« 手組ホイールを選びました | トップページ | ちょっと乗ってみました »

2011年1月30日 (日)

手組ホイールの構成は?

先日から仕事で何度か入っていたアベノの巨大ショッピングモール「Q’s モール」の私の担当現場の最終工事が終わりました。
 
 

Img_0130
 
 

「C工事」も残りが少なくなってきていて、徐々に全貌が現れてきています。

はっきり言ってめちゃめちゃデカイし広いです。

これに匹敵する現場は私の経験では阪神甲子園近くの「ららぽーと甲子園」くらいですねhappy01

大阪では今、梅田の再開発ばかりが取り上げられていますが、天王寺の「Q’sガーデン」と難波の「なんばパークス」の2つで南地区も盛り上げてもらいたい物です。 
 
 
 
さて、本日は朝から自転車屋さんにカルマを預けてきました。

今までのホイール「アクシウム」を取り外し、カルマをこの状態で持ち込み。


Img_1766


当ブログでリンクさせて頂いているramu3003さんいわく「はしたないかっこう」だそうです。

何となく納得ですねcoldsweats01

そして、スプロケは少々張り込んで6700アルテグラをチョイスしました。


Img_1772
 
 
 
タイヤはミシュランの「リチオン2」です。

チューブはビットリアの普通の物。

 
Img_1767

 
本当は「PRO3」にしたかったのですが、私には分不相応と思いましたので、安価ですが比較的軽量(220g)のこのタイヤにしました。


さてさて、肝心のホイールですがお世話になっているお店の店長様がブログで構成を書いて下さったのでそのまま書くと・・・


リム:DT SWISS RR415 32H ブラック
フロントハブ:シマノ ULTEGRA 32H HB6700
リアハブ:シマノ ULTEGRA 32H FH6700
スポーク:DT SWISS 1.8 チャンピオンスポーク


この様な構成になっています。

リムをDT-SWISSにしたのは現在手組用のリムはどんどん種類が少なくなっていて、これ以外にはMAVICくらいしか簡単に入手できるものがありませんでした。

しかも、現在20〜24本スポークが主流の完組ホイールに比べこのリムは32本分のスポークホールになっています。

カタログでは28本用もあるのですが、要のハブが32本用しかありません。

アルテのハブは6600では28Hがあったのですが、6700では32Hしか無いのですcrying

シマノさんよ〜なぜなんだ?

こういった限られた状況の中で、あえて重くなるのを覚悟でこのホイールを組んでもらう事にしました。

午前中にお店でこのホイールの重量を量って頂くと、前後で1770gとの事。

アルテのホイール「WH6700」が1652gですから100gちょっと重い事になります。

スポークが1本6gでニップルが1個1gですからスポークの数が重さに反映されている事がよくわかりました。

しかし、スポークが多い事はマイナスなのでしょうか?

お店で伺うと、32本スポークのものは1本切れたくらいでは少々びくともしない走りなのだそうです。

当たり前ですが、組む職人さんの技の技量にもよります。

お店で店長さんに伺うと、このホイールは縦ブレ、横ブレともに0.5mm以内に収まっているそうです。

この寒い時期に組んでいるので、又今年も猛暑になる様でしたらその時に、お店で見て頂く必要もありますね。

ちなみにスポークの少ないホイールでフレが一度出だすと徐々にフレ取りの調節が難しくなる様です。

まあ見た目にはスッキリしていますが、当然強度面では20本より32本の方があるはずなので耐久性も重さを犠牲にする分あると思います。

私が手組ホイールを選ぶきっかけになった某実業団チームの監督さんは、レースではスポンサーの用意した何十万円ものホイールを使わねばならないのですが、練習では手組ホイールが一番との考えだと店長さんに伺いました。

1日に何百kmも練習で毎日走るプロ選手には、僅かな重量の差より耐久性を重視するそうです。


私の様なへなちょこローディーがえらそうな事を書きましたが、4万円で手にする事ができたこのホイールで少し自転車との「絆」というものが出来た様な気がしますhappy01

これから出るイベントにも、お店の方の心が入ったこのホイールで一緒に走る事が出来ると思うと少し心強いとも思います。


ホイールの実走感想は未だ先になると思いますが、もう少し暖かくなるまでしっかりローラー練習を続けるつもりです。

う〜春はまだかな〜

と、言う所でお店から伺ったセット完了の時間になりましたのでカルマの引き取りに行ってきますhappy01

楽しみだな〜


最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。
 
 
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 手組ホイールを選びました | トップページ | ちょっと乗ってみました »

自転車」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

 手組みホイール・・・最初はあまり関心が無かったのですが、やはりメリットがあるんですね。
 スポークの数も少なければ少ないほど良いとおもっていたのですが、やはりそれもデメリットがあることが分かりました。
 軽量であることも大事ですが、そう頻繁にホイールを買い換えることができないアマチュアライダーにとっては耐久性も大事だと思います。
 ホイール選び・・・なかなか奥が深そうですね。
 ところで、そのアルテグラのスプロケ・・・その値札を見て、ウエパーで購入されたことがすぐに分かりました(笑)

おはようございます、たーちゃんさん。

 私もほんの最近まで手組ホイールにはち〜っとも興味がありませんでした。
 偶然にお店で実物に出会ったのがこの様な結末になったのです(^^)
 コスパは完組ホイールに軍配は上がると思うのですが、手組には金額以上の「思い」が籠っているという感じですかね。

 スプロケに限らずウエパのパーツはふんだんに使用しています。
 大阪に住んでいて良かった〜と思うのがウエパの存在ですね(^^)

それでわ

おはようございます^^
少々重量に影響が出ても、スポークは本数が多い方がいいのかもしれませんね… それでも1770gだったら十分軽量だと思います^^v

自転車がひっくり返った姿… はしたないでしょ?(笑)

こんにちはペコリ(o_ _)o))

ロードにしては、でかいスプロケですねー。
11T―28Tですかね?
楽に坂登れそうですねー。いいですなー。
手組みホイールいいですね。
私も自分でやってみたいです。
スポークが折れたら、挑戦しようかなー。

いよいよC工事も完了の時期ですね。
ららぽーと甲子園にはわたしも入ってましたよ。
遊園地の跡地のとこでしたよね。。
1Fの一角でしたので、搬出入が楽でした。。
NU茶屋町は最悪でしたよ・・・

手組み職人・・・スクアドラのおじさんが有名とのウワサです。

こんばんわ、ramuさん(^^)/

 私も32本もスポークがある割には、合計重量が実測で1770gだったのが意外でした。
 リム単体の重量(415g)が軽量なのが効いているのでしょう。
 まあ今時のスポーク数の少ないホイールに比べるとクラシカルな感じですが、カーボンフレームにこの組み合わせもありかなと思っています。

 自転車をホイール無しでひっくり返すとなんだかちょっと・・・
 こんな事はramuさんに指摘されなかったら考えなかったと思いますが(爆)

それでわ

こんばんは、スキンヘッドさん(^^)

 スプロケの歯数を書いてなかったですね〜
 これは11-25のものですので標準のものになりますかね?
 フロントがコンパクトクランクなので大抵の坂はこれで行けるでしょう!
 とは言っても激坂には足を付くかもしれませんが・・・

それでわ

こんばんわ、ユッキンさん(^^)

 ようやく現場仕事が落ち着いて通常の工場仕事になりました。
 ららぽーとは私も1Fテナントでしたのでお会いしていたかもしれませんね(^^)
 NUは最悪でしたか?
 私はタッチしませんでしたので良かったです。
 現場ごとに管理基準が違うのはなんとかして欲しいものですね。

 スクアドラは自宅から遠いので未だ行った事がありません。
 取引先が近くなので機会があれば覗いてみようと思います。

それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566048/50728446

この記事へのトラックバック一覧です: 手組ホイールの構成は?:

« 手組ホイールを選びました | トップページ | ちょっと乗ってみました »