« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

「晴れの国おかやま」へ!

3月11日に起こった大震災・・・・
 
 
その時、私はあるイベントの申し込みを完了していました。
 
 
それが「第一回晴れの国おかやま7時間エンデューロ」です。
 
 
Okayama

 
 
震災以前に、私の数少ない自転車友達の「えんま君」と出場を約束していた大会で、エントリーは私が行いました。
 
 
世間のサイクリストの多くは5月のイベントとしては鈴鹿の8Hエンデューロを目標としていると思います。
 
 
「えんま君」は毎年鈴鹿には参加しているのですが、私も昨年彼のチームに混ぜて頂いた上、参加して楽しんだものです。
 
 
今年も「鈴鹿行くの?」と彼に尋ねると「もう鈴鹿はええかな・・・」との事。
 
 
私は一人でサーキットイベントに参加するのは寂しいな〜と思い、「えんま君」に「じゃあ5月に岡山でサーキットイベントがあるからこれはどう?」と訪ねた所、気持ちよく参加オッケーとの返事を受けたのです。
 
 
私は岡山のサーキット経験が今まで無いのですが、「えんま君」は一昨年経験済みでした。
 
 
彼曰く「岡山は鈴鹿に比べて高低差が無く気持ちよく走れる」との事。
 
 
高低差はこんな感じです。
 
 
Coursemap

 
 
「えんま君」はノーマルクランクの上、リアも11-23Tの平地仕様のフェルトF3なので鈴鹿より岡山が好みとの事。
 
 
そしてエントリー内容を確かめて申し込みを済ませ、入金したのが3月11日。
 
 
当初はブログに「レースに申し込んだよ!」と記事を書こうと思いましたが、震災の直後とあってそんな気分にもなれず・・・
 
 
しかし、受付は完了されていて先週申し込み受理書が送られて来ました。
 
 
Dsc00537
 
 
この時点でブログに報告記事を上げようと思ったのですが、相方の「えんま君」が震災後に仕事が激務となりGWに休めるか解らない状態だったのです。
 
 
しかし、先日参加の是非を彼に尋ねた所、「なんとか仕事をやっつけて行くで!」との心強い返事をもらいました!
 
 
これで何とか二人で7時間を走る事が出来そうです。
 
 
ヒルルライムやロングライドも楽しいのですが、気の会った友人とこうしたイベントに参加するのは特別な楽しみがある物。
 
 
「えんま君」は剛脚の持ち主なので、私も足を引っ張らない様トレーニングに精進しないとな〜と思った今日この頃でした。 
 
 
 
 

もしもですが、このブログを見ている方が「第一回晴れの国おかやま7時間エンデューロ」に参加されるのなら、気軽に「オカメさん〜」と声を掛けて下さいね。
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村  

2011年4月27日 (水)

サポートタイツを買ってみた

自転車を始めてから、これまであり得なかった経験をする様になりました。
 
 
それは「足攣り」。
 
 
学生の頃から趣味にしているランでは経験が無かったのですが、自転車に乗り出して特にヒルクライム中のふくらはぎの攣りが良く起こる様になったのです。
 
 
そして、一年程前に金剛トンネルで足が攣ったまま登坂を続けて結局膝の裏の筋を痛めてしまいました。
 
 
有効な治療方法もなく、皆さんのブログをみて「結局鍛えるしかない!」との結論で、ローラーに精進したり、出来るだけヒルクライムをコースに取り入れて走って来ました。
 
 
そして一年経った今は、膝の筋の痛みが無くなったのですよ。
 
 
ただ、全力でヒルクライムをしている時には相変わらずふくらはぎや太腿が攣ってしまうのです。
 
 
どうしたものかな〜と思っていると、最近サポートタイツなる物がはやっているとか。
 
 
実際、前回のアワイチでご一緒したユッキンさんは、スキンズのサポート効果付きロングレーパンを愛用されていて、実に足に良いと伺ったものです。
 
 
私も買ってみようと思ったのですが、高価だし、今使用しているレーパンがもったいなかったので、レーパンとは別にランでも使える物は無いかな〜と探してみました。
 
 
それが「C3fit」のサポートタイツです。
 
 
Imagesaspx
 
 
これは日本人の体型に合わせて作られた物なので、効果が期待できます。 
 
 
そして私が履いてみた所、こんな感じ。
 
 
 
 

A1
 
 
 
 

A2
 
 
 
 
気分が悪くなられた方は、ごめんなさいね( ^ω^ )
 
 
実は先日のアワイチがデビューだったのですが、何となく足がクルクル廻る様で結果的に一度も足が攣る事無く160kmを走破できたのです。
 
 
 
値段なりの効果があって、とってもうれしかった〜
 
 
これからはライドやランの際に必須アイテムとなりそうです。
 
 
ちなみに妻も購入して今週のマラソンにチャレンジしますので、妻のインプレも私的に楽しみなのです。
 
 
昔はサポートタイツの存在すら知らなかったのに、これも自転車に乗っている効果ってもんですよ。
 
 
でも、油断は禁物なので普段から筋肉マッサージはしておく様にします。

 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年4月26日 (火)

ケーブル類の事

先日のアワイチの帰りの車の中で、電動デュラエースの話題になりました。
 
 
というのもシフト類を電動にする事でどんなメリットがあるのだろう、という事でした。
 
 
結論としては見た目がカッコいい、ワイヤーが無いのでスッキリしてる、シフトミスが無くなる等色々意見が出ましたが、やっぱり「俺は電動デュラを付けてるんやで!!」ってアピールできる事かな〜・・・と。
 
 
私は大阪南港にあるスペシャライズドの専門プロショップで、電動デュラ搭載のターマックSLに試乗した事があるのですが、やはりシフトのスムースさと確実さはワイヤーとは異次元でした。
 
 
何と言うかシフターが普通のスイッチという感じで、リモコンのボタンを押す感覚でシフトが「ウィンウィン」と変わります。
 
 
面白くて途中で何回もシフトした物です。
 
 
でも、論議の中でも出たのですが当然バッテリーが切れると動かなくなる。
 
 
その際はどうしたらいいのでしょうかね?
 
 
特にブルベの600km等では30時間規定内をぶっ続けに走るので、バッテリーは持つ物なのでしょうか。
 
 
捕らぬ狸の皮算用でありながら気になる所です。
  
 
 

 
ところで、私のカルマのコンポは一式旧105の5600系なので、色々悪く言われる「エビの触覚」があります。
 
 
011
 
 
よく言われるのは見た目がうるさいとか邪魔とか言う物ですね。
 
 
そうなんでしょうか?
 
 
私は結構気に入っていて、最新の5700系よりも気に入っています(って負け惜しみかな・・・)。
 
 
シフトラインは購入当時JAGWIREの黒色の物でしたが、何となく白にしてみたかったのと、購入後半年位してディレーラーの調節を少々頻繁にしないとシフトの調子が悪くなって来たので、交換を試してみる事に。
 
 
そこでいつもの「サイクルショップ金太郎」さんで相談の上交換してもらいました。 
 
 
当時はシマノ純正で白のワイヤーが無く、社外品でBBBの物をチョイス。
 
 
013
 
 
014
 
 
ちなみにカルマはリアブレーキラインがトップチューブを貫通するタイプで、私的には見た目が好きな所です。
 
 
015
 
 
装着したのは、
 
BBB シフトライン ロードS/MTB BCB-05S ホワイト
BBB ストップライン ロードS BCB-06S ホワイト
 
です。
 
 
どちらも店長さんのおすすめで、アウターの強度がしっかりしていて、インナーワイヤーの初期伸びも取ってあるのでデュラエースグレードに退けは取らないとの事でした。 
 
 
実際交換した後は調節がきっちりされているせいか、フロントもリアもディレーラーが別物?って位にシフトがスムースになりました。
 
 
これはプラシーボではなかったですね。
 
 
今現在でもきっちりシフトしてくれますよ。
 
 
取り外したJAGWIREのアウターはフニャフニャした感じでしたが、明らかにBBBの物はハリとコシがあります。
 
 
例えるなら前者は「一玉30円のうどん」、後者は「煮込み専用の極太讃岐うどん」と言った所ですかね〜
 
 
話がそれましたが、この5600系のワイヤーなら停車時にヘルメット置き場にも出来る所もお気に入り。
 
 
016
 
 
店長さんに伺うとワイヤーには美しく見え、且つ最大限にワイヤーのフリクションロスを無くす長さという物があるとか。
 
 
017
 
 
私の感覚ではよく解らないのですが、カルマは合格点だそうです。
 
 
今日の記事は以前にコメントでワイヤーを換えるとシフトとブレーキの性能が上がるのか?という質問があったのを思いだして書いてみました。
 
 
私なりの結論は「あります」ですね。
 
 
それと、ショップで完全に調節してもらうとの前提はありますが。
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年4月24日 (日)

本日からいつもの生活

先週のアワイチから戻ってしばらく、プチバーンアウト症候群になっていました。
 
 
仕事もブログも自転車もユルユル・・・・
 
 
やっと、モチベーションが上がったので先日はローラー再開、そして本日は来るべき29日の堺シティーマラソンに向けて朝から12kmランに向かいました。
 
 
今回は10kmエントリーなので目標は50分切りです。
 
 
ヘタレな私には十分な目標でしょう(^^)
 
 
妻は5kmにエントリーしているので、時間をずらして近くの公園へ練習ランへ向かいました。
 
 
まさか夫婦でマラソンにエントリーするとは思わなかったので少々嬉しい気分ですね。
 
 
それと、娘は堺のバスケット春期大会に向けてGWも全部練習試合やトレーニングで大変の様です。
 
 
親としては勉強もしっかりして欲しい所ですが、疲れて帰って来る娘を見ると「勉強もしっかりせえ!」と言うのが心苦しい所です。
 
 
でも目標の高校へ向かって合格できるかどうかはともかく、最大限の努力だけはして欲しいものです。
 
 
さて、本日は色々家でする事があったので、午前中は用事を済ませてお昼から購入する物があった為、大阪の家電所「日本橋」へ向かいました。
 
 
01
 
 
02
 
 
今回は買い物に強い味方のシラスと出掛けました。
 
 
ここで、仕事に使用する道具や自分のPCで必要な物を数点ハンティング。
 
 
ちょっと前までは家電やPCパーツの聖地だったのですが、今ではDVDショップやメイド喫茶、ヲタクショップの街になってしまいましたね。
 
 
ここら辺は自転車は違法駐車だらけなのですが、唯一無料の自転車駐輪場があるのでそこにシラスを停めておきました。
 
 

03
 
 
規模の大きい繁華街ですから、当然アースロック&ダブルロックです。
 
 
これで盗難に遭えば諦めもつきますよ。
 
 
そして買い物の後は旧紀州街道をポタポタと。
 
 
05
 
 
いつもの路面電車の脇を第二目標のパンハンティングに向かいます。
 
 
そこは「石窯パンの店 ゴッホ」です。
 
 
ここのカレーパンは平日でも200個以上売り上げるというお店です。
 
 
04
 
 
店内は帝塚山というハイソな町並みにマッチした上品な感じでしたね。
 
 
クロスバイクにヘルメット姿の私は少々浮いた存在でしたよ。 
 
 
無事にお目当てのパンを購入後、紀州街道を更にポタポタと。
 
 
住吉大社にて。
 
 
06
 
 
更に南下して大和川にて。
 
 
08
 
 
ポタバイクとして改めてシラスの良さを実感しました。
 
 
先日交換したデオーレのシフターも変速がスパスパ決まってオカメーズご満悦(^^)
 
 
07
 
 
サイクルショップ金太郎」さんの店長さんに改めて感謝です。
 
 
プロの方に整備された物はやはり安心できますし、これを基準にして調子の善し悪しを計れるので私的には改造の基準が出来て嬉しい所ですね。
 
 
そして、帰宅後はお待ちかねのパンタ〜イム!
 
 
最初はカレ〜パ〜ン!
 
 
09
 
 
噂通りジャガイモがゴロゴロ入っていて、めちゃウマ!
 
 
ちゃんと「天使の輪」も入ってました。
 
 
再購入決定ですね。
 
 
そして最近ハマっているクリ〜ムパ〜ン!
 
 
001
 
 
これもやや昔風のしっかりした生地のパンと、重めのバニラビーンズたっぷりのクリームでめちゃウマ!
 
 
一緒に食べた妻も絶賛してましたよ。
 
 
また仕事の途中にでも寄ってみたいですね(^^)
 
 
この後は晩ご飯を食べますので、カロリーを消費せねばなりません。
 
 
調理パンって一個で300〜400kcalはあるので二つも食べるとカロリーオーバーは間違いないですからね。
 
 
ってな訳でローラー30分。
 
 
002
 
 
アワイチの後、身も心もユルユルだったのでローラーきついっす(><)
 
 
来週からはちゃんと仕事も自転車もブログもちゃんとして行きましょう〜
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年4月22日 (金)

感激のアワイチ 後編

アワイチの中間ポイントである鳴門海峡大橋の道の駅まで無事に辿り着いたブロガー3人集。
 
 
10
 
 
11
 
 
ここはアワイチにとっては外す事の出来ない「道の駅うずしお」です。
 
 
12
 
 
ここで我々はアワイチ後半に向けて感慨深く渦潮を見学したり、最後の軽量化に取り組みました。
 
 
ちなみにここでも、サイクルラック等自転車には全く考慮がなされていない施設でしたので、3台のロードバイクをガッチリとチェーンロック。
 
 
13
 
 
「これで持って行かれたらしゃあないな〜」とユッキンさん。
 
 
確かにまとめて持って行かれると堪りませんが、その後どうやって帰るのかが心配な小心者の私でした。
 
 
そして、道の駅の売店でそれぞれウィンドショッピング。
 
 
たーちゃんさんが「タマネギスープの試食、オカメさんもどうですか?」と言って下さったのでご相伴に頂きます。
 
 
「あったまりますね〜」と私が言ってる側でユッキンさんは売店のほうへ・・・
 
 
そして展望台のほうへ向かいます。 
 
 
天気は良いのですが午後になって少々風が出て来て、肌寒いな〜と思っているとすぐ横で「あ〜寒っ!」とユッキンさんはソフトクリームを食べていました・・・
 
 
「そりゃ寒いでしょ!」と言いたい所ですが私は苦笑い。
 
 
そしてたーちゃんさんと売店の外に出ますが、ユッキンさんはちょっとの間出て来ません。 
 
 
そうです、試食の帝王はその間タマネギスープ3杯、サラダ試食3杯、ついでにお酢の試食を一杯、ともぐもぐしていた様です。
 
 
もう何も申しますまい。
 
 
あっぱれ!
 
 
やがて道の駅を後にした私達は残りの道程を「さあ!残りを楽しんで走ろう!!」の合い言葉のもとアワイチを折り返して北上します。
 
 
アワイチ西側ルートはそんなに急なヒルクライムも無く、淡々と信号の無い道を進みます。
 
 
途中の満開の桜の元で記念撮影。
 
 
A
 
 
道の駅を出てからしばらく私が前を曵かせて頂いたのですが、やがて私はヘタレて来ました。
 
 
サンセットロードの手前で小さな坂があった所で、たーちゃんさんが「前曵きます!」と元気よく私をパス。
 
 
そのペースは付いて行ける物では無く私は遅れます。
 
 
その後、「へへへ〜!」とユッキンさんが軽快に私をパスして行きます。
 
 
そのペースは今までとは違ったハイペースで、私はドンドンおいて行かれました。
 
 
やがてだんだん二人に追いつくと、小径車でツーリングしているご一行と皆さん談笑している様子。
 
 
そのご一行はtac-phenさんとイヨッキュさんでした。
 
 
面識の無い私は挨拶もソコソコにユッキンさんの紹介を受けます。 
 
 
そして、せっかくなので一緒に記念撮影しようと私達3人が先行して撮影ポイントへ向かいました。
 
 
「この辺がいいかな〜」とユッキンさんがサンセットロードのとある地点で停車します。
 
 
ここで待ちましょうと思っていると、「ここでいいですかね〜」とイヨッキュさんの声が!
 
 
なんと小径車でロードにぴったりと追走して来た様で!
 
 
そこにはtac-phenさんも御一緒・・・
 
 
小径車恐るべし!
 
 
イヨッキュさんのポケットロケット。
 
 
C
 
 
そしてtac-phenさんのブロンプトン。
 
 
B
 
 
お伺いすると、この小径車で35km巡航が可能とか・・・・
 
 
「人間鍛えればバネになる」と昔のCMを思いだしました。
 
 
この人たちがロードに乗ればどうなるのだろうと思いつつ握手でお別れして私達は最後のグルメポイントへ向かいます。
 
 
そこは北淡のアナゴ屋さん。
 
 
15
 
 
有名な所だそうで、引っ切りなしにお客さんが来ていました。
 
 
ここで私は家族のお土産用に4匹購入して今食べるのに自分用に一匹購入。
 
 
16
 
 
ちょっと小降りですが美味しく頂きました。 
 
 
ここで、私とたーちゃんさんはこのサイズのアナゴという事で頭ごとムシャムシャ食べたのですがユッキンさんは「頭は食べへんやろ〜」と。
 
 
ん?そうなんですかね?
 
 
大きければ私も残しますが、このサイズではバリバリと食べますよ、私は。
 
 
という所で最後のCPを終えて後はゴールに向かうだけです。
 
 
17
 
 
残りの数十キロを噛み締める様にゴールまで向かいました。
 
 
ここで、私達3人は重大なミスを犯します。
 
 
なんとゴールの明石海峡大橋で記念撮影を撮り忘れたのです!
 
 
3人とも感慨に耽って華麗なるスルー・・・
 
 
そして出発の駐車場に到着しました。
 
 
既にたーちゃんさんのブログで記事にされているのですが、私達3人をハイエースと共に、とあるホイールが待っていてくれました。
 
 
D
 
 
これが冒頭の悲劇(喜劇)の顛末です。
 
 
無事にバイクをハイエースに搭載して、お楽しみの温泉へ。
 
 
18
 
 
ここでは男の裸のおつきあい〜
 
 
色んな事を湯船に浸かりながら談笑。
 
 
知り合って間もない我々がこんなに打ち解けるのも自転車のおかげですね。
 
 
お風呂上がりには粗品のウェットティッシュ付きのノンアルコールビールで乾杯をして、食事後に淡路島を後にしました。
 
 
19
 
 
帰りのハイエースの中でも色々自転車談義をしつつ、あっと言う間に集合地点に到着。
 
 
再会を誓いつつ、無事に解散となりました。
 
 
その後、ゆっくりと自宅にカルマを進めた私は「本当にたのしかったな〜」と思いつつ家に帰り着きました。
 
 
「遠足は家に帰るまでが遠足」と小学校から教わった私は帰宅後は非常に安堵した物です。 
 
 
ところで実は、私は今まで120km以上は自転車で走った事が無かったのです。
 
 
しかし、今回は普通に300kmを走破されるユッキンさんとたーちゃんさんとにご一緒できたおかげで、スルスルと150kmアワイチを完走する事が出来ました。
 
 
これもブログをしていたおかげ、と感謝すると同時に、ユッキンさんとたーちゃんさんという超ビッグネームのお二人と偶然お知り合いになれたおかげと感謝しています。
 
 
ソロで自転車を楽しむのも良いですが、たまにはこんなライドを楽しむのも人生の糧になりますよ。
 
 
仕事の活力にもなりますしね!
 
 
今回はお二人に感謝しきりです、&これからも宜しくお願いしますね!!
 
 
追伸ですが、今回のライドではお二人の写真の出来の良さに驚きました。
 
 
ついては、次にお会いした時にお二人の写真のコピーを頂きたいです。
 
 
宜しくお願いしますね(^^)
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年4月19日 (火)

感激のアワイチ 前編

前回の続き。
 
 
集合場所から高速に乗って意気揚々と、ユッキンさんハイエースでピクニック気分でクルージング。
 
 
10
 
 
天候もこの季節ではベストの状態。
 
 
カルマも車の中でワクワクしていた事でしょう。 
 
 
11
 
 
そして、淡路島に到着後明石海峡大橋最寄りの漁港でデポします。
 
 
各人いそいそと出発の準備を行います。
 
 
ユッキンさんのネオプリ君。
 
 
12
 
 
相変わらず細身のホリゾンタルフレームに限定カラーの濃紺色が映えます。
 
 
そして、たーちゃんさんの疾風号。
 
 
13
 
 
今回、疾風号にはユッキンさんの御好意でなんと!あのMAVICの高級ホイール「キシリウム エリート+コンチネンタル GP4000」がレンタルされるとの事。
 
 
これにはたーちゃんさん、すっかりご満悦なご様子で楽しそうにホイールを交換されていました。
 
 
しかし、この時に悲劇(喜劇?)の幕は静かに開いていたのです・・・
 
 
そして、予定の午前8時スタートより30分程早めにいざアワイチへ!
 
 
今回は先頭をユッキンさんにお願いして、私はその後を付いて行きます。
 
 
14
 
 
いよいよアワイチへレッツらゴー!
 
 
とりあえず第一目標ポイントのモンキーセンターへと向かいます。
 
 
途中お約束の巨大観音を撮影。
 
 
15
 
 
この時、私の撮影する姿をたーちゃんさんに激写されていました。
 
 
これはあとでお返ししないといけないですね〜
 
 
途中の水仙峡の山岳区間はコンビニが無いとの事で、しばらく走って国道沿いのコンビニでいざという時の為の補給食を買います。
 
 
16
 
 
でも、既に朝のバナナ2本はすっかり消化された様で、お腹が空いて来た私は一つ食べてしまいました。 
 
 
どこがいざという時なのでしょうね〜
 
 
コンビニを出た後はすばらしい海岸線の道を一路南へ!
 
 
17
 
 
18
 
 
しばらく走った後は、モンキーセンターまでの山岳区間に入ります。 
 
 
ここではユッキンさん「あんたら山好きやから、先に行ってや〜」との事。
 
 
たーちゃんさんと私は苦笑い。
 
 
私は別に特別山が好きな訳ではナイノデスガー
 
 
まあ、ヒルクライム無しではアワイチは走破できないので、とにかく登って行きます。
 
 
エッチラホッチラ登ると、やがて「なぞパラ」ゾーンに入りまして、UFO神社の看板前でユッキンさんを二人で待ちます。
 
 
ここで巨大観音のお返し。
 
 
フォトブロガーの勇士。
 
 
19
 
 
ついでに私の姿も。
 
 
20
 
 
この山岳区間は、とても奇麗な海を見下ろせる眺望がすばらしいので、登る価値は十分ありました。
 
 
そして、モンキーセンターに到着したのですが、ここではちょっと買い物をしただけですぐに出発しました。
 
 
とうのも、売店のおばちゃんが「車の駐車の邪魔になるから自転車は早く出て行って欲しい」的な事を買い物をしている私達にのたまったのです。
 
 
どういうつもりなんでしょうね〜
 
 
ところで、淡路島は観光シーズンに沢山のサイクリストが訪れる場所です。
 
 
当然、地元に買い物をしてお金を落として行っているのですが、土産物屋や飲食店にはほとんど自転車用のサイクルラックはありません。
 
 
当然地べたに寝かすか、適当な壁に寄りかけるしか無いのです。
 
 
これではアースロックが出来ないので少々不安になります。
 
 
買い物中に地べたに寝かしたり、壁に立てかけた自転車を、車で自転車ごとピュ〜っと持って行かれる危険もあるので、観光に力を入れるなら是非サイクルラックの導入を兵庫県にしてもらいたい物です。
 
 
話が逸れましたが、我々は第二目標ポイントの福良漁港へ向かいます。
 
 
21_2
 
 
お二人とも大柄なので、見失う不安は全く無く追走できますね〜
 
 
ここまでしばらくたーちゃんさんの走りを見たのですが、なんと!たーちゃんさんはここまでフロントギアをず〜っとアウターのままだとの事!
 
 
あのヒルクライム中もインナーに入れずに登りきったとの事です。
 
 
登った事がある人には如何に凄い事か解ると思います。
 
 
しかも、平地区間はず〜っとリアギアはトップ!!
 
 
どんなけ剛脚なんですか!!たーちゃんさん!!!
 
 
さすがに南河内のアンディーシュレックですわ(^^)
 
 
ほんでもって福良に到着〜
 
 
まず、ユッキンさんおすすめの練り物屋へ。
 
 
22
 
 
23
 
 
ここは注文してから、揚げたてのほかほかを食べさせてくれます。
 
 
お値段もリーズナブルで良かったですね。
 
 
ここで3人で出来上がりを待っていると、なぜかユッキンさんは口をもぐもぐ。
 
 
「これ美味いわ、あっこれもウマソ〜」と試食品を片っ端から食べて行ってます。
 
 
恐らくお金を出して買った物以上に試食品を食べていたのではないのでしょうか?
 
 
恐るべし!
 
 
次は海鮮焼きのコーナーへ。
 
 
24
 
 
ここでもユッキンさんは若布やタコの試食品をもぐもぐもぐもぐ・・・
 
 
あなたは試食の帝王ですよ!
 
 
近くではたーちゃんさんがフォトブロガーの本領発揮。
 
 
25
 
 
・・・・ああ〜私はこのお二人とご一緒できて本当に果報者だと思いました(爆)
 
 
さて、お腹も満たして本日の前半ハイライトの鳴門海峡大橋へと向かいます。
 
 
漁港を出発するとしばらく山岳区間が続き、やがて頂上付近の道の駅で鳴門海峡大橋と御対面!
 
 
26
 
 
車で来るのとは全く違う感動が私に訪れました。
 
 
「来て良かった〜」と心から思った物です。
 
 
 
ここで、アワイチが丁度2分の1なので記事を一旦切りますね。
 
 
続く・・・
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年4月18日 (月)

初アワイチがブロガーライドになったのは・・・

本日は早めの帰宅にも関わらず、ローラー台をパス。
 
 
というのも自転車生活初のロングライドを終えて、若干筋肉痛であるのと、尻痛もあって休足日にした次第です。
 
 
先日の日曜日は私にとって、自転車生活初の淡路島一週(通称アワイチ)にチャレンジしてきました。
 
 
ライド自体の記事は後日ブログにアップしようと思うのですが、今回はブログを始めてから私がお知り合いになった関西自転車ブログ界のビッグネームのお二方、「お家が欲しい!」の「たーちゃん」さんと「23cの誘惑」の「ユッキン」さんとに御同行頂くことが出来たのです。
 
 
今回の私のブログにはお二方のブログのリンクから訪れる方もいらっしゃると思うので、せっかくですから私の目から見た実際の「たーちゃん」さんと「ユッキン」さんの感想もお話ししようと思います。
 
 
あっ!、たーちゃんさん&ユッキンさん!私の記事に問題あればコメントで指摘下さいね、すぐに記事を差し替えますので(^^)
 
 
そもそも今回のライドの発端は、以前私が牛滝にツーリングに行った際、ものすごい偶然でそこでユッキンさんと初めてお会いできた上、昼食時に都合2時間もお話しさせていただいた事から始まりました。
 
 
お会いして話すことは当然ブログについてから始めたのですが、初めの話題は「お家が欲しい!」のブログ休止のことでした。
 
 
ユッキンさんも私も「お家が欲しい!」には度々お邪魔させていただいていて、たーちゃんさんにコメントも沢山頂いていました。
 
 
「週間でいいから再開して欲しいものですよね~」とユッキンさんが話されていて私も同様に思ったものです。
 
 
それから、しばらく自転車のことや仕事のこと、家族のこと等いろいろ話していくうちに私が未だにアワイチ未経験だとお話しすると、ユッキンさんは蕩々とアワイチのすばらしさを話して下さいました。
 
 
関西に在住のサイクリストにとって「アワイチ」と琵琶湖一周の「ビワイチ」はあこがれの存在であり、どちらも150kmを走りきる体力が無いと実現の難しい関西サイクリストの聖地であります。
 
 
今年中にはどちらも制覇したいと思っていた私にとって、ユッキンさんのお話はスポンジが水を吸い込む如く私の耳に吸収されて行ったのです。
 
 
「へ~私もいずれは行ってみますわ。」と私が話したときに「是非一緒に行きましょうよ!」とユッキンさんから夢のような御提案が!
 
 
こんな素晴らしい御提案をお断りする理由など一切無いと思い「是非アワイチの素晴らしさを体験させて下さい!」と(たーちゃんさんのお言葉を借りると目の前のエサに食い付くダボハゼの如く)お願いしました。
 
 
ここで私の感じたユッキンさんの印象はとにかく話題が豊富で、話し方は歌うかの如くリズミカルに言葉を紡ぎ出していかれます。
 
 
私が異性でしたら惚れてしまうところでしょう(爆)
 
 
又、私と仕事の内容で同様の事項もありましたので何かと話題がつながったこともあり、出来る青年実業家というイメージも感じました(私はただの町工場のおっさんですが)。
 
 
その日は食事の後お互いに分かれたのですが、メールのアドレス交換は済ましていたのでこの後連絡を取る手段はブログ以外にも残された訳です。
 
 
やがて日が経ったある日、あの「お家が欲しい!」が再開されました。
 
 
以前のようなペースでは更新せずにマイペースで更新されるとのことで、非常に喜んだものです。
 
 
やがて間髪を入れずにユッキンさんから「たーちゃんさんのブログが再開されましたよ!」とメールが届き私も「知ってます!よかったですね~」と返信しました。
 
 
そして、私は意を決してユッキンさんにアワイチの実行実現をお願いしたのです。
 
 
ユッキンさんは「いつでもいいですよ!お時間あわせましょう!」と快諾してくれました。 
 
 
ユッキンさんは私と年齢が同じで、住んでいる場所もママチャリでも行けるくらいの所ですので私にはとても接っし易い方と一方的に思っていたのですが、ユッキンさんにはご迷惑だったかな(笑)。
 
 
ここで図々しくも私はもう一つの決断をします。
 
 
それはたーちゃんさんにお声かけをするということです。
 
 
ユッキンさんに「実はたーちゃんさんにもライドに同行願いたいと思うのですが如何でしょう?」とメールすると「素晴らしい!是非提案して下さい。」との返事が(嬉)
 
 
すぐにたーちゃんさんの「お家が欲しい!」に私なりに丁寧にお誘いのコメントを入れさせて頂きました。
 
 
当然あのカリスマブロガーにこんなお誘いをしても体良く断られるだろうと思っていますした。
 
 
たーちゃんさんは以前に2回ほどお会いしているのですが、あまり突っ込んだ内容ではなく軽いお話をした程度で「シャイな人やな~」という印象がありました。
 
 
まあ、私はアワイチに行ける!尚かつユッキンさんとライドが出来る!ということで浮かれまくりでしたので、二人で行くとしても全然問題が無く、楽しく日程の調整などを相談していきました。 
 
 
やがて、たーちゃんさんから私のブログにオッケーの連絡が送られてきたのです!
 
 
メチャクチャ嬉しかったですね。
 
 
速攻でお返事の上、決行日の御提案、およびユッキンさんの御同行などをお伝えしたのです。
 
 
たーちゃんさんにはさすがにブログと同じく丁寧なお返事を頂いて、スルッっと段取りが整いました。 
 
 
ちなみにお二人はアワイチ経験者で、たーちゃんさんはなんと自走でアワイチ!、ユッキンさんは10回程度!アワイチに行かれていて、安心して私はお二人にビンディングシューズ、ではなく、ゲタを預けることができました。
 
 
前日に目覚まし3個とカルマの準備をしてお酒もそこそこに就寝。
 
 
ちなみに当日は天気予報では快晴で気温も20度近くになるとの事で半袖、半パンビブ、プラス長袖インナーにウィンドブレーカーを用意。
 
 
そして迎えた決行の日、以前ブロガーライドで遅刻した経験のある私は30分位前には待ち合わせ場所に着くよう早めに出発。
 
 
01

 
 
早朝は寒さがあって、周りも暗かったのでゆっくりと待ち合わせ場所に到着。
 
 
それからしばらく足攣り対策の持参のバナナを食べてお二人を待ちます。
 
 
間もなく大柄な体にカッチョ良い「疾風号」を駆って颯爽とたーちゃんさん登場!
 
 
02
 
 
前回の「お家が欲しい!」の記事の通りすべすべの足に新品のパールイズミのレーシングビブ姿で、上半身がいつものイオンブランドのヤッケというナイスな風貌。
 
 
ちなみに足はナデナデしませんでした(笑)。
 
 
「おはようございます!」とお互いに挨拶の後は、寒さもあり早口で今日までの楽しいやりとりの回顧や今日のワクワクした気持ちを語り合いました。 
 
 
これこそACの「ポポポ、ポ~ン!」ってな状態ですよ。
 
 
そして待ち合わせ時刻ちょっと前には無事にユッキンさんのご自慢のハイエースでご本人登場。
 
 

「おはようございま~す!さあ~行きましょうか!」と相変わらず元気にご挨拶。
 
 
とにかく元気でファンキーなユッキンさんです(^^)
 
 
今回はユッキンさんにはトランポまで出して頂いて言葉にならないほど感謝しています。
 
 
ちなみにこんな感じで整列して車載しました。
 
 
04

 
 
そして挨拶後は初対面のたーちゃんさんもすぐにユッキンさんと打ち解けて、朝焼けの中私たちは関西サイクリストの聖地「淡路島」へと向かったのです。
 
 
どうでしょう?これまでの内容でお二方の良さは伝わりましたでしょうか?
 
 
とにかく、お二方とも人気抜群ですので今後は気軽にこの様にご一緒出来ないかもしれないですが、ブログを続ける限りまたお会いできるでしょうからブログにこれからも励みたいと思っています。
 
 
次回はライド編を書くつもりですが、たーちゃんさんとユッキンさんの記事の内容を参加した私がワクワクしている状態なのでちゃんと書けるのかが少々心配ですが・・・
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年4月13日 (水)

ついにやっちゃった・・・

前回の牛滝ライドですが、一応のコースはこちらです。
 
 
 
 
 
最近は大和川経由で石川CLへ向かうルートが多かったのですが、170号線を使えば結構自転車で楽しめる山を楽しむルートがあるもんです。
 
 
この事は当ブログにリンク頂いている「すず虫さん」の日夜余念の無いルート開発の恩恵を私がありがたく頂いているだけなのですが、非常に助かっています。

 
この場を使って感謝を致します。
 
 
 
さて、本人には全然為にならないのですが、ブログのネタにはなるので今回のライドのこぼれ話を・・・
 
 
それはカルマに乗ってから経験した事の無い・・・・「立ちゴケ」を今回初めてしてしまったのです。
 
 
その時の状況は「たわわ」から170号線に入った際に緩やかな登りの交差点で信号待ちをしていた時、左足を地面につけて右足はペダルに乗せたままの状態でした。
 
 
信号が青になって右足に体重を掛けた際にギアを軽めにしてなかったせいで全くクランクが廻らなくてその場で硬直。
 
 
後は「あれ〜〜〜〜」って感じでゆっくり右側に倒れて地面に右半身着地。
 
 
当時そこには車もいなくて車にひかれる事は無かったのですが、後から考えたら怖い状況でしたね。
 
 
転けた後ヨロヨロ立ち上がってダメージを確認しました。
 
 
私のほうはほとんどゼロ速度でしたので無事でしたが、カルマのリアディレーラーとペダルに傷が・・・
 
 
Imgp0690
 
 

Imgp0691
 
 
 
立ちゴケは今まで自転車で経験した事が無かったので結構へこんだな〜。
 
 
とりあえず帰宅途中にいつもの「サイクルショップ金太郎」さんでディレーラーの調整とワイヤーテンション調整をしてもらいました。
 
 
店長さんは仕事の忙しい中で、嫌な顔一つもせずに試乗までしてカルマをチェックして頂けました。
 
 
またまた、ありがとうございました。
 
 
その後、以前に破損したiPhoneを持ってソフトバンクショップへと向かいます。
 
 
その時のiPhone。
 
 
Imgp0645
 
 
 
ソフトバンクショップで修理に幾ら掛かるかと聞くと¥22,800-也でした。 
 
 
私のiPhoneは2世代前の3Gでしたが、今は在庫が無いので3GSをこの金額で提供できるとの事。 
 
 
バッテリーもへたって来ていたので仕方ないな〜と思っていると店員さんが「2年以上お使いですか?」と聞くので「おそらく・・」と答えて調べてもらったら「あ〜今ならiPhone4に今の携帯からそのまま機種変更できますよ」との事。 
 
 
そうなのか〜!と喜んで同じiPhoneユーザーの妻の分も含めて機種交換。 
 
 
そしてiPhone4を入手。
 
 


Imgp0693
 
 
 
今までのiPhoneはそのままiPodとして使えるのでお持ち帰りしました。 
 
 
これで我が家に計4台のiPhoneが・・・
 
 


Imgp0686
 
 
 
こうして並べてみると思わず、「スマフォ戦隊!アイフォ〜ンフォ〜!!」って叫びたくなりましたよ。
 
  
・・・ww
 
 
もう寝ましょう。
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年4月12日 (火)

牛滝 再び

先日の日曜日は、春らしい気候で朝から非常に良い天気でした。
 
 
私は朝から選挙の投票を済ませ、月末のマラソンの為に10km程走り込みをやってからある目的の為にカルマを準備して出発しました。 

 
目的は二つあるのですが、以下追々書く事に。
 
 
目的の場所は、以前雨で途中引き返した牛滝さん。
 
 
Imgp0652
 
 
以前訪れた時とは大違いで非常に気分良く走って行きます。
 
 
Imgp0653
 
 
途中所々にある桜もこの日は奇麗に咲いていました。
 
 
Imgp0656
 
 
町中にある桜も良いのですが、山で見る桜もとっても奇麗で目の保養になりますね。
 
 
気持ちよく山を走ってやがて一つ目の目的地に到着。
 
 
Imgp0658
 
 
相福庵」です。
 
 
以前訪れた時は蕎麦定食を美味しく頂きましたが、後程ここの卵掛けご飯が非常に美味しいとネットで見て「食べに行こう!」と思ったので足を向けたのです。
 
 
そして、念願の卵掛けご飯を。
 
 
Imgp0663
 
 

Imgp0664

 
 
噂通りプリプリの卵でとってもウマー!

 
これで¥400なり。

 
 
そしてお蕎麦も今回はザルで頂く。
 
 

Imgp0665
 
 
ここのお蕎麦は私の好きな十割蕎麦ではなく、結構つなぎが多くてモチモチしています。
 
 
まあ、お店の雰囲気でかなり味はアップしている感じですね。
 
 
これは¥650なり。
 
 
そそくさと食事を済ませ、牛滝界隈の通過ポイントに向かいます。

 
まずはレジャー施設の「ほの字の里」へ。
 
 

Imgp0668

 
 
ここは、色々アウトドア教室やBBQ、入浴、レストランなんかもあるので小さなお子さんがいる家庭には楽しい所でしょうね。 
 
 
とりあえず写真だけでドンドンいきます。 
 
 

Imgp0670
 
 
以前はこの道は走れなかったのですが、この日は車も少なくておまけに気候も良く、こんなに気持ちのよい道とは少々驚きました。
 
 
そして水分補給の為に農場公園「たわわ」で休憩。
 

Imgp0671

 
ここは市民農場みたいな感じなのですが、ピクニックできる広場もあるので家族で沢山の方が遊びに来ていました。
 
 
Imgp0674

 
 
たまには親子でのんびりドライブをしながらこういう所にも行かないといけないな〜と思いつつ次の目的地へ向かいます。
 

実際帰宅後に妻に写真を見せると「連れて行ってや!」と怒られてしまいました。
 
 
次は地元ではヒルクライムトレーニング場所として有名な「いよやかの郷」へ。
 
 
前回は何も考えずに只登っただけですが、今回は「タイムを取る!」目的で挑戦に。 
 
 
スタート地点はこの高架下表示板。
 
 
Imgp0675
 
 
気温17度でコンディションは絶好なのですが、ここまで少々足を使って来ているので「良いタイムは無理かな〜」と思いつつスタートしてそれなりに登って行きます。 
 

ちなみに早い人で「10分を切る!?」そうです。 

 
周りの景色もあまり楽しむ事無く、最後のいよやかの郷駐車場前をなんとか登って終点の茶屋に到着。
 
 
Imgp0677
 
 
 
そしてタイムは・・・・・「14分18秒」!遅い!!

 
途中は意識して時計を見ませんでしたが、ここまで遅いとはトホホな気分です。
 
 
後は日が傾くまでにゆっくりと岸和田方面へ出て堺に戻りました。 
 

この日は走行距離80km。
 

暑くなると思ったので春用長袖ジャージとニッカレーパンで出掛けましたが正解でしたね。 
 
 
冬用装備でしたら汗だくだったでしょう。
 
 
でもまだまだ寒い日もあると思うので服装のチョイスが今の次期には課題です。
 
 
来週はガッツリ走る予定なのでお天気が良くなって暖かい休日になれば良いと思っているのですが〜

 
 
後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村  

2011年4月 7日 (木)

堺のイベント事情

最近各地のイベントで自粛ムードが漂う中、私の元にも残念なお知らせが来ました。
 
 
 
その内容です。
 
 
「3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震により、関東・東北太平洋岸に未曾有の被害が発生し多くの被害が報告されています。
 私共もこの震災・津波で被災された方々の窮状に鑑み、5/15(日)に開催を予定しておりました「第15回ツアー・オブ・ジャパン堺ステージ」の中止を決定いたしました。
 つきましては、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、参加お申し込みをいただきました市民サイクリングにつきましても中止とさせて頂きます。何卒ご理解賜わりますよう、よろしくお願い申し上げます。

また、次回開催の折には是非ご参加頂きますよう、併せてお願い申し上げます。

ツアー・オブ・ジャパン堺ステージ実行委員会 」
  
 
 
 
堺ではこの季節の自転車イベントの風物詩で、もはや名物になっている「ツアーオブジャパン」というものがあります。 
 
 
 
UCIプロツアーの選手も参加する実業団チームの本格的レースです。
 
 
 
堺は世界のシマノ製作所のお膝元でもあり、その第一戦目に堺がステージ開催されているのです。
 
 
 
堺を皮切りに奈良や信州、富士山の山岳ステージや東京の決勝とレースが続きます。
 
 

このイベントを毎年私も楽しみにしていました。 
 
 
だって、実業団のプロ選手の走りを選手の息遣いを感じられる距離で観戦できるのですから。
 
 
そして堺市民の特権として実際のレースで使用するコースをレース開始前に自分の自転車でパレードできる「市民サイクリング」というものがあります。 
 
 
昨年度は私も抽選の上当選して参加し、参加記念のキャップを頂きました。
 
 
 
Dsc00500

 
 
今でも記念として部屋に飾っています。
 
 
 
今回は信州や東京の現在の状況を考えるとやはり中止せざるを得なかったのでしょうね。
 
 
 
それに裏事情を「サイクルショップ金太郎」さんで伺った所によると、海外のチームで放射能汚染の事で参加を見合わせるチームや、日本国内のチームの契約外国人選手が来日を嫌がっているとも伺いました。
 
 
仕方ないですかね・・・
 

残念ですが、来年度は開催されるのを期待しています。
 
 
 
そして私事ですが同じく堺で開催される「堺シティーマラソン」に10Km部門でエントリーしております。 
 
 
 
これも春の堺風物詩なので毎年仕事の都合が付けば楽しみにしているイベントです。 
 
 
 
残念ながら娘はクラブで参加できないので、妻の5Km参加と併せて夫婦二人の参加になりました。 
 
 
 
私はランも大好きなのでマラソン向けの体力作りもそろそろしないと・・・

 
 
とりあえず完走に向けて頑張ります。
 
 
 
 
後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村  
 
 

2011年4月 5日 (火)

嗚呼、無情

私事なのですが、仕事面で年度末を終えて尚かつ統一地方選挙が重なって仕事が一挙に暇になりました。
 
 
 
毎度の事なのですが、暇な時は本当に仕事が無くなるので「このままで良いのか?」と自問する日々です。
 
 
 
忙しい時はあんなに「休みたい〜」と思っていたのに不思議なものですね。
 
 
 
そんな訳では無いのですが、私と娘の休日が折り合った先日の日曜は花見も兼ねて近くの公園へとバーベキューに向かいました。
 
 
 
最近の娘はバスケットクラブの行事に休日も参加していたのですがこの日はクラブも休みで久しぶりに家族でお出かけと相成りました。 
 
 
 
学校で娘が仲の良い友達と併せて計6名で公園へと向かいます。
 
 
  
当日は気温は低かったのですがまずまずの気候で順調にバーベキューを行いました。
 
 
 
当然私は炭の火起こしと諸々の準備です。
 
 
 

Imgp0620
 
 
 
火がつくまでは娘達は遊びに邁進。
 
 
 
火がつくと食料を食べに来る。 
そして、焼けた側からドンドン食べる。

Imgp0622

 
 
食べ盛りの中学生4人の前では食材を焼くのが精一杯で、私はビールを飲むのがやっとの状態。
 
 
 
気が付くとあまり肉は食べない状態で第3のビールを9本も飲んでいました。
 
 
  
でも屋外で飲む(第3ですが)ビールって何でこんなに美味しいのでしょうね。
 
 
  
近くに咲いていた桜はまだまだ満開では無かったですが、とりあえず咲いていたものを。
 
 


Imgp0628

 
 

まだまだ蕾の木が多かったのでこれからなのでしょうね。
 
 
 
そして、バーベキューをお開きにして家でマッタリして月曜は仕事へ。
 
 
 
少々二日酔いでしたが現場の取り付けへと向かいました。 
 
 
 
私は仕事の関係で脚立へ登ってする作業があるのですが、その時に悲劇が・・・

 
 
ポケットに入れていたiPhoneがなぜかポケットから出て落下。

 
 
当然こんな風に。
 
 
 

Imgp0646
 
 
 
いつも一緒にいたiPhoneをこんな目に遭わせて現在少々へこんでます。
 
 
 
とりあえず通話とメールは出来るので今後の対応を考えねばと・・・
 
 
 
こうしてブログを書いていても情けない気分で一杯です。 
 
 
 
防げる事故はなるべく防ぎたいものです。 
 
 

あ〜中古iPhoneでも探さねば・・・

 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
 

2011年4月 2日 (土)

自転車のイベントに思う事

先日のヒルクライム大会の成績表が郵送にて昨日届いていました。
 
 
 
Imgp0613
 
 
 
ウェブ上で確認するよりこうした書類の方が私は好きなので、大会運営事務局の心遣いには嬉しく思います。

 
 
当日にリザルトが出なかった事も、お詫びの書類が同封されていた事でチャラにしましょう(^^)
 
 
 
ところで各地でイベントが中止されていますが、この六甲ヒルクライムはチャリティーイベントとして決行されました。
 
 
 

A91 
 
 
 
当然の如く会場内には募金箱も設置されており、私も妻と共に微力ではありますが募金させて頂きました。 
 
 
 
A92 
 
 
当日の会場にはやはりイベント独特のウキウキした雰囲気やプロのDJの方の軽快なしゃべりで楽しい雰囲気が漂っていましたよ。 
 
 
 
ゲストの安田大サーカス団長も訪れていて周りはにこやかな雰囲気でした。
 
 
 
A93
 
  
 
団長のキャノンデールもパチり。 
 
 
 
A94
 
 
 
個人的にはとても満足した大会ですし、来年も是非参加したいと思っています。 
 
 
 
こうしたイベントでは参加される皆さんも不謹慎な表現ですが財布のひもが緩くなるのでしょう。
 
 
 
ぱっと見でも沢山の方が義援金を募金箱に入れていました。 
 
 
 
イベントを中止するのは主催者の様々な事情があるのでしょうが、こうやって普通に開催して被災地の応援をする方が良いのでは?と思うのですが如何なものでしょう。 
 
 
 
私個人の意見ですが、アマチュアスポーツの大会イベントは営利目的の要素が少ないのですから、こうした形(チャリティーイベント)で開催する方が良いと思います。
 
 
 
そういう訳では無いのですが、震災前にエントリーした自転車イベントが予定通り開催される事になりそうです。
 
 
その内容は又違う機会に書こうと・・・

 
 
イベントで身も心も充実して仕事にも前向きになれたし、家族の会話も以前通りに楽しい物になりました。
 
 
 
これから自転車イベントに参加される方も心行くまで楽しまれる事を祈ります。 

 
 
 
Dsc00758
 
 
 
全力で自分に挑んだ後は身も心も晴れやかな気分になりますよ、成績はともかく(^^)

 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
 

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »