« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

シラスの現在の課題

先日は、友人と久しぶりに記憶が飛ぶ程飲んでしまい、おかげで今日は二日酔いで寝っぱなしでしたcrying

友人には迷惑をかけてしまい電話で謝っておきましたが、つい昔なじみの顔と飲むと楽しくなってしまい羽目を外しすぎました。

記事を見ていたら、M君、H君、昨日はお世話をかけて申し訳なかったです!陳謝。

でも良かったら今後もおつきあいよろしくね!!

そんなこんなで、せっかくの休みをこんな形で潰すのは社会人失格ですね、まったくcoldsweats01

今日は横になりながらぼ〜っと部屋に置いているバイク達を眺めていたのですが、シラスのサドルの事をちょっと考えていました。

以前落車した際に純正のサドルの表皮が破れてしまい、仕方なく前回のヒルクライムには小径車のIDIOMのサドルを暫定的に使用して出掛けました。

Img_1721

Img_1722

これはレーシーなシルエットでかっこいいと思うのですが、ネイビーカラーのシラスにはミスマッチですねcoldsweats01

それと、座面が少し小さめなので私のお尻にはちょっと小さいです。

ヒルクライムの後半は少々座骨あたりが痛くなりました。

早くシラス専用のサドルを購入したいのですが、以前カルマのサドル選びが一発で成功したので今回もよくリサーチして予算をかけずにお尻への負担の少ないサドルを選びたいと思います。

さすがに、1.5諭吉のスペシャ製トゥーペをシラスに採用する訳にはいきませんのでwobbly

明日からはお酒の飲み方を考えながら、トレーニングにがんばりたいと思います。


最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月26日 (金)

ロードも良いけどクロスもね

先日の鍋谷峠デビューの際、気温6度の中、半袖+短パン+ウインドブレーカーの装備で汗だくの後、ダウンヒルをしてしっかり風邪を引いてしまいましたcrying

結構な鼻風邪で、熱は無いのですが鼻水ダーダー状態で結構苦しかったです。

高カロリー食と、早寝でなんとか復活したので今日は記事が書けますhappy01

ところで先日のヒルクライムの際、相棒にシラスを連れて行ったのですが、思いの外シラスの良さに感動しました。

カルマとは重量もポジションも比べる事は出来ないのですが、無事に鍋谷峠を登り切り、ダウンヒルも無難にこなす事が出来たのでそう思った次第です。

登りで後ろに加重を掛けてペダルを踏むとカルマはフレームの後ろ三角にバネがついているように全てのパワーを推進力にしている様なのですが、シラスは踏んだ分だけ忠実に自転車を登らせている感じでした(すみません、解りにくくてcoldsweats01

シラスはフィットネス用に購入したのですが、クロスバイクの位置付けですと「ロード寄りのバイク」と購入したお店で伺いました。

当時は見た目の良さで選んだのですが、フレーム形状の各部は確かにロードモデルに近いと今更ながら確認しました。

Img_1725

つぶしの入ったシートステイや、

Img_1726

太めのダウンチューブがロード寄りのフレームを意識させます。

問題はVブレーキを採用しているので、ドロップハンドルにするのが少々問題ありな所ですね。

ドロップ化するなら、カンチブレーキにしなければならないので結構費用が掛かります。

クロスをロード化するのは、クロスによほど思い入れが無いと出来ないのかもしれません。

こんな事を書いたののも、鍋谷峠を走破できたシラスに「こいつはまだまだいけるんちゃう?」と思ってしまったのです。

現在、冬場のトレーニングにはシラスで屋外を走り、カルマはローラーで自身のポジションやペダリングの確認に用いれば良いかな〜と思っています。

その為には、ビンディングベダル&シューズを購入しないとならないのですが、現在は予算が無いのでフラペ&スニーカーになりそうでどうした物でしょうthink

まあ、春までのんびりトレーニングしたいので、このままでしばらく行こうと思います。

もう一つ、カルマで走るのをためらわせるのが、先日のグリーンピアのレースの際、コースの測道にあった溝に後輪を落としてしまい、ホイールの側面(ブレーキの当たり面)とタイヤのサイドウオールを傷つけてしまったので、どうしようかと悩んでいる最中なのです。

Imgp0162

お世話になっているお店では「ブレーキの当たり面をサンドペーパーで平にならしてタイヤは高圧にしなければ大丈夫」との事でしたのでしばらくはこのまま行こうと思うのですが・・・

田舎の峠道でバーストするのも嫌なので思案中です。

寒くなって来ましたが、自転車熱は熱いままです!

なるべく出かけたい物ですね。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月23日 (火)

ちょっと試してきました

なんだか、日曜からバタバタでしたが今日はきっちり休めました。

今日は子供はクラブの遠征で早朝から出て行きましたし、寒がりの妻は家で一日ビデオ鑑賞するとの事。

そうです、私は完全フリーな一日を手にしましたhappy01

でもトイレや、階段&廊下、玄関、風呂の掃除は休日の私の担当なので、午前中はテキパキとこなして行きます。

昼前に終了したので、そこから休日のお楽しみ、10Kmジョグです。

最近ローラーに乗っているせいか、心なし呼吸が楽で、心拍が良い方向に鍛えられてるのかな?と思ってしまいましたcoldsweats01

ところで「試してみる」、のは関西サイクリストのヒルクライム横町、鍋谷峠へ出掛ける事です。

私は、これまでヒルクライムは避けていたのですが、先日金剛トンネルという峠で、なんとか登頂に成功しました。

しかし、その後はどこにも行っていません。

季節も秋が深まりどんどん山は寒くなります。

行くなら今月中だな〜と少々前から考えていました。

そしてどうせなら、シマノレーシングの選手も練習しているというメジャーどころを行ってみようと思い立ちました。

ところで、最近のサイクルモードで私はクロスバイクのシラスに久々に乗ったのですが、どうもシラスが走りたくて私にオーラを送っている様な(?)気がしていたのです。

そこで、初の鍋谷峠挑戦の相棒にシラスを選びました!

シラスはポジション関係以外はフルノーマルでタイヤも28Cのまま、ペダルもフラペなのでスニーカーで出掛けます。

昼過ぎに出発したのですが空模様はなんだか怪しく、雨の気配が・・・

泉北方面を走っているとますます雲が黒くなってきますcloudcloudcloud


Imgp0271


雨中走行は前回のグリーンピアで懲りているので嫌なのですが、天気予報では晴れ時々曇りでしたので、気を取り直して山へ向かいます。

途中ハーベストの丘で給水。


Imgp0273


「また大汗かくんやろな〜」と思いながら、道は山道へ。

このトンネルを潜ると本格的に周りの風景は山中になってきます。


Imgp0274


途中に何カ所か気温表示があるのですが、随分冷え込んで来ています。


Imgp0276


そして、鍋谷峠の出発ポイントである製材所のある橋のたもとに到着しました。


Imgp0277


Imgp0278

ネットで調べた所、ローディーである条件はこの場所から鍋谷峠頂上までを30分以内で走る事が最低条件のようでしたので、気合いを入れて携帯の時間を確認してスタートupupup

出来ればロードと同じ様なギア比で行きたいので、シラスの最も軽いフロント3段目は封印してペダルを廻して行きます。

前半からヒルクライムらしい上りがどんどん続いて行き、心拍もうなぎ上り。

ここで思ったのが、やはりビンディングペダルとシューズはスポーツバイクには装着すべきだな〜と再認識しました。

フラペにスニーカーではなんだかペダルを踏み込む力が逃げているようで、おまけに引き足も使えず。

「やはり、カルマで来るべきだったかな・・・」と思いましたが、かれこれ6年も連れ添ったシラスですので、信用して登って行きます。

木立で覆われた林道は気温も低く、曇り空と相まって寒々とした感じの道です。

他に登っている自転車も無く、たまに通る車に注意しながらエイコラ、ペダルを廻して行きます。

やがて視界も開けてきて、なんとか登頂に成功。


Imgp0280


時間を見ると28分30秒くらいでした(次はちゃんと腕時計をして行きますcoldsweats01

この時点で気温は6度でしたので、汗だくでしたがすぐにウィンドブレーカーを着用します。

その時、ローディーの方が一名私の後に登ってこられました。

自然と自転車談義が始まりました。

やはり、共通の趣味の物同士会話が弾みます。

私は良く知らないのですが、その方は「BH」というメーカーのとてもスタイリッシュな「赤+黒」のバイクにお乗りでした。

なんでも以前はマウンテンバイクで、あちこちの峠でヒルクライムされていたのですが、最近ロードを購入されて以来ロードでのヒルクライムに夢中との事でした。

先にその方が出発して私も帰ろうと思っていると、和歌山側からもう一名。

す〜と近くに来られて「どこから?やっぱり鍋谷は長いわ〜!」と楽しく話されますcoldsweats01

自転車は細身の渋いクロモリでしたが全然知らないメーカーの物でした。

ここに来るまでに既に二つの峠を制覇されて、鍋谷峠が締めとの事coldsweats01

それにしても、さすがに坂バカが集うヒルクライム銀座ですね。

私の様な、にわかヒルクライマーにはついて行けないようなディープなお話を聞けて楽しかったです。

そして、改めてダウンヒルへ。

空模様はますます怪しくなります。


Imgp0281


しかし、道の両サイドには落ち葉が沢山あるのでスピードを上げれません。


Imgp0282


シラスも私も二度と落車はしたくなかったので慎重に下りました。

その後は急いで家路につき、なんとか陽のある間に帰還できました。

ちょっと今後は気温と相談の上、ヒルクライムに行かないといけないと思った一日でした。

あ〜、今日は楽しかったsign01sign01sign01

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月20日 (土)

ナイターエンデューロが始まりました

先般のブログ記事で、堺のサッカーナショナルトレーディングセンターで開かれるNTCナイターエンデューロですが、色々考えてエントリーは見送りました。

エントリー費の事が要因ではありますが、妻の「あなた、夜目があかんのちゃうの?」の一言が決め手になりました。

別に鳥目ではないのですが、最近夜に車に乗ったり、自転車に乗るのが怖くなるようになっているのです。

自身が単独事故するならともかく、他人に怪我をさせるのは怖いですから。

レースともなると、ほんの数センチのコース取りが事故につながったりする可能性もあるので。

なので、今回は見送りですhappy01

当初、観戦に行こうと思いましたが寒いのでこうしてパソコンの前にいます。

今後の一年で夜目の悪さを気にしない位、カルマを自在に操縦できるようになれば来年は参加を考えてみます、って来年あればですがcoldsweats01

本日参加された方や、観戦に行かれた方のレポを後で楽しみにしながら今日は寝ます。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月18日 (木)

ローラー台でハンガーノック

最近ローラートレーニングを再開して、毎回思うのがトレーニング前のカロリー補給メニューをどうしようかと言う事です。

ローラーに乗るのは当然、仕事を終えて帰宅してからなので夕食前です。

普通は腹ぺこ状態なので夕食後にトレーニングする方がハンガーノックを防げて良いのですが・・・

私は晩酌大好きですので夕食時は焼酎が欠かせません。

アルコール摂取後にトレーニングなんてもってのほかですもんね。

なので、トレーニング前に空腹感を抑えてからローラーをするようにしています。

主に、和菓子やカステラなどを一切れ食べてからトレーニングして、あとでゆっくり晩酌しながら夕食を楽しみます。

春までに、仕事の都合が付けば週3回はローラーでトレーニングしようと決意したのですが、仕事上がりに昼食後何も食べずにローラーに乗るのは危険です。

というのも、ローラートレーニング中にハンガーノックになってしまった事が以前あったからです。

私は、過去に2度ハンガーノックを経験しました。

1回目は、えんま君ともう一人の友人との3人で岡山の「片鉄ロマン街道」にツーリングに行った時です。

この時、シラスで初めて他府県のサイクリングロードデビューをしました。

P6060864

ん〜アホ満開な私ですcoldsweats01

えんま君は沢山のサプリを持って出発したのですが、私はおにぎり2個のみ。

「片鉄ロマン街道」は旧柵原鉄道をサイクリング用に舗装し直したすばらしいサイクリングロードです。

往復で70Km程ですが、信号もほとんどなく、道はきれいに車道と分離されています。

関西在住の方で、初心者だがサイクリングロードを安全に走ってみたいという方に特にオススメです。

難点は、鉄道跡を利用しているのでピストン走行になる事ですが、行きも帰りも風景は抜群でした。

そこで、私はサイクリング終盤に今まで体験した事の無い体調変化を感じました。

とにかく、汗はかいているのに寒くて、手は痺れるし、ペダルを廻す足が動きません。

前の方でだんだん離れて行くえんま君を悲しい思いで見送りました。

ゴールしてからえんま君にカロリー不足から来るハンガーノックの事を初めて教わりました。

ジョギングのでは経験した事の無かった事なので驚いた物です。

その後はサイクリング時に補給食を必ず持つようになりました。


その経験が、ローラー台を購入後すぐに再現される事になったのです。

夕食前に何も食べずにローラーをしていると次第に寒気がしてきます。

同時に足が上がらなくなる・・・

「あのときと同じや!」と感じてトレーニングを中断しました。

ローラーでハンガーノックになるなんて恥ずかしいですねcoldsweats01

その後、ローラー前にも30分前には何か食べるようにしています。

こんな事を考えている人は少ないのでしょうかね?

ちなみに今日もカステラ一切れのおかげでトレーニングできました。

春までがんばれるかな〜


最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

サイクルモード2010 短時間でしたが思う事

前回は出会いの事のみの記事でしたが、肝心のサイクルモードの感想などを・・・

会場に着いた時は結構な人出でしたが、比較的スムースに入場できて、思ったより早めに入場できて良かったと思いました。

会場内は派手な装飾と飾り立てられたメーカーのブースでお祭り気分が楽しめました。

Imgp0187

Imgp0195

中には恐らく一生手にする事の出来ない自転車が多数。

Imgp0207

Imgp0208

でも、KUOTAに乗る私としては当然、足がインターマックスのブースへ向かいます。

ブースの近くでは次から次へと入場者との写真撮影に応じる今中氏の姿もありました。

今中氏は、いろんな人の雑談にも気軽に応じていて「ええひとやな〜」との好印象を得ました。

写真でしかお見かけする事の無い人を間近で見るのはうれしい物ですねhappy01

ちなみにOGKのブースでは新城さんもいたのですが、MAXレベルの人出でしたので近くでは見れませんでしたがcrying

ほんで肝心のKUOTAですが、当然のように高級フレームが展示されていてあこがれのKOMも!

Imgp0199

Imgp0201

やはり、KUOTAのバイクはかっこ良かったです。

私は個人的にKUOTAのポリシーは高品位なフレームをホビーライダーにも提供するカーボンフレーム専業メーカーと思っていました。

しかし、2011年からアルミフレームも出すようです。

Imgp0202

価格設定も7000系のアルミ素材を使用している割には安価で、なんだかちょっと残念な思いがしました。

安価にKUOTAのバイクを手にする事は喜ばしい事なのでしょうが、こだわって購入した私にはちょっと・・・なんで今更アルミ?との印象でした。

アルミフレームはその他のメーカーが十分に時間をかけて作り込んでいる素材なので、新興メーカーのKUOTAには「カーボンオンリー」の姿勢を貫いてほしかったです。

もちろん、アルミフレームにも沢山のメリットがあるので私はカーボン至上主義ではありません。

ただ、フレームビルダーとしての姿勢は一貫してほしかったなあ〜という感じでした。

その他にも、どうやって乗るの?風の自転車

Imgp0211

お決まりのクラシカルなバイク

Imgp0196

を足早に横目で見ながらサイクルモード初体験を終了しました。

ほんとにお祭り的なイベントで、有名人も間近に見れて良かったです。

でも正直¥1200-出すのに値するのかと言われると、ちょっと、という感じでしたがhappy01

大阪にはウエパーやワイズロードがあるので、無料で自転車を満喫できる所があるのがそう思わせたのかも(^^)。

一年に一回のイベントとしては、十分満足できる内容と思うので関西の人はできれば行きましょう!

人出が少ないと大阪開催は今後危うくなるかもしれないので。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月16日 (火)

サイクルモード2010 出会いがうれしい!

先日、カルマのブレーキのアップグレード&ライトの新調で金欠状態になってしまった、オカメーズです。

でも、先日の日曜は以前から行きたかったサイクルモードに思い切って行ってみました。

Imgp0212

ちなみに、今までネットで知り得た情報で、あまりの人出の多さに敬遠していましたが、当日は曇り空で「もしかしたら空いてるかも?」と思ったので。

ほんで私は、基本的に日曜&祝日しか休みの無い仕事なので、土曜を趣味に当てて、日曜を家族サービスに当てるという事が出来ません。

なので、サイクルモード当日は午前中だけ自由時間を頂いて、午後は家族サービスに勤しむ事にしました。

今回は、春先に落車して以来乗る事の無かったシラスで出掛けます。

Imgp0180

半年近くも自宅待機のシラスに申し訳ない気持ちで一杯でしたので、乗ってみる事にしました。

落車当時の傷ついたパーツは、ウエパーで激安パーツを購入してシラスの化粧直しをしましたhappy01

当日は朝からバタバタのスケジュールで動きます。

朝食後まず、朝の10Kmジョグを済ませて、部屋の掃除をしてからの出発でしたので、サイクルモード開場の午前10時にちょっと遅れれて入場しました。

ここからの2時間でサイクルモードを満喫せねばなりません。

ゲートを潜ってすぐにピナレロのブースがありましたので試乗の手続きをしようと試乗ブースに行くと・・・

なんと、あの南大阪カリスマブロガー「たーちゃんさん」がおられました!

一度お会いしてから、その容姿は簡単に確認できましたねhappy01

声をおかけすると当然のごとく、「ドグマ待ちです〜」との事。

私はピナレロにそんなに思い入れも無かったのでFP3に試乗する事にしました。

待つ事、10分くらいで試乗開始。

残念ながらあんな短距離&すごい人出で試乗インプレもクソも無いですcrying

ただ、乗っただけですね、まったくdespair

後は、残された時間を楽しむべく会場を巡ります。

しかし、その途中で仕事の取引先である職人さんと遭遇してしまい、自転車談義開始。

会話の内容自体は良かったのですが、それからタイムリミットまでほとんど時間が無くなります。

あわてて3号館に向かうと再び「たーちゃんさん」と遭遇。

私が不躾にも「お茶でもどうですか?」と言うと「はい」とお返事頂いたので、近くの自販機まで移動しました。

缶コーヒーを二人で飲みながら、短時間でしたが非常に濃い内容のお話が出来ましたhappy01

「たーちゃんさん」はとても紳士的なお方で、ブログに対する熱い情熱をお伺いしている間に私も饒舌になっていましたhappy01

そんな私にも御自分の考えを真摯に語られていた「たーちゃんさん」に感謝感激です!

これだけでサイクルモードに来た甲斐がありました。

残念ながら、その後すぐに帰宅しなければなりませんでしたので「たーちゃんさん」とお分かれして、すぐにシラスで帰宅します。

もっと、たっぷりといろんなブースを廻りたかったのですが2時間ではとても無理でしたweep


あわてて、帰宅すると娘&嫁が「おもしろかった〜?」と無言のプレッシャーshock

「ほな出掛けようか!」といそいそと車で出掛ける準備をするオカメーズでした。

その後は十分娘孝行&嫁孝行させて頂きましたよ(私感ですが)。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月13日 (土)

BR-6600-G 装着

先日のグリーンピアのレースでブレーキはロードバイクにとって、本当に大切な物と感じていました。

105のブレーキアーチは十分にカルマと私を守ってくれました。

Img_1711

でも、えんま君の意見もあり、ブレーキにはコストを掛けても無駄は無いとの事からグレードアップを行う事にしました。

カルマのコンポは旧105系列なので現行のコンポとは互換性がありません。

そこでお世話になっているお店で、私のカルマに装着できるブレーキアーチのグレードアップを相談すると「アルテグラの一つ前のグレードなら、旧105と互換性あります」との事。

ただし、アルテグラSLは現行の6700系がある為、いつ生産中止になるか解らないとの事でした。

それで、私はその場で「BR-6600-Gを手配してく下さい」とのたまっていました。

それで今日、人生初のアルテイシア、っっじゃなくて、アルテグラグレードのパーツデビューとなりました。

Img_1713

ん〜アイスグレイの色合いが渋すぎます。

これで更なる安全をオカメーズは手にしたのでしょうか?

お店からの帰り道ではよく解りませんでしたが・・・

ほんで、ついでにライトも新調。

Img_1716

猫目の新製品でとても明るいらしいです。

とりあえず、この仕様で年内を走りたいと思います。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月12日 (金)

忘れ物には注意しましょう

ローラー台に乗って3日目ですが、トレーニング後の食事とお酒がおいしくて、ちょっとPCの電源を入れる事が出来ずに、午後10時までに寝てしまっていました。

ブログをするにはトレーニングも考えものですかね?

今日はお酒を控えめにして記事を書けますhappy01

ところで、先日の事なのですが、朝の出勤時にトイレで軽量化を済ませて作業着に着替えようとしていると「おとうさん!あの娘、お弁当忘れて行った!!」と妻が私の元に駆け込んできました。

娘はクラブの朝練があるので私より早くに家を出ます。

その時、嫁の手には娘の弁当が握られており、「あんたが届けてきて!」というオーラが満開でした。

しかし、その時点で私は部屋着のジャージ姿。

「なんで俺が・・・」と思いつつ「ほな、追いかけるわ!」とジャージのままで追いかけます。

そこで、IDIOMで追いかけようとしたのですが。IDIOMは玄関にこのような状態で置かれています。

Img_1702

発進までに2〜3分、時間がかかるので、妻のママチャリで娘を追いかけました。

久しぶりにママチャリに乗ったのですが、漕いでも漕いでも進みませんねcoldsweats01

ロードバイクと一般車は違う物だと改めて思いました。

学校手前の信号で赤信号停車をしていると、私の左右からコルナゴとスペシャライズドのロードに乗られた方が颯爽と信号無視して交差点を通って行きます。

もう、諦めの境地ですが「おまえら、フレームのロゴが泣いてるで」と悲しい思いで青信号を待ちました。

信号が青になったら全力で娘を追い、なんとか校門前で捕捉。

弁当を手渡すと「ありがとう!」と・・・

私が届けなければ昼ご飯はどうしたのでしょうねshock

その後、大急ぎで家に帰って私も作業着に着替えて工場に出掛けました。

ものすごく朝から疲れましたねhappy01

忘れ物には注意しましょう!ですね。


最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村


2010年11月10日 (水)

ローラーアゲイン

本日は娘の塾への送り迎えなのですが、大阪は夕方から強風で非常に冷えましたので、仕事を早めに切り上げて車で娘を塾へ送る事にしました。

現在中学1年の娘は、小学生の時から行きたい高校を口にしていたのですが、非常に合格偏差値が高い高校なので、少し無理を承知で進学塾へ行かせる事にしました。

案の上、始めはついて行くのに精一杯でしたが、本人のやる気と私&妻の激励でなんとか中級クラスまで上がって来ています。

残り2年ですが、私も環境面で出来るだけ娘を支えて行きたいと思っています。

ですので、塾の送り迎えを車で行う事は何の負担でもありませんhappy01

がんばれ娘!


私ですが、娘を塾に送り届けて迎えに行くまで2時間程自由時間があります。

そこで、久しぶりにローラー台に乗ろうと思った次第です。

ある事をきっかけに気温が低くなるまでローラーをやめていたのですが・・・

今年の夏は非常に暑かったです。

私は自分の部屋でロードバイクとローラーを置いているのですが、帰宅すると部屋は常に38度前後でした。

しかし、痩せてから比較的に暑さに強くなり、そんな部屋でも閉め切って扇風機の風だけでローラーに乗っていたのです。

でも、自転車はやっぱり暑かったようでcoldsweats01

春に購入した際は全然ゴムが溶けなかったローラー専用タイヤが、酷暑で溶けて来たのです。

あまりにもタイヤ表面に溶けたゴムかすがこびりついてローラー部分と接触してすごい振動になりました。

それで涼しくなるまでローラー台の使用をやめていました。


しかし本日は絶好のローラー日和(気温)

いそいそと帰宅後にカルマをSATORIにセット。

Img_1693

Img_1692

その後ビンディングシューズを履いて、カルマに汗取り&サドルカバーのタオルをかけます。

Img_1694

この状態で、パンツ一丁でローラー開始ですhappy01

私の通常メニューは、開始後10分間で低めのギアとケイデンス100位で心拍数をあげて行きます。
その後5分程のレストを入れて、30秒の高負荷走+90秒のレストを6本行います。

最後に5分程のレストを行って終了です。

今日は寒かったので扇風機を回さなかったのですが失敗でした。

途中から汗が止まらず汗を拭うのが大変。

扇風機はローラーには必需品と再確認しました。

さて、ローラー用に使用しているビットリアのホームトレーナータイヤですが、

Img_1698

公道用のタイヤに比べてローラーに当たる部分は、非常に固くてしなやかな感じです。

しかし、ホイールにはめる際、サイドウォールが柔らかいのでレバー無しでR500にセット出来ました。

さすがに専用品です。

しかし、今年の夏の暑さにはこいつでも参ったみたいですが・・・

使用中の音もノーマルタイヤに比べて静かなように感じます。

私はローラートレーニングでは、完全に自分と自転車との対話状態に入れるので好きです。

当初音楽を聴きながら乗っていたのですが、最近はダイナモの音とクランクの音が最適なBGMです。

又、フォームのチェックにも良いです。

ローラーの正面に24インチのマックを置いてディスプレー画面を鏡代わりに使用しています。

Img_1700

来年のイベントへ向けてこれで少しずつ身体を作って行かねばなりませんねhappy01

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月 9日 (火)

ケミカル色々

昨日の日曜は天候も今ひとつでしたので、家でのんびりしてましたが、午前中の晴れ間を利用して、最近さぼりがちなジョギングに出掛けました。

私のジョギングメニューは最初のストレッチ5分+10Km走+走行後の歩き5分なのですが、本日は若干太腿前部が筋肉痛ですhappy01

3週程さぼっていたので当然ですが、自転車に乗っているときとは明らかに使用している筋肉が違うと実感できます。

自転車でトレーニングした際はハムスとヒラメが筋肉痛になるので、自分の身体ながらその違いに面白さを感じますね。

今回、ジョギングの時も先の記事で購入したサポーターを着用したのですが、とても良いです。

翌日の膝の違和感が明らかにマシですので。

運動時には必需品になりそうですcoldsweats01

自転車ブログをしていながらなんですが、私は将来何らかの理由で自転車を降りても、ジョギングだけは続けたいと思っています。

なんせ高校生の時からの趣味ですのでsmile

表題の件ですが、お世話になっているショップの店長さんのアドバイスで、雨中走行後とりあえずカルマの水抜きを行いました。

Imgp0158

シートポストも抜いてフレーム内の水を抜きます。

ここから私が使用したケミカルをご紹介。

駆動部分のチェーンやスプロケをディグリーザーで洗い流します。

Imgp0171

フィニッシュラインののドライタイプです。

こいつでほとんどの砂を除去できます。

ちなみにウェスに付けてホイールのブレーキかすもこれで除去できます。


そしてワイヤー類はCRC556で拭き掃除。

Imgp0172

556はグリースを溶かすのでグリース使用部分(BB周り、ブレーキ周辺等)は使用しない方が良いそうです。

そして、チェーンにはドライタイプのオイルを入れます。

Imgp0174

これもフィニッシュラインの物です。

もし、ご覧になられた方でもっと良いチェーンオイルを教えて下されば幸いですhappy01

そして、ブレーキピボット部やディレーラーにはラスペネを。

Imgp0173

オイル&グリース関係はこんな物でしょうか?

足りない物あれば教えて下さい!

最後にフレームをタクリーノで磨きます。

Imgp0175

これで、当面のメンテはしたつもりです。

自転車メンテは初心者なのでこんなもんで良かったのかな?coldsweats01

今度、お世話になってるショップで改めて見てもらうつもりなのですが。

メンテ中は「雨の中御苦労さん」とカルマをいたわっているつもりでした。

しかし、そのときカルマの異常に気が付いて慌ててしまいます。

これはまた後の記事に・・・

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月 7日 (日)

グリーンピア三木スーパーサイクルエンデューロ 番外編

今週はグリーンピアのレースの記事で埋まってしまいますcoldsweats01

さて、雨の中行われたレースですが、運営面での気がついた事です。

大会の開始から終了まで大きなトラブルや事故も無く比較的スムースにレースは進行しました。

ちょっと気になったのは完全クローズドで行われるレースだと思ったのですが、時折ハイカーの方がコース場進行方向逆向きに歩かれていた事がありました。

近距離を高速ですり抜けるロードバイクのコース脇を歩かれるハイカーの方も怖かっただろうし、レース参加した方も「あれっ!?」ってな感じだったと思います。

告知が徹底されていなかったのでしょうが、接触事故が無くて良かったです。

そして、以前に書いたのですが、DHバー、エアロバー、バーエンドバーは使用禁止のはずでした。

でも、やっぱり数台の自転車には装着したものがありましたね〜

別に、とやかく言うつもりは無いのですが、郡上漁協君の自転車からはバーエンドバーをちゃんと取り外したのになんだかな〜って言う感じでした。

ピットで自転車の誘導を行っていた係員も我関せずの態度でしたし・・・

雨が降り出してから午後はリタイヤして帰る方も多かったのですが、コース脇を列をなして駐車場に向かわれる方が沢山いたので、注意のアナウンスが必要では?とも思いましたね。

運営面で気が付いたのはこれ位で、後は概ね満足でした。


そして、一つ非常にうれしい事がありました。

それは、ブログでリンクを頂いている、関西クロスバイカーの雄「たーちゃん」さんとリアルでお会いできた事です。

夏に初めて国道上でお見かけした際は、声をかける事が出来ませんでしたが、イベントでお会いした際、スッとお声をかける事が出来ました。

思ったより、とても親切で優しい語り口調で(すみませんhappy02)安心してお話しできました。

とてもうれしかったですhappy01

出来れば、もう少し自転車談義をしたかったのですが、お互いにメンバーもいましたので、あまりお話しできなかったのが残念です。

またお会いできた際はよろしくお願いしますね「たーちゃん」さん!


そして、今回初めてスポーツバイクに乗る事になった「郡上漁協君」について、少し。

彼は普段愛知県在住で、私や「えんま君」とは飲み友達です。

趣味はアユ釣り等の釣りがメインで、サッカーもやるアウトドア派壮年です。

見た目は爽やかなのですが少々抜けた所がありまして・・・

彼は前日、「えんま君」の所に宿泊したのですが、私は心配でしたので「あんまり飲むなよ!」とメールで何度か釘を刺していました。

几帳面な「えんま君」が一緒でしたので安心していたのですが、翌朝会場で会うなり「あ〜朝早すぎるわ〜二日酔いや〜」などとぬかしよります!

釣りの時はもっと早起きやろ!と突っ込みも入れておきましたbearing

「だから言ったやろ!」と怒りますが「すまんわ〜」と柳に風。

「えんま君」も「注意したんやけどね」と呆れていました。

レースがスタートすると、「ケツ痛いわ〜」とか「腹減った〜」とか「筋肉痛になるわ〜」とか、サッカーをしているとは思えないヘタレっぷり。

これでフルマラソンを完走するのですから人間は不思議な生物です。

そして、レース終了後に高速のSAで食事でもして帰ろうと会場を後にして高速に乗ったのですが、案の上渋滞でゆっくりしか車が進みません。

「レース中は補給食ばかりで味気なかったから、ハンバーグかトンカツ食べたいな〜」と思っていると、SAに随分手前の高速降り口で、「えんま君」の車が私の脇にきて「すまん!郡上漁協君がおしっこ我慢できんと言ってるんでここで降りるわ!」助手席の「郡上漁協君」も横で「すまんの〜、もう限界や〜」と。

呆れてものも言えず突然の解散になりましたcrying

その後、「えんま君」によると、郡上漁協君を最寄りの駅で降ろして分かれる際に、高速で使ってくれと、「郡上漁協君」にETCカードを差し出されたそうです。

まあ罪滅ぼしで良い事と思ったのですが「えんま君」が高速道に再入場する時、ETCのゲートが開きませんでした。

なんと、カードは期限切れ。

あわてて、「えんま君」は自分の物と差し替えたそうです。

もう、怒る気力も無かったようです。

でも、根はいいやつなんで憎めないんですよね〜、得な性分です。


イベントではいろんな事が起きるのでとっても楽しいですね。

帰宅後に笑顔で迎えてくれる家族にも感謝です。

次回何かのイベントに参加する際にも無事故、無落車で行きたい物です。

これでグリーンピアの記事を閉めたいと思います。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月 4日 (木)

グリーンピア三木スーパーサイクルエンデューロ その2

今日はグリーンピアのイベント後編を書きます。

その前に、えんま君から私のスタート時の写真が届いたので公開します!

Pa301225

なんだか、とっても緊張していましたhappy01

さて、その1で書いた記事の通り、午前中は暑くもなく寒くもなく、とてもレースには良いコンディションでした。

私も、余裕の走りです。

Pa301226

しかし、午後から空の状態はさほど変化が無かったのですが、雨が降り始めました。

ここからは写真が無いですbearing

お昼御飯時にポツポツ来ていたのですが、ゴール時の午後3時まで持ってくれるだろうと楽観視していたのですが、やがて本降りに・・・

気温も体感的に10度を割ってるんちゃうか、ってな感じです。

えんま君と「本降りやし、撤退の時期かな〜」とか言いながら天気の回復を祈ります。

ピット脇で、初対面の年配の方も「兄ちゃんらも本格的に降って来たら撤退やな〜」、「そうですよね〜」なんて会話を交わします。

やがて郡上漁協君とえんま君が交代して、ピットで郡上漁協君とこの後の事を相談しようと撤退時期の旨を伝えると、「寒いから体暖めんといかんな」とリタイヤの意思は全く無い様子。

午後1時位に私の番が巡って来て、「とりあえず俺はこの2周を走って来るからリタイヤの時はピットに自転車だけ受け取りに来て」と郡上漁協君に伝えて、えんま君のバトン(アンクルセンサー)を受け取りました。

そして2周回って来ると当然のように郡上漁協君が自転車に跨がり、ピットで「おお〜い、ここや〜」と私を待っていましたww

完走するしかなさそうですcoldsweats01

郡上漁協君は交代前にしっかり¥500-の熱々うどんを食していました。

ん〜恐るべし。

私とえんま君が「土砂降りではないので行けるとこまでいこうか」という話をしていた時に先ほどの「兄ちゃんらも撤退か〜」と話していたグループの方々が脇を通りすぎて、「ほなお先に。後はよろしく〜」と颯爽と駐車場に向かわれました。

えんま君と顔を見合わせて苦笑・・・

あと2時間切ったしもう最後まで行くか〜って暗黙の了解でした。

交代に備えて、黙々と冷え冷えの補給食を食べていると、私の妻からシャメが。

Img_0108

「難波でランチ中です〜」

はい、当然、返事はしません。

雨は本格的に降って来て、やむ気配は全くなく私もコースに出ます。

交代時にえんま君が「全然ブレーキ効かんぞ!」とアドバイスくれます。

カルマには105のブレーキが装着されていますので、シマノの品質を信じて下りではポンピングブレーキを使用して行こうと思いました。

そして雨の中、スタートしてしばらく続く上り坂を進んでいると「何の修行や、これは・・・」という気分です。

シューズやウェアはもちろんカルマもびちょびちょ。

腕を見ると見事な鳥肌。

でも、山間部にあるコースなので、雨はとても透明度が高い感じで不思議と汚いな、などという感じがしませんでした。

路上も余計な土砂が流されて気のせいかきれいに見えます。

「スリップにだけ気をつければなんとかなるかも?」と気を入れ替えてペースアップすると結構スピードが上がるものです。

リタイヤの方が増えてコースは閑散としていて逆に走り易いくらいです。

気がつけば、50Kmオーバーの速度も下りで出ていたりしました。

郡上漁協君と何度目かの交代をして、ピットでえんま君と「ラストは郡上漁協君かな?」てな話をしつつ午後3時前を迎えます。

私も最後の周回を寒さと戦いながら戻って来て、そして、郡上漁協君にバトンをつなぎます。

このレースは周回カウントがあくまでも6時間以内なので、6時間を超えるとその周回はカウントされません。

郡上漁協君が少しでも早く帰ってくれるのをえんま君と待ちますが、雨が降り出してから郡上漁協君のペースはガタ落ちでしたので期待せずに待ちます。

そして、6時間終了のアナウンス。

やはり、郡上漁協君は戻ってこず、終了後しばらくしてからニコニコと帰って来ました。

「最後の最後でチェーン外れたわ〜」と満面の笑顔。

えんま君が「あれほどチェーン脱落注意したのに!」といっても笑顔で「すまん、すまん〜」と答える郡上漁協君。

ほんとに、楽しかったですhappy01

終了後、荷物をまとめて駐車場に向かう最中も3人で笑いながら帰りました。

車に荷物を積んで、高速道路のSAで食事でもして解散しよか、とグリーンピアを出発します。

私は雨の中でロードバイクに乗ったのは初めてでしたが、ちゃんと注意して走ればロードバイクは悪天候でも十分早く走れるものだと知りました。

もちろん公道では他に注意すべき点が沢山あると思います。

でも来年は、公道のロングライドイベントに参加してみたいと思う私には良い経験だったと思います。

何より、3人とも落車もせず、風邪もひかずに、元気に翌日の仕事が出来たのがうれしいです。

今後も友人関係を大切にしながら自転車を楽しみたいと思った一日でした。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年11月 3日 (水)

グリーンピア三木スーパーサイクルエンデューロ その1

ここ2日程、自転車とウェア類の掃除、洗濯に追われてPCに向かう時間が取れなかったのですが、一段落したので先日のグリーンピア三木スーパーサイクルエンデューロの記事を書きます。

先週の日曜(10月31日)に、2010年度グリーンピア三木スーパーサイクルエンデューロが台風14号一過の元、開催されました。

私は、今回初出場で6H男子チームクラス、3名での参加です。

メンバーは私を含めて元、私の所属した某企業の同僚2名との参戦です。

一人は、私の数少ない自転車友達の「えんま君」で、もう一名は今までママチャリ以外は経験の無い「郡上漁協」君です。

えんま君とはツーリングと鈴鹿のレースに共に参戦経験済みなのですが、今回はスポーツと釣りが趣味の郡上漁協君を自転車の世界に誘導する目的もありました。

ちなみに、郡上漁協君はフルマラソンを走った後、合コンに参加できる位の体力の持ち主ですhappy01

さて、当日ですが私は南大阪から一人で参加、えんま君と郡上漁協君は奈良からの参加です。

当日はグリーンピアに6時半集合の予定で高速を走ります。

台風14号は足早に関西を通り過ぎ、当日は台風一過の晴天の予定でした。

しかし、西宮名塩SAで休憩の際、目にしたのは朝焼け。

Imgp0135

朝焼けは古来から雨を告げる印だといいます。

そんな事は私は信じませんでした、その時(若干不安でしたが)。

そして予定時刻にグリーンピアに到着。

Imgp0136

開門は7時でしたので、しばらく待っていますと、えんま君と郡上漁協君が到着しました。

そして、開門後に第一駐車場に向かいますが、レースの会場には第二駐車場の方が近い方が判明したのでそそくさと第二駐車場に向かい、荷物を降ろします。

実は、グリーンピアホテルの駐車場が一番会場に近かったのですが、事前に何のアナウンスも無かった人たちはみんな第一と第二駐車場に車を止めていました。

以前の大会参加経験者はホテル側の駐車場に車を止めていた事を後ほど知りました。

やはり、事前のリサーチは必要ですね。

荷物を運ぶ距離が遠いと、駐車場と会場間を何度も往復するのに躊躇してしまうので、せっかく色々準備した物を車に置き去りにしてしまいがちですweep

その時、車から自転車をおろして準備していると、えんま君が私の前輪ホイールを持って「重いな・・」とつぶやきました。

「マヴィクの再廉価ホイールやから」と笑っていると、「ほれ」とえんま君のホイールを渡されます。

デュラホイール+ビットリアオープンコルサ。

「えっ、軽っ!!」

という程軽い!

えんま君のホイールが「ザクとは違うのだよ!ザクとわっ!!」と言っているようでした。

決戦用ホイールと廉価ホイール・・・ええ、そうですよ私のホイールとタイヤはザクですよcrying

そんな事もありながら会場の芝生広場に向かいます。

会場はピットのすぐ側で、比較的広々としていて、バイクハンガーも沢山用意されていました。

Imgp0138

私は鈴鹿に参加した際に、バイクハンガーに掛けた自分のカルマが、他の人の自転車にガンガンぶつけられた嫌な経験があるので自分のチームスペース(只の木の下ですが)脇に自転車を置きました。

私には理解できないのですが、ああいうイベントでは他人の自転車に「どけ!」とばかりに自分の自転車を割り込ませてハンガーに掛ける人が沢山います。

その人も何十万とする自転車を割り込ませて来るのですが、自転車に傷が入るのは気にならないのでしょうか?

その後、私が大会受付を済ましている間にえんま君と郡上漁協君にはコースの試走に行ってもらいました。

みんなこのコースは初めてですので特に郡上漁協君にはスポーツ車に馴れてもらいたかったのです。

大会受付を済まして私も試走に行こうとした時に二人が帰って来ました。

「結構荒れたコースやで」とえんま君。

郡上漁協君は「ケツ痛いし、サドル高いわ〜」とアホなコメント。
当然スルーですが(^^)

私も試走に向かいました。

Imgp0141

Imgp0140

コース幅は結構狭くて、普通の林道という感じです。

砂も所々に浮いていて、ちょっとクローズドコースの割にはリスクの高いコースだという感じでした。

しかし、参加人数が少なかったのでまあ大丈夫かな?と試走を完了しました。

すぐ後に大会開催のセレモニーが行われます。

主催者の挨拶の後、ちょっとしたハプニングがありました。

事もあろうに、主催者の方がメインスポンサーの「メイタン本舗」の事を「うめたん本舗」とコールしてしまったのです。

当然多くのサイクリストの方々は「メイタン本舗」の名称を知っているのであちらこちらで失笑が漏れました(^^)

でも、メイタン本舗の方がマイクの前に立って「私がメイタン本舗の○○です」と大きな声で話されたので会場は爆笑でした。

そんなこんな後に午前九時のスタートを迎えます。

私が第一走者でしたので凛々しい私のスタート写真は無しですhappy01

スタート後、午前中は雨も降らずに日焼けの心配も少ない曇り空でしたので、1〜2時間は快調に走ります。

第二走者の郡上漁協君も楽しそうです。

Imgp0147

「いや〜、思ったより自転車競技ってきついな〜!」

と笑顔で会話します。

そして、第三走者のえんま君。

Imgp0142

さすがに筋金入りのローディーである彼は「あそこは危ない」とか、「ここはこのコース取りがいい」とかアドバイスをくれます。

さすがにオカメーズチームのエースです。

と、ここまでは午前中のお話。

午後は雨で状況がガラリと変化します。

長くなりましたので、その事は次の記事で・・・

ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »