« こんな時ですが | トップページ | もうちょっと震災について »

2011年3月14日 (月)

昨日のその後

昨日は早い時間にブログをアップして、夕方に帰宅した妻と一緒にテレビを見ていました。

もうそろそろ夕食前にローラーだけでもしておこうと席を立った時に放映された福島原発の1号機水蒸気爆発の映像。

正直「特撮なのでは?」思うくらいの映像に一瞬固まりました。

1号機の屋根が吹き飛ぶ映像を見て「チャイナシンドローム」が頭をよぎる。

どうみても炉心融解としか思えなくて。

そうなったら日本は国際的に本当に壊滅的な打撃を受けるのだろうと・・・・

もう全然現実感が無くて自分の部屋に行って、機械的にカルマをローラーにセットして、ビンディングシューズを履いてカルマに跨がった時点で「もうやめておこう」とカルマを元のハンガーに戻す。

Imgp0519


乗れないよ・・・とても。


風呂に入って娘の帰宅を確認して夕食にしようとダイニングに行くと隣の部屋で妻は未だテレビを見ていました。


テレビには避難された方々や現地で家族と再会された方々の映像が映っています。


「あ、準備するね」と妻が私の横を通る。


泣いていた様でした。


もう何と言っていいのか、寂寥感だけが私を襲いました。


本当につらい。


つらすぎる。


出来れば全て嘘であったと誰かに言って欲しい。


その後も3人で静かなの食事をしている中、娘が地震のメカニズムやどうしてこんなに「人が死ぬ」のかを私に訊ねるので知りうる範囲で答えます。


正直学校の先生方に学校の全体集会を開いてもらって、未だ幼さの残る中学生に今回の災害を子供達に説明して欲しかったです。


本日も娘と話していると担任の先生はホワイトデーの話題くらいで、いつもの朝礼やクラスルームの話題だったそう。


これで良いのかな?


私は娘に知り得る限りの大陸型プレート地震のメカニズムや津波の発生メカニズムを話して聞かせました。


いつもは軽い相づちを打つ娘が真面目に私の話を聞いてくれたのが嬉しかったです。


その後今朝の通勤は少しでも自転車に触れておこうと2号機IDIOMで工場に向かいました。


Imgp0517


大阪は昨日同様気候が良く本当なら気分良く走れるのでしょうが、私の廻りの景色はゆっくりとしか流れません。


工場ではずっとAMラジオが流れているのですが、どんどん増える死者数に気分も滅入る。


そして福島原発3号基の水蒸気爆発の報道。


どこに光明があるのか・・・・


しかも、私には何もできない。


でも、妻や娘の事を考えて早めに仕事を終えて帰宅しようと工場を早めに閉めて帰りに花屋に向かいました。


少しでも家族の笑顔を見たくて妻の好きなピンク色の花を買って帰ろうと。


そこで購入したのがこれ。


Imgp0520


お店の人に「この花はなんて言うの?」と聞くと「はい、デンドロビュームですよ」とのこと。


デンドロビューム???


お〜かっこいい!


と即購入して家に帰りました。


帰宅後に妻と子供とデンドロビュームを囲んで笑顔で会話できました。


少しの事ですが家族に明るい話題ができて良かったです。


デンドロビュームに力をわけてもらって明日から元気に過ごして行きたいと思います。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« こんな時ですが | トップページ | もうちょっと震災について »

自転車」カテゴリの記事

コメント

センセイの許容範囲を超えていたのかも知れませんね。

うちの1号の担任の先生は、
「あなたが生き証人だから。
子や孫に語り継ぐために覚えておけ」と話されたそうです。
こちらは給食が止まりました。
フルタイムのおかんはおかずが買えなくてオロオロしてますが。

負けないもんね。

原発、ちょっとまずいことになってますね。。。

私もどうも仕事が手につきません。
といっても何も出来ないんですけどねぇ。

何とか事態が収拾してくれることを祈る
ばかりです。

んん~ww判ります。。。
福島原発は日を追う事に悲惨な状況になっていきます。。
テレビに出ているコメンティーターのお偉いさんは冷静に話されておりますが、素人目にもこれはかなり危ない状況というのが判ります・・・

もし、、、万が一、、、東電がお手上げで撤退する事になれば、その時点で日本は終わってしまうでしょう。。。
国際的な信頼、技術的信用も地に堕ちる事でしょう。。
そうならない為に精一杯頑張って欲しいものです。

こんばんは、ちむさん(^^)

フルタイムで働くオカン業、乙です!
落ち込んでいるのが復興支援になる訳は無いので、私は一市民として納税に励みたいと思い、嫌な仕事もこれから受注してやって行こうと思います。

それにしてもガッコの先生は地域温度差あり過ぎですよ、全く。

それでわ

こんばんは、ひろさん(^^)

ひろさんはエンジニアの様ですから原発の事は殊更、気になるでしょうね。
町工場のオッサンの私でも炉心融解は日本の危機と感じますよ。
東電は本当に対処できるのかな・・・
非常に不安です。

それでわ

こんばんは、ユッキンさん(^^)

もう福島原発は第二のチェルノブイリになってしまいそうですね・・・
どうも東電の危機意識が低すぎる様な気がします。
ええかげんに「私達はサラリーマンですから、会社をやめたら関係ありません」適な対応はやめてもらいたい物です(怒)
日本が終わってしまうならその端緒は間違いなく東電ですよ(怒×怒)!
今は圧力隔壁が燃料棒通過を食い止めてくれるのを祈るばかりです。

それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566048/51122249

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のその後:

« こんな時ですが | トップページ | もうちょっと震災について »