« こんなこっちゃいかんのですが・・・ | トップページ | 初めてのヒルクライムイベント 前編 »

2011年3月25日 (金)

全力アタックで感じた事

先日のブロガーライドで登坂した金剛ロープーウェイですが、約10kmのコースの内、私は残り3kmの表示が出るまで全力で登ろうと思っていました。
 
 
 
 
その理由は今週末の「チャレンジin芦有ヒルクライム」の試走をしてみたかったからです。
 
 
 
 
金剛ロープーウェイのコースは後半に行くにしたがって斜度がきつくなるのですが、せいぜい10%なので葡萄坂を登りきった経験があることから序盤からバンバン登って行きました。 
 
  

 
後ろで「いった〜!」と叫ぶすず虫さんを顧みる余裕も無く全力でアタックしました。 
 
 
 
 
ラ・フォレスタあたりで息を抜きましたが、それからも力を込めてペダルを廻します。 
 
 
 
 
終点は一つなのですず虫さんやユッキンさん、ちむさんには申し訳ないのですが単独アタックさせて頂きました。
 
 
 
 
目標の7km地点までは確かに足は動いたのですが、残り3kmの標識を見て「あ〜ここまでか〜」と思ったが最後足が止まりました。
 
 
 
 
そこまでは口から心臓が出る勢いでしたのに、急にペースが落ちるどころか足に力が入りません。 
 
 
 
 
まるでハンガーノックの状態。
 
 
 
 
その後ゴール近くであっさりすず虫さんにパスされました。 
 
 
 
 
本当に最後は足が動かず、良く最後まで足付きしなかった物です。
 
 
 
 
ここで自身の分析をしてみると、全力で登るにしてもどのように自身の負荷を知る事が出来るのか理解できていなかったと思います。 
 
  
 
 
「しんどい」「めっちゃしんどい」しか判断基準が無いのです。 
 
 
 
 
6〜7kmのヒルクライムでは足が持っても、それ以上の時は後から登れなくなる・・・
 
  
 
 
これでは、ライドの後半は体力が無くなり楽しむ事が出来ませんね。 
 
 
 
 
自身の負荷を知る事が出来れば息の抜き方もコントロールできるはず。 
 
 
 

ここで考えたのが心拍計の事でした。

 
 
 
今回同行頂いた皆さんもキャットアイのV3やポラールの心拍計を装着されていました。
 
 
 

楽しくヒルクライムをする・・・・その為にはやはり心拍計で自身の負荷を知り、息の抜きどころを見つけるのが良い様です。
 
 
 

心拍計は比較的高価な物なので今までは購入を見送っていましたが、今は本気で購入を考えています。
 
 
 
 
今週末のイベントには間に合いませんが次の機会までには、と考え中です。 
 
 
 
以前お世話になっている「サイクルショップ金太郎」で店長さんに心拍計の有効性を伺った事があるのですが、やはり最大心拍を意識しながら負荷コントロールをするのが長時間のトレーニングには有効だとの事。 
 
 
 
そして帰り際にこんな物を頂きました。
  
 

Dsc00488

 

 
 
ガーミン705のモックです。 
 
 
 
店長さん曰く「自転車に飾り付けて遊んで下さいね〜」と取り付け用のブラケットまで頂きました。 
 
 
 
 
よく見ると画面も印刷です。
 
 
 
 

Dsc00489
 
 
 
 
飾りとして今はパソコンデスクに置いています。 
 
 
 
 
でも、今となっては実物が欲しい・・・・
 
 
 
 
500円玉貯金がここで生きるのか?
 
 
 
 
オカメの悩みは今も続いています。 
 
 
 
 
誰かが背中を押して来ると簡単に逝ってしまいそうな・・・

 
 
 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« こんなこっちゃいかんのですが・・・ | トップページ | 初めてのヒルクライムイベント 前編 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

こんばんわー

オカメーズさんの用途なら、Edge500でも良い
かもしれませんネw
これなら割と安いですよ(Wiggleで)

でも心拍を計ってると、見なくても大体わかる
ようになってきますけどね。。。

心拍計はあると便利です。
特にヒルクライム等をするなら。
記事でも書かれているように、心拍管理が出来ないと足が売りきれてしまい、後半がつらくなることがありますので…
一度つけてしまうと、つけずに走るのが不安になるほどの優れものです^^

おはようございます、ひろさん(^^)

ひろさんは500のユーザーでしたね。
wiggleで買えば安く上がるのは解っているのですがいままでなかなか踏ん切りが着きませんでした。
まあ、購入はフラグが立ちましたから心拍コントロールの事をこれから雑誌やネットで調べたいと思います。
ひろさんの過去の記事も参照させて頂きますね。

それでわ

おはようございます、めばる君さん(^^)

来ましたね〜ヒルクライムの神の声が。
やはり心拍コントロールすれば足の売り切れを防止できる物なのですね。
問題は適正な心拍をマックスのどの辺りに設定するか、私には未だ解らない事なので、色んな方の記事を参考にしたいと思います。
私の場合、休暇の関係上あまり連休等が取れないので、ヒルクライムが自転車を楽しむこれからの方向に向かうと心拍計はマストアイテムの様ですね。
もちろん、めばる君さんの記事も参考にさせて頂きます。

それでわ

こんにちは(^-^)v
実は、私もそれ買うか悩んでますww
自転車の楽しみ方も広がるなら、買おうかな?
でも新しいスマフォ買ったばかりやしなあ(;o;)
毎日がその繰り返し(笑)

こんばんは~

 私もひろさんと同じく、エッジ500十分だと思います。
 エッジ500では、いろいろなデータを一度に表示することができるので、とても使い勝手が良いですよ。

 さて、例の件ですが17が○、24が×でお願いします。
 詳細については、メアドを入力させていただきますので、そちらでよろしくお願いします。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ

忘れていました、メアドです~

心拍計ですか・・・その神器はヒルクライマーには必需品ですね。。
わたそもガーミンcs600のん持ってるのですが、、、袋に入ったままです(汗)
だってクライマーちゃうし^^

おはようございます、ramu3003さん(^^)

毎日の物欲との格闘、乙でございます。
スマフォと心拍計を同系列で考えるのが流石ですね(^^)
私も当初心拍計は本当に必要なのかな?と思っていましたが、あると幸せになりそうですね。
フラグが立ちましたよ。

それでわ

おはようございます、たーちゃんさん(^^)

やはり、500の人気はwiggleのおかげで絶大の様ですね。
実際使い勝手はかなり良いみたいですし。
でも、私は日本語表記に惹かれます。

例の件、後ほど宜しくお願いします(^^)

それでわ

おはようございます、ユッキンさん(^^)

え?あのポラールは心拍計ちゃうんですか?
結構立派なものやった様な気が・・・・
しかし、ガーミンまで持ってるとは思いませんでしたが要らないなら下さい(爆)
「だってクライマーちゃうし^^」<核爆!

それでわ

すみません
ガーミンとポラールがごっちゃになってました^^
ガーミンGPSは60CSでポラールがCS600・・・ややこしいww
心拍計はポラールでした(汗)

おはようございます、ユッキンさん(^^)

エミネンザにはポラールでしたよね?
やっぱり間違ってなくって良かったです。
GPSをお持ちとは流石ですが〜

それでわ

最初、ケイデンスとか知らなくていいしー なんて思ってましたが
なかなか面白いです。ケイデンス+心拍計。

ワタシは全く使いこなせてませんが、
「一旦心拍を上げておくと、あとが楽」って事を教えてもらい納得。
イベントやレース前のアップには効果的かもしれませんね。

ポラールだったか、ガーミンだったか、電池交換が大変だった気がするのです。
要リサーチですね。

こんばんは、ちむさん(^^)

私はケイデンスは平地ではよく見るのですが、ヒルクライム中は心が折れそうなので見ない様にしています。
30以下やったら足着いちゃうかも知れんので。
「一旦心拍を上げておくと、あとが楽」は良く知られている事なので、サイクリストには正解の事なのでしょう。
実際楽ですしね〜

実は心拍計については既に結論が・・・

それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566048/51216065

この記事へのトラックバック一覧です: 全力アタックで感じた事:

« こんなこっちゃいかんのですが・・・ | トップページ | 初めてのヒルクライムイベント 前編 »