« 今更ですが読んでみました | トップページ | 今日はお迎えの日 »

2010年10月14日 (木)

それで、海外通販はどうだったのか?

海外通販シリーズのまとめです。

私は価格面だけで海外通販を通じてロードバイクを手にしました。

実際、当時カルマは105仕様で25万円以上のタグが付いていました。
そして私は海外通販で車体18万円+送料1万円でカルマを入手します。
ベラチの購入画面ではハンドル幅やステム長、およびクランク長、ホイールグレードやサドルを任意選択してこれですぐに乗り始める事ができると考えていました。

当時の私はクロスバイク(シラス)しか経験が無く、シラス購入時もサドル高さの調整しかショップではしてもらえませんでした。
なのでロードバイクも簡単に自分仕様に出来ると思ったのです。
しかし、ロードバイクはそんな物では無かったのです。

まず届いたとたんにバーテープが巻かれておらず、そこから自分でやらねばなりません。
ハンドルは適当に箱に入り易い角度で仮止めされているので、自分でハンドルを固定しなければなりません。
当然プレッシャーアンカーの締め付けトルクも解らないままステムとハンドルも自分で組み付けるのです。
すぐにトルクレンチを購入する羽目になります。
そして、シートポストの余分のカットも自分で行い、サドルの角度調整もしなければなりません。
ディレイラーのシフトタイミングも自分で調整してやっと完成車になります。

ここまで来てやっとプロショップの方々の仕事が如何に経験が必要な物かが解りました。

第一、ポジション出しは第三者に見てもらわないと出来る物ではなかったです。
クランク軸からのシート高さ=股下長×0.875・・・・
こんな常識も当時は知りませんでした。
加えてSTIレバーの操作の仕方もよくわからない状態でした。

仮組したカルマに試乗を繰り返して「こんなことなら、近くのプロショップで購入すれば良かった・・・」と当時は後悔しました。

しかし何度も調整を繰り返していると、カルマに何とも言えない愛情が芽生えて来ました。
はるばる生産国のイタリアを経て、スイスで組み立てられて、縁あって日本へやって来たこのロードバイクに。
なので今ではカルマを入手した事に後悔はありません。
この先新しいロードバイクを手にしてもカルマは手放したくないです。

しかし、価格面だけで完成車を個人輸入するのは今後無いでしょうし、他人に勧める事も無いです。
今は近くに私のカルマを安心して預ける事が出来るショップに巡り会えたので楽しいロードバイク生活を送っています。

結論ですが、自分でフレームの吊るし状態からコンポの組付けやワイヤーの取り回し、その他ポジション出しに必要なパーツの選定を出来る方が海外からの完成車通販を行うのが良いと今は思います。

私のブログに「海外通販」の検索キーワードでいらっしゃる方が結構いますのでこれで締めのレポとさせて頂きます。

自転車入手後のパーツ購入は「自治区」が一番とは思いますが・・・

読んでくれた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

« 今更ですが読んでみました | トップページ | 今日はお迎えの日 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

まいどです^^
そうですね☆慣れない内は信頼の出来るショップ
で購入されたほうがいいと思います。
初心者がヤフオクなどで、バラ買いしても組み付けに専用の
工具などが必要なので、かえって高く付いたりしますから・・
でもでも、経験を積んで来ると、プラモと同じで
自分で組み上げるのも楽しいんでしょうけどね(^^)

毎度です、ユッキンさん、

そうなんですよね、自転車ってプラモデルと良く似ているような気がします。
自分の組み立てスキルに応じた結果しか完成品に反映されない。

でもスキルが身に付いてくるといろんな事に手を出したくなります。
その上でアドバイスをもらえるショップと馴染みになっているとベストと思います。

それでわ

良いショップに出会えて良かったですね、中には自分の店で買った自転車以外は整備お断り、露骨に嫌な顔をされる事もあるそうですから(・・;)

プロショップは値引きなしなので最初は高いですがその店で買った自転車は整備代を取らない、工賃が安くなる事がほとんどですから。

自分で色々出来る人はネットが安いから最高でしょうね。

おはようございます。

 海外通販で購入して、アフターフォローをプロショップに依頼する・・・というようなことができれば最高ですよね~
 実際は、そうは行かないので、海外通販をされる方は、自転車組み立ての経験がある方や、ショップで働いていた経験があり、なおかつ、必要な工具がある人でなければなりませんね~
 ただ、消耗品やアクセサリーはwiggleを活用しても、差し支えないので、どんどん利用しようと思っています。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ

毎度です、kazuさん。

私もkazuさんのように最初からプロショップで自転車を購入しようと思っていました。
でもプロショップってなんだか敷居が高くて・・・
店内で常連さん達がワイワイガヤガヤしている所へ中年のオッサンが「あの〜」と声をかけにくかったもので。
スポーツDEPO等の量販店ではカーボンバイクを扱っている所はあまり無かったですし。
今お世話になっているお店はちょっと変わったお店で改めて紹介しようと思います。

それでわ

おはようございます、たーちゃんさん。

たーちゃんさんのこれから馴染みになるサカタニはウェブで見ると結構アフターサービスや顧客対応が良さそうですね。
実業団チームのマトリックスにも関係があるようですし。
http://matrix-sports.jp/contents/shop/all_west/shop01.html
近くに本格的なショップがあって良かったですね。

そうですね〜wiggleは本当にすばらしいです。
円高は日本の製造業には厳しいですが、消費者にはうれしい事ですね。

それでわ

私もフレームを買って自分でと思った時期もありました。
しかし、いろんな人のブログを見ているとなかなか難しそうなので諦めました。

さらに自分で組んでもオーバーホールとか頼む時にどこにもって行けばしてくれるのかどうかも分らないので、結局地元も自転車屋で買うことになります。

でも安いのは魅力的ですよね。

こんにちわ、まっくろくろすけさん。

当時の私はとにかくカーボンフレームのロードバイクが欲しくてたまりませんでした。
でも現実的に限られた予算でフルカーボンとなるとどれも購入できる範囲では無かったのです。
フィッティングやその後のシビアなコンポの管理など全然考えずに購入してしんどい思いをした物です。
でも、今ではそれなりにライドも楽しんでいますし、知識も増えてなおかつ、見知らぬ方々とブログを通してロードバイクの事を語れるようになりました。
そう考えると良い経験だったと思います。
私はフレーム買いで自分で自転車を組む事はこれから無いような気がします。
もし気が変わってまっくろくろすけさんがフレーム買いされた時はニヤニヤしながら記事を読ませてもらいますね!

kazuさんもまっくろくろすけさんもよろしければこれからよろしくお願いします。

それでわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566048/49743959

この記事へのトラックバック一覧です: それで、海外通販はどうだったのか?:

« 今更ですが読んでみました | トップページ | 今日はお迎えの日 »