« サイクルモード2010 出会いがうれしい! | トップページ | ローラー台でハンガーノック »

2010年11月18日 (木)

サイクルモード2010 短時間でしたが思う事

前回は出会いの事のみの記事でしたが、肝心のサイクルモードの感想などを・・・

会場に着いた時は結構な人出でしたが、比較的スムースに入場できて、思ったより早めに入場できて良かったと思いました。

会場内は派手な装飾と飾り立てられたメーカーのブースでお祭り気分が楽しめました。

Imgp0187

Imgp0195

中には恐らく一生手にする事の出来ない自転車が多数。

Imgp0207

Imgp0208

でも、KUOTAに乗る私としては当然、足がインターマックスのブースへ向かいます。

ブースの近くでは次から次へと入場者との写真撮影に応じる今中氏の姿もありました。

今中氏は、いろんな人の雑談にも気軽に応じていて「ええひとやな〜」との好印象を得ました。

写真でしかお見かけする事の無い人を間近で見るのはうれしい物ですねhappy01

ちなみにOGKのブースでは新城さんもいたのですが、MAXレベルの人出でしたので近くでは見れませんでしたがcrying

ほんで肝心のKUOTAですが、当然のように高級フレームが展示されていてあこがれのKOMも!

Imgp0199

Imgp0201

やはり、KUOTAのバイクはかっこ良かったです。

私は個人的にKUOTAのポリシーは高品位なフレームをホビーライダーにも提供するカーボンフレーム専業メーカーと思っていました。

しかし、2011年からアルミフレームも出すようです。

Imgp0202

価格設定も7000系のアルミ素材を使用している割には安価で、なんだかちょっと残念な思いがしました。

安価にKUOTAのバイクを手にする事は喜ばしい事なのでしょうが、こだわって購入した私にはちょっと・・・なんで今更アルミ?との印象でした。

アルミフレームはその他のメーカーが十分に時間をかけて作り込んでいる素材なので、新興メーカーのKUOTAには「カーボンオンリー」の姿勢を貫いてほしかったです。

もちろん、アルミフレームにも沢山のメリットがあるので私はカーボン至上主義ではありません。

ただ、フレームビルダーとしての姿勢は一貫してほしかったなあ〜という感じでした。

その他にも、どうやって乗るの?風の自転車

Imgp0211

お決まりのクラシカルなバイク

Imgp0196

を足早に横目で見ながらサイクルモード初体験を終了しました。

ほんとにお祭り的なイベントで、有名人も間近に見れて良かったです。

でも正直¥1200-出すのに値するのかと言われると、ちょっと、という感じでしたがhappy01

大阪にはウエパーやワイズロードがあるので、無料で自転車を満喫できる所があるのがそう思わせたのかも(^^)。

一年に一回のイベントとしては、十分満足できる内容と思うので関西の人はできれば行きましょう!

人出が少ないと大阪開催は今後危うくなるかもしれないので。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« サイクルモード2010 出会いがうれしい! | トップページ | ローラー台でハンガーノック »

自転車」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。


 サイクルモード・・・私の場合はタダ券をもらって行くことができましたが、1200円で、あの雰囲気を味わうことができるのであれば、行く価値はあるかと思いました。
 ただ、東京と比較すると、東京が3日間開催されるのに対し、大阪は2日間であることや、出展ブランドが東京のほうがはるかに多いと言うことも、大阪府民としてはちょっと気になるところではあります。
 大阪も3日間連続開催して、東京と同じようにプレミアムチケットを販売してもらいたいです。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ

サイクルモードに行ってこられたんですね。
わたしは07、08は見に行ったのでけど・・・
ここ2年は行っていなです。
年に一回の自転車の祭典ですから、行きたい所ですが、物欲のスイッチが入るのがコワイので。

KUOTAのアルミフレームの件は残念でした。。
何だか裏切られた気分ですね。
わたしも、DEROSAの廉価版が出たときは少しがっかりしました。。

こんばんは、たーちゃんさん。

タダ券とはうらやましいですねhappy01
私は当日券でしたので、金額なりの楽しみを満喫したい思いで必死に廻りました。
大阪人は余裕がなくてあきまへんわ(爆)
東京の方は大阪の規模を遥かに上回るようですね。
コルナゴなんか東京だけですし・・・
来年は大阪にもガンバッって欲しいです!
今度は前売りを買って行こうと思います。

それでわ

毎度です、ユッキンさん。

サイクルモードは初体験で結構面白かったです。
出来れば次回、たっぷり時間を取って参加したいですねhappy01

KUOTAのアルミフレームは当日まで存在を知らなかったので結構ショックでした。
何の為にこの10年をカーボンフレーム専用ビルダーとして歩んで来たのか・・・
「ブランド名が浸透したので数を売るバイクを」との姿勢変換としか思えませんね。
ちょっと感情的ですがそんな思いです。
でも、価格的にも結構売れるんでしょうね〜

それでわ

みなさん、結構いってらっしゃるんですねぇ。
物欲に負ける貧乏人は悶死するので
行きませんでしたよ。。。
コルサはアルミで復活したんですね、知らんかった。。。
カーボンで培ったノウハウをアルミ素材へ挑戦する
と無理くり好意的に解釈してます。
キャノがカーボン作ったときも
コルナゴがプリマ出した時もやんや言われてました。
生温かく見守ってあげましょ。

こんばんは、すず虫さん。

KUOTAの場合は2001年の登場時から姿勢が一貫していた様なので、今回のアルミフレームには、??????って思った次第です。
wikiにも「カーボンフレームにこだわりを持ったメーカー」と解説されていましたので(^^)
でも、カルマもケベルもカルトもKOMも大好きですので今後も応援しますよ、KUOTAを。

それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566048/50059573

この記事へのトラックバック一覧です: サイクルモード2010 短時間でしたが思う事:

« サイクルモード2010 出会いがうれしい! | トップページ | ローラー台でハンガーノック »