« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

気に入ってたのに・・・・

本格的に梅雨に入って休日が雨で潰れてしまう事が多くなって来ました。
 
 
私のただでさえ少ない休日が雨で潰れてしまうと非常に悲しい思いをします。
 
 
家でローラーやるにしてもせいぜい1時間弱だし、景色も変わらないし、美味しい物の食べ歩きも出来ないし・・・・
 
 
やはりローラーはトレーニング用で自転車を「楽しむ&愉しむ」物ではないな〜と思う今日この頃です。
 
 
でも少しでもカルマに乗っていたい時もあるので大切な物ではあるのですがね。

 
 
そしてこの時期に悩むもう一つあります。
 
 
それは「洗濯」です。
 
 
幸いに私の妻は自転車用のレーパン&ジャージを普通の洗濯物とは分けて、洗濯機の「手洗いモード」にして尚かつネットに入れて洗ってくれています。
 
 
高価な専用のウェアというのを理解してくれているので本当に感謝していますよ。
 
 
ちなみに妻は事前にパールイズミのウェア洗濯時の「サイクルウェアのお手入れ方法」を読んでくれていたのもありがたい事です。
 
 
しかし、この季節は部屋干しになるのは当たり前なのですがジャージはともかくレーパンのパッド部分がなかなか乾かないんですよね〜
 
 
自分で洗濯しないのに「乾いた?」などと無神経に妻に声を掛ける私はもしかしたらダメな亭主かも知れませんわ(*´ェ`*)
 
 
 
ちなみに私が暑い季節にメインで使用しているのはオーストラリアブランドの「2XU」です。
 
 
Dsc00579
 
 
もう皆さんご存知でしょうが、呼び方は「ツー・タイムズ・ユー」ですね。
 
 
もちろん製造は世界の工場「中国」ですが・・・・
 
 
オカメの使用する「ジャージ」はこれ。
 
 
Mc1647a_whtnlb
 
 
 
 
 
レーパン」はこれ。
 
 
Mc1037b_blkblk
 
 
 
どちらもシックなデザインでお気に入りなのですが、最近妻にある事を指摘されました。
 
 
それはレーパンについてです。
 
 
前から見ると何も無いのですが・・・
 
 

Dsc00580
 
 
問題は後ろの腿の部分にあるロゴです。
 
 
言うまでもなくブランドロゴというのはその製品を象徴する物で一番大切な部分と私は思うのですよ。
 
 
 
なのにです・・・・
 
 
なんと!使用1シーズンなのにロゴがはがれて来たのです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
 
 
Dsc00582
 
 
せっかく少々高価でも気に入って購入したのに「あんまりじゃあ、あ〜りませんか!(チャーリー浜風)」
 
 
以前から他の方のブログ等で海外ブランドの製品はロゴがはがれ易いと散見していたのですが、まさか我が身に降り掛かろうとは(´Д⊂グスン
 
 
ジャージの方は何ともないだけにショックですわ、全く。
 
 
一瞬代理店に抗議のメールをしようと思いましたが、大人の私は諦めました。
 
 
泣き寝入りじゃありませんよ!
 
 
もうこうなったら全部ペロ〜ンとなるまで着倒してやりますよ。
 
 
でも、もう一着他のを買っておこうかな・・・予算無いのに〜
 
 

 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年5月29日 (日)

楽しかった麦芽の会

昨晩は私の高校時代からの友人「MAGNA君」と久しぶりに麦芽の会(只の飲み会ですが)に行って来ました。
 
  
Imgp1014
 
 
ここ数年程顔を突き合わせて話す事が無かったので、始めはポツポツお互いの近況や仕事の事を語り合いやがて昔の様にベラベラと色んな事を話し合いましたよ。
 
 
午後6時過ぎに居酒屋に入店して店を出たのは11時40分(汗っ)
 
 
Imgp1015
 
 
その間二人で飲んだのは生ビール5杯と芋焼酎水割り19杯・・・
 
 
なぜ奇数かというとMAGNA君が途中で2回程「リバース」に行った際に私一人で一杯ずつ余分に頂きました。
 
 
当然その後は私の家で2次会になり程なく二人とも気絶。
 
 
今日の朝まで爆睡となりました。
 
 
日曜はあいにくの雨模様でしたのでこんな週末もたまにはアリでしょう。
 
 
ところでMAGNA君には事前に「オカメって言うハンドルネームでブログしてるねん」と伝えてあったので彼は私のブログを読んでいてくれていた様でした。
 
 
そして彼は「俺も自転車やる!」と酒の勢いもあって声高に宣言。
 
 
いや〜良いことですよ。
 
 
同年代のプラーベートの友人で自転車友達はえんま君だけだったので嬉しい発言でした。
 
 
実は今日はお天気が良ければ「南大阪ブロガー決起集会」の下見に明日香村へ行く予定だったのです。
 
 
あいにくの天気でしたので来週に持ち越そうと思っている事をMAGNA君に話すと「俺も行く!」との事。
 
 
幾ら何でも今までママチャリしか経験の無い彼がそれは無理(笑)
 
 
丁重にお断りしてまずは石川CL辺りをポタして50km位を走ってみようと提案しました。
 
 
自転車は私のクロスバイク「シラス」を一度レンタルしようと思っています。
 
 
さすがにロードは貸し出しできないですが、クロスなら彼も気軽に乗れるでしょう。 
 
 
出来れば今年中に彼とツーリングに出掛けてみたいものです。
 
 
そして彼を家に車で送り届け午前中はゴロゴロしてましたよ。
 
 
でも、二日酔いの頭も午後にはスッキリして夕方にしっかり40分ローラーには乗りました。
 
 
その後妻とスーパーに買い出しに出掛ける途中でいつものお店「サイクルショップ 金太郎」さんへちょっと寄り道。
 
 
101
 
 
最近ご結婚なされて幸せ絶頂の店長さんに「私の同い年の友人がロードバイクに興味があるのですが、おすすめはどれになるでしょうかね〜」訪ねた所、店長さん曰く「用品も含めて15万円程度の予算でしたら”GIANT TCR1”が間違いないでしょう。これはメインコンポがフル105でフレームは同価格帯の他社の物に比べて遥かにコストパフォーマンスに優れています。これより上はある程度の金額を出してカーボンバイクを検討された方がいいですよ。」
 
 
00000013_002
 
 
価格はお店で¥133,800-でフラットペダルも付いているので後はライトとテールランプ、サイコンをセレクトしてヘルメットを購入すれば乗り出し可能です。
 
 
大量生産メーカーで色々言われますがやはり世界最大の自転車メーカーで保証の面やメンテの面を考えるとGIANTが一番無難かと思います。
 
 
只、カラーリングに関してはイタリアンバイクには一日の長がありますが〜
 
 
MAGNA君の場合、初めてのロードバイクでスロー転倒や立ちゴケも経験するでしょうから取り扱いに気を付ければならないフルカーボンは少々ハードルが高いかと思います。
 
 
かといって、私の様にクロスバイクから入って行くとしばらくすればロードバイクが欲しくなるのは目に見えています。
 
 
MAGNA君は最近肉体トレーニングに興味がある様なので、せっかくなら自転車に乗ってもらいたいものです。
 
 
この記事、彼は見てるかな?
 
 
今度時間があれば一緒に自転車屋さんに行ってみようかと画策中です。
 
 
仲間が増えるといいんですがどうなる事でしょうか(笑)
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年5月25日 (水)

必要になったガジェット達

昨晩と同じく、今宵も娘の塾へのお迎えまでの時間を利用して更新しています。
 
 
昨晩は娘が戻ってから二人で夕食を差し向かいで食べつつ、今回のあまり良くならなかった成績について彼女なりの見解を語ってくれました。
 
 
私は前回と違って落ち着いて彼女の話を聞く事ができました。
 
 
というのも今回娘は言い訳を一切せずに、前回と勉強方法を変えてみて少し良く無かった所があった事や前回の勉強方法の良い部分をミックスすれば今後理解度が上がると気づいた事を冷静に語ってくれたのです。
 
 
私はあまり口を出さずに「それなら次回は期待して大丈夫かな?」とだけ問うと娘は「まあ、見といて」との事。
 
 
次回の試験は夏休み前にあるのでそれまでに何か考える所があるのでしょう。
 
 
勉強だけでなくクラブの方も先輩の引退等がこの先あるので負担が増すでしょうが、若さで乗り切ってもらいたいものです。
 
 
 
 
 
さて、自転車ですが私はカルマに乗り出した頃はあまり自転車にパーツを付けていませんでした。
 
 
というより何を付ければ良いのか知らなかった事もあります。
 
 
取り敢えず前方用のライトと後方用のレッドライト、そしてボトルケージ位でしたか・・・
 
 
やがて、ロードバイクでスピードが解る様にと速度計を付け、乗り込んで行くうちにケイデンスも知りたくなったのでスピード&ケイデンスメーターに交換。
 
 
次は結構遠くに行く様になったので、パンク修理キットと予備チューブをサドルバッグに入れて取り付け。
 
 
もちろん携帯ポンプもボトルケージ横に取り付けました。
 
 
この他にトップチューブに取り付ける「トピーク トライバック」も出先によっては取り付けて小物を入れて出掛けていました。
 
 
最近はあまりパーツを増設する事は無かったのですが、この頃良く利用する石川サイクルラインでどうしても必要を感じたものがあります。
 
 
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、石川CLは南大阪サイクリストにとても馴染み易く利用が手軽にできるサイクリングロードです。
 
 
名前も「サイクル ライン」と銘打っているのですから当たり前でしょうが。
 
 
しかし、このサイクリングロードはジョギングをする人や散歩を楽しむ方も大勢います。
 
 
前方からはともかく、この方々は後方には全く気を配っていません。
 
 
それとひどいのになるとママチャリで狭いサイクリングロードを並走しながらヨタヨタ漕いだり、ペットのリードを左右一杯にゴールテープの如く延ばしてペットの散歩をしている人もいます。
 
 
はっきり申してサイクリングロードにはいらない人たちなのですが、その点は仲良くシェアして行きたいとは思っています。
 
 
この様な方々はとにかく後ろから何が来ようと気づかないのでこちらの接近を知らせないといけません。
 
 
そのためロードバイクには不似合いなベルを取り付けて利用しています。
 
 
ちなみに一般公道を利用するブルベ等のイベントでは着用が義務づけられていますね。
 
 
私のものはこれ。
 
 
Dsc00577
 
 
BBB イージーフィットベル」です。
 
 
ベルとしては高価と思うのですが、音は南部鉄の風鈴の様に良い音がします。
 
 
大概の歩行者はこれで後ろを振り向いてくれるのです。
 
 
大声で「どけ!」とか「邪魔や!」などと怒鳴ると、このご時勢では刺されるかもしれないのでスマートなグッズと思うのですが如何なものでしょうね。
 
 
 
 
それと最近他の方と御一緒にライドする機会もあって、前を走っている時に後ろを振り返って確認する時結構怖いな〜と感じていたのでこんなものを。
 
 
Dsc00578
 
 
ゼファールのドロップハンドル用のバックミラーです。
 
 
「ちゃんと見えるんかいな?」と思っていた私はいつものお店「サイクルショップ 金太郎」さんでこれをお借りして試乗してみました。
 
 
その結果、小さいですがミラー面にちゃんと後方が写るので簡易な後方確認には十分と判断。
 
 
その場で購入しました。
 
 
これは合同ライド用なので一人で走る時は外して行きます。
 
 
これらの小物達はサーキット走行の時などは全て取り外すのですが、その時は「こんなに付けんでもええもんやけどな〜」と思うものです。
 
 
しかしその反面、一般公道を少しでも安全に走りたいので少々カルマの外見が悪くなっても利用して行こうと思ってます。
 
 
それに来月は「南大阪ブロガー決起集会」もありますしね(笑い)

 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村


2011年5月24日 (火)

えっ!?

先日の事、私のローラートレーニング終了後に妻が「私もやってみようかな?」と私に話しかけて来ました。
 
 
「お〜ええよ〜いつでもセットするで!」と私。
 
 
ここで妻は「でもこの変な金物(クリートの事)付きの靴がいるんやろ?これ高い靴ちゃうの?」と。
 
 
正直に高い靴と言えば私の散財もバレてしまうので、その辺はごまかしておきました。
 
 
取り敢えずもうちょっとバイクに興味が出て、妻自身の夏のボーナス(私はありませんが普通の会社の正社員の妻には出ます)が支給されたら考えるとの事。 
 
 
いままでロードバイクに全く興味の無かった妻がこんな事を言い出すとは意外でした。
 
 
「えっ!?」
 
 
って言う感じです。 
 
 
彼女がそうなったのを私が考えるに最近ライドの際には100km前後を自転車で走り、色んなお店でお土産を必ずバックパックに収納して帰宅する私の姿が楽しそうに見えるのでしょうか。
 
 
当然お土産は妻と娘の物ですので私の分は無いのですから献身的な夫の態度に感動したのかも?
 
 
まあ〜それは絶対にないでしょうが(笑)
 
 
それにブログを始めてから世の中には沢山のサイクリストが存在し、私がローディーを見かける度に「お、あのバイクはどこそこのメーカーや」などと解説する物だから感化されたのかもしれません。
 
 
これはもしかしたら断続的に同じ情報を見たり聞かされたりすると、洗脳されるサブリミナル効果があるのかもしれません。
 
 
ん〜これは夫婦ライドもいずれは現実するフラグが立ったのかもしれませんね(^^)
 
 
しかし、そうなったらなったで当然妻の体に合わせたバイクやウェア類も必要となる訳で、カルマの後継機がド〜ンと遠ざかってしまいますね(涙)
 
 
どちらを取るか悩ましい所です。
 
  
  
 

 
 
ところで、先日までの娘の定期試験の結果が帰って来ました。
 
 
私は前回のテスト返却時に結構激しく怒ったので、今回はとにかく娘のやる気が出る様言葉少なめに激励して来ました。
 
 
・・・・・その結果、前回よりちょっとだけ良くなったのですが本当に少しのアップでした。
 
 
ここ2週間程の勉強する姿を見て密かに期待していた私は、
 
 
「えっ!?」 
 
 
っていう気分です。
 
 
今現在娘は塾に行っているので帰ってからどう声をかけるか悩み中です。
 
 
あ〜決して今回は怒鳴ったりしないですし、怒らないつもりなので悪しからず。
 
 
なるべく落ち着いて次回に向けてどう取り組むのかを3人で相談するつもりです。
 
 
あまり期待を掛けて悩ますのもかわいそうですもんね。
 
 
でも、目標の高校が遠ざかっている様で少し残念な気分です。
 
 
 
 
 

 
 
最後に、新調したローラー専用タイヤに付いて続報をば。
 
 
TACX純正のローラータイヤという事で、安心して使用を開始したのですが思わぬ落とし穴が。
 
 
ビットリアのタイヤにはダイナモとの設置面になる所に細いグルーヴが掘られていました。
 
 
そしてビットリアにはタイヤセンター部にゴムのヒゲやヒダヒダは全然無くて最初は静かで溶けも少なく「やっぱ専用品やな〜」と感心したものです。
 
 
しかし、今回のTACXの物はタイヤのダイナモ接触部(要はタイヤセンター)にグルーヴなどは無くツルンとしていておまけにヒダヒダが結構付いていました。
 
 
Dsc00573
 
 
これが宜しく無かった。
 
 
音については少しノイズが増えたかなと言う位ですが、ヒダヒダが問題です。
 
 
最初にハサミかカッターで切り取っておけば良かったのですが、これがローラートレーニング中に結構飛び散るのです。 
 
 
Dsc00572
 
 
写真では解りにくいでしょうがその量は結構
 
 
「えっ!?」
 
 
っていう量です。 
 
 
おまけに背中にも付くし・・・
 
 
今日で3日目ですがまだ少々残っているので、しばらくはヒダヒダかすを掃除しないといけないです(涙)
 
 
カッターで切ろうと思いましたが、ネタになるのでこのままヒダヒダが全部無くなるまで乗ってみますよ、ええ。
 
 
ちなみに気になる表面の状態ですが、今日の夕方は結構暑かったものの溶けている様子は無かったのでその辺は一安心です。
 
 
やはりタイヤ専業メーカーが作る専用タイヤと、ローラー台を作っているメーカーが作る専用タイヤには取り組むスタンスの違いが感じられますね。
 
 
ほんま色々勉強になりますわ。
 
 
と言ってる内にもうすぐ娘の塾の終了時間ですので迎えに行ってきます。
 
 
どうやってテストの話を切り出そうかな?
 
 
 
 
 

 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村  

2011年5月23日 (月)

TACX&TACX

そろそろ梅雨の季節がやって来ていて、サイクリストには悩ましい季節が到来します。 
 
 
この時期は「穀雨」と言う位ですからしっかり雨が降らないと農作物の成長に悪影響が出るので、大切な雨です。
 
 
でもでも!週末だけは晴れて欲しいものなんですよね〜
 
 
という訳でこの季節のローディーの楽しみであるローラー台の登場となるのですが、私のローラー台のTACXーSATORIにはカルマに専用タイヤを履かせて乗っていました。 
 
 
1
 
 
ビットリアのローラー専用品でしたが、最近目に見えてトレッド中央が溶けていて、ゴムかすが盛大に出ていました。
 
 
2
 
 
ローラーに乗る度にゴムかすを清掃していましたが、これも寿命だと買い替えを決意。 
 
 
かれこれ1年半位ローラーの摩擦に耐えていてくれたので「お役目御苦労さん」と労りの言葉とともに退役してもらいました。
 
 
そして先週末の仕事上がりにウエパーに行って購入したのがこのTACXトレーナー用タイヤ。 
 
 
3
 
 
ノーマルタイヤでローラーに乗るとSATORIは異常にタイヤが溶けるので専用品が必要なのです。
 
 
そして昨日ビットリアと交換。
 
 
ちなみに私は若かりし頃、オートバイのモトクロスに熱中していて競技専用のモトクロッサーのホンダCR125で飛んだり跳ねたりしておりました。
 
 
整備はほとんど自分でしていたので当然パンク修理やタイヤ交換も自分でやっていたのです。 
 
 
モトクロッサーのゴムの塊の様なブロックパターンのタイヤ交換やチューブ交換をしていた私には自転車の薄いゴムのタイヤ交換など何の苦労もございません(^^)
 
 
という訳で、サクッと交換。
 
 
4

 
 
しかしここで問題が・・・
 
 
私は仕事柄、色彩検定3級を取得しているのですがどうにも青のタイヤがカルマにマッチしていない。
 
 
「やはり赤のビットリアをもう一回購入した方が良かったかな?」と思ったのですが、かすかな希望の赤が!
 
 
5
 
 
もう無理矢理の固辞付けです(^^)
 
 
しかし実際にローラー台にセットしてみると青のタイヤもポップで良いかも〜
 
 
6
 
 
屋内のローラートレーニングなんて他人が見る事なんて無いのに、妙にカラーコーディネートに拘って無駄な思考時間を過ごしてしまいました。
 
 
そして新しいTACXのトレーナー用タイヤのインプレを少し。
 
 
ビットリアに比べるとビード部分が若干硬めで、はめる時にタイヤレバーを3〜4回使用してしまいました。 
 
 
ちなみにビットリアの時は1回だけではめられたのですがね。
 
 
肝心の実使用時ですが、皮むき初期使用時のゴムかすが結構多い。
 
 
やはりタイヤ専業メーカーではないのでこの辺はビットリアに軍配が。
 
 
その他に音が若干大きくなる等のデメリットがありますが、せっかくTACXでお揃いにしたのでビットリア同様限界が来るまで使用するつもりです。
 
 
膝の状態が心配だったので日曜日はゆっくりローラーに乗ったのですが、痛みの再発は取り敢えず無い様です。
 
 
徐々にピッチを上げて以前の様なローラートレーニングができればな〜と思っています。 
 
 
それに、来るべき「南大阪ブロガー決起集会」に向けて体力作りも必要ですし(^^)
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村  

 
 

2011年5月22日 (日)

今日は雨!

本日は結構早起きして、AM5:00に起床。
 
 
天気予報がどうにも雨なのでせめて午前中にランだけでもと・・・
 
 
朝刊を読みつつ日曜も練習試合がある娘は妻と共にしばらくして起床。
 
 
「おはよう〜」と三者三様のご挨拶。
 
 
のんびり朝刊を見る私と、朝食を準備してくれる妻、そしてクラブの準備にバタバタする娘。
 
 
オカメーズ一家は休日の方が慌ただしく。
 
 
やがてAM6:00位から雨がパラパラ。
 
 
最近の天気予報は当たるのか当たらないのか・・・・
 
 
でも雨は降ってるので本日の私のランは中止。
 
 
ついでに妻のランも中止。
 
 
でも厳しいクラブ顧問の率いる公立中学のバスケ部の娘は、おかまい無しに家を出る。
 
 
先日、定期試験が終わった所ですが、定期試験中にクラブは無かったので少々久しぶりのバスケに娘は嬉しそうでした(^^)。
 
 
数日後に定期試験の結果が出るので、それまでは期待と不安が一杯な小市民の私です(^^)
 
 
娘がいない我が家では妻がやり残した仕事の残業、そして私は皆様のブログのチェック。
 
 
私が一番ダメなのは解っているので突っ込みは無しにして下さい人( ̄ω ̄;) スマヌ
 
 
やがて昼食の時間になったので、妻と自宅近くにある食べログで有名なうどん屋さんに出掛ける事にしました。
 
 
石津にある「はちまん」。
 
 
私はうどんや蕎麦が大好きなので、ここは以前から気にはなっていたのですが妻の用意する休日料理に甘えてしまってすっかり外食する事が無くなっていたので、久しぶりの夫婦水入らずの外食になりました。
 
 
人気店なので午前11時にはお店に着きましたが既にお店はほぼ満席。
 
 
雨天にも関わらず人気店はすごいですわ。
 
 
取り敢えず私も妻もカツカレーうどん定食をオーダー。 
 
 
食べログの写真を見てこれだけが食べたかったのです。
 
 
ゆであがるまで10分程まって、それから盛りつけられてサーブ。
 
 
00
 
 
定食をオーダーするとつゆだく温泉卵がセットになります。
 
 
肝心のカツカレーうどん。
 
 
01
 
 
揚げたてのカツのおかげで夫婦で咥内やけど(^^)
 
 
でもマジでウマーでした。
 
 
最近妻と水入らずで外食する事が無かったので、改めてお互いの仕事の事や趣味の事を語り合えて良かったです。
 
 
今現在、娘に「なんで二人だけで美味しいもの食べに行くの!」と叱られ中なのですが、私は開き直って「お前も結婚したらやればええやん〜」と。
 
 
自転車に全然関係ないのですが、雨の日曜はこんな記事でも良いでしょう(^^)
 
 
他にローラーの事や、来るべき「南大阪ブロガーライド決起集会」の事について書く事があるのですが明日以降に・・・
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年5月21日 (土)

定期的に

自転車とは関係ないのですが、娘の定期試験が無事に(?)終了しました。
 
 
前回の試験でかなり点数が悪かった娘にハッパを掛けたのが試験2週間前で、今回娘は自分なりに努力してましたよ。
 
 
中学2年くらいになると一部の教科で教える事が出来ないバカオヤジには少々歯がゆかったですが、真剣に勉強する娘を見て少々嬉しいオカメーズでした。
 
 
昨日は工場の近くにあるケーキ屋さんで娘の努力を私なりに認めるケーキを購入。
 
 
Dsc00553
 
 
うちは3人家族なのですが、今回は娘と妻の物だけです。
 
 
何故かというと今週は私、痛めた膝を回復するべくノーローラーでしたので自戒の意識でスイーツ断ちおば(^^)
  
 
ローラーに乗れなかったのは他の理由があるのですが、それはまたの機会に。
 
 
そして先日堺市が行なう40歳以上の定期健康診断、いわゆる500円検診の結果が出ました。
 
 
ここでオカメーズスペックを公開。
 
 
 
身長:160cm
体重:51kg
BMI:19
ウェスト:67cm
最高血圧:120
最低血圧:70
平常時脈拍:48
 
 
 
ざっとこんなところで、γ-GDPや血糖値は正常範囲内でした。
 
 
ただし赤血球の数が少ないのと、善玉コレステロールが異様に多いと先生に伺いました。
 
 
先生曰く「オカメーズさんは実業団のマラソン選手に近い数値ですね〜」との事。
 
 
喜んでいいんですよね?(^^)
 
 
最近はランより自転車に乗る機会が多いのですが、世間のサイクリストの方々もそんなもんなんでしょうかね?
 
 
取り敢えずは先生にガンガンスポーツを楽しめる体と伺いましたのでこれからも自転車を楽しんで行きますよ!
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村  

2011年5月19日 (木)

小さいなりに考える

今回の表題はSTIレバーのリーチですが・・・
 
 
私は体も小さいのですが、当然手も小さいのです。
 
 
カルマがスイスから来た際は、ハンドルが400ワイドのアナトミック形状の物がアッセンッブルされていました。
 
 
Img_0048
 
 
私の体格的にハンドル幅は丁度良かったのですが、アナトミック形状が宜しく無かった。
 
 
STIレバーが遠いのです。
 
 
そこで取り急ぎハンドルをリーチ&ドロップ共に小さな物が無い物かとネットで物色したのです。
 
 
そしてこの時に「サイクルショップ金太郎」さんに出会いました。
 
 
ウェブの問い合わせで小さな手にフィットするハンドルを探していると問い合わせるとすぐさま「このハンドルがベストです」との返信が。
 
 
それが「FSA Wing-Pro White コンパクト バー」でした。
 
 
Img_1703
 
 
何度かメールをやり取りしているうちに私はここの店長さんのファンになってしまいました(^^)
 
 
今では私のカルマの主治医になってもらっていますがー
 
 
そして、ウェブで注文して実際の店舗で購入した後に自分でハンドル交換しました。
 
 
「どれくらい効果があるのかな?」と思いつつハンドルを交換してビックリ。
 
 
いわゆる「丸ハン」と言われる形状でしたが、アナトミックに比べると小さな手に非常に使い易い!
 
 
ハンドルとしては高価でしたが、重量も軽く非常に満足した買い物でした。
 
 
しかし、これだけでは私の手にはまだ旧105のSTIが大きく感じたので、当ブログにリンクを頂いた「めばる君」さんの随分前のエントリーを参考にさせて頂きました。 
 
 
それがこのスペシャライズドの「スリムシム」です。
 
 
Dsc00522
 
 
単にレバーの上げ底にするパーツなのですが、やはり専用品なので安心して使用できます。
 
 
ちなみに使用前。
 
 
Dsc00527
 
 
使用後。
 
 
Dsc00534_2
 
 
かなりハンドルリーチが短くなりました。
 
 
装着はブラケットとレバーの間にシムを両面テープで固定するだけなので至極簡単。
 
 
Dsc00529
 
 
Dsc00530
 
 
実際、先日の岡山エンデューロで使用してみて明らかにブレーキングやシフトがし易くなりました。
 
 
めばる君さんに本当感謝です(^^)
 
 
この他にも体が小さい故に苦労する事があるのですが、それはまたの機会に。
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村


2011年5月17日 (火)

ラブストーリーは突然に 後編

さて、無事に合流を済ませた私達は目の前の獲物さんのTREK氏をパスして一路「石釜パン工房 愛」へと向かいます。
 
 
パン屋さんの内容はたーちゃんさんが詳しく解説なされているので是非食べログの口コミ欄をご覧下さい(^^)
 
 
それにしても今回は夢のカルマ2台の競演。
 
 
しかもサドルは同じスペシャのトゥーペ。
 
 
ついでに私とすず虫さんはヘルメットが同じセレーブ・マトリックス。
 
 
ん〜ここまでシンクロ率が高いと端から見ると「ホ○」?
 
 
それは断じて違いますがー
 
 
ここで今回のタイトルですが、「ラブストーリー」の「ラブ」はこの「石釜パン工房 愛」の名前から取っているので、くれぐれもすず虫さんとの関係をお疑いなされぬ様(^^)
 
 
道中は今回結構ヒルクライムを頑張ってお店まで私が先着させて頂きました。
 
 
28
 
 
すず虫さんを待っている間にここのお店の木で出来た特製サイクルスタンドに先にカルマを装着。
 
 
19
 
 
こうしたサイクリストへの優しい気遣いは非常にありがたい物です。
 
 
やがて「ゴ〜ル!」という叫び声と共にすず虫さん登場。
 
 
18
 
 
何気に簡単に手放し走行されているのにビックリ!
 
 
実は私は未だロードバイクて手放し出来ないのです・・・・・
 
 
いつかは手放し(安全な場所でね)出来る様になりたい物です。
 
 
そして、すず虫さんのカルマも木製スタンドへ。
 
 
20
 
 
ん〜2台のカルマの後ろ姿はセクシ〜
 
 
ちなみに旧105STIユーザーの特権も。
 
 
21
 
 
触覚が無いと出来ない技ですよ(負け惜しみ?)
 
 
そしてお目当てのパンを購入しにお店に入ります。
 
 
中には大きな石釜オーブンが。
 
 
22
 
 
結構お店の職人さんが早いペースでパンを焼き上げていました。 
 
 
商品棚はこんな感じ。
 
 
23
 
 
とれたての卵も。
 
 
24
 
 
店内は4〜5人のおばちゃんグループがいて写真を撮るのに難儀しましたよ。
 
 
おまけにドリンクバーの準備をしている間に会計の横入りするし・・・
 
 
ちなみに家族のお土産にパンを4つ、そして私が食べるのにピザを1つとパンを2つ。
 
 
一つ目は揚げドーナツ。
 
 
25
 
 
ウマー!
 
 
そして石釜で暖められたバターチーズパンとピザ。
 
 
26
 
 
27
 
 
ウマー!ウマー!!ウマー!!!
 
 
腹ぺこだった私はパクパクと速攻完食しましたよ。
 
 
そして200円飲み放題のドリンクバーで何度もお変わりしながらすず虫さんとマッタリトーク。
 
 
「あ〜足売り切れや〜、乳酸痛い〜」とすず虫さん。
 
 
私のせいでは無いのであしからず。 
 
 
木製のデッキとチェアーでくつろいでいると、色々なお話をすず虫さんから伺いました。
 
 
ほとんどここには書けないのですが、中にはチェアーから転げ落ちそうになる衝撃の事実も(ここで矢追ジュンイチのUFO番組のテーマが、チャララ〜チャララララ〜ドーン)。
 
 
まあそれは置いといて、身体が冷えないうちに次の目的地の農場公園「たわわ」へと向かいます。
 
 
31
 
 
「たわわ」まではそんなにキツイ登りも無くて前を交代しつつ2台のカルマがランデブー走行。
 
 
もうそろそろ着くかな〜と思っていると突然すず虫さんが「話が違うぞアタック」!
 
 
さっきまで「食ったピザが口から出る〜」と騒いでいたのは誰ですか?
 
 
ここから激踏みがスタートしますが、平坦&下り基調にすず虫さんはドンドン前へ行きます。
 
 
特に下りが追いつかない!
 
 
私は風が吹く度に下りでもペダルを踏むのにすず虫さんはサ〜っと。
 
 
少々私は遅れて「たわわ」に到着。
 
 
32
 
 
私が「早いな〜」というとすず虫さん曰く「体重の勝利です!」と。
 
 
ちなみに私とすず虫さんは20kg位の体重差がある事が判明。
 
 
ん〜下りでは重い方が得という噂は本当だったか!
 
 
ここでも二人でゴニョゴニョ話してやがて出発。
 
 
後は旧170号線を「登りは嫌や〜」と二人で合唱コンクールしながら帰路につきました。
 
 
旧170号線には「チギレ坂」と呼ばれる斜面があるのと、有名なしだれ桜があるのをすず虫さんに教えてもらいました。
 
 
さすがにこの辺を庭に走り回っておられるので良く知ってはりますわ。
 
 
勉強になったな〜
 
 
途中、鍋谷峠を横目に見つつ最後のコンビニ休憩。 
 
 
33_2
 
 
ここではアイスを食べて最後の軽量化をして出発。
 
 
34
 
 
岡山のレースで痛めた右膝が宜しく無かったのでなるべく平坦な道をすず虫さんに先導してもらい。ベスピア近くでお別れしました。 
 
 
突然のライドのお誘いでしたが非常に楽しかったです。
 
 
それとすず虫さんの裏道ルートガイドに感謝感謝(^^)
 
 
別れ際にガッチリ握手して又のライドを約束して家に帰宅。 
 
 
右膝は現在は大丈夫なのでこれから鍛えていかないといけないですね。
 
 
今回の80km程度のライドで痛みが出ない様にしないと。

 
 
最後にすず虫さん、本当にありがとうございました。
 
 
次回も楽しみにしてますね!

 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年5月15日 (日)

ラブストーリーは突然に 前編

本日は絶好の行楽日和でした。
 
 
しかし、私の娘は現在試験期間真っ最中。
 
 
一つ前の定期試験で点数が大幅ダウンした娘と大喧嘩して「次の試験でリカバリーできなければ高校受験やめとけ!」と怒鳴った私は娘の試験勉強を邪魔してはいけないのでライドに出掛ける事にしました(正しいのかな?)。
 
 
私の学力では中二の娘に教える事は少ないので姿を消す方が良いのですよ。
 
 
そんな訳で朝6時に起床した後、色んな方のブログを巡回して日曜の日課、10kmランに出掛けました。
 
 
どうも先般の岡山エンデューロの際に痛めた右膝が調子よろしくないのでゆっくり走ります。
 
 
自転車もあまり斜度のきつく無い牛滝コースを前日にセレクトしていたので「まあ大丈夫かな〜」という感じでランを済ませて帰宅。
 
 
帰宅すると最近ランに目覚めた妻が、私の出発直後に別のコースを走りに行ったそうで起床後に勉強を始めた娘が迎えてくれました。
 
 
娘は「お父さん、自転車で遠くに行くのなら美味しいものプリーズだよ」と言うので「任せとけ!」といそいそとランニングウェアからレーパン&ジャージへと変身。
 
 
バックパックに携帯を放り込もうとするとメールの着信が。
 
 
すず虫さんでした(^^)
 
 
前回のブログ記事で私が牛滝に行くのをチェックされていた様で、適当に牛滝で落ち合いましょうと適当に堺を出発。
 
 
すず虫さんは私より随分と早めに牛滝に向かわれている様だったので、国道26号線を下ハン握って取り敢えず河合町交差点を目指します。
 
 
26号線を南下して岸和田で左折した後はひたすら牛滝方面へ向かいます。
 
 
いつもの牛滝方面風景。
 
 
11
 
 
堺からのアプローチはこちらの道が手っ取り早く坂も無いのです。
 
 
ユルユルと走ってやがて河合町交差点。
 
 
12
 
 
ここですず虫さんに「今どこ?」メールをすると、いよやかの郷TTスタートポイントにいるとの事。
 
 
私は返信で「山麓苑で待ってます〜」とメール。
 
 
13
 
 
これが宜しく無かった(^^)
 
 
すず虫さんは山麓苑をご存知無かった様で・・・
 
 
取り敢えず河合町の交差点まで私が降りて行ってそこで落ち合う事に。
 
 
本日の気温。
 
 
14
 
 
もうすっかり春で暑かった〜
 
 
河合町交差点ではツバメさんが沢山いました。
 
 
15
 
 
のんびりすず虫さんを待っていると、やがて合流。 
 
 
「おひさしぶり〜」と私が言うとすず虫さんは「アプローチの仕方が難しかったですな〜」との事。
 
 
ん〜次からは合流ポイントを考えないといかんですな(^^)
 
 
ちなみにすず虫さんは私と合流する前に既に牛滝TTを3回やっつけたとの事!!
 
 
何をしてくれるんや〜全く(爆)
 
 
そんな状態で私とライドをしてくれるすず虫さんに感謝すると同時に「ワシも10kmランしたからおあいこじゃん〜」と心の中でつぶやく・・・
 
 
そうして本日のメインイベント、蕎原山荘の「石釜パン工房 愛」へピザを食べに向かいます。
 
 
さて、ここからはすず虫さんとのヒルクライムTTですよ(^^)
 
 
前回の金剛RWでちぎられているので、仕返しせねば!と頑張りました。
 
 
16
 
 
出発直後、TREKのローディーの方を前方に確認して「ちょっと泳がせときますか」とすず虫さんが言ったのですが、私は「運動しましょう!」とアタック。
 
 
そして石釜ピザを目指す楽しいライドは幕を開けたのでした。
 
 
 
 
相変わらず記事をまとめるのが下手な私は記事を前編、後編に分けてしまいます。
 
 
すず虫さんは一つの記事で上手くまとめてるのにね〜
 
 
続く。
 
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

 
 
 
 

2011年5月14日 (土)

ローラーに乗る楽しみ

ぼちぼち雨が多くなる季節で、自転車乗りには悩ましい季節が来ました。
 
 
雨が大好きな愛知県のスーパーランドナーさんを除いては多くのサイクリストにとって悩ましい季節になりますね。
 
 
本日は天候も良くて絶好の自転車日和でしたが、カレンダーの赤い日付以外は仕事の私はまじめに仕事を済ませ、帰宅後にローラー。
 
 
13
 
 
何とか今週は週3ローラーが出来ました。
 
 
私はローラーに乗る日には何かしらのスイーツを食べる様にしているのですが、本日は最近お気に入りのパン屋「麦蔵」のパンを購入してパクリ。
 
 
11
 
 
ここは浅香山にあるマイナーなパン屋さんなのですが、最近私のお気に入りです。
 
 
とにかく、ボリュームがあって美味しいのとローコストな点。
  
 
写真のパン全部で¥1,200-也。
 
 
三人家族にはとても財布に優しいです。
 
 
しかも、写真中央のお皿のパンは無料試食品でレジで会計の際に小さなビニール袋に詰められだけ持って帰れるシステム。
 
 
12
 
 
試食の分だけでオカメ一家のおやつになりましたよ(^^)
 
 
そして、食べたら消費という事でローラーに乗って、ある事に気づきます。
 
 
当ブログにリンク頂いてるたーちゃんさんがサドルの交換を検討されているとの事。
 
 
以前のアワイチの際にピナレロのクアトロと私のカルマとのカラーリングが似ているな〜とたーちゃんさんに指摘されましたので、改めて私のサドルを紹介。
 
 
14_2
 
 
スペシャライズドのトゥーペです。
 
 
赤×黒×白のカラーリングにマッチしていると思って購入したのですが、さすがにスペシャのBGテクノロジーに寄って製作されているのでお尻&陰部に優しいです。
 
 
現在非常に満足して使用中ですが、「赤色が無いやんけ!」との指摘もあるかもしれませんのでこのショットを。
 
 
 
15_2
 
 
 
辛うじて赤色をキープ(^^)
 
 
こうして私のカルマのカラーコーディネイトは完結しているのです。
 
 
...しょうもない話題で申し訳ありませんでしたね〜
 
 
明日は天気も良さそうなので牛滝にでも行こうかと思っております。
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年5月11日 (水)

こどもの日のブロガーライド 後編

さて、「大和屋敷」でおばちゃんと、オーナーご主人との会話を楽しんだ後は再び自転車ライドです。
 
 
ここから再び、ひろさんの高速ケイデンス前曵きがスタート。
 
 
26
 
 
ひろさんのブログで、御自分ではいつもに比べて心拍も平均速度も高い方だと言っておられましたが、私にも結構なハイペースでしたよ(^^)
 
 
壺阪寺駅をパスしてからは黙々と飛鳥へと向かい、ちょっと早めの午前11時に昼食ポイントの「一源庵」に到着。
 
 
27
 
 
このお店も蕎麦が売り切れ次第終了のお店なので早めに到着して何となく安心。
 
 
お店に入るとそそくさと注文。
 
 
ひろさんは盛りそば大を注文して、私はここの名物カメソバをオーダー。
 
 
何がカメソバなのか?
 
 
それは・・・
 
 
28
 
 
これがカメソバの全容。
 
 
そして名前の由来は器だけ(^^)
 
 
29
 
 
そう、器の形がカメの甲羅になっているって言うだけです(爆)
 
 
でも、ここの蕎麦は正直美味しかったです。 
 
 
蕎麦好きのひろさんが「ん〜この蕎麦は出石蕎麦の淡白な感じに似て美味い!」と仰っておられたので美味いのでしょう!
 
 
ちなみにグルメでも何でもないオカメーズは普通に「美味しい〜」ってな感想でしたが。
 
 
食後はお店の中で再び機材トークに花を咲かせて、蕎麦湯を飲んだ後は再びライド。
 
 
飛鳥の駅前を抜けて天武&持統天皇領を脇目に走ります。
 
 
30
 
 
私は古代史が結構好きな方なので、ひろさんに「天武天皇と持統天皇って夫婦で一緒のお墓に入って幸せですよね〜」と話したのですが、ひろさんは「ほう〜そうなんですか〜」とあまり興味無さげ。
 
 
 
道中の「川原寺跡」も記念にパチリ。
 
 
31
 
 
程なく石舞台に到着しました。
 
 
32
 
 
ここも、蘇我蝦夷の謂れの場所なのですが自転車談義に花が咲きまくり。
 
 
これぞ自転車ブロガーライドの醍醐味ですよ(^^) 
 
 
石舞台は有料施設なので周りが柵で覆われているのですが、ひろさんはさすがに何度か訪れているので入場せずとも写真が撮れる撮影ポイントを教えてくれました。
 
 
ありがたい事です&次回からこの場所を使わせて頂きますね。
 
 
そして、ここを出発した後はひろさんの安心ガイドが再びスタート。
 
 
「甘樫丘」を脇目に「水落遺跡」や「雷の丘」を尻目に最終目的地の法隆寺へと向かいます。
 
 
道中の24号線は大阪に比べて信号が少なくて快適にライドを進めます。
 
 
やがてひろさんは「ここから大和川沿いを行きますよ〜」と脇道に逸れるのですが、これがまた自転車には気持ちいい道でして。
 
 
34
 
 
石川CLの様に自転車向きに整備された道ではないのですが、ほとんど車や歩行者もいない快適ルートでした。
 
 
ん〜、ひろさん良くルート開拓されてます〜
 
 
あとで伺うと、葛城自転車道や他のルートに比べると24号線&大和川沿いがベストだとの事。
 
 
十分納得させて頂きました、
 
 
やがて最終目的地の法隆寺に到着。
 
 
35
 
 
ここで私は家族のお土産用、柿の葉寿司を購入してひろさんと帰途につきます。 
 
 
大阪サイクリストとしてはここから裏葡萄坂に向かうののでしょうが、微妙に足が売り切れていた大人の私達は素直に国道を石川CLへと戻りました(^^)
 
 
無事に石川へ戻った私達は自販機の缶ジュースでカンパ〜イ!
 
 
36
 
 
その後もお互いの走行スタイルや、ローラー台トレーニングについて自転車談義をしましたよ。
 
 
ひろさんは自転車について本当にまじめに取り組まれていて、私は終止感心しきりでした。
 
 
これなら、居酒屋オフ会でも十分お話が楽しめそう〜
 
 
いずれはそういったブロガーミーティングもしてみたいものです(^^)
 
 
そしてお名残惜しいのですが、ここで今回のライドは終了。
 
 
お別れしてお互いに帰路へとつきました。
 
 
私にとっては3度目のブロガーライドでしたが、その全てが楽しく満足の出来るライドでした。
 
 
それも全てメンバーに恵まれての結果でしょう。
 
 
自転車ブログをしていて本当に良かったと思いましたよ。
 
 
この様な素敵な出会いがあるのなら、これからも積極的にブログをして行きたいと思うオカメーズということで今回はお開きに(^^)
 
 
最後に、ひろさんへ。
 
 
楽しい時間をありがとうございました。
 
 
また機会があれば遊んで下さいね!
 

 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村


2011年5月10日 (火)

こどもの日のブロガーライド 前編

先の大型連休の中日である5月5日のこどもの日に自転車ブロガーである「ひろ」さんとライドに行ってきました。
 
 
ひろさんとコメント欄でやり取りするうちに「この方なら安心してライドが出来そうだな〜」と思った私はアプローチしてみて、ひろさんも乗り気になってくれたのです。
 
 
私は結構人見知りする方なのですが、ブログをしていてちょっと変わって来たのかな〜と最近感じております。
 
 
ひろさんとはあらかじめメールで何度かやり取りをして今回はルート作成をひろさんにお願いする事に。
 
 
なんとひろさんは3本もコースを造って下さり、その内の水越峠、飛鳥村、法隆寺を回遊するコースになりました。
 
 
さすがにITエンジニアだけあって、頭の回転が速そうな方だな〜とオカメ感心。
 
 
ちなみにひろさんのブログ記事であった通り、一度雨で延期になったのですがその分楽しみが増えたってもんです。
 
 
さて、具体的な走行ルートはひろさんのブログで詳しく紹介されているので、私の記事は私目線で書いてみます。
 
 
当日は朝からどんよりした天気だったのですが、天気予報では雨の予報は無し。
 
 
むしろ好天で暑くなるとの事。
 
 
早起きした私は気合いのマトリックスジャージをセレクト。
 
 
11
 
 
意気揚々と集合場所であるサイクルブリッジへと向かいます。
 
 
でもなんだか風もあって朝のうちは肌寒いくらいでした。
 
 
石川河川敷には沢山の鯉のぼりがバタバタとはためいております。
 
 
12
 
 
この区間は向かい風ターンだったな〜
 
 
そして、約束の時間少し前にサイクルブリッジへ到着。 
 
 
13
 
 
ここでしばらく待っているとひろさんがでっかいフレームのジャイアントで到着されました。 
 
 
ひろさんは到着して座って待っていた私を尻目にカルマへいそいそと近づいてホイールをガン見。
 
 
私は横で苦笑してましたよ。
 
 
そんなひろさんをしばらく観察してお声掛け。
 
 
ハイ!ひろさんは機材バカに認定です(^^)

 
その後ご挨拶を済ませ、ちょっとブログ話をした後に水越峠へ向かいます。
 
 
ちなみにこの時も以前ユッキンさんとお会いした時同様に、第一の話題はたーちゃんさんの事でした。
 
 
やはりスーパーブロガーたーちゃんさんはこうした時の話題に最適ですね。 
 
 
今後も面白い記事宜しくお願いしますよ、たーちゃんさん!
 
 
ほんで挨拶トーク後にひろさんを先頭に出発。
 
 
河川敷を水越峠へと向かう道をひろさんにガイドをお願いしましたが、ひろさんの後ろを走っている時ある事に気が付く。 
 
 
それはひろさんの高速ケイデンス走法です。
 
 
ハンパ無くクランクをよく廻しはります。 
 
 
信号で止まった際に「良く廻しますね〜」と私がいうとひろさんは「高ケイデンスを心掛けているもんで」との事。 
 
 
ん〜私にはあのケイデンスを維持するのは無理だな〜
 
 
やはりたまには他の方の走りを見るのは参考になる物です。
 
 
さて、道中の気温は15度。
 
 
14
 
 
走っているうちに程よく身体も温まり、やがて守屋の交差点からヒルクライムスタートです。
 
 
今回はシラスで来たときと違ってちゃんとタイムも取ります。 
 
 
先頭を譲って頂いたひろさんに先駆けて私が先に登って行きます。 
 
 
道中、車も少なく天気もぐんぐん回復。
 
 
15
 
 
17
 
 
こんな道をえっちらおっちら登り、途中の「青崩」の看板を過ぎればヒルクライム後半戦。
 
 
道中は2台程ローディーの方をパスさせて頂きました。
 
 
16
 
 
気分よく登って行ってやがてトンネル分岐点を旧道へと入ります。 
 
 
18
 
 
ここからは道が狭くなり若干斜度も上がるのでダンシングを交えてさらにえっちらほっちら。
 
 
19
 
 
やがて大阪、奈良の県境の頂上でゴ〜ル。 
 
 
タイムは・・・
 
 
20
 
 
ん〜25分は切りたかったけど写真を撮りすぎたかな〜
 
 
ここで息を整えてしばらくするとひろさん登場。
 
 
21

 
ひろさんでかいです。
 
 
私がお会いしたブロガーの方は、たーちゃんさん、ユッキンさん、すず虫さんと大きな方ばかり。
 
 
あ、千葉の貴腐人さんは除いて(^^)
 
 
ここで休憩中に機材トークに一花。 
 
 
初対面でも話題には事欠きまへん。
 
 
ここでひろさんの印象ですが、落ち着いた語り口のジェントルマンでしたよ。
 
 
そしてウインドブレーカーを着込んでダウンヒル。 
 
 
行き先はちまきで有名な「大和屋敷」
 
 

22
 
 
辿り着くまではビックリするくらい細い路地なので自転車で行くには良いかと。 
 
 
途中で村の方に大和屋敷の場所を伺ったのですが少々解りにくい場所でした。
 

お店自体は昔の屋敷風でベンチに腰掛けてちまきを頂くスタイル。
 
 
ここでひろさんと私は肉ちまきを頂きました。
 
 
23
 
 
このちまきを縛っている凧糸の色で中身が解るそうです。
 
 
お土産に買った「海鮮ミックス肉ちまき」は紺色でしたね。
 
 
そして頂きます〜
 
 
24
 
 
ウマー!
 
 
おこわと豚角の味付けが最高でしたね。
 
 
これはリピート訪問決定ですわ。
 
 
店内は普通の民家の様で、落ち着いて食べる事が出来たのを追記しておきます。
 
 
お店の中庭のガーデンも綺麗に作られていましたよ。 
 
 
25
 
 
ちょっと長くなったので続きは次回に。
 
 
ってひろさんは上手に1回の記事でまとめられていますが、私の能力では無理なので(笑)
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年5月 8日 (日)

岡山エンデューロ こぼれ話

先の5月3日のエンデューロはえんま君と共に無事に完走を果たし、満足なイベントでした。
 
 
レースの事は一つ前の記事で書いたのですが、その他の私の感想を・・・
 
 
まず、イベントの参加料が高い!
 
 
えんま君と二人で¥23,500-も掛かりました。
 
 
これに駐車場代¥500-×2台です。
 
 
それに高速代とガソリン代を加えますので結構な出費となります。
 
 
これで高速道路休日上限千円が廃止されると、イベントの遠征費はかなり掛かってしまう事になります。
 
 
計画的にイベントの参加をしないとイベント貧乏になってしまうので、楽しいのは良いですがエントリーの際はよく考えないといけませんね。
 
 
それと、レース会場となった岡山国際サーキットでの事です。
 
 
1
 
 
ピット内は広くて遣い勝手も良かったのですが、参加者の中にはピット内で喫煙していた人が沢山いました(注意:写真の人は関係ありません)
 
 
少しなら注意しようとも思ったのですが、私の周りだけでも5名以上は居たでしょうか。
 
 
ピット近くには廃油缶等もあるので常識で考えれば禁煙だと思うのですがどうなんでしょうね?
 
 
 
 
嫌事ばかりだと面白くないので、ピット内に居た春を伝えるこの鳥の姿をパチリ。
 
 
2
 
 
最近よく見かける様になったツバメさんですね。
 
 
後ろからも激写。
 
 
3
 
 
かわいいですね〜(?)
 
 
小鳥好きの私にはこの季節はメジロやツバメ、ムクドリ、ヒヨドリ、コゲラなどの野鳥が沢山都市部へと現れるので楽しみな季節でもあります。
 
 
 
 
さて、レースは無事に終了したのですがいつもはそそくさと帰る所、珍しく二人で表彰式とお楽しみ抽選会まで残る事にしました。
 
 
ゴールデンウィークまっただ中でしたので、どうせ渋滞しているだろうとのんびりモード。
 
 
ついでに私達の順位も確認しましたが、真ん中よりちょっと下でした。
 
 
チーム参加の方々はほとんど3〜5名だったのでその中の二人参加では頑張ったとは思うのですが残念ですね。
 
 
ちなみに、タイムはえんま君の方が上ですので私が足を引っぱったかな(゚m゚*)
 
 
もうちょっと精進しますΣ(;・∀・)
 
 
やがて、表彰式が終わってパソコンのゼッケン番号自動選定による抽選会がありました。
 
 
色々当たる様でしたが、その中でマトリックスのチームジャージが3人に当たるとの事。
 
 
一人目が終わって二人目のとき「ゼッケン**番!オカメーズ(仮名)さん!」とコールが!
 
 
「え?俺?」といそいそと受け取りに行きます。
 
 
そこではチームマトリックスの安原監督さんが自らジャージを手渡して下さいました。 
 
 
おまけに記念撮影にも気さくに応じてもらいオカメ大喜び。
 
 
4_2
 
 
丁度、私のブログにリンク頂いているたーちゃんさんがサクソバンクのチームジャージを購入されていて、私も自転車レースのちょっと派手なチームジャージが欲しいな〜と思っていたので本当に嬉しかったです。
 
 
しかも、昨シーズンモデルとはいえレプリカでは無くて本物ですしね( ^ω^ )
 
 
それに快く所有権を譲ってくれたえんま君にも感謝、感謝。
 
 
これがそのジャージです。
 
 
5_2
 
 
背中には選手のサインが入っています。
 
 
6


良く読めないのですが、マリウス選手かな?
 
 
サイズが私には少々大きめですが、そんな事は置いといてせっかくなので着る事にしますよ。
 
 
でも、問題はこれを着て走っているとゆっくり走れないですね〜
 
 
特に大阪南部は普通にシマノレーシングやマトリックスの選手が練習で山間部を走っているので、その恥ずかしさも。
 
 
まあ、昨年モデルなのでいいっしょ!
 
 
カルマに乗ったマトリックスジャージ姿のオッサンは間違いなくオカメーズですので、優しい目で見守って決してあおったりしないで下さいね。

 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年5月 4日 (水)

「晴れの国岡山」は曇りだった

昨日は行って来ました「晴れの国おかやま7Hエンデューロ」
 
 
今回は7時間ロードクラスのチーム参加の方でエントリー。
 
 
ピットクルー無しでえんま君と二人っきりの寂しいエントリーとなりましたが、イベント自体は参加を決めた時からとても楽しみにしていました。
 
 
当日は相方のえんま君と現地待ち合わせを約束し、午前2時過ぎに家を出ました。
 
 
1
 
 
レース当日は午前6時に開門や受付があるので、私はちょっと早めに家を出たのですが1時間前に到着すると早くもゲート待ちの行列。
 
 
2
 
 
鈴鹿に比べるとマイナーな岡山国際サーキットですが、イベントに参加される方はやはり気合いが入ってますね。
 
 
ちなみに、ここで昔はF1も行われたそうで結構コースは本格的な物です。
 
 
3
 
 
コースの中はまだ静謐な感じでイベントのスタートを控えていました。
 
 
4
 
 
写真の通り、当日はどんよりした曇り空で気温も低め。 
 
 
天気予報では雨はほとんど降らないとの事だったので「このまま天気が持ってくれれば・・・」との思いでピットに入場します。 
 
 
入場したピットではフォーカスやコルナゴのブースがあり自転車のイベントらしい雰囲気。
 
 
5
 
 
6
 
 
この他にもMAVICのブースやマッサージコーナー(有料)、屋台の焼きそば等が出ていましたね。
 
 
ピットの端っこに表彰台も用意されていました。 
 
 
7
 
 
何時間か後にはここで私の姿が・・・あるわけないですね(^^)
 
 
スタート前に受付やえんま君との合流を済ませ二人とも準備に追われます。
 
 
何せ7時間のレース中も二人だけなので色々忙しくてその点で大変でした。
 
 
その最中にチームマトリックスの選手の自転車をパチリ。
 
 
8
 
 
昨年まではコラテックがメインでしたが今年からフォーカスに変更となり、チームの自転車は全て私のお世話になっている「サイクルショップ金太郎」さんでセットアップされています。
 
 
実際何度かお店で組み上げ途中の自転車を見学に行ったのですが、一本何十万もするフレームが処狭しと置かれているのが壮観でした。
 
 
何となくプロ選手の使用する機材は独特のオーラが出ている気がしましたね。
 
 
そしてピットで待機するいつもの私のカルマ。
 
 
9
 
 
ハイ!オーラも何も無いいつもの姿ですね。 
 
 
でも私の分身ですので私が好きならそれで良いんです、ウンウン。
 
 
レースの準備を済ませ、ピットで二人でゴニョゴニョと打ち合わせの会議を行います。
 
 
その結果、今回のレース運びは私が第一走者でゴールはえんま君の担当。
 
 
大体私達のペースだと一周8分あまりですので、6〜7週交代で行こうという作戦。
 
 
やがて、スタート前のブリーフィリングを受けて午前8時半のスタート!
 
 
10
 
 
今回はマスドスタートではなく、一斉スタートです。
 
 
主催するマトリックスの選手達が参加者の中に混じって一緒に走ります。
 
 
これはペースを参加者の為に作ってあげる効果とともに参加者が無茶をしない様に監視する目的もあります。
 
 
参加車人数もそれほど多くないので私にとっては安全に楽しく楽しめるレースとなりました。 
 
 
とはいえ当然先頭はマトリックスの選手が怒濤のペースで曵いて行きます。
 
 
11
 
 
幸いな事に最初の1時間弱私は先頭グループの数十台の中でレースを進める事が出来たのですが、やはりペースが早い!
 
 
集団の中ではドラフティング効果でドンドン前について行けますが、直線平坦路でふとサイコンを見ると60km/h!
 
 
平地で私の足でこんな速度は出せません!
 
 
改めて空気抵抗の大きさに驚いた物ですよ。 
 
 
「これが実業団選手の走りか〜」と感心しながらやがてピットイン。
 
 
12
 
 
ピットに入るとゆっくりする間もなく、トイレを済ませ補給食を食べます。 
 
 
エンデューロはツーリングとは違ってとにかく常にフルパワーで走る為、この上なくエネルギーを使用します。 
 
 
なので水と補給食はピットに入る度に口にするのです。 
 
 
とにかくハンガーノックだけは避ける為に。 
 
 
途中えんま君の爆走シーン。
 
 
13_2
 
 
作戦の通りに会話もソコソコに私達二人はレースを進めます。 
 
 
でも、二人とも4時間を越えたあたりから疲労感が増して来ます。
 
 
だんだんペースも落ちてやがて交代の際の会話は、「ただいま〜」&「行ってくるわ」だけ(涙)
 
 
エンデューロでソロや二人での参加は本当キツイ物だと心底思いましたよ。
 
 
だんだんへたれて来る参加者を尻目にマトリックスの選手達は爆走を続けます。
 
 
14
 
 
金太郎の店長さんに伺うと彼らは毎日200〜300kmの距離を平気でトレーニングで走り、尚かつ筋力トレーニング等も欠かさないとか・・・
  
 
本当に人間ですか?ってな感じでした。
 
 
後で大会アナウンサーが言っていたのですが、そのペースは一周終止5分あまり。
 
 
これで途中、走りながら補給食をムシャムシャ食べて7時間走るのですから、そんな姿を間近で見れただけでも参加した甲斐がありました。
 
 
そんな中私達は淡々と交代を済ませ無事に7Hを走り切りました〜
 
 
えんま君が予定通りゴ〜ル!
 
 
15
 
 
二人とも健闘を称え合ってくたくたでピットにへたり込みます。
 
 
ちなみにトップの参加者は77周回を廻りきったそうです。
 
 
1時間あたり11周って事はマトリックスの選手と同じってことで、凄い!と感嘆しました。
 
 
マトリックスの選手は競技では無いから本気を出していないのでもっと沢山廻れたのかもしれませんが、一般の参加者の中にも実業団レベルの方はいる物なのですね。
 
 
本当変態は世の中に沢山いる物だな〜
 
 
余談は次回に書くつもりなので今回はさ〜っと当日の流れを書きました。
 
 
ちなみに私の今回の補給食は、

 サンドイッチ×2個(朝食)
 おにぎり×3個(昼食)
 VAAMゼリー×2個(補給食)
 ソイジョイ×2個(補給食)
 菓子パン×2個(補給食)
 
 
そして水は約2リッター。
 
 
持って行った分はレース中に全て飲食しました。 
 
 
これで満腹感は全然無かったのでエンデューロはそれほどエネルギーを必要とするのですね。
 
 
レース後は表彰式や抽選会をのんびり眺めて帰り支度を済ませサーキットを後にします。
 
 
お天気ですが、結局極小さな雨粒が短時間降っただけで曇り空のままで持ちました。 
 
 
何とか祈りが通じた様で良かった〜。
 

帰り道にお腹が空いて来たので途中の高速パーキングでえんま君と反省会。
 
 
17
 
 
もう消化吸収率を気にする事は無いのでガッツリ二人とも同じ物を食べました。 
 
 
今回のレースは二人だけの参加でしたが非常に満足感があり、一日中十分に自転車を楽しむ事が出来ました。 
 
 
たまにはこんな全力イベントも楽しい物です。 
 
 
えんま君と次のイベントを約束しつつ解散となり高速の渋滞の中無事に帰宅しました。 
 
 
帰ってから写真を見ていると充実感がヒシヒシと湧いて来ます。
 
 
私の写真の中の姿も満足げな雰囲気がたっぷりでした。 
 
 
16
 
 
また相方とのスケジュールが合えばどこかのレースに参加したい物です。
 
 
今回の記事に書けなかった事は又次回の講釈で。
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
 

2011年5月 1日 (日)

たまにはランも良いものです

連休中の日曜日ですが、雨ですね〜
 
 
私は仕事の都合上、連休と言ってもカレンダーの字が赤色の日しかお休みが無いので、なんだか損した気分です。
 
 
金曜、土曜とお出掛けされた方々は天気も気候も良くライドを楽しまれたのでしょうね〜
 
 
さて、金曜日の「昭和の日」に行われた「堺シティマラソン」に私は一般の部10kmに出場して来ました。
 
 
今回は同じく妻も5km部門にエントリーして夫婦で参加です。
 
 
ただし、出走時間が3時間近く異なるのでお出かけは別々になってしまいましたが・・・
 
 
当日の「昭和の日」はとても気候が良く、ちょっと歩けば汗ばむくらい。
 
 
コンディションは絶好でしたので気分良く出掛けました。
 
 
当日のウェアは上下ユニクロのスポーツウェアに「C3fit」のサポートタイツを着用。
 
 
00_2
 
 
帽子とサングラスはこの日は必須でしたね。
 
 
会場は荷物を預ける所が大混雑するので、手ぶらで歩いて出掛けました。
 
 
自宅から大仙公園までをアップをかねて1時間弱ゆっくりと向かったのですが、それだけで結構な汗をかいてしまいましたよ。
 
 
正午過ぎのスタートでしたので、食事はせずにカロリーメイトだけを食べて行きました。
 
 
到着した大仙公園会場は沢山の参加者とその付き添いの方で大混雑!
 
 
大会アナウンサーによると七千人もの人がエントリーされたそうで、マラソンブームは凄いなと思いました。
 
 
スタート前に恒例のエアロビクス体操があったのですが、いつもの通り私はリズムに乗るのが下手で私の周りの方に調子外れなダンスを披露して申し訳ない事をしました・・・
 
 
これでも昔はバンドのベースギターでリズムリーダーだったんですけどね(^^)
 
 
やがてスタートしたのですが、大勢の参加者が一斉にスタートするので案の上しばらくは歩いてコースを闊歩。
 
 
いつも思うのですが、自分でペースが遅いと解っている方は後ろの方からスタートして欲しい物です。
 
 
ちょっとバラけて来ても遅い方が前に沢山いると追い抜くのにメッチャ苦労するのですよ。 
 
 
まあ私も早くはないのでえらそうな事は言えないんですがね。
 
 
今回は仁徳天皇陵を2週するコースだったので、2週目はコースに人がばらけて快適に本来のペースで巡航できました。
 
 
サポートタイツのおかげで足も「いつもより多めに廻しております。」てな感じ(・∀・)イイ!
 
 
淡々と楽しくレースは進み、やがてゴールイン。
 
 
結構自分では頑張ったと思ったのですがタイムは44分台。
 
 
前半のノロノロペースが無ければ目標の42分台行けたかもな〜
 
 
まあ来年も大会があれば目指す事にします。
 
 
ちなみに同じ部門のトップは32分!台!!
 
 
自分のちっぽけな目標がかすんでしまいますわ。
 
 
レースを終了して帰ろうとすると、参加者の方が一人、救急車で運ばれて行きました。
 
 
短い距離でもこうした大会は、いつも以上にはりきってしまう事があるので、普段から十分なトレーニングをして参加される事を願います。
 
 
そしてゴール後は参加賞を頂いてのんびり歩いて帰宅しました。
 
 
02_3
 
 
¥3,100の参加費で結構色んな物を頂いたので自転車のイベントより得した気分でしたね。
 
 
帰宅後は先に着いていた妻と完走証を見せ合い。 
 
 
01_2

 
 
レースの状態をお互いに話し合ったのですが、5km部門もスタート直後は大渋滞だったそう。
 
 
狭いコースだったので仕方が無いのですが、タイムを取る人にとってはもう少し改善を望みたい所ですね。 
 
 
全体としては疲労感も程々で気分良く休日を過ごせてとっても満足な「昭和の日」でした。
 
 
自転車もランもバランス良く無理をしないで楽しんで行こうと思いました。
 
 
ついでにこぼれ話を・・・
 
 
実は「大阪マラソン」にエントリーしていました。 
 
 
私はフルで妻は8.8kmのチャレンジマラソン。 
 
 
見事に二人とも落選でした(;ω;)
 
 
6月に再抽選があるのでそれに期待しましょう。
 
 
でもフルは走った事が無いので、参加となればランのトレーニング率を上げなくてはならないので、それも問題ですがね。
 
 
明日は仕事でその後3連休がまっています。
 
 
どれだけ自転車に乗れるか解りませんがせいぜい楽しんでみようかとヽ(´▽`)/
 
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
 

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »