トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

無事に帰還しました

本日、グリーンピア三木で開催されたエンデューロに参加して、無事に帰還しました。

コースの状態云々は申しませんが、良く落車せずに戻れた物だと自分で感心しています。

とにかく、午後から雨が降って来て非常に寒い一日でした。

本日は帰還報告のみで後々レポはアップしますね。

追伸:たーちゃんさん、本日はありがとうございました。

ブログで知り合いになったばかりの私に気さくに話して頂いてうれしかったですo(*^▽^*)o

レースのレポはよろしくお願いしますね。

本日はもう寝ます〜

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月30日 (土)

台風が去りました

台風14号ですが、本日中に近畿圏内を足早に通過して行きました。

ちなみに、14号は「チャバ」という名前らしいです。

季節外れの台風に一喜一憂させられましたが、明日のグリーンピアエンデューロはなんとか出走できそうです(^^)。

今日は出走メンバーの「えんま君」「郡上漁協君」とメールで連絡を取り合いながら出走の段取りを相談していました。

「えんま君」は私の数少ない自転車友達で、FELT-F3を駆る非常に強靭な体力を持つ、我がチームのエースです。

「郡上漁協君」はママチャリしか乗った事が無いスポーツバイク初心者ですが、フルマラソンを走りきる強者です。

なんだか、私が一番非力な様な気がして来ました(´・ω・`)ショボーン

でも、ロードバイクをそれなりに乗りこなして来たのですから、ラップタイムでは「郡上漁協君」に負けないようにがんばりたいと思います(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

ちょっと心配なのが、膝の状態がまだ思わしくない所です。

どうも、左膝の裏側に違和感が残っています。

他のブロガーの方の記事も参考にサポーターを用意しました。

Imgp0133

バンテリンの¥1500-位の物ですが、先ほど装着してみて「お!結構いけるかも?」という感触です。

なるべく仕事等の日常生活に影響しない範囲で自転車を楽しみたいですからね。

さあ、明日は楽しみますよ〜

とりあえず落車には気をつけて。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月28日 (木)

台風が来ていますが

今週末のグリーンピア三木で行われる「スーパーサイクルエンデューロ」ですが、申し込み規定では「いかなる状況でも申込金の返金は受付できません」との一文があります。

要は「何があってもお金は返せません、それを承知で申し込みしてね」という事ですね。

この規約に異議はありませんので申し込みしました。

しかし、台風14号が当日に直撃した際はどうなるのでしょうね?

私達のチームは小雨位なら行くつもりですが、さすがに気象警報が出ている場合はDNSになります。

まあ、グリーンピアという巨大施設の一部を借り切るのですから費用は返金できない事は十分理解できるのですが・・・

例えば、ゴルフの場合は結構気象状況が悪くてもキャンセルは受け付けられずに、大雨程度ではキャンセル費を取られます。

払い戻しに応じるのは気象警報が出た場合と、コース一面が雪に覆われた場合だけと聞いています。

今回の台風の場合はどうなんでしょうね。

今は14号のルートが東に向かない事を祈るだけです。

出来れば、私の酒飲み友達を自転車の世界に引き込む絶好の機会にしたいので晴れは無理でも曇り程度でレースが出来ればと思っています。

自転車乗りの多くの方は雨天では乗らない方が多いと思いますが、イベントの時は雨を覚悟で行かれる方も多いようです。

私は雨の時は自転車に乗らないのですが、今回はどうしたものか・・・

台風ですよ!全く!!

今はお天気の神様に祈ります。


最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月25日 (月)

TACX SATORI

今日は、仕事も早く終わりそうなので、ローラーに乗ろうと思ったのですが、相変わらず喉の調子が悪く、空咳と痰が続くので何もしませんでした。

なので、私のローラーをちょこっとインプレしたいと思います。

現在使用しているのはタイトル通り「タックス サトリ」です。

ネットではミノウラやエリートの記事は多いのですが、あえてマイナーな所を狙ってみました。

Imgp0114

Imgp0113

このサトリも、はるばる海を越えて我が家にやって来ました。

しかし、カルマといいサトリといいインターマックスを通すと、とんでもない値段になるのですが、ネットを通すと庶民でも手の届く価格になるのでネット万歳ですね。happy01

当然、保証はないので自己責任ですが・・・

しかし、もう一つの決め手はこいつに似ていた事もあります。

51tdopbaiol_sl500_aa300_

知らない方はすっ飛ばして下さいhappy01

春に購入してからイベント前にはこれで屋内トレーニングしていたのですが、今までで感じた事を書くと・・・

1:音はそこそこ大きいので午後8時以降は使用をためらう。
2:バイクをセットした際の安定感は抜群。整備スタンドとしても使える。
3:本体にライザーブロックをセットできる。(合体ロボみたい)
4:他は知らないが負荷コントロールは相当幅広くできる。

という所ですね。

音ですが、私が一階でローラーを廻しても2回の嫁子供は普通にテレビは見れると言っています。
(建て売りの3階住宅での事です)

只、夜遅くなると常識的に使用はためらわれます。

そしてローラーの大切な部分、負荷コントロールですがサトリはマグネット式です。

Imgp0115

エリートのようにタイヤの受け部が、ゲルでは無いのが音の大きい一因ではないかと思います。

フライホイールは走行後には相当熱くなるのでやけどに注意しなければなりません。

負荷は10段階で調節できますが、貧脚の私は下から4番目で使用しています。

10番目なんか体重掛けてもゼロ発進がきついですよ。

でもプロ選手は踏むらしいですが・・・

そして、専用のクイックが付属しているので、せっかくと思いローラー用ホイールとスプロケを購入。

Imgp0117

R500と105カセット(11-25)、タイヤはビットリアのホームトレーナーです。

タイヤはお世話になっているお店で購入しましたが、R500とカセットはウエパーの火事生き残り品です。

お店で「大丈夫ですか?」と聞いた所「大丈夫ですが、返品はできません」との事でしたので安かった事もあり購入しました。

実際、大丈夫みたいです(現在まで)。

固定ローラーは実走感はあまり感じないのですが負荷を掛けたヒルクライムトレーニングなんかには良いのではないのでしょうか?

金剛トンネルに行った際も、「ローラーで高負荷のときよりましかな?」と思いましたから。

屋内で自転車を漕げるのを知ったのも、ロードバイクの世界の扉を少し開けたからと思います。

それまで、高価なエアロバイクしか知らなかった私は、まさか自分の自転車で同じ事が出来ると思いませんでしたから。

とっても素人なインプレですみませんでした。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月24日 (日)

受付完了

今朝、郵便受けの中に茶封筒が入っていました。

Imgp0110

今月末に、グリーンピア三木で開催されるスーパーサイクルエンデューロの参加申し込み受理書です。

Imgp0108

この大会は、大阪府トライアスロン協会が主催の自転車レースです。

エントリーは早めにしていたのですが、開催1週間前に届くって結構ギリギリかも?

そして、メンバーは私の数少ない自転車友達と、ママチャリしか乗った事の無い酒飲み友達の友人との3人で6Hに参加する事にしました。

酒飲み友達には私の零号機(シラス)を貸与して参加させますhappy01

あ、それとヘルメットも。

先日、記事で書いたのですがフラットバーには基本的に追加パーツはNGですので、プレーンな状態で酒飲み友達には零号機には乗ってもらいます。

タイヤだけ手持ちの23Cに付け替えようと思ったのですが、ママチャリにしか乗った事の無い酒飲み友達には28Cでも十分タイヤが細く感じられると予想されるのでこのままで行きます。

どうやって誘い込んだかというと、毎年友人宅で行うグデングデンになるまで飲む忘年会のネタにどうや?とだましてやりました(^^)

只、酒飲み友達もフルマラソンを走りきる体力はあるので大丈夫かと思うのですが。

これを機会に自転車にはまってくれるとうれしいですscissors

グリーンピア三木は結構本格的なサイクリングコースを備えた森林公園の様で、マウンテンバイク用のオフロードコースもあるようです。

今まではゴルフの大会が良く行われている本格的なゴルフコースとしてしか認識していませんでした。

今回初めて行くのですが、走った事のある人に聞くと結構アップダウンがあって、走りがいはあるとの事。

自転車友達は毎年鈴鹿にエントリーしている猛者なので試走の段階で作戦を考えようと。

事故、落車には十分注意をして酒飲み友達にも楽しく走ってもらえれば、と考えています。

問題は第一走者なんですよね。

コース幅が結構狭そうなので、最初は誘導車が走るようです。

でも一番落車の危険性が高いのがスタート時なので、私は嫌なのですが言い出しっぺなのでやっぱり行かんとだめかなあ〜bearing

実は最近2週間ほどカルマには乗っていません。

神戸ライドから膝の違和感が抜けなかったので、治るまで乗らない主義の私はそれを実践していました。

今は膝に残る違和感と風邪の完治の為休養して、徐々にローラーで感覚を戻したいと思います。

ん〜わくわくして来ました。

6Hを3人ならのんびり走れて補給食も余裕で食べれますね。

ピクニック気分はダメなのでしょうか?

また、レース後の様子も書きたいと思います。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月23日 (土)

病とダイエット

どうも一昨日前から、のどの調子が悪いと思っていたら、昨日しっかり風邪を引いてしまいました。

今日も熱っぽいのですが、のどの調子がマシになったので自分の記事が書けます。

自転車には関係のない事ですので興味ない方はすっ飛ばしてください(でも読んでほしい( ゚д゚)ホスィ…)

私は5〜6年前までデブでした。

Gパンの腰回りが下方向へ折り曲がる位の。

身長160cmで体重72kgというどこから見てもデブでした。

しかし、町工場で働いている私に約6年前大きな仕事が、長期契約で出来る事になったのです。

それから、土日も盆正月も無く働き、帰宅も深夜になる事がたびたび。

年間の休みは十日間あるかないか・・・

やったらやった分もうかるので結構楽しく働いてはいましたよ、ええ。

そこで、これはダイエットをするチャンスでは?と思ったのです。

仕事で運動量は足りていましたが、ジテツウを徒歩に切り替えて毎日1時間半の通勤往復を始めたのです。

そして、ウイスキーやテキーラ等洋酒大好きだったのを焼酎に切り替え、晩ご飯はアテだけで白米を食べなくなりました。

2〜3ヶ月で代謝が良くなったのか体重が減り始めます。

ここで、ラジオで聞きかじった健康に良くない食事ダイエットを始めてしまいます。

それは、昼と晩の食事前に500cc以上の水をまず飲みます。

それから食事を始めるのです。

その方法は、わざと水で胃液を薄めて消化を妨害するというでたらめな方法でした。

今考えると、バカですね。

それを続けていると面白いように体重が落ち、2年間で体重52kg(マイナス20kg)になったのです。

妻が見ていて「大丈夫?」と心配しますが、当時仕事で常に気がピリピリしていてどこ吹く風でそんな事をしていたのです。

しかし、突然の病に遭遇しました。

「突発性難聴」

あの、歌姫”あゆ”もかかった病気です。

右耳がある夜突然ひどく痛み、その翌朝右耳の聴力がほとんど失われていました。

まあそのうち治るさと、耳鼻科で診察してもらうと「突発性難聴」と診断されたのです。

そして、難聴は多くの方は完治しない事も知りました。

落ち込みましたよ、当時は。

でも仕事は待ってくれないので先生の薬を信じて飲み続け、激務をこなしていました。

取引先からも「痩せ過ぎやで」と心配されましたが、生きて行く為に仕方ないのでその生活が続きます。

食事は意識してきちんと食べるようにもしました。

しかしやがて、深夜にはひどい耳鳴りで目が覚めるようにもなりました。

これはあかん・・・と精神的に追いつめられましたが、転機がきます。

今から3年前にその仕事の契約がなくなりました。

一気に仕事が暇になり日曜も普通に休めるようになったのです。

するとだんだん耳鳴りも治まり、聴力も先生に「大丈夫」と言われたのです。

先生にはこれまでの生活と仕事の経緯はそのとき初めて話しました。

「そらあんた、無茶やわ。おまけにストレスが難聴を誘発するのは最初に話したはずやで。」

と呆れられました。

そして、だんだん体調も良くなり耳もどんどん快方に向かいました。

現在は、たまに数分間耳鳴りがするくらいで普通の生活に戻っています。

やがて、大好きなジョギングも復活しました。

そしてロードバイクとの出会いも。

ダイエットはある程度は意識しないと成功しませんが、仕事と痩せる事にだけ集中しているとこんな事になっちゃいます。

以前は常にピリピリしていて夫婦間もギスギスしていたのですが、今では妻も「安心して、お父さんみてられるわ〜」と円満です。

こんな、個人的遍歴をブログに書いていいものか?と思いましたが、たまに自分の記事を見直してあの当時を振り返ってみようと書いてみました。

明日は雨の様なのでもう少しスポーツは自重します。

風邪、明日には治らんかな〜

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月21日 (木)

バーエンドバーの事

以前、堺で開催される2Hエンデューロレースで参加を迷っていいると書いたのですが、まだ迷ってますhappy01

エントリー費の事は以前書いたのですが、一人でこの手のイベントに出るのはちょっとさみしいかな?って言うのもあります。

やはり、クローズドコースで行われるイベントは「同じ時間を同じ場所で仲間と共有する」っていう感じが強いので淡々と一人で走って、一人で帰るのはどうかなあ〜っていうとこです。

でもまだ参加はあきらめていませんが(^^)

ところで、HPにあるレギュレーションを見ていると、バーエンドに付けるバーエンドバーや、ブルホーンバー、DHハンドルバーは禁止になっています。

鈴鹿のイベントもそうですが、クローズドコースではハンドルバーが前を向くものは禁止されている事が多いと思います。

なぜでしょう?

ふと、脳裏に浮かんだのが、いつぞやのニュースでマウンテンバイクに取り付けたバーエンドバーが主婦と接触事故を起こした際、体に突き刺さって重傷を負ったというものです。

詳しくは覚えていないので、そういう内容だったと記憶しています(間違ってたらごめんなさい)。

高速で、閉鎖された区間のサーキット等を走る場合同じ事が起きる可能性があるのでしょうか?

ドロップハンドルとフラットハンドルだけで規定した方がタイム差に公平感が出るからかもしれませんが・・

詳しい事情は私には解りません。

でも、バーエンドバーとブルホーン、DHバーをどの大会でも規制する方向にあるようなので、ただ「使用禁止」と明記するだけでなく理由が知りたいですね。

私の場合、シラスで落車する前はシラスにバーエンバーを取り付けていました。

手の位置を制限されるフラットバーにバーエンドはツーリングや手のひらの痺れにとても有効でしたから。

でも落車後には付けていません。

なんとなく、先の主婦の事故が思いだされ「一つ間違えば自分の体にも刺さる可能性があるのかな?」ってな事を思ったのです。

勘違いしないで頂きたいのは、私はバーエンドバーやブルホーンを否定しているのではありません。

自転車イベントで使用を禁止している主催者の意図を知りたいな〜って漫然と思ったので記事にしてみました。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

サドル選びについて

今でこそ思うのですが、サドルはロードバイクに乗る際に非常に重要ですよね。

というのも、カルマ購入までロードバイクに乗った事の無い私は「サドルなんか何でも同じでしょ?」と思っていました。

実際購入時のオプションで適当にフィジークのパヴェCXを選んでいました。

サドルの色は、カルマに似合う白を希望しておこうと思ったのでそれをベラチに知らせた位の物でした。

到着したサドルは希望道理白でしたが思わぬ恩恵が!

P1100038

パヴェの白は黒の物に比べて取り付けレールがグレードアップしていたのです。

クロモリレールからアリオネと同じくキウムレールになっていました。

お〜これはカルマに似合うな〜、と思い取り付けました。

しかし!

フィジークのサドルは俗に「丸太」形状が多く、私がポジション調整のため試乗している際も陰部が圧迫され続けていました。

まあ「馴れるかな?」と思いましたが、100km未満のライドでも陰部の痛みは激しくあったのです。

そして、このままでは男としての機能が損なわれるという危機感からサドル変更の作業に入りました。

色々ウェブや本で調べましたね〜当時。

結局、陰部の痛みに良いと判断したのはセラSMPかスペシャライズドのBGシリーズという事に落ち着きました。

しかし、どちらのブランドも高価なので試乗してみたいと思っていました。

私の住んでいる区域にはスペシャライズドの専門店が2軒あったのでとりあえず行ってみます。

そこで、試乗車に装着された「ToupeTeam」を試してみました。

その結果、

Imgp0039

めでたくカルマに正式採用されました(^^)

以来、陰部の痛みとは決別状態です。

サドル探しの旅は終わりが無い、と情報を得ていたのでビビっていましたが、一発でこれに落ち着きました。

後に、小説家の高千穂遙さんも推奨していると聞き納得です。

ただ、お値段は納得できませんでしたが・・・

今は、こいつで当分いこうと思います。

いずれは、セラSMPを試してみたいのですが。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月20日 (水)

自転車ヘルメットに思う事

前回、ヘルメットについて記事にしましたが、スポーツサイクルに乗るようになって思った事を書いてみようと思います。

私は学生時代にオートバイに乗るようになりました。
原付免許を取得後、ホンダのMBXという原付を親に買ってもらい嬉々として乗っていたものです。

当時、原付オートバイには道路交通法でのヘルメットの着用義務は無く、ノーヘルで運転していました。

転倒する自分の姿など想像できませんでしたから。

しかし、ご近所の働き盛りの方がスーパーカブで自動車と接触、転倒して片耳の聴力を失うという事故を親に聞かされたのです。

その方は非常にまじめな方で、当人には全く非が無かったにも拘らず、もらい事故を受けてしまったのです。

その後、頭から耳を覆うように包帯を巻かれて外出する、ご近所の方の姿を見て恐ろしくなりました。

そのすぐ後に父親の知り合いから使用していないヘルメットを譲って頂き、常に乗車時にはヘルメットを着用していました。

しばらくして、原付バイクにもヘルメットが道路交通法で着用義務付けなったと記憶しています。

そして今、ロードバイクに乗るようになり、下手をすると原付バイクよりも高速巡航できるロードバイクにヘルメットは当たり前と思っています。

しかし、現状自転車にはヘルメットも着用義務付けはありません。

あくまでも自己責任で転倒して頭を打って死ぬのはあなたの自由、というのが現在の国の方針なのでしょう。

最近、子供を自転車の前後に乗せて通行しているママさん達も、子供にだけヘルメットかぶせているのを良く目にします。

でも、ママさんはノーヘルです。

子供達に「なぜママはヘルメットをしないの?」と聞かれているママさん達の姿は容易に想像できます。

そのとき、「ママは大人だから大丈夫」とか「あなた達の事を心配してヘルメットを買ってあげたのよ」とか言い聞かせているのでしょうか?

かく言う私も近所に自転車で出掛ける時はノーヘルです。

今、この記事を書いて思うのですが、やはり自転車もヘルメット着用は法的に規定される方が私的には気が楽になりそうです

そうなれば、「ヘルメットは法律で着用が義務付けされているんだから、かぶりなさい」とうちの家族にも言えるのですが・・・

でも大半のママチャリライダー(うちの妻、子もそうですが)はそうなると法制化反対に反対するのでしょうね。

当面、子供に「キショイ」とか「並走せんといて」とか言われながらもヘルメットをかぶってすべての自転車に乗ろうと思っています。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月18日 (月)

ヘルメットの寿命?

先日、ヘルメットをリニューアルしました。

私は、2005年にシラスを購入して同時にスペシャライズドの安いヘルメットを使用して来ました。

当時店頭在庫品で¥4,000-位だったと思います。

それがこのAir Forceです。

Imgp0106

結構気に入っていたのですが、カルマ購入時に日本のサイクリストの定番であるOGKリガスを購入し愛用していました。

しかし、今春シラスで落車してしまい、体と心とヘルメットに傷を負い、そしてシラスは小破してしまいました。
当時の事はあやふやですが20km/h位で走行中に歩道と車道の段差に引っかかり5m程宙を飛びました。
あんまり思い出したくないのでこれくらいにしておきます。

その際、後で気がついたのですがリガスも損傷していました。

残念ながら写真は撮りませんでしたが、頭頂部に結構な傷がついていました。

残念ながらリガスは破棄し、スペシャライズドに逆戻りしてしまいます。

そこで購入してから5年以上経つヘルメットは性能的に大丈夫なのかな?と次第に思いだしたのです。

聞く所によると自転車のヘルメットは硬質ウレタンに樹脂コートをしただけなので、ある人は3年が寿命、またある人は5年が寿命、ほんで、ある人は自然に割れるまでが寿命との意見でした。

スペシャライズドのヘルメットは購入時が2004年製ですから当然5年は経過しています。

私は仕事柄、硬質ウレタンも扱っていますが、屋外で使用する場合、大体5年でもろくなって来ると確認しています。

直接の太陽光に常時さらされる訳ではないのでヘルメットにその事は当てはまらないでしょう。

しかし、およそ6年を経過したヘルメットにちょっと不安を感じました。

それで妻の許可を得てヘルメットをリニューアルしました。

Imgp0105

セレーブのマトリックスです。

購入するまではOGKのレジモスを買おうと思っていたのですが、試着してみて私の頭にすばらしくフィットしたのでほとんど衝動買いです;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

ちなみに私は身長160cmなのですが、頭の周長は58cmであります。
Mサイズでぴったりですね!( ̄◆ ̄;)

お値段もセレーブでしたが、マ・クベのごとく「この後、落車しない限りは5年は戦える!」と自分を納得させました。
「そうだな、ウラガン!」( ´,_ゝ`)ハイハイ

一般的に自転車用ヘルメットの寿命って何年なのでしょうかね。

最後まで読んで頂いた方ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月17日 (日)

ちょっと出掛けて来ました

本日は堺祭りの日です。

朝早くに親子3人で堺駅に出掛けます。

ミスドで朝食。

Img_1600
あ、当然3人前です。
しかし、これで約¥1,500-ですので普段の我が家では考えられないリッチな朝食です。

駅周辺では伝統のある街、堺をより広く知ってもらう為に、パレードや屋台、ステージショウなど様々なイベントが行われます。

堺のユルキャラ(サカエルやエコサカイなど)もがんばっているようです。

堺は自転車の街なので一輪車や自転車の出し物なんかもあったりします。


しかし、今回私が出掛けたのは大浜埠頭で一般公開される海上自衛隊の護衛官「ひえい」の見学です。

Img_1607

Img_1610

最近は尖閣諸島の問題で海の防衛が問題視されているので、その最先端で活躍する海上自衛隊の偵察に行って来ました( ^ω^ )

ちなみにこの「ひえい」の艦内が映画「男たちのYAMATO」のロケで使用されたそうです。

艦内へ自衛官の方々の誘導で案内されます。

各自衛官の方々はとても凛々しくこんなオッサンにビシッと敬礼してくれます。

この「ひえい」はヘリコプター搭載艦で対潜哨戒ヘリを搭載しています。

Img_1627

Img_1617

Img_1623

間近で見ると、機体のリアルウェザリングにちょっと圧倒されます。

そして武装している兵器。

20mm機関砲

Img_1644

主に戦闘機の迎撃に使用するそうです。

こんなので撃たれると装甲の薄い戦闘機は蜂の巣になっちゃいます。

そして、アスロックランチャー。

Img_1662

アスロックはアンチ・サブマリン・ロケットランチャーの意味らしいです。

8発搭載していて遠くの潜水艦の付近まで魚雷を運び海中に撃ち込むのだそうです。

全段撃ち尽くすと人力でミサイルを詰めるのだそうです(弾薬庫の横にクレーンがありました)。

そして、主砲。

Img_1665

毎分約50発の砲弾を敵艦に向けて射撃可能だそうです。

それぞれの武器の横には自衛官の方が付いていて、聞けば丁寧に説明してくれました。

それにしても、生で見る兵器には無言の圧力という物がありました。

出来れば演習だけで済ませれば良いのでしょうが、隣国たちがあまりにも理不尽な要求や、ないとは言い切れない侵略行為を行って来た場合にはこれらで対抗するしかないでしょう。

ちなみに、この「ひえい」は後1年で退役するそうです。

退役後、小さな補給艦などはドックで分解されて鉄材として再利用されるようです。

「ひえい」は退役後に標的艦としてミサイル等の評価試験の為、的にされて沈められる可能性が高いと自衛官の方は語っておられました。

沈没した軍艦はその後良い魚礁になるそうで廃棄されても魚には役に立つそうです(u_u。)

巨額の税金を投入して建造された軍艦がそのような末路になるのは少し複雑な気持ちですね。

私は、自衛隊は必要と考える人間です。

防衛、抑止力が無いと日本の平和もあり得ません。

平和で無いと安心してロードバイクも楽しめないのです。

ちょっと、いろんな事を考えた見学会でした。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月16日 (土)

ちょっと休息

今回は私の飼っているオカメたちの記事です。

自転車でなくてすみません。

うちには現在2羽のオカメが在籍しています。
 
こちらが「ユキ」さん。
Pa150075

そして、こちらが「タロウ」さん。
Pa160084

二人合わせて「ユキタロウ」と言いたい所ですがそうではないです。

観賞用の小鳥は性格が無いと思われがちですが、そんな事はありません。

この2羽だけでも性格が全く異なります。

「ユキ」さんはとにかく暴れん坊で、妻にしか懐いていません。

私や、娘が触れよう物なら全力で噛みにきます。

噛まれると嘴の形に皮膚に穴があきます。

対して「タロウ」さんは非常におとなしいです。

両手で包んでもあまり抵抗しません。

噛む仕草はするのですが決して噛みません。

ん〜小動物なりに自分の個性をアピールしているのでしょう。

ところで、オカメインコは種目的にはオウム目だそうです。

寿命は7〜8年とされていますが、大切に飼えば15年程度は生きるそうです。

15年経つと私は50代後半・・・

長い付き合いになりそうです。

出来ればこの先、娘が独立して我が家から巣立っても小鳥たちとは妻と一緒に暮らしていきたいなあと思う今日このごろでした。

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

今日はお迎えの日

お迎えと言っても「あの世」では無いですよ!

私には現在中学生の娘がいて、今年の春から進学塾に通うようになりました。

娘は校区内では、かなり上位の高校を狙いたいとの希望で、本人も親も納得して塾通いが始まりました。

幸い民主党がバラマキ政策の愚策である、子供手当を支給してくれるので我が家の経済事情でもそれが可能となったのです。

しかし、昨今のニュースでは見ず知らずの人が襲われるケースや通り魔殺人、拉致等の人間として許せない犯罪者の事件が毎日のように流されています。

私達夫婦も家からある程度離れた塾に子供を通わせるのは若干の不安がありました。

そこで、行きは妻が、帰りは私が娘に付き添う事になったのです。

さて、そこで問題が発生しました。

私は普段自分の工場まで40分掛けて徒歩で通勤しています。

工場から離れた塾に娘を迎えに行くには自転車が必要になりました。

本来シラスで行けば良いのですが、当時私はシラスで落車してしまい何となくシラスには乗っていませんでした。

娘も妻もブリジストン製の強力なママチャリに乗っています。
究極のメンテフリー車です。

私はカルマでお迎えに行くのも面倒なので、お迎え専用の自転車購入を妻に要求しました。

すると案外すんなりと許可をもらえたのです!

予算は5諭吉で、すぐに小躍りしてカルマでお世話になっているお店に行きました。

そして購入したのがこの弐号機です。
Imgp0103

Imgp0098

「へえ〜!弐号機って赤いんや〜」(by トウジ from 破)
いや、失礼(^-^;

関係無いですが、赤い機体をみてシャア専用と見るか弐号機と見るかでその方の嗜好がわかるかと・・・

というわけでお迎え専用マシンがやって来ました。
ちなみに私はシラスが零号機、カルマが初号機と妻に説明しましたが「そんなんわからん」と怒られてしまいました。

弐号機は小径車ですがロード用フレームと同素材を用いた結構本格的なフレーム形状をしています。

Imgp0104

それにハンドルが折り畳めるので玄関に収納できます。

Imgp0102

そして、夜間に走る事が多くなるのでレッドレンザーで武装。

Imgp0096

これでナイトランも安心です。

しかし、このグリップシフトは頂けません。

Imgp0097

コストダウンとはいえ、こんなに節度の無いシフターを搭載するのは如何な物かと。

その他の部分が非常に良く出来ているので残念です。

というわけで単なる私の欲しい欲しい病の紹介になってしまいました。

最後まで見てくれた方、ありがとうございました!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月14日 (木)

それで、海外通販はどうだったのか?

海外通販シリーズのまとめです。

私は価格面だけで海外通販を通じてロードバイクを手にしました。

実際、当時カルマは105仕様で25万円以上のタグが付いていました。
そして私は海外通販で車体18万円+送料1万円でカルマを入手します。
ベラチの購入画面ではハンドル幅やステム長、およびクランク長、ホイールグレードやサドルを任意選択してこれですぐに乗り始める事ができると考えていました。

当時の私はクロスバイク(シラス)しか経験が無く、シラス購入時もサドル高さの調整しかショップではしてもらえませんでした。
なのでロードバイクも簡単に自分仕様に出来ると思ったのです。
しかし、ロードバイクはそんな物では無かったのです。

まず届いたとたんにバーテープが巻かれておらず、そこから自分でやらねばなりません。
ハンドルは適当に箱に入り易い角度で仮止めされているので、自分でハンドルを固定しなければなりません。
当然プレッシャーアンカーの締め付けトルクも解らないままステムとハンドルも自分で組み付けるのです。
すぐにトルクレンチを購入する羽目になります。
そして、シートポストの余分のカットも自分で行い、サドルの角度調整もしなければなりません。
ディレイラーのシフトタイミングも自分で調整してやっと完成車になります。

ここまで来てやっとプロショップの方々の仕事が如何に経験が必要な物かが解りました。

第一、ポジション出しは第三者に見てもらわないと出来る物ではなかったです。
クランク軸からのシート高さ=股下長×0.875・・・・
こんな常識も当時は知りませんでした。
加えてSTIレバーの操作の仕方もよくわからない状態でした。

仮組したカルマに試乗を繰り返して「こんなことなら、近くのプロショップで購入すれば良かった・・・」と当時は後悔しました。

しかし何度も調整を繰り返していると、カルマに何とも言えない愛情が芽生えて来ました。
はるばる生産国のイタリアを経て、スイスで組み立てられて、縁あって日本へやって来たこのロードバイクに。
なので今ではカルマを入手した事に後悔はありません。
この先新しいロードバイクを手にしてもカルマは手放したくないです。

しかし、価格面だけで完成車を個人輸入するのは今後無いでしょうし、他人に勧める事も無いです。
今は近くに私のカルマを安心して預ける事が出来るショップに巡り会えたので楽しいロードバイク生活を送っています。

結論ですが、自分でフレームの吊るし状態からコンポの組付けやワイヤーの取り回し、その他ポジション出しに必要なパーツの選定を出来る方が海外からの完成車通販を行うのが良いと今は思います。

私のブログに「海外通販」の検索キーワードでいらっしゃる方が結構いますのでこれで締めのレポとさせて頂きます。

自転車入手後のパーツ購入は「自治区」が一番とは思いますが・・・

読んでくれた方、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月13日 (水)

今更ですが読んでみました

昨日の記事でサイクルイベントの参加についてご意見賜りありがとうございます。
とりあえず、仕事上がりに時間があればコースの試走を(勝手に)してから決断しようと思います。

さて、本日は寝不足です。
というのも一般サイクリストやホビーレーサーの方々はほとんど読んでいらっしゃると思われる、
サクリファイス」
を読了しました。

Imgp0091

読了後の感想ですが、「おもしろかった〜」です。
月並みですが最近ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアで活躍する選手の名前を耳にする度、どんなチームでどんな機材を使っているのかが少々気になっていたからです。
もちろん最近、一般の新聞にも名前の出る新城選手の成績も気になっていましたから。

書籍の分類ではミステリーらしいですが、謎解きの要素は少なく、むしろストーリーの進行中に主人公が独白形式ですべての謎を告白しているのが印象的でした。

なので余計な謎解きの神経を使わずに話の流れに没頭してしまいました。

やはり評価の高い小説は読み応えがありますね。

少々、ページ数が少ないのが残念かつ、主人公の元恋人が只の尻軽女とのイメージを受けた意外は非常に面白かったです。

内容についてはこれで感想をやめておきます。

とにかく、ロードバイクに乗っている方には文庫版は損の無い一冊では無いでしょうか?

オススメです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月12日 (火)

ちょっと迷ってます

昨日のライドの後、ジャージのポケットに地図のコピーを入れたまま洗濯してしまい、妻に怒られてしまったオカメーズです。
(´・ω・`)ショボーン。

さて秋本番でサイクリストには絶好な季節となりました。
各地では様々なイベントが行われるみたいです。
今からエントリーできる物は少ないのですが、私のお世話になっているショップの告知でちょっと気になる物がありました。
自転車イベントでは珍しいナイターイベントです。

詳しくはこちら
http://matrix-sports.jp/event/sakaintc2h/index.html

私は基本的に日曜、祝日しか休みが無いので土曜の夜のイベントはとても魅力的です。
しかも会場の堺ナショナルトレーニングセンターは、十分仕事上がりに参加できる距離にあります。
私の工場を閉めた後、ジャージ&レーパンに着替えて即駆けつける事が可能なこのイベントに参加しようかしまいか・・・

迷っているのはそのエントリー費の金額です。
2Hの短時間エンデューロで¥7,000-・・・
妻に相談すると”ぼったくりちゃうの”との返事。
しかし、このナショナルトレーニングセンターは堺が世界に向けて誇れる施設を、という事で本気で作った施設です。
私も何度も訪れていますが、施設はきれいでとても立派です。
本来サッカーの施設を自転車の為に貸し切りにするのですから、それなりの費用は掛かるのでしょうが、少々躊躇してしまいます。
観戦だけに訪れるのも良いのですが、その際「やっぱり出ておけばよかった」と思うのが予想されます。

さてどうしましょう?

参加するのなら2時間ですから当然ソロです。

ん〜迷う・・・

もし参加を申し込んだら又記事にします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月11日 (月)

平坦路ライド

本日は午前中は空いていたのでちょっと神戸へ向かいました。

神戸には数少ない友人がいるのですが、在宅していれば(アポ無しでした)久しぶりに一緒にご飯でもどうかと思い朝8時くらいにスタート。

スタートして43号線をひたすら三宮へ向かいます。
しかし43号線の大阪部分は途中で川が多くなおかつ高架道路は自転車走行禁止なので4回も自転車を降りて歩道橋を上り下りしなければなりません。

Imgp0072

橋の上からの眺めも工場地帯なのでイマイチ。

Imgp0071

ただ最近は「工場萌え」なる方々もいるようで、得に堺の臨海地帯は夜間にナイトツアーを行っている旅行会社もあるそうです。

そして神崎川を超えたあたりから今後は片側4車線の車の走行しか前提としていないだだっ広い道が始まります。

Imgp0075

あ、写真はそのちょっと前です(゚ー゚;

休日は車も少なく左側に付いて走ればかなりのペースで進めます。
たまに大型車がくればドラフティングスタートup
気がつけば50kmオーバーで走れてしまいます。

そして本日第二の目的の甲子園球場に到着。
甲子園球場は改装後行った事がなかったので一度見てみようと思った次第です。

Imgp0077

ツタも徐々に生えて来ているようです。
球場をぐるりと回ってみましたが非常にきれいでした。
各スペースも広くとられていてここが阪神ファンで埋まるのが想像できないくらいでした。

Imgp0078

私は阪神ファンで今年は残念な結果でしたが、まだCSが残っているので応援中です。
がんばれ、阪神ナイン!


甲子園を出てからは再び快調に西へ。
とにかく信号のつながりが良くあっという間に三宮へ着いてしまいました。

Imgp0079

あまり書きたくなかったのですが、もし見知らぬローディーの方がブログを覗いてくれたらの時の為に書きます。

「信号は守りましょう!子供が見てますよ!!」

途中でコルナゴやピナレロに乗られた方をお見かけしましたがほとんど信号守りません。
ビンディングをパージしたくないのは解るのですがあまりにもひどい。
信号を守っているこちらが”どんくさいやっちゃ”みたいな目で見て来ます(思い込み)。
まあ他の方々もこの件については数多く語られているのでここまでにしておきます。

ほんで、目的地の湊川神社に到着。

Imgp0080

立派な門構えでここであの世紀のカップル陣内&紀香の結婚式があげられたのか〜と妙に関心。
その後はあちゃちゃな結果でしたが(ノ∀`) アチャー

「申し訳ありません、記事内の挙式神社は生田神社でした。お詫びして訂正致します」

ここで友人に電話してみます。
予想はしていましたがやはり家には居ずに子供のサッカー試合に付き添いで出かけているとの事でした。
事前にアポを取っていなかったので当然の結果です。
でも子供をお互い抱えているとあらかじめ連絡すると行動を制約してしまいそうなので何の後悔もないです。
近々また伺うと約束して折り返しに出発しました。
大阪から自転車で来たと伝えると結構驚いてましたのでなんか”やったぜ!”って感じでしたけど。

帰りは2号線をゆるゆると帰って行きました。
南京町や旧居留地に行こうかなと思いましたが人の多さにびっくり!
やはり国際観光都市は伊達ではありません。
嫁と車で一泊くらいのつもりで観光巡りもいつか訪れたい物です。

昼過ぎには家につき少々早めの帰宅となりました。

でも最近ヒルクライムをして思ったのですが都会の平坦路は面白くありません。
信号や幅寄せしたり無意味にクラクションで威嚇する車が居るので結構イラッときます。
やはり人気ブロガーのたーちゃんさんやめばるさんのように自然の中で坂を満喫!って言うのが今後の方針になりそうでちょっと怖いです。

さて明日から気分を切り替えて仕事をしましょう。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月10日 (日)

ボトルケージの悲劇

毎度お世話になります。

今回も自虐ネタです┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

サイズの小さなフレームにはこんな落とし穴があると思ったので書いてみます。

私のカルマはフレームサイズがXSなのですがこれにボトルケージを付けると
Imgp0055
こんな感じでです。

しかし小さなフレームですと、ボトルが取り出しの際、トップチューブに干渉してしまいます。
Imgp0058
そのためエリートのボトルケージでサイドからの取り出しを安易にしたこのケージを購入しました。

しかし、ケージを取り付けるとボトルを取り付けた際ダウンチューブ側のボトルがシートチューブ側のボトルに干渉する事が判明!
Imgp0057
これではボトルが固定できません。

そこで、ケージをもう少し上にオフセットする金具を作成する事にしました。
私の工場に転がっていた適当なアルミ材を加工してステーを作成。
Imgp0060
これを先にフレームに取り付けます。
Imgp0062
あらかじめステーにはケージ取り付け用のタップを切っているのであとはステーにケージを取り付けます。
Imgp0065
これでダブルボトルでも無事に取り付ける事が出来ました。
Imgp0070

小さな体にはこんなしょうもない努力も必要なのですよ〜

でもこれからも知恵と工夫で乗り切って行きたいと思います!

それでわ

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

二日酔い〜

おはようございます。

普段はAM5時には起床するのですが今朝はクラブの朝練に出かける娘の気配がするまで爆睡していました。

というのも昨日は我妻の○○年目のお誕生日。
仕事の帰りに予約していたケーキを取りに行き、小さな花を購入して帰宅。
Imgp0051


Imgp0047
 
帰宅すると娘が手料理でカレーを作って誕生会の準備中。
Imgp0048

お風呂に入って、3人で晩餐。
夕食&一人酒盛りをして何となく幸せな気分で飲み続けてました。
そして「明日は雨みたいやしゆっくり飲もう」とパソコンで皆様のブログを巡回して
「今日は何の記事にしよう・・・」と気づけば朝でした(^-^;

最近子供が親を殺す、親を子供を殺す、誰でも良いから他人を傷つけるといった殺伐としたニュースがほぼ毎日発信される今日この頃、お金持ちでなくても家族で食卓を楽しく囲める自分に何とも言えない幸せを感じた一日でした。

だから一歩間違えば大けがをしてしまうロードバイクにはますます注意をして無理の無い走行を楽しみたいと思います。

ほんで「雨やし自転車の掃除でもしよかなあ」って外見るとごっつええ天気!
ん〜どこかにいきたいなあ。
でもとりあえず休日日課のジョギングに出かけます。

あすはショートライドの予定。

連休を楽しみましょう。

それでわ

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月 8日 (金)

ロードバイクは小さい体には厳しいものなの?

Imgp0028
来てくれた方どうもです、オカメーズです。
今日も記事をかきますよ(*゚∀゚)=3 ムッハー!!


Imgp0025
よろしくですm(_ _)m!

馴れない海外通販までして手に入れたカルマですが、実際触れるのも初めてだったので試乗の段階で色々問題が出て来ました。

タイトルについてですが、私がカルマを手に入れる時、コンポやパーツは一番小さな物を選択したのですが実際跨がってポジションをとってみるとなんか大味でした。

まずハンドルがでかい(C-C420mm)様でSTIに指を掛けにくい。
これはリッチーのハンドルがアナトミック形状の為私の手には合いませんでした。
アナトミックは下ハンまでが遠く形状的に大きな手の人向けに出来ていると思います。
早速ハンドル交換のフラグが立ちます。

そしてシートポストですが一番小さなXSでもポストの櫓がほとんど顔を出しません。
Imgp0032
せっかくのエアロポストが台無し(´・ω・`)ショボーン。
しかもKUOTAのロゴが半分しか出ず、私の事?って言う文字が・・・
Imgp0029
まあ若干オタクは自認していますが・・・

日本のメーカーや台湾のジャイアントなら日本人向けの430mmや460mmのフレームがあるのですが、ヨーロッパのバイクは大体500mmからが多くカルマでも485mmでした。
コルナゴやピナレロには女性向けのサイズもありますが私にもプライドが!
何より官能的なデザインのイタリアンバイクに乗りたかったo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

というわけでフレームサイズはどうしようも無いのですがパーツ交換でなんとかして行く作業に入って行くのでした。

また、つづきものになってしまった・・・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月 7日 (木)

オカメでも出来る KUOTA KHARMA の海外通販 その3

さて、やっと購入に向けてオカメーズは動きだします。

購入の際必要なのはクレカのみでオッケーです。
そして、スイスのベラチですが取り扱い車種がそんなに多い方ではありません。
LOOKやTIME、コルナゴもありますがフレーム売りですし、完成車ではオルベアやウィリエール、KUOTAなどがメインの様です。
今回は予算的にカルマに決めていましたのでとりあえず購入の手続きをします。
プルダウンメニューから選んだのは・・・

- フレームサイズ XS
- 105 compact
- Wheels Mavic AKSIUM
- 170 Crankset
- Sprockets Shimano 105 12/27
- Handlebar Ritchey Comp OS 42cm
- Stem Ritchey Comp OS 90mm
- Saddle FIZI:K PAVE CX SPORT MANGAN BLACK
これに加えてSTIレバーの取り回し要領を特記事項で加えておきます。
その際エキサイトの翻訳ページを使用して意思を伝えました。
皆さんご存知でしょうがヨーロッパでは
右STI:後ブレーキ&リアギア
左STI:前ブレーキ&フロントギア
なのでこれを日本向けに
 Plese install it like this.
 A right lever is a front-brake.
 A left lever is a rear-brake.
と注意書きしておきます。
そして個人的にこだわりのある事は要求しておきます。
 まずサドルは白色を希望。
 タイヤはカラータイヤで赤を希望。
 バーテープは白を希望。
 コラムカットは30mm残し希望。
これで注文終了です。
これをバスケットに入れて清算画面へ向かい以後は国内通販と同じ流れです。
ちなみにこの時点でのスイスフランのレートは約86円で日本円換算¥180,000-程度でした。
私のクレカはVISA系の国内信販提携カードでしたが得に問題なく了承されました。

そして自転車の輸入便ですが安いものと高い物があります。
安い方ですと追跡ナンバーが無く、いつ届くか解らない郵便みたいなものですが、高い方ですと当然追跡番号もありますし保険も付与されます。
私は高い方(EMS)の国際貨物郵便を選択しました。

クレカの必要項目を入力後、送信してしばらく後自動対応メールが届きます。
日本で”あなたのオーダーは受け付けられました”っていうものです。
この後に改めて”納期は2週間程度、発送したらEMSの追跡番号を送るよ”とのメールが入ります。
私も”あんたの質の高い良い仕事に期待してカルマの到着を待ってるよ”
と返信して取引が一段落しました。

そして15日後にカルマ来日!

普通に郵便局のおじさんが持って来ます。
その際の関税は¥3,500-程度でした。

箱の状態を確認すると・・・


P1010007

なんと、穴が!
しかしこれは参考にした他のベラチユーザーの方の記事で持ち易いように開けられた穴だと確認済みです。
んで開梱の義。

P1010011

P1010013

P1010014


P1010016

とりあえず希望の白サドルとカラータイヤは確認できましたがバーテープは黒でした(;´д`)トホホ…。
本体の無事を確認してハンドルセットそしてバーテープを巻いて完成!


Img_0048

これで念願のロードバイクデビューだ!と思ったのもつかの間、ロードバイクにはライダーの体格に合わせたフィッティングが必要と後に後悔したのでした。
その事は又後ほど・・・

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月 6日 (水)

オカメでも出来る KUOTA KHARMA の海外通販 その2

毎度です。(って大阪でこんにちはの意味です)

さて、前回20万円の予算でフルカーボンバイクを海外通販により入手する算段をした私ですが、やはり大阪在住の者としてはウエムラサイクル(以下ウエパー)で現状のカーボンバイクの価格リサーチは必要と思いました。
ウエパーはとにかくロードバイクの完成車、パーツが安いのです。

季節は初冬でしたがシラスA1でウエパーに向かいます。

そしてフルカーボンのバイクを見てみるとやはり20万円では存在しませんでした。
目星を付けたインターマックス(以下クアトロ)でさえ22万・・・
今もそうなのですが私はとにかく赤と白のフレームが大好きです。
って言うか決め撃ちでした。
そしてビンディングペダルを含めて20万を実現するには海外通販しか無いと決意した瞬間でした。

ここで私は大きなミスを犯しています。
クアトロは確かに22万で予算オーバーですが、ウエパーでは即納車が可能との事。
私の体格に適応したサイズもすぐに取り寄せ可能との対応でした(このとき私に適応するフレームサイズを教えてもらいました)。
しかもポジション出しやバイクに不具合が出た場合の対応等がその価格に含まれていたのです。
これは大きい要素と後々気づく事になります。

さてウエパーを出た私は以降仕事そっちのけで海外通販のリサーチにのめり込みます。

とにかく予算内のフルカーボンフレーム完成車はどれかを物色(色も含めて)。
そして、ピナレロFP2とKUOTA(KHARMA)に行き着きました。
ちなみにビアンキとGIOSはフレームカラーから除外していました。

次にウェブショップの選択です。
ピナレロはイギリスのEvans cyclesで、KUOTAはスイスのbellatisportに目星を付けました。
共にネット上での評価も良く日本人が多く利用しているので安心できそうだと思ったのです。
しかしピナレロはその時点で私に合うフレームサイズが欠品していました。
というわけでbellatisportに決定。
以降具体的な購入レポに入ります。

(あ〜疲れたよん〜)

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

オカメでも出来る KUOTA KHARMA の海外通販 その1

今回はオカメーズ自身がロードバイクを購入した経緯を語りたいと思います。
(ちょっと長いかも?)

丁度一年程前にロードバイク欲しい病に罹患した私はすぐさま嫁に相談しました。

 私:ドロップハンドルの自転車が欲しいんやけど。
 嫁:ええ〜高いんちゃうの?
 私:ん〜20万位で妥協しようと思うんやけど。
 嫁:20万!?自転車に!!??

というわけで強引に予算を決定しました。
これまで心身に鞭打って働いた自分への褒美のつもりでした。
嫁も仕事で激やせしたオカメーズの事を慮ってくれたと思います。
でも20万という金額がこのあと足かせになりました。

オカメーズ自身はロードバイクならばなんでもいいと思っていたのですが、ロードバイクにはアルミ素材とカーボン素材の種類があるとその時に知りました。
アルミはその当時乗っていたシラスの素材と認識していましたが、カーボンについては知識ゼロでした。
調べて行くと
1)カーボンはアルミに比べて軽い。
2)カーボンはアルミに比べて振動吸収が優れている。
3)カーボンはアルミに比べて剛性が高い。
という今では間違っている知識がオカメーズの頭脳を支配したのです。
当然中年サイクリストに最適なフレームと思ったのです。
そして金額を調査すると20万で購入出来る完成車などカーボンバイクでは皆無という事が解りました。
失意のうちにアルミのフレームを検討していたところ昨今の円高で海外の自転車通販店では格安でロードバイクを入手できる可能性がある事を知りました。
この時点でオカメーズはネット通販はアマゾンしか経験が無く、非常に無謀な事ですがネットによる海外通販に挑む事になります。

その過程は今後アップして行きますね。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月 4日 (月)

ヒルクライムは楽しい、のかな?

先日記事の中で二度とヒルクライムはしないと誓った私です。
しかしこれだけヒルクライムイベントが各地で催されているとチャレンジしてみようと思ってしまいました。
先週の日曜日なのですが午前中10km程のジョギングをして妻と昼食をとっていたとき、
 私:俺、ブログしようかなって思ってるねん。
 妻:記事にするような事あるの?
 私:ん〜あんま、ないなあ。
 妻:ほたら別にブログなんてせんでもええんちゃうの?
 私:・・・
というわけで記事のネタに以前挫折したヒルクライムをしようと思い立った次第です。
昼食に焼きそば(いっぺいちゃん)と明太おにぎりを食べて炭水化物補給は十分up
補給食にソイジョイ2本を持って正午すぎに金剛トンネルへと向かいました。
出発して石川CRをひたすら河内長野へと向かいます。
そして定番のサイクルブリッッジで休憩。

P9250077

そして観心寺へリベンジへ向かいます。
旧170号線を30kmペースで行きいよいよ上りへと突入します。
プラザ坂下から観心寺までは結構急な登りで以前はここで心折れてしまいました。
しかし今回はインナーに落としてからえっちらおっちら上ります、というか上れました。
ほんで観心寺到着。

P9250080

ここで老年の方に写真を撮ってくれと依頼され、ほいほいと撮影したあとキミの写真も撮ってあげるよと言われたのでカメラを出していたら老年の方はもう寺門をくぐっておられました( ゚д゚)ポカーン
自分の写真を撮ってもう満足って感じですかね?
というわけで管理人の身長160cm、体重52kgの堂々とした体格の写真は無しです( ^ω^)おっおっおっ

さてここからが本番でした。
コメントを頂いたたーちゃんさんは日常のようにこの峠を登っておられるのですが私にとってはおおげさなリベンジの機会。
とりあえず棚田を横目に黙々と上ります。
そして10%の坂を延々上り自身の変化に気づきます。
なんか上れるのです。
しかもだんだん楽しくなってくる!
上るにつれて確かに筋肉は悲鳴を上げますがなんとかペダルを廻せました。
そしてゴールの金剛トンネルに到着!

P9250083

感無量でした。
ここで十分に登頂の感動を味わって帰路につきました。
ダウンヒルはあっと言う間でしたが気温が20℃という事もあって寒かったですね。
河内長野まで降りた時はへとへとでした。
ここからポタペースで家まで帰った時は午後6時過ぎで周りは暗くなり始めていました。
ここまでの走行距離が約100km。
まあまあ走れたのかな?
とにかく昨年にカルマを手に入れて悔しい思いをしたのをやっけたので良かったです!
当然次の日は筋肉痛でしたが(翌日に出るだけましかな?)。

ヒルクライムは平地を走るのと違って達成感が違うなと思いました。
でもやっぱりしんどいので次はどうしようかと思案中です。

次はどこに上りましょうか。
気の向くままに考えてみます。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

2010年10月 3日 (日)

初めての記事なので簡単に始めのごあいさつを

ここに来て頂いた方、はじめましてオカメーズと申します。
中年のオッサンですが大好きな自転車や小鳥の事を時々書いて行こうと思います。
時々の更新ですがよろしくお願いします(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

2005年にクロスバイク(シラスA1)を購入して通勤に使用していました。
それから間もなく仕事が激務になり全く乗らなくなっていましたが、不景気のおかげ(´;ω;`)ウウ・・・で仕事が暇になりここ一年くらいで再び自転車に乗ろうと思ったのです。
クロスバイクはそのままで、最近はやっているロードバイクに乗ってみようと思い立ち、無謀にも自転車を海外通販で購入したのです。
Img_0048
大体昨年の11月に乗り出してすぐに南大阪のヒルクライムのメジャーどころ、金剛トンネルに挑戦。
しかしあえなく足付きを繰り返し同時に股間&尻の痛みに耐えかねて観心寺から少し行った所で折り返してしまいました。
その時もう二度とヒルクライムなんてしないと心に誓ったのです。
その後平地をメインに和歌山に行ったり、南港や神戸を時々走りに行き、春には鈴鹿サーキットも初めて走りました。

そして最近中年の方々が元気にロードバイクやクロスバイクに乗り楽しく自転車ライフを満喫なされているのをブログで拝見し自分でもやってみようと思った次第です。

もしこれからここを覗いてみようと見ようと思われたらこれからよろしくお願いします。
コメントもいつでも受け付けております。

それでわ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

トップページ | 2010年11月 »