腹を空かせた4人は滝畑ダムから関西サイクルスポーツセンターを抜けてサ〜っとダウンヒル。
 
 
目的のお店は三日市の駅近くに有るカレー屋さん「モダカ」。
 
 
 
 
 
 
21
 
 
 
 
 
少々変わった色遣いの建物で、外観からはレストランという感じは受けませんでしたね。
 
 
私の職業柄、看板もパチリ。
 
 
 
 
 
 
22
 
 
 
 
 
 
日本人がイメージするインドと言えばカレーと象ですねhappy01
 
 
なので間違いなくカレー屋さんです。
 
 
店内ではエスニックな内装が全面に施されていて、不思議な感じのお店でしたね。
 
 
オーダーは4人とも¥850-のB-setと食後に¥150-のアイスチャイをオーダー。
 
 
程なくやって来たのがこのセットです。
 
 
 
 
 
 
23
 
 
 
 
 
 
わらじの様なナンとカレーが2種(この日は野菜カレーとエビカレーでした)、サラダにタンドリーチキンとヨーグルトが付いたものです。
 
 
4人とも腹ぺこでしたのでガツガツと平らげてしまったものですcoldsweats01
 
 
私はもうちょっとカレーがスパイシーな方が良いかな?という感じでしたが美味しかったですよ。
 
 
ここでも色々お話しして、食後のチャイを飲んだ後は「ちょうど千円」を会計で支払って、グルメ第2部のパンを買いに行きます。
 
 
カレー屋さんを出た後は、南花台の激坂をカレーのリバースと戦いながらクリアー。
 
 
到着したのが「たいちろうのぱん」。
 
 
 
 
 
 
24
 
 
 
 
 
 
関西サイクリストの中では「ヤムヤム」と同様に有名なパン屋さんです。
 
 
ここではカレーでお腹いっぱいだったので、家族へのお土産を買うだけでした。
 
 
たーちゃんとhide@さんと私はバックパックにパンを収納しましたが、すず虫さんはサイクリストらしくジャージのバックポケットへインcoldsweats01
 
 
潰れちゃうのでは?と思いましたが、すず虫さんは「これでいいのです。」と涼しい顔。
 
 
さすがは正統派サイクリストですねhappy01
 
 
さて、この日のミッションを全てクリアーした一行は往路を逆に辿って石川へと戻ります。
 
 
 
 
 
 
25_2
 
 
 
 
 
 
石川へ到着後はまずたーちゃんが離脱。
 
 
CLの途中でhide@さんも離脱。
 
 
残った私とすず虫さんは石川CLから大和川土手を走って帰るつもりでしたが、私はもう少し走りたかったので柏原で葡萄坂へ登る事にしました。
 
 
すず虫さんも先週登ったところでしたのに、お付き合い頂けるとの事。
 
 
二人で最後のヒルクライムへ向かいます。
 
 
 
 
 
 
 
26
 
 
 
 
 
 
びっくり人間呼ばわりの私が先着、少し後にすず虫さんが到着されて息を整えたらダウンヒル開始です。
 
 
いつもダウンヒルではすず虫さんに先行されてしまうので、この日もすず虫さんに先に下ってもらいました。
 
 
軽快にダウンヒルして行くすず虫さんから徐々に遅れて行く私。
 
 
「下りでは追い付かないな〜」と思って徐々に遠ざかる背中を見ていたのですが・・・
 
 
その直後、すず虫さんが落車されたのです。
 
 
現場は10%程度の下り坂で、右180°の厳しいヘアピンカーブ。
 
 
詳しくはすず虫さんのブログをご覧下さい。
 
 
落車の一部始終を見ていた私は暫くショックで自転車に対して恐怖心というか複雑な心境もありましたが、すず虫さんも順調に回復されている様なのでこの記事を書いています。
 
 
自転車の落車事故についてはいずれ私なりに考えてみたいと思っていますが、今回はこれだけで。
 
 
落車後の処理を終えて、二人は微妙な空気のまま石川CLを堺に向けて走りました。
 
 
「オカメさんが凹むこと無いで」とすず虫さんは言ってましたが、それは無理ですよ。bearing
 
 
あの光景は暫く私の頭に残りそうです・・・・
 
 
道中お話しながらも気丈に振る舞うすず虫さんと、やがてお別れしました。
 

 
 
 
 
そして、取り敢えず自分の工場に帰還した私は自転車を洗車して自宅へ戻ります。
 
 
 
 
 
 


27
 
 
 
 
 
  
自転車はピカピカになって気分が良くなるはずでしたが複雑な気分でしたね。think
 
 
この日は楽しいライドを経験しつつ、自転車の怖さも思い知った一日となりました。
 
 
でも、自転車は辞めませんよ!
 
 
すず虫さんが回復されたら、率先して快復走に御一緒するつもりですからthink
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年10月15日 (土)

奈良の秘境にラーメンを求めて 後編

さて、前回で「蜻蛉の滝」を訪れてすっかり清らかな精神を満たされた3人は再び「ラーメン河」へと戻りました。
 
 
滝を暫く眺めてマッタリ過ごしたにも関わらず、お店に戻ったのは開店一時間前coldsweats01
 
 
なのでお店の前のベンチで談笑しながら開店を待つ事にしました。
 
 
 
 
 
 
11
 
 
 
 
 
 
お店の中ではご主人が一生懸命仕込みをされていたので、私達3人で暫く開店を待っていました。
 
 
お店の外観はこんな感じです。
 
 
 
 
 
 
12_2
 
 
 
 
 
 
そして待ち合い場所から見たお店。
 
 
 
 
 
 
13
 
 
 
 
 
 
この奥でご主人が一人で懸命に仕込みをされていますthink
 
 
その様子を耳で感じながら私達は一時間程の待ち時間をマッタリと自転車トークをしながら待ちました。
 
 
その間も会話は途切れる事無く続いて、待ち時間が全く苦になりませんでしたよhappy01
 
 
ただ、その間にお客さんがどんどん増えて来て開店前にはものすごい人の数になってきました。
 
 
早めに到着した事を後悔するどころか、喜んだものですconfident
 
 
やがて開店時間の11時30分となり私達は店内へ入りました。
 
 
ちなみにメニューはこんな感じです。
 
 
 
 
 
 
14_2
 
 
 
 
 
 
塩ラーメンは外せないとして、私はお腹ぺこぺこだったのもあってラーメンとまぐろ丼ととり丼の三品をオーダー。
 
 
まず丼の二つがサーブされました。
 
 
 
 
 
 
15
 
 
 
 
 
 
結構小振りですが具はタップリですhappy01
 
 
そして肝心の塩ラーメン。
 
 
 
 
 
 
16
 
 
 
 
 
 
透き通るスープに結構太さのある麺が特徴です。
 
 
具の方もチャーシュー、煮卵、白菜、シナチクと基本は揃っていました。
 
 
肝心のお味の方ですが、丼の方はまぐろ丼は山の中で食べるとは思えないくらいの旨さ。
 
 
ここのご主人は元寿司職人だったので納得の旨さです。
 
 
とり丼の方もこれまた絶品。
 
 
混ぜ込んだ皮付きの鳥身にタレが染み込んでいて非常に美味しかったです。
 
 
そして肝心のラーメンは・・・
 
 
たーちゃんが事前に言ってた通りに薄味の塩ラーメンでした。
 
 
でも元来薄味指向の私には美味しかったですよ。
 
 
スープを飲むと軽く柑橘系の風味がするな〜と思っていると、たーちゃんが「柚子が入ってるんですよ。」との発言。
 
 
納得の美味さでした。
 
 
ちなみに食事をしている窓からの景色はこんな感じでした。
 
 
 
 
 
 
17
 
 
 
 
 
 
ロケーションが最高な上にメンバーも料理も私にとっては最高でしたね
 
 
ここで小一時間程食事を満喫した後、私達はサイクリスト本来の行動に戻ります。
 
 
すなわち補給したらペダルを廻す、って言う事です。
 
 
お店を出た直後は非常に狭い道を通って国道370号線を目指します。
 
 
 
 
 
 
18
 
 
 
 
 
 
廻りには人の気配が無いのですが、不思議と生活感のある不思議な道でした。
 
 
やがて国道370号線に出ると、そこは素晴らしい道でした。
 
 
 
 
 
 
19
 
 
 
 
 
林間の道にも関わらず舗装は綺麗で車も少ない。
 
 
紅葉の時季を外したこの時なら、まさに自転車にうってつけですねhappy01
 
 
でもここから目的地の大宇陀に抜けるには基本的に全て登りでしたcrying
 
 
ロケーションは最高なのですが、坂ばっかり・・・
 
 
 
 
 
 
20
 
 
 
 
 
 
緩斜面を延々と登るのはちょっと辛かったです。
 
 
何とか道中を無難にこなした3人は大宇陀の美観地区へと入りました。
 
 
ここでの目的は大宇陀で有名なパン屋さんの「アナンダ」です。
 
 
 
 
 
 
21
 
 
 
 
 
 
旧街道の町家らしいお店でいい雰囲気でした。
 
 
 
 
 
 
22
 
 
 
 
 
 
ところがですね〜この日は連休との事もあってパンは全て売り切れshock
 
 
仕方が無いので何も買わずに次のお店へと美観地区をトボトボと歩を進めます。
 
 
その先はたーちゃんオススメの「松月堂」です。
 
 
 
 
 
 
24_2
 
 
 
 
 
 
ここには名物の和菓子である「きみごろも」があるとの事。
 
 
 
 
 
 
23
 
 
 
 
 
 
25
 
 
 
 
 
 
ここではちゃんと品物もあって、家族のお土産に無事に「きみごろも」を購入出来ました。
 
 
この後は国道370号線を離れて明日香村へと向かいます。
 
 
道中は先日登った忍阪を、逆にダウンヒルして明日香村方面へと向かいます。
 
 
本来は岡寺駅近くにある「ラスティック ベーカリー」で名物の米粉コルネを頂くはずでしたが、痛恨の休店日shock
 
 
ショックのあまり写真も無しでした。
 
 
そして奈良から大阪へ戻るべく3人は明日香村を後にして竹ノ内峠を目指します。
 
 
道中は米粉コルネを食べ損ねたのでコンビニで補給。
 
 
 
 
 
 
26_2
 
 
 
 
 
この時、私は「ラーメン河」での大食いが響いて補給はコーラのみでしたcoldsweats01
 
 
この後は最終目的地の竹ノ内峠に向かうだけです。
 
 
農道を淡々とこなした一行は峠の麓にあるいつもの柿の葉寿司のお店で休憩。
 
 
 
 
 
 
27
 
 
 
 
 
 
ここで少しサプライズな出会いがありました。
 
 
長身のローディーさんが近づいて来たのですがどこかで見覚えが・・・
 
 
以前決起集会でお会いした「ハムさん」でした。
 
 
お互いに偶然を驚きつつ少々お話しした後、ハムさんは先にヒルクライムへ向かわれました。
 
 
こんな出会いはものすごい偶然ですよcoldsweats01
 
 
ハムさんをお見送りした後、店内に入ってお土産の柿の葉寿司を購入しました。
 
 
店内のソファで暫く休憩した後は最後の難関の竹ノ内峠ヒルクライムです。
 
 
ここまでの道中は私が前を曵かせて頂きましたが、この後はたーちゃんに先頭をお願いする事に。
 
 
ヒルクライムがスタートすると、やっぱり私とふーじぃさんは置き去りとなりましたshock
 
 
まあ仕方ないな〜と思いつつ峠の頂上へよたよたと到着し、記念撮影。
 
 
 
 
 
 
28_2
 
 
 
 
 
 
何とか今回のライドのハイライトを3人で無事に終える事が出来ました。
 
 
この後はさ〜っとダウンヒルして石川CLへと向かい、石川で3人は解散。
 
 
 
 
 
 
29
 
 
 
 
 
 
たーちゃんは左へ、私とふーじぃさんは右へってな感じです。
 
 
石川CLはたいそうな込み具合で自転車では走りにくい程でした。
 
 
そして道中、再びハムさんと遭遇coldsweats02
 
 
ここまで偶然が続くとちょっと運命的な物が・・・・ってそこまで大層な事ではないですが〜
 
 
暫く3人で石川CLを走って流れ解散となりました。
 
 
帰宅後はお土産の「きみごろも」を頂いて。
 
 
 
 
 
 
30
 
 
 
 
 
 
お味の方はフワフワのメレンゲ食感が変わった味でした。
 
 
美味しかったのは確かですよ。
 
 
そして夕食に柿の葉寿司を頂きました。
 
 
 
 
 
 
31_2
 
 
 
 
 
 
これで今回のライドは終了。
 
 
これから秋が深まる奈良の秘境はとても印象に残る道となりました。
 
 
秘境は一人では淋しいので、出来れば誰かともう一度行ってみたいですね〜
 
 
誰か御一緒しませんか?happy01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年10月10日 (月)

奈良の秘境にラーメンを求めて 前編

本日の連休最終日はたーちゃんふーじぃさんの三人でちょっと厳し目のライドに出掛けて来ました。
 
 
ちなみに今回のガーミンデータです。
 
 
 
 
 
 
Photo_2
 
 
 
 
 
 
いつもの事ながら自宅の付近ではガーミンのタイマーをストップさせるので、実際の走行距離は160kmオーバーのセンチュリーライドとなりましたhappy01
 
 
さて、今回のライドの発端ですが私が奈良県の吉野にあるという、秘境に存在するラーメン屋さん「ラーメン河」へ連休最終日にソロで行くつもりだとツイッターでつぶやいた事からでした。
 
 
そのつぶやきをみて下さった、たーちゃんとふーじぃさんが同行の意思表明をされたのでトントン拍子にこのライドが実現したのです。
 
 
さて、この日の目標である「ラーメン河」・・・
 
 
ここは吉野の秘境に存在するにも関わらず非常に人気のあるお店です。
 
 
お味の方はこの時点で確認する術が無かったのですが、早めに訪れないと売り切れてしまって食べる事が出来ない程の人気店なのです。
 
 
なので、この日は集合を朝7時30分に石川CLのサイクルブリッジに決めて水越峠経由で大淀に向かう事にしました。
 
 
季節は秋ですがこの日は朝から気温が高めで夏装備で行けそうな感じでしたね。
 
 
 
 
 
11
 
 
 
 
 
いつもの通りに堺から幹線道路を抜けてサイクルブリッジのある富田林市に向かいます。
 
 
道中は新しいルートを使ったので少々迷いつつも時間通りに集合場所に到着。
 
 
そこにはたーちゃんもふーじぃさんも到着済みでしたcoldsweats01
 
 
どうしてブロガーの方達はこんなに早めに集合するのか不思議なとこですが、取り敢えず出発前の一枚。
 
 
 
 
 
 
12
 
 
 
 
 
たーちゃんのクワトロはおなじみですが、ふーじぃさんのDEDAは新鮮でしたね。
 
 
あまり日本で見る事が無いので、ある意味稀少動物の様でしたよ(スマン、ふーじぃさん!)。
 
 
そんな3人は、たーちゃんのブロガー決起集会で「はじめまして」も済ませていたので早々と第一目標の水越峠へと一行は向かいます。
 
 
ところがですね・・・
 
 
いきなり先導の私がミスコースしてしまい、おまけに立ちゴケしかかったのをたーちゃんに助けてもらう始末(スマン、たーちゃん!)。
 
 
こんな不甲斐ない私ですが、取り敢えず私の先導で水越峠を登って行く事になりました。
 
 
ちなみにこの日の気温は低めでしたが、日差しもキツく湿度が高くて蒸し暑かったです。
 
 
 
 
 
 
13
 
 
 
 
 
 
沿道の田んぼでは稲刈りが済んだ後で、日本独特の棚田と併せて素晴らしい景色が続きます。
 
 
 
 
 
 
14
 
 
 
 
 
この道中はヒルクライムになるのですが、ふーじぃさんより先に行かせてもらった私とたーちゃんはヒルクライム中に終始おしゃべり。
 
 
ちょっと重めのギアでえっちらおっちら登ったのですが、二人ともそんなに心拍を上げる事が無かったので色々おしゃべりしながらのいままでに無い新鮮なヒルクライム(参考に私の心拍は150前後でたーちゃんは130前後でした)happy01
 
 
ふーじぃさんはこの日が初の水越峠だったので、ゆっくり登って頂く事になっていました。
 
 
なのでヒルクライムの途中はたーちゃんと色々話が出来て本当に楽しかったですhappy01
 
 
やはり、カリスマブロガーの話題の豊富さはハンパでは無かったですわ。
 
 
そうこうしているうちに水越峠の頂上に到着した私達はふーじぃさんを待ちます。
 
 
すると程なくふーじぃさん登場。
 
 
 
 
 
15
 
 
 
 
 
最近ローラートレーニングを導入されているというふーじぃさんなので、この差は間もなく縮まる事でしょうねcoldsweats02
 
 
そして山頂でも少し3人でお話しして、奈良側へさ〜っとダウンヒルです。
 
 
ダウンヒルの最中に2匹程野犬がいましたが、襲われる事も無く下る事が出来ました。
 
 
ダウンヒル途中のお二人。
 
 
 
 
 
 
16
 
 
 
 
 
 
この時点では3人とも気力、体力とも十分にみなぎっていましたね〜
 
 
奈良側へ降りた後は大淀までの道を淡々と進みます。
 
 
道中はさすがに山深い吉野へ向かうだけあってず〜っと登り基調の道です。
 
 
吉野川に出るまで三人でそんなに早く無いペースでえっちらおっちら進みます。
 
 
ちなみに10%を越える坂道もありましたよ・・・
 
 
やがて大淀に抜けると吉野川沿いの快走路ですhappy01
 
 
でも、この日はダンプカーなどの大型車が多かったのですよshock
 
 
これは堪らんと、たーちゃんオススメの吉野川沿いの田舎道を私達は行く事にしました。
 
 
 
 
 
 
17
 
 
 
 
 
 
吉野川に掛かるこの橋を渡れば道幅は細いのですが、車がほとんど通らない気持ちの良い道になります。
 
 
 
 
 
 
18
 
 
 
 
 
 
人の気配が少ないのですが、道路の両側は古い民家で一杯です。
 
 
特に古民家の美観地区ではない様ですが非常に興味深い道でしたね〜
 
 
後ろを走るふーじぃさんもなんだか楽しそうでした。
 
 
 
 
 
 
19
 
 
 
 
 
 
背景からも解る様に本当に気候も良かったです。
 
 
こんな快走路をひたすら秘境のラーメン屋さんへと向かいまして、やがて国道からの入り口に到着。
 
 
 
 
 
 
20
 
 
 
 
 
 
このノボリがないと見落としてしまうところでしたよcoldsweats01
 
 
ちなみに「ラーメン河」の営業時間は午前11時30分からとの事・・・
 
 
更に、ちなみに私達が到着したのが午前9時30分。
 
 
実に2時間も前に到着してしまったのですcoldsweats01
 
 
なのですが・・・お店でご主人とお話しすると、この日の一番乗りの私達には開店早々にラーメンを提供して頂けるとの事で、開店までの2時間の間に近くにある観光スポットを教えて頂き行く事になりました。
 
 
近くといっても、そこはこの先の更に秘境にある「蜻蛉の滝」です。
 
 
詳しくはリンク先を見て下さいね(ひろさん風)。
 
 
蜻蛉の滝まではのんびり走って到着後はマッタリと写真なんかを撮ったりして。
 
 
 
 
 
 
21
 
 
 
 
 
 
おっとこれは私のカルマですが、実際の滝はこんな風。
 
 
 
 
 
 
22
 
 
 
 
 
 
23_2
 
 
 
 
 
 
結構落差のある滝で(公称50m)迫力があって良かったです。
 
 
ついでに滝を愛でるこの二人のショットも。
 
 
 
 
 
 
24
 
 
 
 
 
ここは大きな公園施設になっているのでこんな風に自転車をアースロックしました。
 
 
 
 
 
 
26
 
 
 
 
 
 
ちょっと不思議な感じの絵でしたのでcoldsweats01
 
 
さて、この滝で心洗われた3人は(?)再びラーメン河へ戻ります。
 
 
その先に待ち構えていた事とは・・・・
 
 
長くなったのでそれは次回の講釈で。
 
 
 
 
 
 
 
 

  
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年10月 9日 (日)

本日はノーライド

10月9日は私の妻の誕生日でした。
 
 
なので、この日は家にいて家族サービスの日になりますhappy01
 
 
妻の誕生日には、私と娘が夕食を作る事になっているので、朝一番から買い出しに行く事になりました。
 
 
行き先はりんくうタウンにある「田尻漁港」です。
 
 
そう、ここは以前のたーちゃん主催の決起集会で訪れたところですねwink
 
 
自転車では活け魚を持ち帰れないので、今回はクーラーバック持参で車で訪れました。
 
 
 
 
 
12
 
 
 
 
 
 
 
朝の8時過ぎに訪れましたが結構な人出でしたね。
 
 
 
 
 
11_2
 
 
 
 
 
改めて人気がある朝市だという事が解りました。
 
 
今回は買い物が目的なので朝市のお魚さん達をブラブラと物色。
 
 
 
 
 
13_2
 
 
 
 
 
 
15
 
 
 
 
 
 
妻の話だと微妙に安いけど、取り立てて安い事は無いので鮮度が決め手とのジャッジでした。
 
 
この辺は「漁港の朝市」というだけで安いというイメージがある私とは違うところですねcoldsweats01
 
 
そんな中でアジ一本やマグロなどの切り身を購入して、そのついでに思い切ってハマチを一本丸ごと買い求めました。
 
 

  
 
 
14_2
 
 
 
 
 
 
千円以下で購入出来れば御の字でしょう。
 
 
買い物を済ませれば市場内のワンコイングルメを頂きました。
 
 
 
 
 
 
16_2
 
 
 
 
 
 
揚げたての練り物は美味しいですね〜
 
 
存分に海の幸を買い求めて、帰宅後は妻のハマチ解体ショー。
 
 
 
 
 
17
 
 
 
 
 
 
小出刃包丁で三枚におろした後は刺身に。
 
 
 
 
 
 
18

  
 
 
 
 
 
いつもながら妻の包丁捌きに感心しきりでしたわcatface
 
 
こういった料理の才能は私には無いのでありがたい事です。
 
 
午前中に魚の処理を終えた後はみんなで漁港で買い求めたアナゴの天ぷらや、小エビのかき揚げを丼にして頂く事に。
 
 
 
 
 
 
19_2
 
 
 
 
 
 
これで材料費は数百円程度なんですよね〜
 
 
お腹一杯になりましたhappy01
 
 
お昼ご飯の後は妻は買い物、娘はクラブ、私はランやローラーのトレーニングになりました。
 
 
そして夕方は妻の誕生パーティー。
 
 
 
 
 
 
20
 
 
 
 
 
 
ハマチ一本分の刺身とマグロの切り落とし三昧となりました。
 
 
ちなみにこれで三分の一程度ですcoldsweats01
 
 
当初はこの日の食事は海鮮丼の予定でしたが、ご飯はちょっと無理な量の刺身でしたね。
 
 
食後は娘が洗い物も済ませてくれて、妻には大満足な誕生日になった様です。
 
 
私もお手伝い程度でしたが、家族と共に過ごす時間も大切だと改めて思った一日でした。
 
 
それにしても、私も妻も段々と誕生日が嬉しく無くなるのはなぜでしょうね〜
 
  
 
 
 

 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年10月 6日 (木)

散財な日曜日

先の日曜日は中途半端に仕事が残ってしまったので、休日出勤となりました。
 
 
まあ、取り立てて予定も無かったので午前中にダラダラと仕事をして午後からはフリータイムにhappy01
 
 
家族も娘はバスケのクラブ、妻も散歩と買い物でしたので工場を出た私も目的も無くぶらぶらとする事にしました。
 
 
 
 
 
11_2
 
 
 
 
 
空のリュックを背負ってこの日は工場の置き自転車、IDIOM2で出掛ける事に。
 
 
 
 
 
さてどうしたものか、と思っているとお腹が空いたのでまず食事に行く事に。
 
 
この時近くにありながら行った事の無かったラーメン屋さん「幸運軒」にラーメンを食べに行く事にしました。
 
 
ちなみに「幸運軒」と書いて「ラッキーケン」と読むそうです。
 
 
外観はこんな感じ。
 
 
 
 
 
 
12
 
 
 
 
 
このお店は堺のチンチン電車筋近くにある小さなお店ですので、中は10人も入れない程のカウンター席のみ。
 
 
でも、こってりとした豚骨ラーメンがおいしいと評判のお店です。
 
 
店内の内装は昭和初期のレトロな感じ。
 
 
 
 
 
13
 
 
 
 
 
古い小物で飾り付けられた内装は綺麗に清掃がされていて外観からはイメージが違ったものです。
 
 
今回は有名なこってり「どとんこつ ラーメン」ではなく、ちょっとあっさり目の「幸運ラーメン」を私はオーダー。
 
 
 
 
 
14
 
 
 
 
 
お味の方は後味のさっぱりした豚骨ラーメンでスープも完食してしまいましたcoldsweats01
 
 
それとついでに餃子も。
 
 
 
 
 
15
 
 
 
 
 
ここの餃子は味噌ダレで食べるのですが、ちょっと変わったお味でこれ又美味しかったです。
 
 
普段ライドの時以外には滅多に外食しないのですが、この日は豪勢な食事となっちゃいましたね。
 
 
この後、チンチン電車沿いの紀州街道でポタポタするべくIDIOM2に跨がって出発。
 
 
 
 
 
16_3
 
 
 
 
 
堺市内から大阪市内へ信号の少ない良い道です。
 
 
道中は道標である石柱があるのでそれを目安に進みます。
 
 
 
 
 
17
 
 
 
 
 
車線が一つの旧街道はこんな感じ。
 
 
 
 
 
18
 
 
 
 
 
堺市内を北上するとやがて大和川へ出ます。
 
 
 
 
 
19_2
 
 
 
 
 
この日は曇り空でしたが雨の気配もなくブラブラ自転車でポタするには丁度良い気候でしたねhappy01
 
 
市内に入ってものんびり自転車で北上します。
 
 
商店街は自転車を降りてゆっくり通過。
 
 
 
 
 
20
 
 
 
 
 
21
 
 
 
 
 
紀州街道沿いはお寺や神社などが多くて落ち着いた雰囲気です。
 
 
中には巨大な木を祭ったところもあります。
 
 
 
 
 
22_2
 
 
 
 
 
謂れはよく解らないのですが、この日は観光客も街道をそぞろ歩きしていましたね。
 
 
こんな処を気軽に自転車を停めて撮影しつつ北上は続きます。
 
 

 
 
 
23
 
 
 
 
 
 
やがて住吉にある「住吉神社」に到着。
 
 
お決まりの鳥居前で一枚。
 
 
 
 

24
 
 
 
 
 
この目の前はチンチン電車が通っているので、鉄ではありませんがこんなショットも。
 
 
 
 
 

25_3
 
 
 
 
 
 
このまま線路沿いを日本橋にでも出ようかと思っていましたが、進路変更して帝塚山のパン屋さんにパンハンティングに向かう事にしました。
 
 
線路沿いを適当に道を外れて行きます。
 
 
 
 
 
26
 
 
 
 
 
車では通行が難しい様な細い道を小径車で行くのは結構楽しいものです。
 
 
道中はiPhoneでパン屋さんの位置を確認しながらなるべくマイナーな道を選んでポタポタと。
 
 
 
 
 
27
 
 
 
 
 
大阪市内にもこんな迷路の様な道があるんですよね〜
 
 
この後、特に迷う事も無く私のお気に入りのパン屋さん「ベーカリーカフェ ゴッホ」に到着です。
 
 
 
 
 
28
 
 
 
 
 
ここは店内も明るくて広いので、ゆっくりパンを選ぶ事が出来ます。
 
 
私は家族の分と、ここでおやつに食べるものを併せて¥1,500-程購入しました。
 
 
おやつは店内のイートインで無料のレモン水で楽しみます。 
 
 
 
 
 
29
 
 
 
 
 
ブルーベリーの入ったチーズクリームタップリのパンを食べながらここではのんびりツイッタータイム。
 
 
こんな時、一人でいても誰かとテキストでお話し出来るツイッターは便利ですねhappy01
 
 
やがてお腹も背中のリュックも膨れた私は思いつきでウエムラパーツへ向かう事にしました。 
 
 
特に買いたいものはありませんでしたが、到着。
 
 
 
 
 
Img_0225
 
 
 
 
 
日曜という事もあって店内はものすごい混雑shock
 
 
そそくさとお店を出て次なる目的地に向かいました。
 
 
国道を逸れて関西ギャンブラーおなじみの住之江ボートレース場をトラバース。
 
 
 
 
 
30
 
 
 
 
 
南港通りを抜けて次なる目的地へ。
 
 
ちょっと前に紹介した「Moon Bikes」さんです。
 
 
 
 
 
 

31
 
 
 
 
 
 
ここのお店はバイクはもちろん、様々なグッズやアパレルを扱っているのでたまに訪れます。
 
 
狙いはワゴンセールですよhappy01
 
 
この日も狙い通りに二品を購入。
 
 
その後、再び大和川を越えて堺に戻りました。
 
 
 
 
 
 
32_2
 
 
 
 
 
 
この後は特に寄り道もせずに帰宅。
 
 
この日購入した物は・・・
 
 
 
 
  
 
33
 
 
 
 
 
 
MAVICの半袖ジャージで55%オフの物。
 
 
更に。
 
 
 
 
 
 
343
 
 
 
 
 
 
スペシャライズドのウィンドベスト、70%オフの物。
 
 
ネットショップだけではなくたまには実店舗にも行ってみるものだと思った次第です。
 
 
でもトータルで見るとこの日は散財だったな〜coldsweats01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年10月 2日 (日)

ビワイチ? 北湖巡りのライド 南下編

毎度毎度、間延びした更新ですが本人の備忘録の為に更新させて頂きますthink
 
 
さて、奥琵琶湖パークウェイを乗り切った一行は昼食を摂るべく国道にある「奥びわ湖水の駅」に向かいました。
 
 
ここでは農産物の直売も行われていて、何でも巨大カボチャの大きさを競うコンテストもある様で。
 
 
そのカボチャ達がこれ。
 
 
 
 
 
11
 
 
 
 
 
ちょっと巨大すぎて大きさが伝わりませんねcoldsweats01
 
 
比較にサングラスを乗せてみました。
 
 
 
 
 
12
 
 
 
 
 
ちなみに私の体重より重いカボチャなんですよねcoldsweats02
 
 
どうやって運んだのかも謎ですわ。
 
 
農産物を冷やかした一行は中にあるレストランで昼食を摂る事になるのですが、私は唐揚げ丼とミニうどんをオーダー。
 
 
 
 
 
13_2
 
 
 
 
 
この二品で¥1,000-しないのですから文句は無いのですが・・・
 
 
味は見た目の通り微妙でしたねcoldsweats01
 
 
微妙な昼食を食べながら微妙な(?)会話を交わしてやがて一行は次なる目的地へと向かいます。
 
 
私達ビワイチメンバーは余呉湖を目指し北東へ。
 
 
そして日本海を目指すユッキンさんは北へ。
 
 
お別れする前に記念撮影を。
 
 
 
 
 
14_3
 
 
 
 
 
私以外の方はサングラスがあるのでそのままの写真です。
 
 
みなさん良い顔でしたよ(問題あればコメント下さい)。
 
 
お腹いっぱいになった一行は出発する事になります。
 
 
ここからユッキンさんは私達とは正反対の方へと走り、私達は一路余呉湖へ。
 
 
 
 
 
15
 
 
 
 
 
道中は旅のスペシャリストであるtac-phenさんに先導してもらい、私、ひろさん、めばる君さんはカルガモの如く付き従って行くだけでしたcoldsweats01
 
 
この道も国道からは外れた信号の無い自転車向きの道で、ホントtac-phenさんには感心させられてしまいました。
 
 
逆風の中を暫く走ると余呉湖へと到着します。
 
 
 
 
 
16
 
 
 
 
 
非常に小さな湖なのですが、辺りの景色は・・・・筆舌に記せない程の静謐さ。
 
 
心が洗われるとはこの事で一行はスピードダウンして噛み締める様に余呉湖を回遊しました。
 
 
先の写真で伝わらない湖面はこの様な感じ。
 
 
 
 
 
17
 
 
 
 
 
機会があれば家族とも訪れてみたいものです。
 
 
ちなみにここには天女が地上に降りた際に身に纏った衣を木に掛けて干したという伝説があります。
 
 
その伝説の木で記念撮影を。
 
 
 
 
 
18
 
 
 
 
 
みなさん思い思いに撮影されていると思いきやtac-phenさんはこんな事をしてはりましたcoldsweats02
 
 
 
 
 
19
 
 
 
 
 
こうやって、あの写真の美しいブログは作成されているのだな〜と感心した次第です。
 
 
お名残惜しいのですが余呉湖を離れた一行は次なる目的地へと歩を進めます。
 
 
 
 
 
20
 
 
 
 
 
余呉湖畔の快走路を抜けてマイナーな道をひたすら。
 
 
 
 
 
21
 
 
 
 
 
一行が向かったのは、この先のJR木之本駅近くにある「つるやパン」です。
 
 
ここには「全国」のサイクリストが買い求める「サラダパン」なるものがあるのです。
 
 
わたしも是非食してみたいと思いましたので家族の分も併せて3個購入しましたhappy01
 
 
後で私が一つ食べますのでサラダパンの画像はその時に。
 
 
そして、この周辺は歴史ロマンあふれる地区だという事をtac-phenさんに伺いました。
 
 
 
 
 
23
 
 
 
 
 
この地区のそこかしこにこういった歴史的建築物があります。
 
 
 
 
 
24_2
 
 
 
 
 
ちなみにここは旧街道の旅籠を改造したお薬屋さんとの事でした。
 
 
いずれは小径車でゆっくり訪れてみたいものです。
 
 
木之本を出発した一行は相変わらずtac-phenさんの先導で湖東を南下するルートへと向かいます。
 
 
この時にめばる君さんに伺ったのですが。
 
 
  私:「今日は琵琶湖へ行くって家族の方には言ったんですか?」
 
 
  めばる君さん:「言ってないよ。ただ今日は遠くへ行くって言っただけ。晩ご飯は要らないよって。」
 
 
  私:「・・・・・・・・・・」
 
 
これは羨ましい環境と言っていいのでしょうかねcoldsweats01
 
 
その後もtac-phenさんの先導で暫く走ってやがて休憩。
 
 
 
 
 
25
 
 
 
 
 
湖北みずどりステーション」という道の駅です。
 
 
ここでは軽量化と水の補給だけで出発します。
 
 
これ以降は私が前を曵かせてもらったのですが、追い風という事もあってソコソコのペースで進みました。
 
 
しかし、長浜を越えたあたりから横風がキツくなって来て軽量の私は横に振られまくりで少々怖かったですよshock
 
 
これが琵琶湖名物の横風でしたね〜
 
 
そして彦根を越えたあたりの小さな農産物販売所で補給を兼ねた休憩。
 
 
ここでサラダパンを頂きましたhappy01
 
 
 
 
 
26
 
 
 
 
 
コーラにとっても良くあう味でしたね。
 
 
中身は有名な沢庵のマヨネーズ和え。
 
 
 
 
 
27
 
 
 
 
ゲテモノ扱いされている方もいらっしゃいますが、私には美味しかったですよhappy01
 
 
疲れていたからかもしれませんがね〜
 
 
ここを出た後はゴールへ向かうだけです。
 
 
 
 
 
28
 
 
 
 
 
湖東の東側はのどかな田園風景が延々と続きます。
 
 
やがてこのライドのハイライトである近江八幡の湖岸道路へ。
 
 
 
 
 
29
 
 
 
 
 
ここの道は国民休暇村へ抜ける旧道なのですが、少々のアップダウンを伴った素晴らしい道でした。
 
 
車も少なくて皆さんと色々お話ししながらマッタリと通過したものです。
 
 
この後は琵琶湖大橋に向かうだけです。
 
 
途中で終盤の頃には渋滞に巻き込まれつつも無事に4人は琵琶湖大橋を渡ります。
 
 
 
 
 
30
 
 
 
 
 
夕闇が迫りつつある中、どうにか日没までにライドを終える事が出来ました。
 
 
琵琶湖大橋の中央付近にある展望休憩所で通りがかりの学生さんを捕まえて最後の記念撮影を撮って貰いました。
 
 
 
 
 
31
 
 
 
 
4人とも良い顔でしょhappy01
 
 
大人になってこんな良い趣味と、お知り合いが出来てホント良かったですよ。
 
 
この後は無事に「道の駅琵琶湖大橋米プラザ」に戻って解散となりました。
 
 
お世話になったtac-phenさんは輪行で戻られ、めばる君さんは雄琴へheart01
 
 
そして私とひろさんはトランポに乗ってあれやこれやと話しながら帰路につきました。
 
 
ひろさんを無事に送り届けた後、私も家族の元へ。
 
 
非常に充実したライドでしたね。
 
 
アワイチに比べると充実感に欠けると言われるビワイチですが、こんな素晴らしいメンバーとコースなら又行ってみたいです。
 
 
出来れば湖北に桜が舞散る春にでも。
 
 
この日ご一緒したひろさん、tac-phenさん、めばる君さん、そして途中お別れしたユッキンさんhappy01
 
 
できれば春にも御一緒したいものですsign03
 
 
今後とも宜しくお願いしますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »