« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

初めてのヒルクライムイベント 後編

先日の夜に「第1回六甲山ヒルクライム・チャレンジ in 芦有」の全リザルトが公開されていました。

 
 
なので前回の続きを・・・

 
 
スタートゲートを潜ればセンサーチップによる自動計測が始まり後は上を目指して登るだけです。
 
 
 
自分が遅いのは解っているので、最初はダンシングでなるべく後ろの方に迷惑をかけない様にそこそこのペースで登ります。
 
 
 
スタート直後のコースはこんな感じ。
 
 
 
A7
 
 
 
当日のスタート地点は気温4度にも関わらず風もなく燦々と朝日が降り注いですばらしいコンディションでした。
 
 
 
走る路面もさすがに神戸が誇るスカイラインだけあって、砂利や石もなくすばらしい路面でした。
 
 
 
登り始めてしばらくすると、山間部の装いが深くなり気温も須少しづつ落ちている様。
 
 
 
実際に息をしていると乾燥した空気と低い気温のせいで喉が少々痛かったです。 
 
 
 
周りの方も息遣いの中に咳をする方もいらっしゃいました。 
 
 
 
コンディションは良いのに乾いた空気が敵になりましたね。 
 
 
 
少々息苦しさを感じながら隣で同じペースで登られていた方(確かキャンノンデールのSIXカーボンでした)と、

 
 
 
オカメ「息苦しいですね〜」
 
  
キャノンデールの方「そうですね〜」
 
 
オカメ「でも、楽しいですね〜」
 
 
キャノンデールの方「そうですね〜」
 
 
 
・・・・・キャノンデールの方、済ませんでした〜しんどいのに話しかけたりして。 
 
 
 
やがてキャノンデールの方のペースが落ちたので、一気にダンシングで抜かせてもらいました。 
 
 
 
そこからは一人で抜いたり抜かれたりでやがてゴールイン。 
 
 
 


A8
 
 
 
 
展望所は非常に景色が良かったのですが、強烈な朝日で上手く写真が撮れませんでしたので無事に登れたオカメーズの写真ですみません。 
 
 
 
そして、下山になるのですが展望所で結構待たされました。
 
 
 
少し息も整って改めて周囲の空を見ると、大気中の水蒸気が冷却されて微小な氷となって漂っているのを確認。
 
 

奇麗なのですがこの状態では空気が乾燥して当然です。 
 
 
 
ゴールしている方は私もそうですが咳き込んでいる方が多かったです。 
 
 
 
今年は春が遅いのでもう少し暖かかったら皆さん、記録がもう少し良かったかもしれません。
 
 

やがてペースメーカーの方の先導でダウンヒル開始ですが、ゆっくりとしたペースで後ろからしょっちゅう「一列で車間を十分に開けて下さ〜い!」と声がかかるのでアリの行進の様にぞろぞろ降りて行きます。

 
 
下山中は頂上で結構待たされた事もあり、すっかり身体が冷えてしまいました。
 
 
 
そして妻の待つ出発地点へ帰還。
 
 
 


A9

 
 
二人で「あーだこーだ」と言いながら駐車場へ向かい、車中で着替えを済ませてもうすぐ貼り出されるリザルトを掲示板の近くで待つ事に。
 
 
 
しかし、全然記録が公開されずに予定より大幅に時間オーバー(1時間くらい?)して表彰式が始まりました。
 
 

先頭から3位までの方はなんとか記録を確認した様です。 
 
 
 
しかし、待たされている間に帰宅された上位入賞者(クラスによっては優勝の方も)がいたのでその辺りは運営者側に反省して頂きたいですね。
 
 
 
それから更に30分程待ちましたがお腹が減ったので食べログで調べておいた有馬温泉で有名なパン屋さんへ昼食に向かいました。

 
 
「パンド房」
 
 
 


A96


 
 
 

A97
 
 
 
 
評判通りとっても美味しくて、妻と3個づつも食べてしまいました。
 
 
 
食事後は温泉に入る事も無く、娘の待つ家へとそそくさと戻りました。
 
 
 
肝心のリザルトですが、恥ずかしいので最後にちょこっと・・・
 
 
 
名前がHPに出ているので下の方から確認。
 
 
 
ちなみに私の出場クラスのエントリー数は211名もいました。
 
 
 
真ん中を過ぎても名前が無いので「お〜とりあえず目標達成や〜」と喜んでいると私の名前が。 
 
 
 
嬉しい事に上位40名の中に入っていましたよ!
 
 
 
妻も「お父さんやるやん!」と感心してくれて「そ〜か〜」とアホ顔で返事。 
 
 

でも初めての記録なので嬉しかったし、次回出場するとしたら良い基準になりますし。
 
 
 
何よりお天気もよくて気分良く奇麗な道を登れたのが良かったです。
 
 
 
まあこれでエントリー代(¥6,000+駐車場代¥1,500)が安かったら言う事無しなのですが。
 
 
 
その他に大会で気づいた事もありますので次回にそれでこのレースを締めたいと思います。
 
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
 

 
 

2011年3月28日 (月)

初めてのヒルクライムイベント 前編

昨日は無事に「第1回六甲山ヒルクライム・チャレンジ in 芦有」を走りきってきました。
 
 

家族の震災の心理的影響もあって当初は私一人で行くつもりでしたが、ここ数日で気分が変わった妻も同行する事に。

 
只、娘はクラブの練習が入ったので別行動となりました。
 
 
最初の計画ではヒルクライムイベント後に家族で有馬温泉を楽しもうと思いましたが、イベント後はなるべく早めに帰宅する事にして当日朝は、AM5時に大阪を出発し六甲へ向かいます。
 
 
 
当然当日の朝食はバナナ。
 
 
A0
 

 
AM6時過ぎには会場の芦有道路駐車場に到着しましたが、会場には未だそんなに沢山の人も居ず、徐々に人が集まりつつある状態。 
 
 
 


A2
 
 
 
A3 
 
 
 
駐車場に車を止めて準備をする事にします。
車からカルマを出して着替えた後に準備のストレッチ、そして今回はヒルクライムイベントの会場では自転車を降りて移動する原則でしたので、ローラー台を持ち込んでアップアップ!
 
 
 
A1
 
  
 
都合10分のアップを2回程行いました。
そんなに気合いをいれてどうするんや?てな所ですがせっかくのヒルクライムなのですから、準備運動はしておくべきだし、怪我の予防にも良いですからね。
 
 
 
それに、当日の駐車場では沢山の方が固定や3本ローラーを持ち込んでアップされていたので、ローラーによるアップはこういったイベントには自然な光景だと感じました。
 
 
 
そして、アップの後はバナナ。
 
 
 

A4
 
 
 
以前にたーちゃんさんのコメントでバナナを沢山食べると足がつらなくなると伺ったので、2本も食べてしまいました。
無理をして足がつったまま走ると肉離れを起こすので、足がつるのは避けたかったのです。
 
 
 
私のクラスのスタートが迫りましたので、スタートの地点へ向かいます。

 


A5
 
 
 
このゲートから目標の地点まで大人の運動会です。
ちなみにスタートは前に並んだ人から20人ずつ順番にスタートする「マスドタート」と言われる物だそうです。

 
ちなみに、スタート地点の筋肉モミモミのオカメ。

 


A6

 
 
やがて、スタート時間になりオカメスタート!
 
 
 


A82
 
 
 
ここから、ゴールまで向かうのですが一旦記事を切ります。

 
 
なぜかというと大会関係者の計測の混乱でリザルトがHPへ掲載されていないのです。
 
 
 
もし次の記事までに公開されていれば、私の順位目標である「真ん中より上」を達成できたのか書くつもりです。
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
 

2011年3月25日 (金)

全力アタックで感じた事

先日のブロガーライドで登坂した金剛ロープーウェイですが、約10kmのコースの内、私は残り3kmの表示が出るまで全力で登ろうと思っていました。
 
 
 
 
その理由は今週末の「チャレンジin芦有ヒルクライム」の試走をしてみたかったからです。
 
 
 
 
金剛ロープーウェイのコースは後半に行くにしたがって斜度がきつくなるのですが、せいぜい10%なので葡萄坂を登りきった経験があることから序盤からバンバン登って行きました。 
 
  

 
後ろで「いった〜!」と叫ぶすず虫さんを顧みる余裕も無く全力でアタックしました。 
 
 
 
 
ラ・フォレスタあたりで息を抜きましたが、それからも力を込めてペダルを廻します。 
 
 
 
 
終点は一つなのですず虫さんやユッキンさん、ちむさんには申し訳ないのですが単独アタックさせて頂きました。
 
 
 
 
目標の7km地点までは確かに足は動いたのですが、残り3kmの標識を見て「あ〜ここまでか〜」と思ったが最後足が止まりました。
 
 
 
 
そこまでは口から心臓が出る勢いでしたのに、急にペースが落ちるどころか足に力が入りません。 
 
 
 
 
まるでハンガーノックの状態。
 
 
 
 
その後ゴール近くであっさりすず虫さんにパスされました。 
 
 
 
 
本当に最後は足が動かず、良く最後まで足付きしなかった物です。
 
 
 
 
ここで自身の分析をしてみると、全力で登るにしてもどのように自身の負荷を知る事が出来るのか理解できていなかったと思います。 
 
  
 
 
「しんどい」「めっちゃしんどい」しか判断基準が無いのです。 
 
 
 
 
6〜7kmのヒルクライムでは足が持っても、それ以上の時は後から登れなくなる・・・
 
  
 
 
これでは、ライドの後半は体力が無くなり楽しむ事が出来ませんね。 
 
 
 
 
自身の負荷を知る事が出来れば息の抜き方もコントロールできるはず。 
 
 
 

ここで考えたのが心拍計の事でした。

 
 
 
今回同行頂いた皆さんもキャットアイのV3やポラールの心拍計を装着されていました。
 
 
 

楽しくヒルクライムをする・・・・その為にはやはり心拍計で自身の負荷を知り、息の抜きどころを見つけるのが良い様です。
 
 
 

心拍計は比較的高価な物なので今までは購入を見送っていましたが、今は本気で購入を考えています。
 
 
 
 
今週末のイベントには間に合いませんが次の機会までには、と考え中です。 
 
 
 
以前お世話になっている「サイクルショップ金太郎」で店長さんに心拍計の有効性を伺った事があるのですが、やはり最大心拍を意識しながら負荷コントロールをするのが長時間のトレーニングには有効だとの事。 
 
 
 
そして帰り際にこんな物を頂きました。
  
 

Dsc00488

 

 
 
ガーミン705のモックです。 
 
 
 
店長さん曰く「自転車に飾り付けて遊んで下さいね〜」と取り付け用のブラケットまで頂きました。 
 
 
 
 
よく見ると画面も印刷です。
 
 
 
 

Dsc00489
 
 
 
 
飾りとして今はパソコンデスクに置いています。 
 
 
 
 
でも、今となっては実物が欲しい・・・・
 
 
 
 
500円玉貯金がここで生きるのか?
 
 
 
 
オカメの悩みは今も続いています。 
 
 
 
 
誰かが背中を押して来ると簡単に逝ってしまいそうな・・・

 
 
 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年3月23日 (水)

こんなこっちゃいかんのですが・・・

昨日は朝から通常の工場仕事を済ませ、近鉄八尾駅の某百貨店の中で夜間工事をしておりました。
 
 
 
Img_0147

 
 
私は仕事の状況でこういった百貨店に閉店後、ごそごそと入り込んで仕事をする事がたまにあります。

 
 
あ!決して泥棒ではないですよ(爆)
  
 
 
たまには普通にお客さんとして入店したい物なのですが〜 
 

 
 
昨晩も本日朝までかけて、なんとか仕事を終わらせこんな時間に帰宅しました。
 

Img_0150_2

夕食を食べていなかったので、帰りのコンビニで朝飯(?)とスペシャルドリンクを購入。 
 

 
 
 
帰宅したらポストに朝刊も来ていました。 
 
 
 

Img_0151

 
 
 
しばし新聞を見ながら食事を楽しんでいると、妻が起き出してきて「まだ起きてるの?」というので「今帰った所」と答えた所、「大変やね〜」とねぎらいの言葉(?) 

 
 

まあ、これが日常ってな物でしょう。

 
 
それから2時間ちょっと仮眠して工場へ出掛けました。
 
 
 
くどい様ですが東日本大震災で被災された方々に何も出来ない私には、せいぜい仕事の売り上げから税金を納め、小遣いから義援金を送る事しか出来ません。
  
 

 
 
だから、休日は心身共に充電して、こうして仕事で放電するのが一番良いと思います。 
 

 
 
 
一部の方は「こんな時に呑気な事言いやがって」と思われるかも知れませんが、これが私の考えなので仕方ないです。
 
 
 
 


ところで、この記事のジャンルを「日記」では無くて「自転車」にしたのは東日本大震災の後、一回しかローラーに乗れていないのです!
 

 
 
今週末にはヒルクライムイベントがあるのにどうしよう〜
 
 


 
こんなこっちゃイカンのですが、今週は仕事も早く終われそうに無さそうなので少々焦り気味。 
 
 
 
 
直前に金剛ロープーウェイで全力アタックを経験できたのがせめてもの救いですか。 
 


実は先日の金剛ロープーウェイで何となく解った事を書こうと思ったのですが、寝不足の脳ではイマイチ文章が思い浮かばないので、これにて失礼します。
 
 

それにしても眠い。

 

 
もう寝よう・・・・WWW 
 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年3月21日 (月)

ブロガーライドにライドオン!

先日の日曜は午前中の天気はなんとか曇り程度で行けそうだという事で、当初の吉野ラーメンライドを変更して、楽しく登ろう金剛トンネルロープーウェイライドに変更となりました。
 
 

ちなみに金剛トンネルロープーウェイコースのリンク
 
 
 
朝の8時に石川サイクルラインに集合との事なので途中で朝食は採らずに家でパン二つ。


Imgp0533
 
 
そして当日ははメンバーの人数が4人になりそうだったので先日「金太郎」さんで頂いたメイタン本舗のエナジージェル試供品をお土産にリュックへイン。


Imgp0553

そして朝の7時前に出発したのですがこれが甘かった!

 
 
私の家からひたすら大和川を遡上し石川サイクルラインに入ったのが7時半過ぎ!


「イカン!こりゃ遅刻だ〜」


とひたすらペダルを廻します。


石川CLはまだがら空きでしたので、下ハンもって気合いの激踏み。


しかし、なかなかサイクルブリッジに到着せず、焦りまくりでした。
 
 
結局15分遅れで集合場所に到着〜

先着のすず虫さん、ちむさん、ユッキンさんは遅刻の私を罵倒する事無く暖かく迎えてくれました。

1時間あまりの激踏みで到着したとたんに転倒しそうになりましたよ、あ〜恥ずかし。


ユッキンさんとは以前に2時間もお話しさせて頂いたので「ちわ〜っす」てな感じでしたがすず虫さんとちむさんとは初対面で何となく微妙な照れくさいご挨拶(私はシャイなのです、ゆるして)。


時間的にメンバーはこれ以上増えないだろうという事で出発〜


すず虫さん、ユッキンさん、オカメーズそしてちむさんの暗黙の順番で仲良く一般道をヒルクライムスタート地点の守屋交差点へと向かいました。


ちむさんが信号にひっかかったりしつつ、守屋の交差点を通過してユッキンさんに距離を伺うと「10Km位ですよ〜」と教えてくれたのでここでやって見たかった事を決意します。


それは来週のヒルクライムイベントに向けて実践トレーニングをする事です。


チャレンジin芦有」は7Km弱の計測区間なので7Kmまでは全力で行ってみようと思っていました。


先頭のすず虫さんが後ろを見てニヤリと笑い「どうぞお先に〜」と手招きをします。


「モード反転、裏コード・ザ・ビースト!」と気合いのダンシングでグイグイ登る。


勾配はそれほどではないのですが、道幅が広いので気持ちよく登ります。


後続の方は良く登られているコースですが私は初めての登坂でしたので、道路標識を確認しつつゴールのロープーウェイを目指しました。


途中で激早のピナレロとルックに抜かれましたが7Km地点までは頑張ろうとダンシングを入れつつ登ります。


そして、コースの残り3Km地点の標識で足が終了してしまいました。


それからは残り3Kmをヨタヨタと登る。


ここまで一人旅でしたが、残り僅かという所でいつの間にか後ろをマークしていたすず虫さんが「アタ〜ック!」というかけ声とともにピュ〜と私を抜いて行きました。


当然足が売り切れていた私は見送るしか無く・・・


這々の体でゴール。


すず虫さんは涼しい顔で迎えてくれました。


彼は私と同じカルマユーザーでサドルもスペシャライズドのトゥーペ。


何となくお互いのバイクを観察タイム。


やがてユッキンさんがゴ〜ル。


なかなか見事な「ゼイゼイハーハー」っぷりでしたよ、ユッキンさん(^^)


3人でポツポツと頂上の東屋でお話ししてちむさんを待ちました。


15分程待った後、すず虫さんが「迎えに行ってきます」と降りて行かれました。


待ち時間にまたまたユッキンさんとトークが弾む。
 
 
 
Imgp0540_2

相変わらず話題が豊富で表情豊かなユッキンさんに乗せられて色んな事を話しました。

近くでは雪も残っていたのですが「でっかいビニール!」とユッキンさんが爆笑。

Imgp0541


確かにビニールにしか見えない雪で私も爆笑。


ええ年したオッサンがゲラゲラ笑う姿は異様だったかも・・・


そしてちむさんがゴールしたので売店のコンニャクを食べに行きます。

開店したてでまずユッキンさんがコンニャクをパクリとしたのですが、「おっちゃん!これ冷たいわ〜!」と苦笑いで抗議。


では私もとちょっと遅れて購入後、「今度は熱々やで」というのでパクリ。


・・・・・「冷たいやん!」と二人で爆笑。


本当なら金返せと言う所ですが笑いで消化。


すず虫さんとちむさんは私のお渡ししたメイタンジェルを食べていました。


雲行きが怪しくなってきたので全員オーバーウェアを着込んで私の希望ですず虫さんに「たいちろうのパン
へ連れて行ってもらう事に。

途中で3回程両足がつりつつ仲良くトレイントレイン。

そして到着〜

Imgp0545

Imgp0546

家族の分も含めて7個も購入。
 


近くの公園で4人で仲良くパンをパクつく。
 
 
 
ここでも色んな話題でワイワイガヤガヤと。 

 

ちなみに今回のコースは全てすず虫さんにお任せ出したが、非常に自転車が走り易いとっても良いコースでした。

 

私には地図も無しでスイスイ先頭を走るすず虫さんがGPS内蔵サイボーグナビに見えましたよ(感嘆)。
 
 

それにしてもレーパン、ジャージの上にヘルメット姿の連中が昼下がりの公園で会話するのは異様な光景でしたでしょうね〜

食後みんなのバイクを記念撮影。


Imgp0547

そして、石川CLまでゆっくり戻って帰りました。

 

帰り道もいろんな事をあ〜だこ〜だと話しながら楽しく走行しながら話しましたよ。

ほぼ初対面の方々とこんなに楽しくライドできるとは驚きです。

 

落ち込みがちだった気分もすっかりサルベージされました。

 

堺に戻ってお腹がぺこぺこだったので地元の「パン牧場」でパンを追加購入。

 
Imgp0551
 

これでリュックと合わせて10個もパンをお持ち帰りとなりました。
 
 

家に帰宅するとしばらくしてから雨が降ってきた〜

 

今回は全く濡れずに済んでラッキーでしたよ。

 

それにお土産も良い気分もたっぷり。

 

こんなライドならいつでも良いですね〜

すず虫さん!次回も宜しくです!


 
 
それと、ここを見て頂いた方で参加されたいと思った方も是非!

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年3月20日 (日)

初めてのブロガーライドを書く前に

3.11から全くロードバイクに触れていませんでした。

ローラーに乗る事もカルマに触れる事も無く落ち込んでいた日々・・・

こんな状態の私に当ブログでリンクを頂いているすず虫さんからライドの告知がありました。

以前からすず虫さんのライド告知に参加したいと思っていたのですが、なかなか日程が合わず見送る日々でした。

しかし、本日は私の休日に合わせて頂いた様にドンピシャの日程でライドの告知が。

3.11までは参加する気満万で仕事を頑張っていました。

そして3.11・・・

もう自転車に乗る気分になれずにいたのですが、すず虫さんのブログや他の方のブログを拝見するうちに心境に変化が現れました。

「下を見ても幸せは落ちていない」

これは仕事中にラジオで聞いた話です。

そのとき思ったのはいつまでもこんな気分でいても、家族を重い気分にするだけだし、仕事にも悪影響が出るだろ!という事です。

そこで今回のすず虫さんのライドに参加する事にしました。

私は以前にあのカリスマブロガー「たーちゃんさん」にお会いして、その後いつもユニークな記事を書かれるブロガーの「ユッキンさん」にも偶然お会いできた幸運者です。

自転車に乗り始めて、尚かつこうしてブログをしていなければ絶対に無い出会いでしょう。

今回のライドは色々考えた末に参加を決めたライドです。

前日の土曜の夜にはローラー用のタイヤを私お気に入りの手組みホイール

Dsc00495


に交換して当日着用するウェアを枕元に用意して就寝しました。


Dsc00497


遠足前の子供ですね、全く。


でもこの10日間、ひどく落ち込んでいた気分に光明が差したのは確かです。


ブログでは2バイト文字のおつきあいをしてきた方と、リアルで対面してお話しできるかどうか不安一杯でした。


ですがそれは杞憂に終わります。


本日は非常に気分が晴れやかで明日から頑張って働く活力が湧いてきました。


次回はいつもの内容の乏しいライド記事になるでしょうが、私は初めてのブロガーライドに参加して本当に良かったと思います。


当日の顛末は次回へと引っ張りますので宜しくお願いします。


最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年3月19日 (土)

正解はあるのか

昨日帰宅すると届いていました。


Dsc00494


申し込んでいた「第1回六甲山ヒルクライム・チャレンジin芦有」の参加確認証。


正直この時期の開催は心境的にどうした物かと考えていましたが、各地でスポーツや文化活動等のイベントが相次いで中止されていて日本全体が沈滞ムードに落ち込んでいる。


その中で16年前に阪神淡路大震災を経験した兵庫県が開催を決行するするというのは、主催する「兵庫県民共済」の英断だと思う気がします。


東日本大震災でまだまだ被害が広がり、関東以北で余震におびえる人たちにイベントでワイワイ騒ぐ状況は快くは映らないかも知れません。


しかし、震災経験者の兵庫県の方々が災害直後のこのイベントを開催するのは何か意味があるのでしょう。


個人的にも自粛ムードで日本中が萎縮してしまうのは、これから復興に莫大な金額が国民にのしかかるこの先決してプラスには働かないと思う。


参加証に恐らく急遽同封されたであろう一枚のプリントがあります。


Dsc00493


そこに書かれているのはまず被災地で救援活動や救援物資が必要となっている事、開催して少しでも被災地に役立つ様参加費の一部を私達の善意として救援募金として寄付する事。


会場には募金箱を設置して、募金活動を行い神戸新聞厚生事業団を通じて迅速に被災地に募金が届く様にする事、が書かれていて震災を経験したこの地で行う大会であるからこそ趣旨に賛同頂いて協力して欲しい旨が記されています。


感動しました。


今回家族の日帰り旅行気分でしたが、家族で色々考え方もあるので一人での参戦となります。


どのような雰囲気の中で行われるのか不安もありますが、行くからには全力で登って募金に参加して来るつもりです。


プリントには最後にこう記されていました。


「本大会は、東日本大震災の被災者を応援します。」


私も同意します。


最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年3月16日 (水)

しばらくはこの形態で

連日続く震災報道で自転車に乗る気分になれず、ローラーも全然乗れていません。

帰宅後に妻と話す内容も震災の事がメインで、お米やカップ麺、乾電池、カセットコンロのボンベ等の買い占めによるスーパーの品物不足等、震災の影響がジワジワと大阪にも現れているのを夫婦で実感する今日この頃です。

 
表題の件ですが、本来のブログの目的である自転車やオカメインコの事から少々離れた話題を取り上げるのをお許しください。

 
 
本日は朝目覚めて朝食中に、娘がやや遅れて食卓に付きました。

挨拶をしてから娘は「今日は私がお父さんのお弁当を作るから、出勤はギリギリまで待ってね!」

・・・・嬉しかったです。

いつもバスケ部の朝練で、朝はバタバタと用意して出て行く娘ですが、どういう気分の変化か私のお弁当を作ってくれました。


それがこれ。


Imgp0524


この時期の阪神地区名物イカナゴの釘煮(私の実母が作ってくれた物です)をご飯に振りかけ、おかずの卵焼きも上手に巻けていました。

工場には電子レンジが無いので冷え冷えのお弁当なのですが、美味くない訳は無いですね。

お昼に一口づつ味わいながらおいしく頂きました。


ここ数日、私の帰宅後の会話は妻との震災関連の話題ばかりでしたので、娘なりに明るい話題を提供したかったのかもしれません。

娘に礼を言うと「お父さん的に不味いおかずは無かった?」

と言うので

「全部美味しかったし、自分でメニューを考えたのは凄いね。」と答えておきました。

もちろん本心からです。


妻に聞くと「本日限定だそうよ」との事なので、次回はいつか解りませんがとても嬉しかったです。

 
 
震災に遭われた方には申し訳ありませんが、大阪で震災をきっかけに新たな家族の絆を感じている者もいると今回の記事を書きました。


自転車の事を書くのは、もう少ししてから書こうと思うので、しばらくは個人の日記形態でこのブログを更新して行きたいと思います。


 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村


2011年3月15日 (火)

もうちょっと震災について

昨日の記事では少々テンションが低めでしたが、本日は朝から元気に仕事ができました。

安静色のデンドロビュームを食卓に飾って置くのは私にはとても精神衛生上いいですね。

ところで何故、日曜の夜から月曜の日中まで気分が沈んでいたんだろうな〜と思いつつ仕事をしていたのですが、本日その原因らしい事例をAMラジオで確認できたのでここに書いてみようと思います。

普段は私も妻もあまりテレビを見ません(というかその時間が無いです)。

もっぱら情報源はネットと新聞(日本の良識産經新聞 by たーちゃんさん)から得ています。

ところがテレビで断続的に流される映像を私と妻は普段では考えられない程長時間、土曜の夜から日曜の夜にかけてあの震災の悲惨な映像と、津波の脅威そして避難された方々の疲弊しきった姿・・・・観てしまいました。

こうして記事を書いている間も思いだすと気持ちが重くなるのですが、日曜の夜程ひどい状態ではありません。

ここからの記事は仕事中にラジオを聞きながら得た情報なのであくまで私個人の主観として書いて行きます。

今現在ラジオの放送内容も震災の事について特集している事が多いのですが、その一つにPTSDについて語っておられる精神科医の談話がありました。

地震後に精神科医の所に小学生以下の年齢の小児のPTSD症状が数多く報告されているそうです。

そのPTSDの内容としては、

1:何でも無い時に突然泣き出す
2:夜になかなか眠らない
3:一人になると落ち着かずに震え出す
4:何でも無い時に親にまとわりついて離れない

などの症状が出るそうです。

その原因の一つとなっているのがテレビで連日流される津波の映像と、壊滅的な状況の被災地の映像、また被災者の疲弊しきった様子の映像との事。

最近の高解像度の大型液晶テレビの普及で今回の震災の惨状があまりにリアルに視聴者に伝わってしまったのが原因では、というのが精神科医の見立てでした。

私は仕事の手を止めて「なるほど・・・」と聞き入ってしまいました。

大人がこれほど落ち込んだ気分になる映像なら子供に精神的悪影響が出て当たり前です。

私も妻も断続的にあの映像を長時間見ていたのが前回記事の顛末に繋がったのでしょう。

ちなみに娘はほとんど震災映像を見ずにいたので本能的に見るのを避けていたのかもしれません。

本日朝から家族で普通に食事をして娘は学校生活、私と妻は仕事をして普通に生活できたのはあの動画映像を一切見なかったのが良かったのかもしれません。

そのラジオに流れる精神科医の話を聞いて帰宅後に早速妻に話をすると、妻の職場の同僚も私達と同じ症状で日曜の午後からテレビを見ずに映画を見に出掛けたそうです。

これであの鬱に近い落ち込んだ気分の発生原因が解りました。

対応方法は簡単です。

「もうあの動画映像は見ない」

これからはラジオと新聞を情報のメインソースとしてテレビは他の番組を見ようと思います。

最近の高解像度大型テレビにこんな作用があるとは今まで考えた事が無かったので、ラジオを流しっぱなしの工場で仕事をしていてちょっと良かったです。
 
これから微力でもできる事をやって、仕事でしっかり働いて、今後膨大になる復興支援金の少しでも足しになる様募金と納税をしていこうと思います。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年3月14日 (月)

昨日のその後

昨日は早い時間にブログをアップして、夕方に帰宅した妻と一緒にテレビを見ていました。

もうそろそろ夕食前にローラーだけでもしておこうと席を立った時に放映された福島原発の1号機水蒸気爆発の映像。

正直「特撮なのでは?」思うくらいの映像に一瞬固まりました。

1号機の屋根が吹き飛ぶ映像を見て「チャイナシンドローム」が頭をよぎる。

どうみても炉心融解としか思えなくて。

そうなったら日本は国際的に本当に壊滅的な打撃を受けるのだろうと・・・・

もう全然現実感が無くて自分の部屋に行って、機械的にカルマをローラーにセットして、ビンディングシューズを履いてカルマに跨がった時点で「もうやめておこう」とカルマを元のハンガーに戻す。

Imgp0519


乗れないよ・・・とても。


風呂に入って娘の帰宅を確認して夕食にしようとダイニングに行くと隣の部屋で妻は未だテレビを見ていました。


テレビには避難された方々や現地で家族と再会された方々の映像が映っています。


「あ、準備するね」と妻が私の横を通る。


泣いていた様でした。


もう何と言っていいのか、寂寥感だけが私を襲いました。


本当につらい。


つらすぎる。


出来れば全て嘘であったと誰かに言って欲しい。


その後も3人で静かなの食事をしている中、娘が地震のメカニズムやどうしてこんなに「人が死ぬ」のかを私に訊ねるので知りうる範囲で答えます。


正直学校の先生方に学校の全体集会を開いてもらって、未だ幼さの残る中学生に今回の災害を子供達に説明して欲しかったです。


本日も娘と話していると担任の先生はホワイトデーの話題くらいで、いつもの朝礼やクラスルームの話題だったそう。


これで良いのかな?


私は娘に知り得る限りの大陸型プレート地震のメカニズムや津波の発生メカニズムを話して聞かせました。


いつもは軽い相づちを打つ娘が真面目に私の話を聞いてくれたのが嬉しかったです。


その後今朝の通勤は少しでも自転車に触れておこうと2号機IDIOMで工場に向かいました。


Imgp0517


大阪は昨日同様気候が良く本当なら気分良く走れるのでしょうが、私の廻りの景色はゆっくりとしか流れません。


工場ではずっとAMラジオが流れているのですが、どんどん増える死者数に気分も滅入る。


そして福島原発3号基の水蒸気爆発の報道。


どこに光明があるのか・・・・


しかも、私には何もできない。


でも、妻や娘の事を考えて早めに仕事を終えて帰宅しようと工場を早めに閉めて帰りに花屋に向かいました。


少しでも家族の笑顔を見たくて妻の好きなピンク色の花を買って帰ろうと。


そこで購入したのがこれ。


Imgp0520


お店の人に「この花はなんて言うの?」と聞くと「はい、デンドロビュームですよ」とのこと。


デンドロビューム???


お〜かっこいい!


と即購入して家に帰りました。


帰宅後に妻と子供とデンドロビュームを囲んで笑顔で会話できました。


少しの事ですが家族に明るい話題ができて良かったです。


デンドロビュームに力をわけてもらって明日から元気に過ごして行きたいと思います。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年3月13日 (日)

こんな時ですが

昨日の夜からテレビを見ていて、今回の震災がどれだけ大規模で恐ろしい物であったか思い知っています。
 
 
これだけ沢山の方々が犠牲になられていて、これからも増えるであろう犠牲者数や二時災害そして「今そこにある危機」である原発の炉心融解の可能性・・・


生き残った方々や懸命に救助活動されている方、危険な原発の中で命の危険を冒して復旧に取り組まれている作業員の方々の事を思うととても自転車の事を考える気にもなれずにいました。


大阪の今日の気候は晴れてとても穏やかです。


でも、数百キロ離れたこの空の先では全く違う世界になっているはずです。

 
重たい気分のまま、ランだけはしておこうと家を出ました。


ランの最中は色々考え事をするのに適していて、少々長めに1時間弱走りながら考えていました。


帰宅後に当ブログにリンクさせて頂いているramu3003様のブログを拝見して「そうか」と思わせられるブログ記事のアップを読んで少しブログへの取り組みを改めようと思いました。


正直こんな時に更新するのはどうした物なのかと今まで思っていましたが、今いつもと同じ日常生活を送っている私に出来る事をしてみようと。


まずramu3003様の推奨しているヤフーの災害援助基金に参加する事に。


妻と話し合ってそれぞれ一口ずつ購入。


今後も余裕があればしていこうと。


そしていつものくだらない私のブログに、コメントを頂くちむさんの一言も背中を押してくれました。

 
「本当に続く余震にめげそうですが 「いつも通りのブログ」が一番励まされます」


被災されていて、慌ただしい中、ご自身は冷静にブログを更新なされています。


ここで気を取り直してブログを続けて行く思いを固めました。


そこで私に非難のご意見ある方もおられるでしょうが、その時はコメント頂いて私の意見をコメントでお返しして行きたいと思います。


もちろん、当ブログを見る気がしなくなった方はスルーして行って下さい。

 
匿名で文章だけのやり取りでは齟齬もございますでしょうが、まじめに取り組みますので宜しくお願いします。

 


 
 
さて、ここからいつものブログに戻ります!


午前中のランの時は、冬場にはしなかったサングラスを装着して行きました。
 

Imgp0505


SWANSの超軽量グラスでもう何年も愛用していますが装着感が私にピッタリ。


もし、紛失しても同じ物を買うでしょうね。


考え事をしながらゆっくりと走ったので沢山汗をかきました。


娘は午前中はバスケ部に行っているので、帰宅後はシャワーを浴びながら私担当の風呂掃除。
 
 
このとき排水溝に一週間分の髪の毛がたまっているので丁寧に掃除します。


冬場の風呂掃除は結構寒さが堪えるのですが、今日は大丈夫でした。


その後お昼まで時間もあるので、娘のママチャリの無料1年点検をいつもお世話になっている「サイクルショップ金太郎」に向かいました。

*お店の名前出しとリンク貼りつけの許可を頂きました*


到着後も当然あの話題になりましたが、徐々に自転車談義や世間話にワイワイと。


店長さんのお母様に「オカメーズ(世を忍ぶ仮名)さんはママチャリよりロードバイクの方が似合ってますよ」などとお世辞を言ってもらい、ちょっと嬉しい気分。


そして、余談ですが店長さんは結構有名なブログをされていて、なんと私のカルマも記事にして下さっています。


興味のある方は「ここ」を覗いてみて下さい。


ちょっと照れくさいですが・・・・


整備を済ませてもらって、帰宅途中の南海電鉄湊駅前にあるケーキ屋さん「フランボワーズ」へ寄って行きます。


Imgp0510


ここは妻のお気に入りで、我が家のイベント時のケーキ購入の定番になっています。

 
生クリームがあまり甘くないのと、フルーツが新鮮でおいしいのです。


私がここに行ったのは一日早い明日のホワイトデーの娘への贈り物購入の為です。


娘はバレンタインの時に大量にクッキー&パイを作って友人に配っていました。


残り物を私がありがたく頂戴しましたので、3人で帰って食べようと3つ購入。


Imgp0515_2


肝心の娘はお礼もそこそこに帰宅後、そそくさと友達と遊ぶ為に出て行ってしまいました。


妻も「ゆっくり買い物したいから今から出て行くわ」との事。


今日は3人でお昼から出掛けようと思っていましたが置いてけぼりです。


仕方が無いのでプリンシューアラモードを一人で食べました。


美味しかったですよ!本当(怒)
 
 
あま〜い気持ちで今先日購入した「MacBook Air」の前で現在に至ります。


ブログをアップしたら、オカメ達と遊ぼうと思いましたがオネムの様子。


Imgp0502


もう何もする気がしまへん。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年3月12日 (土)

どうしてこんな事になるんだ

昨日八尾で仕事の打ち合わせ中に地震を体験。

窓の外の送電線がやけに揺れているな、と見ていたら電柱も揺れている。

打ち合わせ相手の社長さんも「これはヤバイで!」と、二人ですぐにネットを見てみると、ヤフーの画面は災害情報がすでにアップされていました。

打ち合わせを早々に終らせて堺に車を走らせました。

最初首都方面で巨大地震が起きたと思いましたが、その後カーラジオで東北地方が震源と解る。

工場に戻ると関西方面にも津波警報が出ているとの事(後に大津波警報に改められる)。

ラジオを聞きながら仕事を続けていましたが、被害状況が刻一刻と解るにつれて「大変だな、これは」と感じてきました。

11時前に帰宅後、妻の話では堺南部はかなり揺れたとの事。

建物の違いで揺れの感じ方も違ってきますね。

そして、今朝はやけに早く目が覚めテレビをみると震源地近くはひどい惨状。

街によっては、壊滅状態でそこにいた方々はどうなったのかと思うと非常に恐ろしく又悲しい気分に成りました。

仕事中も絶え間なくラジオから地震の情報が流されてきて何だかとても気分が重たいです。

今日は早めに帰宅して親子で災害時の対応を話し合いたいと思います。

明日はライドしようと思っていましたがいまはとてもそんな気分になれません。

家族と一緒に一日過ごしましょうか.....


最後に亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2011年3月 9日 (水)

めぐりあい ソバ

先日の牛滝ライドの目的地である「相福庵」に到着したのは正午過ぎでした。
 
 
Imgp0491

ちょっと入り口が解りにくいのですが、看板を注意して見逃さなければ発見できる様な店構えです。

 
お昼時まっただ中だったので玄関はかなりの順番待ちの方がおられました。
 
 
私以外に自転車で来られた先着されていたローディーさんが一人おられたので、軽く会釈してカルマをその方のロードバイクの近くに置こうとするとそのバイクは「デローザ ネオプリマート」でした。

 
「カッコいいな〜」とよく見ると、何となく見覚えがある様な気がしてそのローディーさんに「もしかしてユッキンさんですか?」とお声掛けすると「ハイ、ハイ!」と元気なお返事。


ビンゴでしたhappy01

 
その後相福庵に都合2時間程滞在する事になるのですが、その間ユッキンさんと楽しくお話しできたので滞在中の時間がとても楽しい時間になりました。
 
 
ブログをしていなければ100%無い出会いだったのでこの時はつくづくブログをしていて良かった〜と思った物です。 
 
 
相福庵の店内は趣のある古民家風の作りでインテリアも清潔で手入れが行き届いた物でした。
 
 
 

Imgp0487


Imgp0486

 
几帳面なA型人間な私はとても気に入ったのですが、これだけ人気があると次回の訪問はしばらくなさそうです。
 
 
昼食に私が注文したのは、これ。
 
 


Imgp0490


 
 
写真が違いましたcoldsweats01

 
 
正解はこちらのタヌキソバ定食¥1,100-也。
 
 

Imgp0489
 
 
 
値段の割に結構なボリュームで大満足。
 
 
只、ソバのお出汁が少々濃いめだったので純関西風好みの私にはしょっぱかったです。


食事を終えてユッキンさんと表に出ようとすると外は雨。

天気予報では夜から雨との事でしたので雨具を持っていなかったので大慌てでユッキンさんとお別れして家に戻る事にしました。
 
 

予定では「たわわ」や「ほの字の里」に向かうつもりでしたが次回に持ち越しとして堺へ戻ります。


幸い小振りでしたので帰りに石津駅近くのいつもお世話になっている自転車屋さんに寄って組んで頂いたホイールの感想などを報告してから帰宅しました。
 
 
相福庵はソバ屋なのになぜかパンが売られていたので、お土産に購入してガッツきました。
 
 
Imgp0492

 
丸パン¥300-也。


塩味がしてとても美味でした。
 

相福庵に行かれる際は他の方にもおすすめですhappy01 

 

今回はソバが目的でしたが、思わぬ出会いでとても楽しいライドとなりました。
 
 
ユッキンさんに「一緒にアワイチ行きましょう!」とお声をかけて頂いたので是非実現したい物です。
 
 
 
最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2011年3月 6日 (日)

牛滝にソバを求めて

む〜!、一旦は仕事が落ち着いたと思いきや今週も私の町工場にとんでもない仕事量が舞い込み、ブログが全くの手つかず状態になってしまいました。

でもでも!土曜の夜に4トン車一杯の荷物を出荷してスッキリして日曜日を迎えましたhappy01

不況の昨今、安定した仕事が無い町工場では仕事がある時は目一杯頑張らねばならないので、ユルユルのブログ更新ですがこのペースで行こうと思います。

なので今週はリンクを頂いている方々のブログにも訪問できず、家に帰ると風呂&飯&寝るのローテだったので自転車には完全ノータッチ。

「オカメーズはブログをやめたのか?」と思われたかも知れませんが、なんとか続けて行きたいと思います。
 

それで本日は関西サイクリストには有名な「いよやかの郷」&「相福庵」に向かうことにしました。

午前中は非常に良い天気で気持ちよく自宅を出発。

26号線をケイデンス90で気持ちよく南に向かいました。

そして進路を「いよやかの郷」へ。
 
ここは途中の坂の傾斜も緩やかで私の様な貧脚クライマーにとても優しい坂でした。

フロントをインナーに入れること無くなんとか頂上の地点まで到着。

ここで写真を撮りたかったのですが、コルナゴのロードバイクに乗られた年配の紳士の方にお会いして写真を撮るのを忘れてしまう程自転車談義。

さすがに年配の方らしく(60代かな〜?)落ち着いた話し振りでついつい聞き入ってしまいました。

ちなみにコルナゴの「ACE」+「カンパ」+「デュラホイール」・・・

恐れ入りましたcatface

さて、その後はお腹が空いたので「相福庵」へ向かいます。

途中で写真がないな〜と思ったので道ばたの梅の木でパチり。


Imgp0482


ちょっと伝わらないかもcoldsweats01

でも小さいながら立派に花を咲かせてました。

外環を走り河合町の交差点を左折後に「相福庵」に向かいます。

気温も穏やかで気持ち良くペダルを廻せました。

Imgp0484


途中で空腹感に気づいてちょっと焦りながら目的地に向かいます。

ハンガーノックを2度経験しているので事前に身体からアラームが鳴りました。

「早くソバ食いたい〜!」の一心でペダルを廻して目的地に到着〜


Imgp0485


「あ〜これで飯にありつける!」と思ったのもつかの間。

そこには思わぬ出会いがありました。
 
 
 
本日は気持ち良い疲労感でこの記事を書いていますので、次回の記事で顛末を書きたいと思います。


それにしても今日はとってもお酒がおいしいですよ。


ね〜「ユッキン」さん(o^-^o)


最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »